梨のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには梨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「梨」タグの記事(63)

  1. 神無月「梨」えてがみどどいつ - 気ままな読書ノート、絵手紙with都々逸と

    神無月「梨」えてがみどどいつ

    小さなお宮の小さな地蔵誰かが替えてるよだれ掛け

  2. 秋といえば - アカネ73.6

    秋といえば

    夜は肌寒くなり、秋らしい気候になってきましたね茜ゴルフクラブではお盆からこの時期にかけて人気のお土産があります。秋月産の梨と地元筑穂町産の新米です。梨は毎日秋月の契約農園から直送されています。お米はレストランでも同じものを使用してますよ~梨は常連さんたちに人気で受付のときに取り置きするようよく言われます。旬のものを楽しんでいただくために早いときは週替わりで品種が変更になりますのでご注意くださ...

  3. 大きな梨 - 小さな幸せにっき

    大きな梨

    夫の親戚から大きな梨が届いた。直径10cmはありそうな大きな梨が10kg贅沢なフルーツライフを送れそうです。

  4. 梨狩り - ササイな日々

    梨狩り

    世羅町のビルネ・ラーデンに梨狩りに行きました。園内は食べ放題、と言っても2個も食べればお腹いっぱいです。持ち帰り用の梨を詰めるカゴ(中・3,000円を3人で分けました)を買って、甘くておいしい梨でなおかつ効率よく入れられる大きさのものを眼光鋭く選別しながら狩りました。楽しい。

  5. 梨 秋の味覚 果物 - 和風・和柄 背景素材屋

    梨 秋の味覚 果物

    (c)norah - イラスト素材 PIXTA - 梨, フルーツ, 果実, 秋の味覚, イラスト, 挿絵, カット, 食べ物, 食材, 果物, 秋, デザート, 実, カットイラスト, 挿し絵, 挿画

  6. なしのおはなし * Ceci n'est pas une pomme... - ももさへづり*うた暦*Cent Chants d' une Chouette

    なしのおはなし * Ceci n'est p...

    豊水、洋梨のシードル(左)🍎 マグリット画「これは林檎ではない」(右)林檎の実一顆にあらず。さもありなん。これはやまとの梨の実、ありの実日本では梨が「無し」に通じるので、縁起をかついで「有りの実」とも呼びました。わが家では梨は豊水と決めています。豊水が店頭から無くなると、洋梨を探します。洋梨が無いときは、洋梨のシードルはいかが?林檎のよりも、まったりしています。La ...

  7. かぼちゃに届かず - 日々の皿

    かぼちゃに届かず

  8. 秋 梨はお好きですか? - アメリカ輸入のシール♪住所/名前/お好きな文字を印刷してお届け♪アドレスラベルです。

    秋 梨はお好きですか?

    こんにちは!アドレスラベルのブレインシステムズです。秋…だいぶ涼しくなりましたね。秋といえば、梨。お好きな方も多いのではないでしょうか。梨といば、ふなっしー。ふなっしーのおかげで、船橋や千葉県の梨栽培の知名度はきっと、グンと上がったでしょうね。ご当地キャラというのは、だいたい、推したい大人たちの知恵によって生み出されるものですが、ふなっしーがすごいのは、あの方(あの梨)は、もともと、個人(個...

  9. 人生の宝物は、一体何か - 音作衛門道楽日記

    人生の宝物は、一体何か

    スケロクはかつてお隣のお姉さんが可愛がっていたコーギー犬と同じくらいの体格で結構な重量飼い主は犬より賢いと胸を張る飼い主は農家をしていてこんなお土産を持ってきてくれたこんな太いゴーヤを見たことがない梨も家の庭で採れたってこれが美味しいのよ梨らしい味でなぁ・・・・こんな善人の隣人を持てることは人生の宝物だが・・・・低周波空気振動被害者は住み慣れた街を追われてそういった宝物を失うのだよさて、台風...

  10. 二十世紀梨・美味しい時機 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    二十世紀梨・美味しい時機

    美味しいものには時機がある僕の好きな二十世紀梨の季節になりました。爽やかな甘さとシャリシャリとした食感が最高です。市場では最近は幸水に押され気味で、二十世紀の頃よりずいぶんシェアが下がっているような気がします。今日も孫たちがやってきていました。孫たちの感性はみずみずしくてまさに美味しい時機(チャンス!)です。もう僕たちの時期(季節)は、過ぎてしまいました(笑)今年の暑かった8月もおしまいです...

  11. せつない朝と爽やかな香り - まほろば日記

    せつない朝と爽やかな香り

    8月も今日で終わり。せつないような、狂おしいような、不思議な気持ちを抱えて季節は過ぎてゆく。盛夏は、生きとし生けるものの命の迸る時。そのさんざめきの後に残る、倦怠感とでもいおうか・・・暑さは依然あっても、そこかしこに秋が忍び寄る感じが、せつなく、甘酸っぱい。そんな不思議な心境の朝にいただく、シャインマスカット。冷蔵庫でしっかりと冷やして置き、いただく前に少し室温に慣れさせ、直前に水で洗って、...

