森のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森」タグの記事(330)

  1. 現実の苦しみを無視し - ミコトバラボ.

    現実の苦しみを無視し

    現実の苦しみを無視し、未来の幸福のために絶えず進むところに、発展は訪れる。(御旨の道P.183)↓クリックお願い致します♪

  2. 『Mori』の柄でワンハンドショルダー - シマリスママの布あそび      

    『Mori』の柄でワンハンドショルダー

    素敵な生地を見つけました。なぜかわからないけれど、私の好きな森の柄。調べてみると・・・動物ぽんぽんでおなじみの作家 trikotriさんが描き下ろした-kotorinuno by trikotri -というブランド名の生地でした。私の大好きな深い緑の森の柄は、ひと目で『作品にしたい!』と思いました。デザイナーさんのブランド生地なので、商用利用は無理だと思いましたがkotorinuno by ...

  3. グレンヘレン  ヘレンの森へ - 石のコトバ

    グレンヘレン ヘレンの森へ

    ヘレンの森へ グレンヘレン滞在しているイエロースプリングスの名前のついた元になった泉のある森へ入り口には保護された色々なフクロウや鳥がここからどんどん森の中に美しい皮を渡って滝の名前がイエロースプリングスその昔、オハヨウはインデアンが住んでいるところでした。そして多くが殺されてこの広い領土はお金持ちのものにその娘のヘレンさんが若くして亡くなって、それを記念してお墓の記念碑を建ててこの地を自...

  4. 土に還る - ひつじ雲日記

    土に還る

    東京都・八王子市、高尾山にて倒木に、雪が積もる。15分も下れば、街に出る森とは思えない、光景。高尾の森は、東京近郊の山としては、自然が濃い。倒木があると、ついつい写真を撮ってしまう。ある種の、フェティシズムなのか。それとも、輪廻転生の、象徴的な様に惹きつけられるのか。倒木評論家?としては、あまり新しい倒木よりも、倒れてから少々、時間が経ったものが好ましい。倒れて直ぐのは、倒れた断面が腐敗して...

  5. 弥生セリバオウレン - 鹿深の森

    弥生セリバオウレン

    寒い寒いと言いながらももう3月近所の子供たちも卒業式の練習が毎日の様で歌を歌いながら帰って来る子や賞状の受け取り方を教えてくれる子や...慌しい中に少しの和みを感じる早く暖かくなあれセリバオウレン(芹葉黄連)キンポウゲ科オウレン属土手の梅お彼岸が済むまでは まだ少し寒いのかなぁ

  6. 幻の雪景色 - 永楽屋ガーデン    自然を愛する スローライフな庭造り

    幻の雪景色

    小春日和がつづいていて、この暖かさではもう冬は戻ってこないなぁと思っていた。でも、昨夜から降り始めた重い雪が、諦めていた雪景色を連れてきた。真っ白になった浅間山。雪が降るだけで、気分はウキウキ、体がウズウズする。この景色を見せられては居ても立ってもいられない。カメラを持って森へ向かわずにはいられないのです。お子ちゃまだなぁって自分でも呆れてしまう。雪に覆われた浅間神社の境内。枝にのった雪がち...

  7. がんばれ!俺様ちゃん! - 小国での日々 第7章

    がんばれ!俺様ちゃん!

    風が強くて飛ばされる〜!薄毛で地肌が見えちゃうけど、がんばれ!俺様ちゃん!

  8. 朝に下る山 - ひつじ雲日記

    朝に下る山

    東京都・八王子市、高尾山にておそらく、これほど交通の便の良い山は、ないだろう。新宿から列車で1時間弱の、その名も「高尾山口」の駅から、5分ほど歩くと登山口に着く。登山口から15分程度か、東が少し開けた森に出る。午前7時を少し回った、日の出直後。前日の積雪を被った草木の間から、柑子色の空が望まれた。朝、家を出て、こんな芸当が出来る山は、高尾山くらいだろう。新宿を5時30分に出れば、頂上まで往復...

  9. 上高地の森を歩く - ギャラリー同仁斎

    上高地の森を歩く

    神降りる地・上高地上高地を歩ける者は幸せである。その昔、徳本峠を越えなければ上高地へ入ることは出来なかった。ごく一部の者だけが立入ることを許されていた “神降りる地” だったのである。私が憧れの地、上高地へ足を踏み入れたのは、1980年代半ばである。写真撮影が目的で、仕事の合間に二三日の休暇を取り、大正池から槍沢、涸沢辺りまでを撮影場所に選んでいた。数年間はカラーフィルムを使用していたのだが...

