椿亭のタグまとめ

椿亭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには椿亭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「椿亭」タグの記事(86)

  1. 釘の種類 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    釘の種類

    軸釘中釘(無双)釘:表千家と裏千家は形が違う花釘花蛭釘(天井)柳釘(表千家では使わないが裏千家は使う)華曼釘喚鐘釘釜蛭釘以上が茶室には必要な釘です。

  2. 釘 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    一般の皆さんは聚楽壁の床の間の後ろを見る機会はないと思います。お見せしましょう!このように茶室の床の間には釘があるのです。色々ある茶室のすべての釘打ちには打つ場所の寸法があり決まり事だらけです。それが利休の世界・数奇屋の世界!

  3. 本日中秋の名月 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    本日中秋の名月

    魯山人日月椀くだらん蒔絵より魯山人の日月椀は哲学である。本塗より刷毛目で沈金と沈銀を使ったお椀は脱帽。数奇者や料理屋たる格と教養は茶道・書道と共に親から子へそして孫へと相伝し守り厳しく受け継がれるのですよ。新しく修業される若者達よ、そこを勉強してきて欲しい。茶道や料理は生活そのもの。もちゃもちゃと飾り立てる必要など無い。技量はおのずから身につく。本日は名月ゆえ。究極は、道具は何もいらない中で...

  4. 外国からのお客様用秋のランチ - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    外国からのお客様用秋のランチ

    季節感を求める外国からのお客様用の献立の中の1シ-ン秋

  5. 駐車場料金の改正 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    駐車場料金の改正

    ※クルマで起しの場合・・・椿亭では、お一人様駐車料金として100円の補助をしております。堤地所パーキング又は近隣コインパーキングをご利用ください。(コインパーキング40分:100円もしくは30分100円)街中は、駐車スペースに限界がございますので乗り合わせてご来店していだければ幸いです。尚、クルマ1台に3名様以上での乗り合わせのお客様には、椿亭本店の正面にある堤地所パーキング2時間券を進呈し...

  6. 壷中日月長 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    壷中日月長

    本来であればめっきり秋なのですが台風15号で暑いですよね。お軸:壷中日月長懐石椿亭一心庵より※なるべく軸に枝がかからないようにしましょう。決まり事※水引の水揚げは、お酒の中で枝を切ります。野シラン水引だん菊とちょっとススキの丈が長いですが生酢で水揚げした関係上お許しを!

  7. 萩 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    萩ワレモコウ藤バカマ花入輪島書萬里無片雲脇稲塚香合

  8. 鬼灯 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    鬼灯

  9. 消夏此一味 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    消夏此一味

    堀内宗完堀内家長生庵12代兼中斎宗匠の画賛です。本来であれば立秋過ぎましたので下ろさなくてはいけません。書は消夏此一味となっております。消夏は暑さよけ、暑さしのぎ。ナスを食べると体温が下がるのです。夏の食べ物にはもってこいなのです。賀茂茄子画

  10. 廻り花用三重切自作 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    廻り花用三重切自作

    七事式

  11. 略盆の作法 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    略盆の作法

    南鐐鉄瓶(南部鉄)なのですが、急なお客様に、これで一服差し上げます。太平洋戦争の最中、道具を出せないけど一服差し上げたいと、お盆使っての作法を考案したのは表千家13代即中斎宗左となっております。

  12. びく籠の種類今あるほんの一例 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    びく籠の種類今あるほんの一例

    千利休が、最初に魚籠(びくかご)を花入に見立てたものといわれます。虫を入れる籠・鉈を入れる籠・吊り舟(入・出)・その他大振りな宗全籠や鮎籠今回は自宅から持ってこなかった宗全と鮎籠はお花を5種類活けますので今回は無しとしました。(水を入れますと竹が傷みますのでヤクルトとかビニールのチューチューを入れたりしてします)懐石椿亭の見どころ:決まり事や扱いのある花入追伸:利休所持の耳付の籠ですが耳付唐...

  13. 喰籠 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    喰籠

    足利室町時代の座敷飾として違棚に「喰籠」が置かれていました。むろん書院の棚飾りでございます。その後、村田珠光や武野紹鴎の茶人に好まれたことにより、利休の茶席でもおもに主菓子を盛り込む菓子器として用いられ、今では様々な素材や形が現れてますが、最初は漆器でした。のちにこのような陶磁器も用いられるようになりました。漆器・陶器と風炉・炉の季節より扱いが違います。以前お見せいたしたものは例外の割蓋菓子...

  14. 高取焼花器 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    高取焼花器

    高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。遠州七窯の一つです。遠州七窯の文献志戸呂焼(遠江:遠州)、膳所焼(近江)、朝日焼(山城)、赤膚焼(大和)、古曽部焼(摂津)、上野焼(豊前)、高取焼(筑前)、『本邦陶説』では古曽部にかわり伊賀焼が挙げられている鬼丸碧山高取雪山窯松摺漆丸香台藪茗荷

  15. 椿亭八尾店の佇まい - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    椿亭八尾店の佇まい

    玄関カウンター私の35歳の時の直筆[侘助]和敬静寂風炉先和の字に遊び心あり蓮画春夏秋冬芹澤圭介(人間国宝)

  16. 貝皿金箔貼り - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    貝皿金箔貼り

  17. 桂籠 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    桂籠

    桂籠京都竹器師小倉宗明作ワレモコウミョウガ懐石椿亭茶室にて桂籠に限り花入として師走にも使用可能です。宗偏流茶道を興した茶人として茶道界でも高名な大石内蔵助。理由は、茶人である大石内蔵助が吉良邸の討ち入りで桂籠を白い布に巻きつけ槍に縛りつけて吉良上野介の首代わりとして打首印にしたと言うことです。

  18. 朝茶事 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    朝茶事

    盛夏は朝茶にて候蓮葉もしくは芋葉もしくは葛の葉を用います給仕盆:藤井大与作銀飯杓子は決まり事

  19. 七事式一二三 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    七事式一二三

    いつものように点ててます十種香札とは十個の小箱に、札が十二枚ずつ入っている。「客」 「客」 「客」「月1」「月2」「月3」「花1」「花2」「花3」「1」 「2」 「3」 表は箱ごとに十種の植物の絵(菊・桐・松・竹・梅・桜・柳・萩・水仙・牡丹)が描かれている。折据

  20. 菓子の茶事 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    菓子の茶事

    菓子の茶事1迎えつけ2手水3席入り4初座の挨拶※掛け物を拝見し款談5主菓子6中立※菓子の茶事の決まり事は客の方から中立を乞う7客は腰掛へ※亭主は掛け物を外し花入をして濃茶を仕組む湯合いと炭の火合いを確認水屋にて茶入の準備整い次第定位置に置く8鳴り物9客は手水10後座の席入り11濃茶点前※タバコ盆・お干菓子を出す12続いて薄茶で仕舞う宗旦は好んで菓子の茶事をしたそうです。

総件数:86 件

似ているタグ