森瑤子のタグまとめ

森瑤子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森瑤子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森瑤子」タグの記事(7)

  1. 森瑤子作「情事」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    森瑤子作「情事」を読みました。

    森瑤子作「情事」を読みました。第一章、情事。ある年の6月末の金曜日、夫のホールは娘を連れて秋谷の別荘へ向かいました。洋子は仕事で東京に残りました。洋子は芸大でチェロを専攻していましたが、諦めて翻訳の仕事をしていました。深夜、洋子は六本木のパブ、チャルコット・ハウスへ飲みに行きました。外国人の友人達が集まっていました。レインが現れました。彼は美男子でした。洋子とレインはパブを出て、デートします...

  2. 森瑤子の帽子 - 新 LANILANIな日々

    森瑤子の帽子

    この作家さん、どこかで聞いた名前だなあ?と思ってたら以前、安井かずみさんのことを書かれた本の著者でした。あ、過去の日記を読んでみたら安井かずみさんのことを書いた本もこの森瑤子の帽子という本もハワイの師匠っ、のblogで紹介されてて読んでみたい、と思って図書館から借りたんだった(笑そうそう、ハワイの師匠っ、blogは、こちらから読めますよ!この本は、森瑤子さんという女性をいろんな方からの証言で...

  3. 島崎今日子作「森瑤子の帽子」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    島崎今日子作「森瑤子の帽子」を読みました。

    島崎今日子作「森瑤子の帽子」を読みました。多くの著作を残した森瑤子本人の作品から多くの引用がなされている自伝です。ネタバレしますので、興味のある方は途中で読むのをお止めください。第一章、グラマラスな小説家。バブル時代であった1980年代は、女の時代でありました。1985年、山田詠美が文壇にデビューした時、憧れていたのが森瑤子でした。彼女は「情事」ですばる文学賞を受賞し、文壇デビューします。若...

  4. 「森瑤子の帽子」を読んで - おしゃれを巡る冒険

    「森瑤子の帽子」を読んで

    「森瑤子の帽子」(島崎今日子著 幻冬社刊)読破。1978年、38歳で処女作「情事」で第2回スバル文学賞を受賞し普通の主婦から売れっ子小説家に転身。1993年、52歳という若さで亡くなるまでの作家、森瑤子の人生を浮き彫りにしたノンフィクション。著者の島崎今日子さんはジャーナリストでジェンダーをテーマに幅広い著作活動を行なっている。「安井かずみのいた時代」「この国の女であること」などの作品がある...

  5. おしゃれな小説を再読 - おしゃれを巡る冒険

    おしゃれな小説を再読

    東京に帰ってまずしたかったことが、都立大学のトシオークー・デュパンのジャンボンブール(ハムと発酵バターのシンプルなサンドイッチ)をエチオピアという名のコーヒーと共に食べること。パン屋の2階のカフェでいただきました。ここのフランスパンは本当に美味しいんです。さて、ゴルフ大会の準備で忙しくなる前に森遥子さんのデビュー作『情事』を読み返してみました。森さんのことを書いた『森遥子の帽子』を読み始めた...

  6. 【森瑤子の帽子を読んで】 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    【森瑤子の帽子を読んで】

    大学生の頃、「大人ってこんな風に恋をしているのかぁ」と思いながら読んだ森瑤子さんの本。描かれる場面がバーだったり、異国のホテルだったり、男女の駆け引きも粋すぎて、非現実的で自分には無縁の世界だと感じました。それから数年後、国際結婚して日本に戻ってきて読んだ彼女の本からは違う印象を受けました。子供の話がたくさん出てきて、私の少し先の未来を描いているよう。イギリス人のご主人の頑固なまでにスタイル...

  7. YouTubeにアップされたドラマ「晩餐会」。こんなドラマを書いてたんだ。 - 香取俊介・東京日記

    YouTubeにアップされたドラマ「晩餐会」。こんなド...

    2018-06-16昔、脚本を書いたサスペンスドラマ「晩餐会」がYouTubeにアップされていた。栗原小巻主演。森瑤子原作。誰が投稿したのか知らないが。こういうドラマも書いていたんだ。実は、この作品、原作者と脚本家の肌があわず、脚本家交代ということになり、時間があまりないけど、香取さん、書いて欲しいと旧知のP。森瑤子さんは当時超売れっ子作家。一つ注文をつけてきて、ドラマ内で使う赤ワインはここ...

総件数:7 件

似ているタグ