棘皮動物のタグまとめ

棘皮動物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには棘皮動物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「棘皮動物」タグの記事(8)

  1. ざんねんないきもの展~ざんねんな生き方 - 続々・動物園ありマス。

    ざんねんないきもの展~ざんねんな生き方

    「ディスカスはミルクを出すとドス黒くなる」ディスカスはオスもメスも、子供のために「ディスカスミルク」と呼ばれる粘液を体表から出しますがその時だけは、この美しい体色がドス黒くなります「アオジタトカゲは青い舌で敵を威嚇するが、きかない」ツチノコの正体とも言われるアオジタトカゲです実際に、その青い舌をちろちろしても相手は全くノーリアクションなんだとかこちらは以前、東山動植物園で撮影したキタアオジタ...

  2. ざんねんないきもの展~ざんねんな体 - 続々・動物園ありマス。

    ざんねんないきもの展~ざんねんな体

    サンシャイン水族館で行われている、あのベストセラーのコラボ企画に行って来ました入り口で迎えてくれるデンキウナギ最大800ボルトもの電圧を起こすことができる、とんでもないお方です「デンキウナギは のどに肛門がある」少々、わかりにくい写真ですがおわかりいただけるでしょうか「リュウグウノツカイは体の半分は食べられてもしかたないと思っている」撮影するのが困難なほど見事な標本敵に襲われた際、まるでトカ...

  3. 572 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメ引き続き展示中~ - 眼遊記

    572 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメ引き続き展示中~

    *この記事は2017年3月26日のものです。今日は宍道湖自然館ゴビウス(Shinjiko Nature Musium Gobius)に行ってきた。出雲市園町にある小さな水族館ゴビウスは、汽水湖宍道湖と中海を含む斐伊川水系の生物をメインに展示してある。一般的な水族館にいる熱帯魚などは展示しておらず、地元にはどんな魚が生息しているのか、それを勉強するにはぴったりの施設だ。悪く言うと地味な魚ばかり...

  4. 角がとれて・・・ - Beachcomber's Logbook

    角がとれて・・・

     ビーチコーマーらに好まれる角が取れたものの代表格はビーチグラスでしょう。浜辺に捨てられたり、漂着したガラス壜が割れ、その破片が浜砂利などで磨かれて、徐々に角が取れ、丸まったビーチグラスに変身します。 若狭の浜で見つけたのは、ビーチグラスではなく、スカシカシパンの破片でした。スカシカシパンには5つのスリットがありますので、その部分が残っていれば、名前は分かりますね。写真を見ると角が丸まってい...

  5. サンシャイン水族館~海の忍者!イカづくし!! - 続々・動物園ありマス。

    サンシャイン水族館~海の忍者!イカづくし!!

    「ワレワレハ宇宙人デアル。地球人ニ告グ・・・」エイリアン・・・ではなくアオリイカです宇宙忍者と言えばバルタン星人ですが、数々の卓越した能力を持つイカは海の忍者と言えるでしょうジェット噴射による急発進、主に仲間とのコミュニケーションを目的とした体色変化粘度の高い墨を吐き己の分身と見紛うような塊を作り外敵を目くらまし触腕と呼ばれる長い腕を素早く伸ばして獲物を狩ったりとその特異な能力を上げると枚挙...

  6. あらら・・・オオブンブク - Beachcomber's Logbook

    あらら・・・オオブンブク

     エボシガイまつりのあった敦賀半島の西側、もちろんエボシガイだけではなく、中国、韓国、台湾、それにベトナムの製品も色々ありました。ちょっと期待していたタコノマクラは見つかりませんでした。 でも、オオブンブクがいくつか見つかりました。ただ、残念なことにどれも欠けたり、割れたりといった不完全なモノばかり・・・中でも一番残念だったのが、写真のオオブンブク。だって、これはオレが気付かず踏みつけて割っ...

  7. サンシャイン水族館~ペンギンツリー - 続々・動物園ありマス。

    サンシャイン水族館~ペンギンツリー

    頭上を行くケープペンギンサンシャイン水族館の新名物施設「天空のペンギン」より早くもクリスマスなデコレーションがなされていますちょうど、ツリーの飾りつけのように撮れました(^^)こちらは、館内に展示してあったクリスマスツリー・・・何というか言葉に詰まります薄暗い所に展示してあったので、クリスマスに備えまだ準備中といったところでしょうか入口付近で迎えてくれるクリスマスな水槽グリーンネオンテトラや...

  8. 渥美のヒラタブンブク - Beachcomber's Logbook

    渥美のヒラタブンブク

     中部地方でヒラタブンブクの見られる海岸なら、やはり日本海側がメインでしょう。若狭から加賀にかけての砂浜の海岸では、そう珍しいものではありません。 でも、太平洋側だと、あまり見かけません。 そんな表浜、赤羽根のロングビーチで、立派なヒラタブンブクを見つけました。 このヒラタブンブク、中にはイッパイ砂が詰まっていて重かった!普通ブンブク類は、驚くほど軽いものですが、これは違いましたね。(笑).

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