森林ボランティアのタグまとめ

森林ボランティア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森林ボランティアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森林ボランティア」タグの記事(5)

  1. チルホールを使って枯れ木を倒す - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    チルホールを使って枯れ木を倒す

    我々、森林ボランティア・クラブの活動の中で、枯れ木や毀損枝を処理し、森の観察路の安全を確保する作業は、何にも増して優先する作業である。この日は、観察路の上に大きくせり出し、何時倒れてもおかしくない「コナラ(小楢)」の枯れ木の処理。こんな時に威力を発揮するのが、チルホール。チルホールとは、方向を選ばずに使用でき携行が可能な手動ウインチのこと。これを使って伐採しようと思う木にテンションをかけるこ...

  2. きっと明日は筋肉が・・・ - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    きっと明日は筋肉が・・・

    今日の作業はこたえましたね。梅雨明けで朝から気温はうなぎのぼり。作業を開始する頃には気温は、もう30℃近くあったのではないだろうか。こんな急斜面での作業・・・。安全と熱中症には十分気を配っているが、アイゼンを使って体のバランスを保ちながらの作業。明日は、きっとあちこちの筋肉が悲鳴を上げているだろう。作業を終えて、ワークショップに戻ったら、エアコンの涼しさとアイスコーヒーという天国が待っていた...

  3. 防災という観点からも森林ボランティアを考えてみたい - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    防災という観点からも森林ボランティアを考えてみたい

    冬に少し逆戻りしたが、山頂までの残るひとつのルートを、桜の開花までに開通させようと、昨年の台風21号で被害を受けた倒木の処理に精を出す。この日は山頂付近から下る方向での作業。やはり山頂付近は、東の斜面を吹き上がってくる風が強かったようで、例外なく斜面の上方向に素直?に倒れている。しかし、その数が夥しい。観察路を遮ったり、安全を脅かす倒木はもちろん処理をするのだが、地表を一面に覆ってしまった倒...

  4. 一ヶ月も活動が休止すると、体がむず痒くなるらしい - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    一ヶ月も活動が休止すると、体がむず痒くなるらしい

    先週に引き続き、大雨による土砂崩れで破損した鹿除けネットの修復である。やっと丘の駐車場までの道路が関係者だけではあるが、通行可能になった。そのこともあって、クラブ員ほぼ全員が顔を揃えるのは、4週間ぶりである。破損箇所を修復し、倒れている苗を戻し、周辺の丈の伸びた雑草を刈る。我々のこの活動、もうクラブ員全員の生活の中に組み込まれている。あるクラブ員は、「一ヶ月近くも活動が休止すると、体がむず痒...

  5. この風の心地よさがたまらない - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    この風の心地よさがたまらない

    梅雨明けの猛暑。全く逃げようともしない鹿の親子を横目で見ながら、伐採作業のため、山頂近くまで上がる。この日は、チェーンソーを使って、「アラカシ(粗樫)」など常緑広葉樹の高木を伐採。10数本伐採しただけで、見違えるように森が明るくなり、麓からの上昇気流が、さあっと抜けるようになる。うれしいのは、この風である。木漏れ日の心地よさと癒しの風。暑さも疲れもいっぺんに吹き飛ぶ。熱中症を避けるため、早め...

総件数:5 件

似ているタグ