椿亭のタグまとめ

椿亭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには椿亭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「椿亭」タグの記事(267)

  1. 口切茶事 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    口切茶事

  2. 除夜の釜裏千家流富山県第一人者 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    除夜の釜裏千家流富山県第一人者

    流派が違いますが同郷である私の先輩中川亮治氏からの案内昨年、裏千家名誉教授になりました。

  3. 顔合せ - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    顔合せ

    両家が集う歓談のひと時顔合せ

  4. 観月茶会の動画 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    観月茶会の動画

  5. こんな時期だからそこ - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    こんな時期だからそこ

    八風吹けども動ぜず「八つの風」とは、人の心を揺さぶりやすい次の8つの事柄のこと。↓禅語にすると八風吹不動利益.衰退.陰口.名誉.賞賛.悪口.苦.楽利益になる話を聞けば興奮して喜び、衰退する舟には乗りたくないと思い、褒められたら嬉しくて舞い上がり、悪口を言われたら不安や怒りの気持ちが湧いてくる。いつも他人の言葉によって人間の心というのはいつも揺さぶられてしまう性分をそなえていると言う。今年は、...

  6. 十五夜観月茶会 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    十五夜観月茶会

    観月茶会十五夜に名月を愛でて一献を味わう出席表千家裏千家薮内家

  7. 法事の引出物柿の葉寿司 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    法事の引出物柿の葉寿司

    3,500円(税込3,780円)軽減税率対応

  8. 長月の夕暮れ - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    長月の夕暮れ

  9. 夜咄観月十五夜懐石 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    夜咄観月十五夜懐石

    夜咄和蝋燭の燈火

  10. 路地灯籠和紙の張替え - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    路地灯籠和紙の張替え

    夜の燈一枚ずつ張り合わせる

  11. 火入の灰調整 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    火入の灰調整

    天候が悪く長雨や茶事がないので灰に水分がたまり、徐々に固くなりますので裏技を使い、電子レンジにかけます昔の人ならば炭をおこして灰の中に入れるでしょうが現代は楽になりました。1回目1分2回目1分30秒3回目1分30秒しばらく放置します

  12. 掻き上げ灰中置 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    掻き上げ灰中置

    鉄風炉掻き上げ灰とは、風炉の季節も終わりに近づき名残りの頃に前欠けの鉄風炉で侘びた形の灰形で楽しむ風情なのです。↓↓中置では点前座の正面に据え置くので灰の峰は五徳の外観を通る。↓赤前土器を入れた後に筋をたてて均等に掻き上げる。

  13. 土風炉 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    土風炉

    土風炉(どぶろ)は、土を焼いて作った風炉です。土風炉は、本体は土器や瓦のように素焼で、それを磨き上げて漆を塗って仕上げます。土風炉は、村田珠光が奈良の春日大社の神器をつくる土器師に作らせたのがはじめといわれ「奈良風炉」(ならぶろ)とも呼ばれます。土風炉は、「唐銅切合風炉」の形状を模した眉風炉「透木風炉」から始まり、「紹鴎風炉」「利休形眉風炉」へと変化し、やがて五徳を用いるようになると「眉」を...

  14. 虫喰い障子の直し方 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    虫喰い障子の直し方

    虫喰いで穴が開く美濃和紙楮を綿のようになるまで戻すのちに糊と共に貼り合わす楮を薄く延ばす

  15. 風炉長板総飾り - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    風炉長板総飾り

    座り火箸に、立ち火箸と言うように

  16. 蓮を活ける - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    蓮を活ける

    蓮は水が上がらないためまことに水揚げに苦労します

  17. 袱紗で始まり袱紗で終わる(基本で始まり基本で終わる) - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    袱紗で始まり袱紗で終わる(基本で始まり基本で終わる)

    表千家では、男性と女性の袱紗の捌き方は違います。お弟子様の参考になれば幸いです。急遽、私服で撮影しておりますのでご了承ください。当方は料理屋ですので茶室は客間に使用します。故に、一般のお客様用テーブル・椅子が横に見えますがご了承ください。

  18. 珍しい手桶菓子器 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    珍しい手桶菓子器

    流派によって様々な扱いがございます。両手で手前の蓋を取って(親指は上、」人差し指は下)右手を向うに繰り出し手回して蓋の丸い所を向うにして両手で向うの蓋の上に重ね置く。利休百首45:水指に手桶出さば手は横に 前の蓋をとりさきに重ねよ蓋を閉める時は、この反対の作法で扱う。その他の作法として、右手で蓋の真ん中を取り、そのまま一手で向うの蓋の上に置き、手付きにもたらせ置く。その他の作法として、右手で...

  19. 虫籠 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    虫籠

    この虫籠、元々香合でなく私が香合として見立てております茶の湯は見立が大切。見立は料理にもいかされてます。水指はつるべ溜塗と木地と二種類存在します。決まり事として溜塗は広間に使って木地は小間に使います。つるべの扱いですが表千家と裏千家さんとは少し違います。向こう左の蓋を手前にずらして手がかりつける。ここまでは両派同じですが、表千家は右手で蓋を扱い裏千家さんでは両手で蓋を扱うそうです。一般的な割...

  20. 馬乗り袴夏に身につける絽袴 - 懐石椿亭(富山市)公式blog 

    馬乗り袴夏に身につける絽袴

    茶事のときは必ず身につける袴袴の種類には行灯袴と馬乗り袴があります。行灯袴は股がないので茶道にはふさわしくありません。着物と同じく季節ごとにかわります。

総件数:267 件

似ているタグ