椿亭のタグまとめ

椿亭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには椿亭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「椿亭」タグの記事(31)

  1. 富山湾新湊本ずわい蟹 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    富山湾新湊本ずわい蟹

    3月20日でかに漁が終了となります

  2. 甘酒造り - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    甘酒造り

    甘酒の仕込み本来の甘酒は、7~8月の夏バテ防止の飲み物でした。三月はお雛様ですからこの時代には甘酒がピッタリですね。米麹による発酵日本は発酵の文化

  3. 合間をみて茶道の稽古 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    合間をみて茶道の稽古

    茶碗:柴垣六蔵水指:初代陶古釜:高橋敬典外国のお客様が来店されたら茶室で一服差し上げております。

  4. 雛の懐石 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    雛の懐石

    鰆蕗の薹挟み揚げ器:乾山写

  5. お雛三昧 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    お雛三昧

    お雛祭り雛の立ち居地関東雛は西洋の並びのようです。京雛目はやや細め京頭といわれる独特のおっとりした顔立ち向かって右側にお殿様が座っている関東雛頭ははっきりした目鼻立ち向かって左にお殿様が座っている関東雛京雛京雛

  6. 初釜 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    初釜

    考えることがなく心が空っぽになってる時に点ずる。点ずる=お点前これが茶の点心の語源らしいです。本日はお菓子お濃茶食事お薄の流れにて候

  7. 茶碗は、茹でるべし - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    茶碗は、茹でるべし

    井戸茶碗に限らず、使用する前には茶碗をしっかり30分位は茹でる。これは料理に使う土物の陶器であれ、しっかりと茹でる。土物陶器は、気泡やひび割れも多く作陶の土の臭いが残るのです。茶を点てて飲むときに意味がわかります。今の時代はグローバルで、一般にはダイソーで販売してるような磁器が重宝がれます。二極化と申しますか、土物には景色の美しいものが沢山ありますね。20年前に購入した茶碗

  8. 自家製竹自在 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    自家製竹自在

  9. 冬の暖簾茶柄 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    冬の暖簾茶柄

    暖簾の書体は、吉田桂介が書いたものです。我が師でもあります。美は先生より伝授。芹沢銈介の愛弟子であり越中八尾和紙の立役者であり数寄者でもありました。越中八尾と言うところは、茶の湯も盛んで数々の文化人を育て上げた土地柄。

  10. 茛盆火入の灰作り - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    茛盆火入の灰作り

    奥が深い灰作り灰を漉す。乳鉢で何度となく摺り粘りを出す。仕上がりが茶暦を物語る物です。

  11. 17世紀バロックオランダ絵画フェルメール展 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    17世紀バロックオランダ絵画フェルメール展

    こんなにも17世紀のオランダの絵画が素晴らしいとは思ってもいませんでした。オランダと言う国は再三に渡り戦争でフランスに統治されのちにイギリスにも侵攻され、そのオれたオランダの黄金期の絵画を目の当たりにして釘付けになりました。美術・音楽人間が作り出した美は世界を魅了し私達に感動を与えてくれます。私の仕事や感性に影響を与えられました。ヨハネス・フェルメール《牛乳を注ぐ女》1658年-1660年頃...

  12. 茶事の道具貸出 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    茶事の道具貸出

    お茶事必要な道具を提示しております。

  13. お刺身 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    お刺身

  14. 平成最後のおせち日本料理 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    平成最後のおせち日本料理

    この世知辛い時代に、40-50種類のすべての食材を手作りで料理するのはお金がかかります。冷凍のおせちの作る販売会社のおせち料理で無いので、これは致し方ありません。故に、値段もはります。販売価格だけで勝負する仕事は、我々の価値自体を下げる事になり、三流の食材を使ってまでおせち料理を作りたくないのです。おせち料理は、私の魂。

  15. お正月飾り - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    お正月飾り

    表千家堀内家第12代兼中斉堀内宗完宗匠書:春入千林処々鶯鶴亀香合:茶陶佐々木松楽溜塗三宝熨斗飾り宝珠:佐々木松楽神楽巫女鈴福鈴台

  16. 歳時記 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    歳時記

    茶の湯に欠かせない松西洋は革命を重要視する。それと違い日本は伝統・決まり事を重視します。北極と南極みたいな相対ですがどちらも勉強しなくては。

  17. 夜咄一心庵 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    夜咄一心庵

    一心庵三帖竹檠

  18. 日本の三大珍味カラスミ完成 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    日本の三大珍味カラスミ完成

    最近は、スーパーでも見かけるボラですが、しかし、スーパーマーケットでは身を販売して卵は捨てるそうです。残念ですが技術がないので仕方が無いのでしょう。すてるそうです

  19. 板前の当たり前な基本桂剥き - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    板前の当たり前な基本桂剥き

    まずは庖丁を砥ぐ。この砥ぐという作業が難しいのです。(砥石にも良し悪しの物がありますので見抜く事・砥石を使ったら平にならす事)和庖丁には柳庖丁・出刃庖丁・薄刃庖丁・鱧庖丁・うなぎ庖丁・たこ引き庖丁・ふぐ庖丁があります。大工さんのノミと同じく砥げないと仕事ができません。日本の料理は、割主烹従と言う切ることにより味が変わる切れ味と言う味付けが基本なのです。プロの日本料理と和食家庭料理とはまったく...

  20. 美男葛西王母 - 懐石椿亭 公式weblog日本料理 

    美男葛西王母

総件数:31 件

似ているタグ