森友学園のタグまとめ

森友学園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森友学園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森友学園」タグの記事(352)

  1. 立憲主義とは何か - 御言葉をください2

    立憲主義とは何か

    前から、「立憲主義とは何か」ということをこのブログで書きたいと思って来た。ついに立憲民主党という名の政党ができたので、書く時が来たと思うので、これから書き始める。今日は、これから聖書研究会があるので、後で、書きたい。人気ブログランキングにほんブログ村

  2. 教育のせいもあるかもしれません。 - 御言葉をください2

    教育のせいもあるかもしれません。

     若い人たちのことについての記事にコメント下さった方に。少しだけ、私の考えていることを書きます。シールズの人たちのような若い人たちも出て来たのですから、若い人たちが全く、政治に関心がないとは言えないと思います。私は、若い人たちが政治に関心を持ってもらいたい、と思っています。これは、もちろん、わたしだけのことではなく、今、市民運動に関わっている人たちが願っていることです。私は、たまたま特定秘密...

  3. 若いからといって、「革新的」であるのは、当たり前ではない。 - 御言葉をください2

    若いからといって、「革新的」であるのは、当たり前ではない。

    ヒトラーユーゲントは若者だった。軍国少年もそうだった。わたしたちの若い時は、確かに、若者たちは革新的な人たちが多かったように思われる。しかし、その実態がどうだったのかわからない。その時代の影響が一番大きいと思われる。戦後のある時期という時代背景があったと思われる。それと、まだマルクス主義が力を持っていた。人気ブログランキングにほんブログ村

  4. 何もやっても許される日本社会(金子勝氏評) - 御言葉をください2

    何もやっても許される日本社会(金子勝氏評)

    10月25日付の「日刊ゲンダイ」の7面に、「金子勝(慶大教授)の天下の逆襲」の欄で、「モリカケ」も不問に何をやっても許される日本社会と金子氏は、以下のように論じている。総選挙の期間中、なぜか大手メディアは「モリカケ疑惑」についてほとんど追及しなかった。籠池氏を監獄に閉じ込めて「籠池氏は詐欺を働く人間で、昭恵夫人はだまされてしまった」という安倍首相の暴言は、司法の独立を侵すものだったのに、ほと...

  5. 「立憲主義」と「平和主義」は一応、分けて考えるべきである。 - 御言葉をください2

    「立憲主義」と「平和主義」は一応、分けて考えるべきである。

    日本国憲法は、立憲主義と平和主義をあわせ持っている世界でも、ある意味で最先端にある憲法である。平和主義をうたわない立憲主義の国はたくさんあるだろうが、立憲主義と平和主義を合体させている憲法は世界的にも珍しいのではなかろうか。これは、悲惨な第二次世界大戦のなせる業である。しかも、敗戦国の。ドイツは再軍備をした。そのことについては当時、ドイツ国内でも議論があり、スイスにいたカール・バルトは、ドイ...

  6. 「立憲主義」を理解していない安倍首相に、「憲法改正」を語る資格はない。 - 御言葉をください2

    「立憲主義」を理解していない安倍首相に、「憲法改正」を...

    憲法の改正を唱える人たちは、最低限、立憲主義についての基本的な理解が求められる。その点、「立憲主義」をまるで理解しているように思われない、安倍首相に憲法改正を語る資格はない、と私は思っている。立憲主義についての基本的な理解は、国会議員にせよ、地方議会議員にせよ、最低限、求められるべきものである。それなのに、立憲主義にまるで理解がないばかりか、立憲主義に敵対している人が首相であるという悲惨な状...

  7. 「護憲」というより「立憲主義」「民主主義」で自民党に対峙すべき - 御言葉をください2

    「護憲」というより「立憲主義」「民主主義」で自民党に対...

    私は、「自由民主党」の本当の名前は「日本党」なのであろう、と思っている。私は、民族主義者ではないが、もちろん、日本にはいいところがたくさんあると思う。しかし、私が自民党には、基本的に「立憲主義」を理解していない国会議員がきわめて多いと思っている。わたしは、日本国がいかに伝統を重んずるにしても、立憲主義を破壊するような仕方で「伝統」が力を振るうことは認められない。民主主義を否定することも認めら...

  8. 選挙は終わった、これからは倒閣運動だ ! - 御言葉をください2

    選挙は終わった、これからは倒閣運動だ !

    これからは倒閣運動である。立憲主義と民主主義を守らない安倍政権を打倒することを目標とする時が来た。立憲民主党ができたのは、まさにそこに結集軸ができたことを意味する。この倒閣運動は、「モリカケ疑惑」を追及することによって、安倍政権を追いつめることを第一の目標とすべきだろう。人気ブログランキングにほんブログ村

  9. 反立憲主義VS立憲主義、反民主主義VS民主主義 - 御言葉をください2

    反立憲主義VS立憲主義、反民主主義VS民主主義

    安倍政権は、基本的に「反立憲主義」であり、「反民主主義」である。立憲主義と民主主義を旗印にして、安倍政権を倒す倒閣運動を始める時である。選挙はしばらくない。だから、倒閣運動である。人気ブログランキング

  10. 立憲民主は、枝野代表が言っていることを堅持するのがよい。 - 御言葉をください2

    立憲民主は、枝野代表が言っていることを堅持するのがよい。

    つまり、永田町の数の論理ではなく、主権者を大事にした、下からの政治である。私は、立憲民主主義というものが、今ほど大事にすべき時はないと思っている。それを自公政権も、維新の会も軽んじて来た。下手に「政権交代」のためといって、おかしな野党再編成などしない方がよい。そして大事な事は「量より質だ」ということを枝野氏が言っているとである。「数」というのは「量」ということである。しかし、今の政治は「質が...

