森博嗣のタグまとめ

森博嗣」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森博嗣に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森博嗣」タグの記事(7)

  1. 読書の価値【印象度:70】 - 蚊も無視する・・・そんなブログ

    読書の価値【印象度:70】

    2018年発表。電子書籍。最近の森博嗣のエッセイは、半日で読めて、本人が人里を離れて悠々自適な生活をしてることもあり、肩の力が抜けてて、あまり疲れずに読めるわりに、考えさせるところもあるので、ついつい手に取ってしまいます。

  2. 『デボラ、眠っているのか?』(森博嗣)…人工知能は初期設定が天使寄り - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    『デボラ、眠っているのか?』(森博嗣)…人工知能は初期...

    森博嗣のWシリーズの4冊目は『デボラ、眠っているのか?』。わたしたちは、スマホを四六時中見ている。他人のスマホをのぞき見れば、持ち主が何を考え、どんな傾向を持っている人なのかがわかる。住所などの実際のデータもあるし、交友関係とその内容もわかるし、位置情報がォンになっていて、SNS投稿をする人であれば、どこにいるか、どこに出かけたか、誰とあったか、何をしたか、今後何をしようとしているか、全部わ...

  3. 森博嗣〝Wシリーズ〟「人間とウォーカロンを見分ける」とか「人間とは何か」とか、ひとまず、深遠なものの気配だけ把握 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    森博嗣〝Wシリーズ〟「人間とウォーカロンを見分ける」と...

    フィギュアスケート友達のみーちゃんは森博嗣が好きだ。その中で、みーちゃんが読んでいるという〝Wシリーズ〟を読み始めた。一冊目は『彼女は一人で歩くのか?』。人工細胞で作られた人間との差がほとんどない生命体をウォーカロン、単独歩行者と呼ぶ。小説の舞台は近未来の地球で、ウォーカロンが多数になり、両者の違いが識別できにくくなっている。そんな中、研究者のハギリは何者かに命を狙われた。心当たりはないのだ...

  4. しかし、これを見たものは確実に感じることができる。作った人間の意志を——森博嗣『カクレカラクリ』 - 思索の森と空の群青

    しかし、これを見たものは確実に感じることができる。作っ...

    森博嗣『カクレカラクリ』メディアファクトリー、2006年。59(1126)http://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0pid=9784840116008vid=cat=swrd=森博嗣コ○・コーラ小説。無駄というものに人間の人間性を見ようとする森博嗣の姿勢がよく見て取れる。50)「でも、これだって人工的じゃない?」...

  5. 珈琲とグラノーラ - ナチュラルに、シンプルに過ごす日々

    珈琲とグラノーラ

    私の大好きな森博嗣のミステリ―4か月ぶりの今日、新作が発売されました!Wシリーズ「血か、死か、無か?」文庫本は明日発売なのですが、キンドルは1日早く読むことができます^^今朝は、息子を幼稚園に送り日課の「朝ヨガ&瞑想」を済ませてからキンドル持参で近所のカフェに行きましたWarm Hert Coffeいつも、前を通りかかるたび、気になっていたのですがお洒落すぎて、私には敷居が高く感じられ、、、...

  6. 自分の人生、生と死、人類の未来、などなど、大切なことを真剣に考えていたら、何もできなくなってしまう——森博嗣『奥様はネットワーカ』 - 思索の森と空の群青

    自分の人生、生と死、人類の未来、などなど、大切なことを...

    森博嗣『奥様はネットワーカ』メディアファクトリー、2002年。19(1086)イラストはコジマケンhttp://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0pid=9784840106047vid=cat=swrd=奥様はネットワーカ大学で起きた殺人事件について。94)けれど、そもそも一番重要なことを棚に上げて生きているのが人間...

  7. この重要性を認識しているのなら、簡単に、イエスかノーかなどと、人にきいたりはしないでしょう。もしご関心があるのでしたら、どうか、お願いですから、答を出さないで下さい——森博嗣『そして二人だけになった』 - 思索の森と空の群青

    この重要性を認識しているのなら、簡単に、イエスかノーか...

    森博嗣『そして二人だけになった』新潮社、1999年。18(1085)http://www.shinchosha.co.jp/book/139431/※読んだのは単行本研究者と密室殺人。62)「その場面場面によって、僕の言う意見は変化します。自分はこう思う、という意見は常に一定とは限りません。心に思っていることが、言葉として口から出るときに、違うものになることだってありますね。これが大事なこと...

総件数:7 件

似ているタグ