棘皮動物のタグまとめ

棘皮動物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには棘皮動物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「棘皮動物」タグの記事(5)

  1. 葛西臨海水族園:グレートバリアリーフ【前編】 - 続々・動物園ありマス。

    葛西臨海水族園:グレートバリアリーフ【前編】

    葛西臨海水族園の「グレートバリアリーフ」水槽色鮮やかな魚たちにサンゴまさに百花繚乱でありますクギベラ(イニシャル・フェイズ)イニシャル・フェイズとは「初期段階」の意ベラの仲間は成長に伴い、体色、さらには性別が変化する個体もいます「ターミナル・フェイズ」(最終段階)の姿はこちら(公式HPより)名称不明スパイニー・クロミスナンヨウハギアオヒトデぺたーんと張り付いてたのはこちらもアオヒトデかな?【...

  2. 葛西臨海水族園~世界の海:カナダ西岸、カリフォルニア沿岸 - 続々・動物園ありマス。

    葛西臨海水族園~世界の海:カナダ西岸、カリフォルニア沿岸

    カナダ西岸の生物たち一幅の絵画のような水槽ですひと際、目を引く大きな白いイソギンチャクホワイトプラムドアネモネです手前のピンクのお花畑のようなのがストロベリーアネモネこちらもイソギンチャクの一種。花弁のように見えるのが触手で中には刺胞(毒針)を持っています左のゴツゴツしたのがグースネックバーナクル実はカニやエビなどと同じ甲殻類なんとも幻想的な光景ですが、これ全部「動物」なのですそんな中、すい...

  3. 深海2017~日本周辺の深海生物 - 続々・動物園ありマス。

    深海2017~日本周辺の深海生物

    シンカイヨロイダラソコダラ科 北太平洋の水深2500~6950mに生息日本海溝は、栄養塩に富んだ親流が流れ、近接した日本列島から有機物が供給されることから、非常に豊かな深海生物が見られますキャラウシナマコクマナマコ科 汎世界の水深2600~8700mに生息デメニギスデメニギス科 北太平洋の400~800mに生息コブシカジカウラナイカジカ科 北太平洋の水深30~2000mに生息三陸沖の傾斜の緩...

  4. 深海2017~深海生物の多様性(水深3000m~):超深海帯の生物 - 続々・動物園ありマス。

    深海2017~深海生物の多様性(水深3000m~):超...

    ダイダラボッチアリセラ科 太平洋・大西洋の水深4850~8000mに生息こちらの標本はトンガ海溝の水深6256mから採集されたものですシンカイエソシンカイエソ科 大西洋、インド・太平洋の水深400~4900mに生息地球の全面積の半分以上を占める300~6000mの水深帯は、「深海帯」と呼ばれ太陽の光は全く届かず、目を持たない種が増えてきますソコフクメンイタチウオアシロ科 大西洋、インド・太平...

  5. 深海2017~深海生物の多様性(水深1000~3000m) - 続々・動物園ありマス。

    深海2017~深海生物の多様性(水深1000~3000m)

    エドアブラザメカグラザメ科 大西洋、インド・太平洋の水深1070m以浅に生息1000~3000mは下部漸深海帯と呼ばれ、太陽の光は極めて少なく水温も大きく低下し、生物の種類や数は次第に減少していきますホウライエソホウライエソ科 太平洋、インド・大西洋の水深500~2500mに生息アカギンザメギンザメ科 北西太平洋の水深450~1000mに生息チョウチンアンコウチョウチンアンコウ科 太平洋の熱...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