植民地のタグまとめ

植民地」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには植民地に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「植民地」タグの記事(12)

  1. マッカーサー元帥が残していった、グラスルーツデモクラシーを行使しようではありませんか。 - あんつぁんの風の吹くまま

    マッカーサー元帥が残していった、グラスルーツデモクラシ...

    日本は今、米国の植民地として好いように食い物にされているだけでなく、WGIPという密かなる日本民族抹殺計画により、どんどん侵略されています。前にも書きましたが、日本人は生まれながらに日本株式会社の株主であったはずが、侵略されてあらゆる資本を乗っ取られた結果、日本人に生まれてきた者は日本株式会社の労働者になってしまいそうです。しかし、悲観することは在りません。マッカーサー元帥は聖徳太子に勝ると...

  2. 日本は未だに征服されたままなのです嗚呼、リメンバー パールハーバー ! - あんつぁんの風の吹くまま

    日本は未だに征服されたままなのです嗚呼、リメンバー パ...

    「リメンバー パールハーバー ! 」今日、十二月八日は日本が米国に宣戦布告した日です。つまり、ルーズベルトの謀略にまんまと引っかかってしまった屈辱の日なのです。今では当時の機密資料が公開されているので、日米戦争はルーズベルトが仕掛けたものであることは明らかになっているのですが、予想もしなかった日本人の頑張りによって、世界の歴史は大きく変わりました。しかしながら、日本人にはその後遺症が未だに残...

  3. 地方自治体の無い国家なんて民主主義国家とは云えない - あんつぁんの風の吹くまま

    地方自治体の無い国家なんて民主主義国家とは云えない

    現在の日本には主権が存在しません。それは日米安保条約が日本国憲法の上に位置していることからも明らかですし、外交問題どれ一つをとっても日本国政府が勝手に決断することは出来ない事実からしても明白です。田中角栄が失脚したのは、米国の了解なしに勝手に中共と外交関係を締結したからであり、小泉純一郎が北朝鮮の拉致被害者を連れて帰れなかったのも、同様に米国の横やりが入ったからなのです。では、日本が主権を回...

  4. ゴーン逮捕事件は「外国人失踪者数問題」のはぐらかし!  つまり、日本は密かに侵略されている。 - あんつぁんの風の吹くまま

    ゴーン逮捕事件は「外国人失踪者数問題」のはぐらかし! ...

    カルロス・ゴーン日産会長の逮捕劇は政策的なものと云ってよいでしょう。ネットメディアでは既に囁かれていることですが、これは、国会で今問題になっている外国人技能実習生失踪問題をはぐらかす目眩しに過ぎません。外国人技能実習生だけに限らず、外国人留学生や外国人旅行者が日本国内で失踪する件数は半端な数ではないので、もし、その数が公になったら政権を揺るがすことは間違い在りません。ですから、外国人失踪問題...

  5. 分断統治に気をつけろ!沖縄問題はアメリカの植民地政策によるものだ。 - あんつぁんの風の吹くまま

    分断統治に気をつけろ!沖縄問題はアメリカの植民地政策に...

    第一次世界大戦の終結から今年で丁度百年になりますが、この時代において、日本という民族国家の台頭は優生学上の見地からして白人社会では到底受け入れられるものではありませんでした。「分断統治」とは、統治者が被統治者間の人種、言語、宗教、階層、イデオロギー、地理的あるいは経済的利害などに基づく、対立、抗争を助長して、被統治者間の連帯性を弱め、統治者に有利な条件を作り出す戦略のことであります。ここまで...

  6. 真実と向き合うべき時が来ている - あんつぁんの風の吹くまま

    真実と向き合うべき時が来ている

    これは「西鋭夫のフーヴァートレジャー 〜持ち去られた日本の記憶〜 」の広告です。この講座「日本国憲法秘史」は有料です。定価で29,800円もします。しかし、身近な人たちのあまりに酷い平和ボケにもどかしさや苛々を感じているのならば、あらためて本当の日本人としての自覚と誇りを得られると思います。それだけではありません。「世界で最も長い歴史」を持つ日本が、どれだけ「とてつもない歴史」を歩んできたか...

  7. 世界は燃えている - hibariの巣

    世界は燃えている

    私の頭は怒りで沸騰点に達している。女性は長い間男性の植民地だった。些細なことで、わが夫婦は今夜大喧嘩に見舞われる寸前になった。いつまでたっても、わが世代は、女は男の植民地だ。それは、経済面で弱い立場にあることが最大の原因。がんばれ若い世代。男なんか蹴飛ばして生きろ。子供が生まれたら、男に育児させて、貴女は高給を取って仕事をしなさい。・・・・・・・・・・・・・・・・・発端は、パレスチナ問題だっ...

  8. 最古にして最高の文明国、日本。十七条憲法は一万年以上も続いている縄文文明の明文化に過ぎない。 - あんつぁんの風の吹くまま

    最古にして最高の文明国、日本。十七条憲法は一万年以上も...

    大人の休日倶楽部2018年5月号より抜粋我々日本人は日本の本当の歴史を知らな過ぎます。それはウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)による占領政策であるのですが、幸いにして、日本人の感性は日本文明そのものであり、知らないうちに信仰となって心に染みついています。【大和魂とは心の文明である】

  9. 国策として土地を守り・拡大するべきだ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    国策として土地を守り・拡大するべきだ

    以下URLの記事の内容とても良く書けている。https://www.newsweekjapan.jp/mutsuji/2018/03/post-16_4.phphttps://www.newsweekjapan.jp/mutsuji/2018/03/post-20.php"中国が近代化すると肉を食べる、すると穀物の需要が高くなり米国農業が潤う"という国家戦略が米国にあると...

  10. 憲法九条が有る限り、自衛隊はアメリカ軍の傭兵でしかない。それでも「平和憲法」を守りますか - あんつぁんの風の吹くまま

    憲法九条が有る限り、自衛隊はアメリカ軍の傭兵でしかない...

    米国やチャイナ、韓国が歴史を捏造しても、世界一の長寿国である日本には未だまだ歴史の生き証人が健在です。それだけでなく、かつての連合国の超機密文書がどんどん解禁された結果、誰がどのようにして捏造したかもはっきりしました。それで、ようやく日本国民は憲法が米国の占領政策基本条項であることに気が付いてきたようです。ところが、アベ政権はこの憲法を遵守し、植民地の領事官としての職務を忠実に果たそうとして...

  11. 「闇の奥」の奥コンラッド・植民地主義・アフリカの重荷 - 晴耕雨読と読書の日々 

    「闇の奥」の奥コンラッド・植民地主義・アフリカの重荷

    「闇の奥」の奥コンラッド・植民地主義・アフリカの重荷/コンラッド/藤永茂訳/三交社/2006ベルギー国王レオポルド二世によるコンゴの私的支配、それも現地黒人を奴隷化した地下資源収奪を告発した歴史書。イギリスは、この時代既に、奴隷貿易をやめているとされるが、遅れて植民地支配に乗り出したベルギーの暗部が垣間見える本である。

  12. 実は既に日本は侵略されているのです。(報道されない真実に目を向けよう) - あんつぁんの風の吹くまま

    実は既に日本は侵略されているのです。(報道されない真実...

    「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」と、日本国憲法には記されていますが、外国国民を信頼して自国の平和が保たれたことは、歴史上一度もありません。戦後の日本国の実態は米国の植民地です。日本人だけが知らない世界の常識なのです。何故、「在日」が大きな顔をしているのか、なぜ、チャイナの人たちが日本の法律を平気で無視するのか、原因はここにあるのです。つ...

総件数:12 件

似ているタグ