棗のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには棗に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「棗」タグの記事(39)

  1. 仕覆教室最終日 - よしのクラフトルーム

    仕覆教室最終日

    今日は滴翠美術館の仕覆教室、6回コースの最終日でした。いろんな仕覆が出来上がってきましたねー。中には4個作られた方も。全部出来上がったわけではないけど、今までの最高記録。初めて仕覆にとりかかって6ヶ月で4個ですからねー、脱帽。男の方です。出来たがったのを並べて記念撮影。なかなかのものです。こんな道中籠もできましたよ

  2. 中次 - よしのクラフトルーム

    中次

    槐の中次、削り完了。塗装ですが、今回はガラス塗料だけでいってみる。1回目、随分浸み込むけど光沢は出ない。何回か塗ったらいい感じに仕上がるのだろうか?

  3. 中次 - よしのクラフトルーム

    中次

    中次を削ります。棗作りは繊細で難しい。その中でも中次が一番難しいかも。緊張しますね。今回の材はエンジュ。小径の芯持ち材で中央が黒く周辺は白木なんです。さて、うまく削れるか?

  4. 棗作り - よしのクラフトルーム

    棗作り

    「今年は月一で作りたい」と思ってた棗作り。結果は6個。棗作りは難しく、細心の注意と集中力が必要で出来上がったときの達成感は半端ない。倉庫を整理してたら、今すぐにでも制作にかかれる荒刳り品が多数。来年も又挑戦したいね。あとはやる気かな。

  5. 蹴ロクロとぎっくり腰 - 冬青窯八ヶ岳便り

    蹴ロクロとぎっくり腰

    久しぶりにロクロで引いたと書いたその日の夕方から、何やら左の腰がぎこちないと思っていたら、翌日、そして昨日今日と、寝起き不自由、ロックに引っ張られると耐えられないとわかって、犬散歩も出来ません。体が曲がっているよと言われて、鏡を見れば、なるほどまがっています。どうも痛みのある左足の方が長いようにも感じます。ロクロが腰にくるとは聞きますが、蹴ロクロを使うときの体の支えは、左のお尻・あるいは左腰...

  6. ガラス塗料はすごい - よしのクラフトルーム

    ガラス塗料はすごい

    ガラス塗料って結構すごいかも。黒檀の棗の使ってみたら、まるで鏡面のような光沢が。これならふき漆と良い勝負するかも。いや、漆が駄目な私にはもっと良いように思えます。手放せない塗料になりました。

  7. 棗を磨く - よしのクラフトルーム

    棗を磨く

    5月に削った棗、仕上塗装の途中で完成せずそのまま机の上に。ここんとこ暑くて、クーラーも何も無い機械場での作業はちょっと苦痛で、冷房が効いた事務所から出たくなくなります。こんな時には棗の仕上ですね。ガラス塗料を塗って磨くと、随分良くなりました。もう一度塗ったら完成かな。毎月1個削るは夏場で中断です。

  8. おやつに棗 - 満足満腹  お茶とごはん

    おやつに棗

    台湾で棗(なつめ)を買ってきました棗は血を補い、生薬の作用を中和させるので多くの漢方薬に入っていますこれ、このまま食べられるんですよ~ほどよい甘さで美味日本で売られている棗は完全にドライで皮が硬いものが多く、そのまま食べることはできないんですが、これは小ぶりで皮もそんなに硬くないのでドライフルーツの感覚で食べられます左が今回のもの、右がいつも使っている大振りのもの見た目がだいぶ違いますね大振...

  9. 仕覆教室2日目 - よしのクラフトルーム

    仕覆教室2日目

    昨日は滴翠美術館の仕覆教室2日目でした。前回制作した型紙を使って裏地を縫います。仕覆は始めての方が4名、茶箱の仕覆の方、道中籠を作る方と違う仕覆も加わったので忙しい。でも、まずまず順調。底付けは宿題になりましたが、皆さんいけるかなー?さー、今日は、マスターズ水泳短水路大会、尼崎です。Breaststroke100m、50m、と50x4混合メドレーリレーに出ます。最初の100mはしんどいけどが...