  12. 幸水 - 日だまりカフェ

    幸水

    今年も梨がやって来た!!芦原の近藤さん家の梨です。私がもらうのは、ちょっと規格外の物。大きかったり、ちょっと小さかったり、傷がついてたり。それでも味には全然変わりなくて収穫してすぐ持って来てくれるので瑞々しさこの上ないです。幸水皮を剥いてると手に梨の汁が滴ってきます。切って置いて置くと。。。。。あっという間になくなってしまいます。この日が来るのをひたすら待ってました!!スーパーで梨を見ても、...

  13. ☆梨とパプリカと人参の炒め物☆ - ガジャのねーさんの  空をみあげて☆ Hazle cucu ☆

    ☆梨とパプリカと人参の炒め物☆

    蒸して楽しんだ昨日の記事の梨 美味しくなかった梨は4つ求めていたので、今度は炒め物にしました。 パプリカと人参を一緒に炒めようとしていたのだけれどそこで梨の事を思い出した。 ここに参加させたら、美味しくなりそう。大きなパプリカ一個、人参一本そこへ丸々一個分の梨も刻んで入れました。スパムスライスを冷凍してあったのも一枚刻んでプラス。 味付けはにんにく塩と、コンソメと、醤油少し玉ねぎドレッシング...

  14. ☆梨のまるごと蒸し☆ - ガジャのねーさんの  空をみあげて☆ Hazle cucu ☆

    ☆梨のまるごと蒸し☆

    梨。美味しいコンポート風のが出来ました。アイスと一緒に頂きたい感じ。西瓜とは違うけれどやはり水分たっぷりのさわやかを感じることが出来る梨、好きです。ところがところが、求めた梨が少し熟しすぎだったせいもあったり、まったく美味しくなかった。甘さもなかった。どうしようかなぁ。と、思っていたところへ、ちょうど仕事前に聴いていたラジオで漢方、薬膳では梨は蒸すんですよと、そんなことを言っていた。のどに良...

  15. 梨 - まほろば日記

    昨日の午後は、私にしては珍しく、数人の人と、長時間の長電話にあけくれた。おかげで今朝は少々喉が疲れている。今朝は、その喉を潤すために、曇り空を仰ぎ見ながら、今年お初の梨をいただく。梨には、体の熱を冷まし、体に潤いを与える力があると昔、漢方の先生から教わった。酒毒を解毒する作用もあるとか。(ドキッ笑)東洋医学の世界では、秋には、白い食材を積極的に摂ると良いとされているそうな。呼吸器を大切にした...

  16. 一昨日届いていた梨と葡萄のうち 梨 - 貧者の食卓改め偽貧者の食卓

    一昨日届いていた梨と葡萄のうち 梨

    夫の親友のTさんがこの時期美味しい梨を届けて下さる◆今年の梨もみずみずしくシャリシャリで生き返るような美味しさ葡萄も入っていたんだけどすぐに冷蔵庫に入れてしまって写ってませんどちらもだいじに頂きますシアワセを感じるひとときです

  17. 初物 - 平凡で幸せな毎日

    初物

    昨日、夫の大好物の梨を買いました迷ったけど、今年お初の梨だしばら売りではなく、少し高い方の2個入りにしたのですが夕食の後に食べようと切ってみるとショック!2個のうちの1個が傷んでましたあきらめるか、交換してもらうか悩んだけど今年お初と思って買ったもの・・・交換して欲しいと電話をして、傷んでいた梨1個だけを持っていきました1個は食べたので、1個だけでいいですと言ったのですが、新しい2個を用意し...

  18. 水菓子… - 侘助つれづれ

    水菓子…

    『水菓子』みずみずしく心も潤う***雨上がりまた暑くなってきました暦の上ではもうすぐ秋果物も葡萄や梨が出てきました少しずつ秋を感じていきたいですね『水菓子』とは…果物のこと

  19. 名産多摩川梨 - きいろいポケット

    名産多摩川梨

    今日も暑いですね。片付け片付け。昨日、登戸からバスで帰るとき梨を買いに寄ると販売終了。今日、再び買いに行くと販売していません。中野島駅前は販売してませんでした。駅より少し入ったところにありました。5個ゲット。初梨!ひーちゃん喜ぶだろうな。【ひーちゃん】今日は最後のお勤めです。昼過ぎに帰宅予定。名産多摩川梨梨の味覚はもぎたてが命です。と書いてあります。

  20. 庭の花咲く(No.27) - 薪窯冬青犬器

    庭の花咲く(No.27)

    どの植物も、寒さが過ぎた安心で咲いています。食用の桃実生苗から(たしか?)3年で咲いたしだれ桃和梨(幸水)洋梨(ラフランス)小松菜元気が出てきたイベリスやっと粘土10KGを練りました。白は再生粘土、赤は粉引用やっとこれだけ、です。鹿児島から好物が届きました。アクまき、さつま揚げ、たけのこ水煮竹の皮に包んだもち米を、楠の根を燃やしてできた灰のアクに浸けてから茹でるとできるという、手間のかかった...

総件数:63 件

似ているタグ