棒渦巻銀河のタグまとめ

棒渦巻銀河」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには棒渦巻銀河に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「棒渦巻銀河」タグの記事(4)

  1. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたうみへび座の棒渦巻銀河NGC2835 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたうみへび座の棒渦巻銀河NGC...

    うみへび座の棒渦巻銀河NGC2835は、直径65000光年の大きさで、地球から3500万光年の距離に有ります。NGC2835の中心には、これまでの観測の結果、太陽の数百万倍もの質量を持つ超巨大なブラックホールが存在すると考えられています。写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたNGC2835です。画像クリックで拡大します。SOURCE:NASA秘密の世界Ⅱへ

  2. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたかみのけ座の美し棒渦巻銀河NGC4907 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたかみのけ座の美し棒渦巻銀河N...

    かみのけ座の美し棒渦巻銀河NGC4907は、1000の銀河を持つコマクラスターの一つで、地球から2億7000万光年の距離にあります写真中央の銀河は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたフェイスオンのNGC4907です。NGC4907の下の明るい天体は、天の川銀河の所属する恒星で、地球からは2500光年の距離にあります。NGC4907の周囲には、コマクラスターに属する多くの銀河が見えます。画像クリックで...

  3. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい棒渦巻銀河NGC613 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい棒渦巻銀河NGC613

    南天のちょうこくしつ座の方向にある棒渦巻銀河のNGC613は、太陽系から6500万光年離れたところにあり、銀河の差し渡しの大きさは10万光年あります。NGC613は、2016年に超新星(SN2016gkg)が発見されています。NGC613は、観測データからその中心部に巨大なブラックホールが存在していると考えられています。写真は、ハッブル宇宙望遠鏡によって、SN2016gkgの発見の後に捉えら...

  4. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたとけい座の美しい棒渦巻銀河NGC1512 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたとけい座の美しい棒渦巻銀河N...

    南天のとけい座の方向にある棒渦巻銀河NGC1512は、地球から3000万光年の距離にあります。NGC1512の中心部の周りには、新しい多くの星が形成されているため、リング状に明るくなっています。NGC1512の銀河の腕が歪んでいるのは、太古にNGC1510と銀河衝突があったためと考えられています。NGC1512の直径は、外縁部で10万光年あります。写真上は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたNGC1...

総件数:4 件

似ているタグ