  11. 朝日新聞も、「モリカケ疑惑」追及をこれまで以上にしてほしい。 - 御言葉をください2

    朝日新聞も、「モリカケ疑惑」追及をこれまで以上にしてほしい。

    「まだやつているのか。もっと大事なことがあるだろう」という声に負けないで、初志貫徹してほしい。モリカケ問題は、この国の政治の病気のようなもので、これを放置していると、日本の政治が死んでしまうほどのものである。病気になったら、医者に行かねばならぬ。そして、医者とは、国会であり、治療にあたるのは国民である。人気ブログランキングにほんブログ村

  12. 「日刊ゲンダイ」は一度「モリカケ問題」のまとめと情報提供をすべきである。 - 御言葉をください2

    「日刊ゲンダイ」は一度「モリカケ問題」のまとめと情報提...

    つまり、新聞やテレビで報じられたけれど、国会でまだ取り上げられていない問題をクローズ・アップして、読者に提示し、忘れかけたことを、もう一度、読者に思い出すように、働きかけるべきである。朝日新聞は、それを必ずやると思う。加計問題を前川喜一氏のことを取り上げて朝日が、戦闘開始を始めた時の、その意欲をまだ朝日は失っていないはずである。「日刊ゲンダイ」も早く、気持ちを切り替えて、世間に「モリカケ問題...

  13. 立憲民主、共産党、社民、希望は、野党共闘して「モリカケ疑惑」の追及を! - 御言葉をください2

    立憲民主、共産党、社民、希望は、野党共闘して「モリカケ...

    そもそもなぜ、野党は「臨時国会」開催を求めたのか。それは、「モリカケ疑惑」を臨時国会で追及しようということが主だった。それが、まず、取り上げられるべき国会の議事である。希望の党も、それは選挙中も言っていたのだから、それをまず、野党は共闘して、追及すべきである。改憲が第一ではない。人気ブログランキングにほんブログ村

  14. 笑顔なき大勝 - 御言葉をください2

    笑顔なき大勝

    これは、報道ステーションの後藤謙次キャスターの評である。これは言い得て妙である。今朝の朝日新聞には安倍首相の笑顔の写真が載せられていたが、私はこれを見た時、「朝日は、苦労して、この写真を捜して、載せたのだろうな」と感想を抱いた。私の印象では、安倍首相に笑顔は見られなかったのである。それは、後藤氏も言っていた。首相の不支持率が支持率より高いという報道があること、比例では、民意は、自民党は33%...

  15. 比例代表 自民33.27%、立憲民主19.88 % - 御言葉をください2

    比例代表 自民33.27%、立憲民主19.88 %

    希望 17.35%。比例での民意の現れである。人気ブログランキングにほんブログ村

  16. 市民運動は力をつけてきている! - 御言葉をください2

    市民運動は力をつけてきている!

    テレビや新聞ではわからないことがある。今日の「日刊ゲンダイ」などは、ずいぶん、悲観的である。自公3分の2改憲大政翼賛会わずかな光明は立憲の躍進だけ歴史の分岐点で暗黒に転落こんな首相が10年政権という絶望むなしい立憲民主の躍進と「反安倍」の民意のうねり確かに、そうなのかもしれない。しかし、ここ数年間、市民運動をしている人たちと共に歩んで、わたしは、この結果にそれほど、がっくり来ていないのである...

  17. 「改憲」の情勢についての朝日新聞の記事 - 御言葉をください2

    「改憲」の情勢についての朝日新聞の記事

    「改憲 来年中に発議も」。これは今日の朝日新聞2面の見出しである。これは、今の時点での見通しなので、実際にどうなるかはわからない。しかし、考える上で役に立とうから、写しておこう。(以下) 安倍晋三首相は22日のNHK番組で、自身が提案した憲法への自衛隊明記について「自民党内の賛成を得る段階ではないが、そういう観点から議論を進めて頂きたい」と党内議論を加速させる考えを示した。 党公約には、自衛...

  18. 立憲民主党が野党第一党になった意味は大きい - 御言葉をください2

    立憲民主党が野党第一党になった意味は大きい

    安倍首相が、民進党政権時代を引き合いに出して、自らを誇ることは、もうできなくなる。そして、国会運営上、立憲民主党の方が、民進党より手強い敵となろう。そして、立憲民主党の強みは、市民との近さにある。人気ブログランキングにほんブログ村

  19. 再び、安倍政権が1日も早く倒れることを祈る。 - 御言葉をください2

    再び、安倍政権が1日も早く倒れることを祈る。

    選挙が終わっても、森友学園・加計学園の疑惑が消え去ったわけではない。安倍政権5年間の悪事が消え去ったわけでもない。もう祈る気力が失せたというわけではない。ますます安倍政権が一日も早く倒れ、もっと平和的な政権が建てられれることを祈る。人気ブログランキングにほんブログ村

  20. マスコミも再度、「森加計疑惑」に真剣に取り組むべきである。 - 御言葉をください2

    マスコミも再度、「森加計疑惑」に真剣に取り組むべきである。

    新聞やテレビで取り上げられた森友学園、加計学園についての新しいニュースも、いろいろな政治的事件のためと自民党が臨時国会の冒頭解散をしたために、国会で追及されることはなかった。今度、国会が開かれたら、追及することになるのは目に見えている。新聞、テレビ各局は、国会での「もりかれ疑惑」追及のために、今から準備すべきである。人気ブログランキングにほんブログ村

81 - 100 / 総件数:352 件

似ているタグ