  10. 今月の棗 - よしのクラフトルーム

    今月の棗

    黒柿の棗を削り終えた。今月はこれ1個です。今回、蓋の裏を削るときちょっと失敗。削るとき刃がチャタリングのような現象を起こして波状に削れてしまう。木口なので結構深く傷がつくことも有るんですよね。先に浸透性塗料で固めて、細い刃物で慎重に削ってなんとか取れました。天板の厚みはあまり余裕なかったのでちょっと緊張。でも、おかげでドーム状になり今までより軽くなりました。この方が良かったのかも。黒柿の棗材...

  11. 棗作りは楽しい - よしのクラフトルーム

    棗作りは楽しい

    サッチーネの棗、旋盤作業を終えた。大きさは71mmx72mm、中棗の標準は1寸2分(66mm)だそうなので、大棗と中棗の間ぐらい、ちょっと大きめ。新しレストのおかげでうまく刳れました。大きい方が中を刳りやすいからかもしれません。木固めエースで塗装にかかると、赤い色素が溶けだします。この木は独特なのかも。右は前作の小棗今回の方がかたちは良いかな塗装中手袋はオレンジ色に

  12. 黒柿の杵 - よしのクラフトルーム

    黒柿の杵

    「棗を作って」と杵を預かった。黒柿だ。けど、割れてる。それも黒い部分に上から下まで。よーく見ると、黒と白との境付近にも細いヒビが入っている。乾燥のとき割れたんでしょうね。まー、これでは棗は作れない。残念でした。別の黒柿探してください。

  13. 2個の棗 - よしのクラフトルーム

    2個の棗

    棗、2個削り終えた。赤いサッチーネはちょっと失敗したけど、なんとかブレも少なく削りなおして。後は手で磨きます。これで3月の棗は2個。あと1個くらいかかれそうですね。

  14. 失敗した - よしのクラフトルーム

    失敗した

    棗の蓋と身、外側を削り終って蓋を回してみると、あれっ、ずれる。どうやら、蓋の天端を削るとき力を入れ過ぎて身の方がブレたようだ。そのまま削ると当然蓋は芯が有って無いからズレがでる。削り直すと合口は甘くなる。失敗ですね。

  15. 赤い棗 - よしのクラフトルーム

    赤い棗

    サッチーネの赤い棗、この木は硬い。木口面を削るときはキャッチしやすので気を使います。薄くなった時キャッチすると、それだけで割れてしまいますからね。蓋と身は合わさったので、これから蓋の表です。

  16. 少し大きめの棗に - よしのクラフトルーム

    少し大きめの棗に

    棗の蓋と身を合わせた。直径73~72mm、ちょっと大きめの棗になりそう。今日中には出来ないから、これは3月の作やね。

  17. 棗作り - よしのクラフトルーム

    棗作り

    もう2月も終わりですね。毎月1個は作ろうと思ってた棗、今月はなかなかかかれませんでした。昨日やっと旋盤にセット。黒柿です。

  18. 金針菜と棗のスープ - 満足満腹  お茶とごはん

    金針菜と棗のスープ

    金針菜と棗最近、目が疲れ気味だったので血を補う食材でスープを作ることにしました思い立った時に使えるので乾物は便利ですね生姜、ニンニク、金針菜、モヤシ、エノキを炒めてから棗とともに煮込みました補血(ほけつ)スープの出来上がり味付けはオイスターソース、黒酢など今日はパソコンを開いていてもそんなに目が疲れないのでちょっとは補えたかなしばらく意識的に補血しようと思います---------------...

  19. 仕覆教室最終日 - よしのクラフトルーム

    仕覆教室最終日

    昨日は滴翠美術館の第六回仕覆教室最終日。前回、緒を付け終わった仕覆を最終調整して仕上げます。6回目ともなると打ち解けて皆さん和やかに作業が進みます。今回の方はもう何作目かで、更にレベルアップした仕上がりです。来月から7回目が始まります。続けて来てくれる人も、次は家で作って時々来ます、と云う方も。うれしいですね。出来上がった仕覆や網袋皆さん真剣です

  20. 黒柿の棗 - よしのクラフトルーム

    黒柿の棗

    2月になりましたね、早いなー。今年2個目の棗が完成。黒柿の平棗です。毎月1個が目標ですが、月末、気まぐれで削りました。平棗はあまり作ること無いので高さを決めるのにちょっと苦戦。でも、良い感じになったかな?仕上げは又ガラス塗料。もう少し塗ります。

総件数:39 件

似ているタグ