  10. 束の間の、積雪 - ひつじ雲日記

    束の間の、積雪

    東京都・八王子市、高尾山にて高尾山の標高は、599m。スーパーの特売みたいな、高さだ。ほんのちょっと高ければ、区切りの良い数字にならない。そのくらいの標高だと、山とはいえ、湿った雪が降る。サラサラのパウダースノーではなく、どっしり重い雪。降雪量も少ないから、陽だまりの雪はすぐ融けてしまう。この写真は、午前8時16分に撮った。陽が射して、間もない頃。それでも、ちょっと、汗をかくように融け始めて...

  11. シナマンサク - 鹿深の森

    シナマンサク

    シナマンサク(支那満作)マンサク科マンサク属赤花久しく好いお天気の森

  12. 籠もる日の、幸せ - ひつじ雲日記

    籠もる日の、幸せ

    東京都・奥多摩町、雲取山にて昨年の暮れの、ある日の朝。霧が色づく、朝日が空に滲む。色の濃さと、霧の濃さが反比例しているのか、上空は暗い。雪が降る、という天気予報を聞くと、家に籠もる準備をしてしまう。鍋やら、シチューやら、暖かいものを作る食材を買い込む。時間を持て余すから、本も何冊か用意する。家から一歩も出なくとも、健康で文化的な生活をするつもりで。でも。今回は、予報に反して、さほど降らなかっ...

  13. 白い森の、秋の名残 - ひつじ雲日記

    白い森の、秋の名残

    東京都・八王子市、高尾山にて昨日の雪は、当初の予報より積もらなかった。それでも、少しは雪景色を期待して、高尾山へ行ってみた。まだ、森に陽が回らないうちに、探索する。積雪は2〜3cmくらいか。無彩色の多い光景の中では、枯葉が鮮やかに感じる。おそらく、この雪は、すぐに融けてしまうだろう。秋の名残より、先に往く冬。行きつ戻りつ、季節は進むのか。

  14. 心の塗り絵 - 果実な日々

    心の塗り絵

    モノクロだと色情報がないからそこにある色を観る人が想像できるきっと未来のわたしもこの1枚を眺めてはて?これはどんな色だったのだろうと勝手にその日の気分で心の色をのせていくだろう

  15. 카페단지 カフェ ダンジ - おいしいdiary☆

    카페단지 カフェ ダンジ

    カワイイのでどれにしようかな~と悩みつつ抹茶の森を。

  16. 輝く森の気 - ひつじ雲日記

    輝く森の気

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。東京都・奥多摩町、雲取山にて風に舞う雪の粒なのか、ダイヤモンドダストなのか。霧が晴れ、朝の黄金色の光りが射す。無数の粒子が乱反射し、場の空気がキラキラと輝いた。

  17. 準備。。。 - 万願寺通信

    準備。。。

    葉を落とした冬の裸木。しっとりと湿った苔。鳥と同じくらいにせっせと撮っている物。見上げたり見下ろしたり忙しい!森がきっちりと次の季節の準備をしているのが冬ほどよくわかる。固い蕾がゆるりとほどけるまでもう、そんなに時間はないのだけど。

  18. 「だけ」欲 - 果実な日々

    「だけ」欲

    聞きたくないことに耳を塞ぎ見たくないものに目を瞑るそうやっていていいのかなうれしいことだけたのしいことだけわらえることだけそういうことだけ抽出していたらいけないのかなー弱い者の象徴みたいかな逃げちゃいけないこともあるけど立ち入らなくていいこともあるぽーっと突っ立ってるだけでも目の前をいろんなことが過ぎていく自分が喜ぶことだけを取り入れたいという「だけ」欲むくむく

  19. 真昼間の斜陽と、巨大衝突 - ひつじ雲日記

    真昼間の斜陽と、巨大衝突

    東京都、練馬区にて斜陽の光で、落ち葉が輝く。12月下旬に撮り、忘れかけた写真なのだが、撮影時間は12時17分。昼下がり、というか真昼の斜陽、ではないか。北回帰線より南へ行ったことのない僕は、真上ある太陽を知らない。影の無い世界を知らない、などと言うと、清廉潔白なヒトみたいだが。地軸の傾きが23度27分傾いているから、北緯23度27分より北ならば、夏至でも真上に太陽は昇らない。それはともかく、...

  20. 森の目覚め - フォトな日々

    森の目覚め

    ・・・・・・・・・・

総件数:330 件

似ているタグ