榊原康寛のタグまとめ

榊原康寛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには榊原康寛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「榊原康寛」タグの記事(152)

  1. 持続可能な開発とブルーエコノミー - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    持続可能な開発とブルーエコノミー

    増大するプラスチック汚染から死にかけているサンゴ礁まで、海が直面している脅威についてのネガティブストーリーが殺到する中で、良いニュースを見失うのは簡単です。しかし、海洋関連の発展をより詳しく見ると、祝うべきことがたくさんあります。過去数年にわたって、海洋の豊かさ(つまり持続可能な開発)の基盤として海洋の健康を確保するには大きな変化が必要であるという認識に支えられ、国際的な課題として急速に海が...

  2. 世界的な漁業の持続可能性 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    世界的な漁業の持続可能性

    第6回のOur Oceanカンファレンスは、10月23日と24日にノルウェーのオスロで開催されました。政府、企業、組織、研究機関は、海洋の健康と生産性の改善に向けて370の取り組みを行い、630億ドル以上の価値がありました。コミットメントは、昨年の100億ドルからの大幅な後押しであり、気候変動の緩和におけるその役割がますます明確になるにつれて、海洋保護に関する新しいレベルの緊急性を反映してい...

  3. 榊原康寛が提案する海洋プラスチック問題の解決法 - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛が提案する海洋プラスチック問題の解決法

    先月、非常に多様な人生の歩みからの162人がボートに乗って、北大西洋旋回-海流の循環システムでのOcean Plastics Leadership Summit(OPLS)に参加しました。彼らは、プラスチック汚染の範囲をよりよく理解し、業界横断的なソリューションとパートナーシップを開発して、次の10年間でこのグローバルな課題を解決するために、実験的な調査を行いました。SoulBuffaloが...

  4. 榊原康寛も参加した最大の海洋フェスティバル - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛も参加した最大の海洋フェスティバル

    セイシェルの大統領、ダニーフォールは、アイルランドで最大の海洋フェスティバル、シーフェスト-州議会議事堂で、海と海洋生物を保護することは世界全体での取り組みであり、誰もが果たすべき役割があると述べました。アイルランド政府の招待により、フォーレはコーク市の岸壁にあるワイルドアトランティック劇場で、太平洋、カリブ海、アフリカなどの他の小さな島国の代表、アイルランドの大臣や地元の人々に演説を行いま...

  5. 国連の持続可能な開発目標14 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    国連の持続可能な開発目標14

    ブルースクークを作成することは、イスラム金融業界が成長する機会をもたらすでしょう。海洋に大きく依存していますが、海洋に直面する脅威は増大しています。海洋が地球の表面の約3分の2をカバーしていることを考えると、国連の持続可能な開発目標14で概説されているように、クリーンで持続可能な健康的な海を作ることは、持続可能な開発のために海洋、海、海洋資源を保護し、持続可能な形で使用することであり、責任を...

  6. 気候変動と海洋の変化を榊原康寛が語る - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    気候変動と海洋の変化を榊原康寛が語る

    気候変動によって北極圏の「新しい海」が明らかになり、それに伴って、そこに含まれる貴重な資源を探索して利用することに強い関心が寄せられています。 今後数十年で最大1兆米ドルが北極圏に投資されると推定されています。 このような大規模な投資は、地域の脆弱な生態系に多大な影響を与える可能性があります。将来の開発が科学に基づいたアプローチで地域を協調的に管理する場合、北極圏での、そして地球の残りの部分...

  7. 榊原康寛の地中海レポート - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛の地中海レポート

    地中海は世界で最も価値の高い海の1つであり、その生物と地域経済に多大な利益をもたらす生物多様性のある沿岸および海洋生態系の膨大なセットがあります。 ユニークな自然の海景が特徴で、観光客に世界的に人気を博しています。 しかし、その海洋および沿岸環境は、集中的な沿岸開発、計画の立てられていない観光、持続不可能な漁業慣行および汚染のため、数十年間急速に減少しています。 ボストンコンサルティンググル...

  8. 西インド洋海域のブルーエコノミー【榊原康寛】 - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    西インド洋海域のブルーエコノミー【榊原康寛】

    西インド洋地域は、世界で最も豊かで生物多様性に富んだ海域の1つにランクされています。 サンゴ礁、マングローブ、塩性湿地、海草床、遠洋および深海の生息地は、生物多様性と生産水を生み出し、それが経済と生活を支えています。 地域の人々にとって海の重要性は誇張することはできません。人口の4分の1以上、約6,000万人が海岸線から100 km以内に住んでいます。 リーダーたちは重要な決定に直面している...

  9. 榊原康寛が見た太平洋の生物たち - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛が見た太平洋の生物たち

    メラネシアは太平洋の主要な部分であり、その人々は何千年もの間海に依存してきましたが、人的影響が局所的および世界的に高まるにつれ、海はこの成長地域を維持できるでしょうか? このレポートは、メラネシアの海洋経済が地域の主要な経済的推進力の1つであることを発見し、食糧、生活、幸福の提供において海洋が果たす主要な役割を説明しています。 複数の圧力が組み合わさって、地域に多大な影響を与える海洋資産を脅...

  10. 榊原康寛が考える海の実態 - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛が考える海の実態

    海の富の価値は、世界の主要な経済の規模に匹敵しますが、その資源は急速に侵食されています。 海洋経済の復活:アクションのケース– 2015年は、経済の発電所としての海洋の役割を分析し、崩壊に向かって動いている脅威の概要を説明します。 しかし、厄介な傾向を逆転させ、人々、ビジネス、自然に利益をもたらす健康的な海を確保するのに遅すぎることはありません。 このレポートは、海洋資源を最大限に回復させる...

  11. 榊原康寛のブルーエコノミー論 - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛のブルーエコノミー論

    サステナブルブルーエコノミーレポート海洋の持続可能な経済発展は、それが長期的な繁栄と回復力に貢献する場合にのみ可能です。 これが、WWFとパートナーが、最も持続可能な経路に沿った青い経済の発展を導くための原則を開発した理由です。「ブルーエコノミー」または「ブルーグロース」は、世界中で一般的なポリシーの使用に急増していますが、この概念について広く受け入れられている定義はありません。 このギャッ...

  12. 地球・自然環境を守る ─ 株式会社ブルーエコノミー環境リバース - 榊原康寛

    地球・自然環境を守る ─ 株式会社ブルーエコノミー環境...

    「エコロジー」というキーワードを、産業界がいかにプロデュースし実践していくか、ということが大きな命題となって久しい。 「自然環境」を守るための将来的なビジネスを構築し、全国各地で導入させている株式会社ブルーエコノミー環境リバース。同社の取組みについて迫る。 「維新」という気概を持つ 2005年3月17日に設立された株式会社ブルーエコノミーである。株式会社ブルーエコノミー設立に至る経緯は以下の...

総件数:152 件

似ているタグ