槍ヶ岳のタグまとめ

槍ヶ岳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには槍ヶ岳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「槍ヶ岳」タグの記事(32)

  1. 憧れを手に - じゅんりなブログ

    憧れを手に

    「♫い~つの~こと~だか~、思い出してご~らん~、あんなこと~こんなこと~あ~った~でしょ~♬」な状態のRINAです。前回ブログの更新時に、更新が滞っていて猛反省中と言ったのは撤回します。反省などしておりません!?諸事情により忙しくしております。ブログを全て終わらせるまではSNSなんかしている場合じゃない!と自分の中で勝手に決めて、フェイスブックも開いていませんので、音信不通な感じですが、と...

  2. 槍ヶ岳星景 - 旅のかほり

    槍ヶ岳星景

    槍ヶ岳上空の星景北穂高岳から

  3. 奥穂高で遊ぼう③ … 涸沢に別れを告げ上高地に戻りました - ヒデさんの山遊び

    奥穂高で遊ぼう③ … 涸沢に別れを告げ上高地に戻りました

    都合3日間、滞在した涸沢に別れを告げる時が来ました。 涸沢の見事な紅葉には感動しました。色とりどりのテントと涸沢ヒュッテ、こちらも紅葉に負けず劣らず見事でした。奥穂高岳の頂上からの大パノラマです。涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳等々に見入りました。いよいよ涸沢をくだる日、前夜からの雨は相変わらず強く合羽での歩きでした。横尾に近づくと上高地から登ってくる集団が次第に増えてきました。徳沢園の熱い...

  4. 秋の北アルプス 鏡平から西鎌尾根を経て槍ヶ岳へ - 山と元太

    秋の北アルプス 鏡平から西鎌尾根を経て槍ヶ岳へ

    写真:Fuji XE2久々の縦走に行ってきました今回はクライミングサポートでOさんと一緒に鏡平・双六小屋経由西鎌尾根からの槍ヶ岳ですスタートは新穂高天気予報は山行予定の3日間とも晴れ縦走が初となるOさん、わくわくドキドキでスタートしました新穂高からわさび平を経て小池新道を登り鏡平へと向かいますこの小池新道が登りやすいのですが、長くて急な場所もあり15kgのザックを背負ったOさんもさすがに疲れ...

  5. 槍ヶ岳 槍沢ルート(北アルプス)DAY2 - 山とコーヒーと自転車と時々アートのある暮らし

    槍ヶ岳 槍沢ルート(北アルプス)DAY2

    槍ヶ岳 槍沢ルートDAY2前日、何時に寝たのか覚えてないくらい気を失った感じで寝落ち深夜0時を過ぎた頃写真撮らなきゃと思い目が覚める外を見ると満天の星空なんて綺麗なんだ。。とはいえ目は覚めたもののシュラフから出るのが面倒なくらい身体がダルいうーん、、2度寝。。1時間後また目が覚めるテントの中からキラキラと光る星を見上げるこの景色を目に焼き付けて寝ようもはや起きる気なし写真を諦めて3度寝。。さ...

  6. 槍ヶ岳  槍沢ルート(北アルプス)DAY1 - 山とコーヒーと自転車と時々アートのある暮らし

    槍ヶ岳 槍沢ルート(北アルプス)DAY1

    2017.8.25-26北アルプス 槍ヶ岳に行って来ました。DAY1上高地-明神-徳沢-横尾-槍沢ロッヂ-ババ平キャンプ場-大曲-天狗原分岐-殺生ヒュッテDAY2殺生ヒュッテ-槍ヶ岳山荘-槍ヶ岳-槍ヶ岳山荘-殺生ヒュッテ-天狗原分岐-大曲-ババ平キャンプ場-槍沢ロッヂ-横尾-徳沢-明神-上高地この日も前回同様、金曜日の仕事終わりに岡山を出発岡山IC-山陽道-中国道-名神-東海北陸道-飛騨清見...

  7. 蒼暁槍ヶ岳 - 憧憬の九重Ⅱ

    蒼暁槍ヶ岳

    迷走台風のおかげで3連休の計画がすべてオジャン"(-""-)"

  8. 中部山岳 南岳から天狗原を下って上高地へ     Tenguhara to Kamikōchi in Chūbu-Sangaku NP - やっぱり自然が好き

    中部山岳 南岳から天狗原を下って上高地へ     Te...

    Tuesday, August 29, 20178月下旬の台風一過の好天をみこして、中房温泉から東鎌尾根を越えて槍ヶ岳山荘、さらに南岳まで縦走した。しかし、天気が良かったのは初日だけで、2日目の午後からくずれてきた。 縦走3日目は、あわよくば大キレットを越えて穂高連峰までと考えていたが、悪天のため南岳から天狗原を経由して槍沢ルートで上高地へ下山した。 後半の天気はあまり良くなかったが、天狗原...

  9. 感動❣️✖️いきなり✖️槍ヶ岳 3180m - 塗師屋さんのヒマつぶし

    感動❣️✖️いきなり✖️槍ヶ岳 3180m

    木曜日にいきなりメッセージが届く「無理やと思うけど 土日 槍 行かん⁉️」そら無理やわ〜〜( ̄▽ ̄;)そう思いながらも感動を味わいたい・・・それも憧れの「槍」仕事の段取りをやりくり家内におねだり(^◇^;)それで「いきなり」週末はお泊まり登山に決定❣️もうこの時点からは頭の中はパニックになってしまうそんな話が舞い込んだ後は準備に余念がないなんせ年数回の軽登山しかしない男がいきなりステーキじゃ...

  10. 中部山岳 東鎌尾根を越えて槍ヶ岳・南岳     Mount Yari to Minamidake in Chūbu-Sangaku NP - やっぱり自然が好き

    中部山岳 東鎌尾根を越えて槍ヶ岳・南岳     Mou...

    Monday, August 28, 2017表銀座(思いっきり昭和のネーミング )と呼ばれる中房温泉から槍ヶ岳までの2日目は、大天井ヒュッテから東鎌尾根を越えて槍ヶ岳山荘まで登り、さらに南岳まで縦走した。なお、中房温泉から燕岳、大天井ヒュッテまでの道のりは下記をチェックしてね。↓大天井ヒュッテは大天井岳の西側鞍部に位置する静かな山小屋である。テント場は無いが、東鎌尾根へ向かうトレイル上にあ...

  11. 北の夜空Ⅱ - 憧憬の九重Ⅱ

    北の夜空Ⅱ

    強いんだか、弱いんだか。睡眠時間返せ、と言いたい。昨晩のvsサウジアラビア戦、見なきゃ良かった(/o\)

  12. 槍巻くガス - 憧憬の九重Ⅱ

    槍巻くガス

    シルバーウィークどうしよう。夏の遠征の後だから行けるような状況には無いが。GW、夏、SW、年3回の遠征が標準化してきて、遠い九州から、ちょっと怖い気がする(笑)でも、どうにかして行きたい(/o\)どうやらアルプスの魔力にどっぷり侵されたみたいだ(笑)

  13. 出現 - 憧憬の九重Ⅱ

    出現

    ガスに包まれた朝、ようやく朝日に照らされた穂先が現れた。久々にスカッとした勝利。本戦でもこんな戦い方出来ればそれなりに行けそうだが。弱者のサッカー、これしかない!!

  14. 北の夜空 - 憧憬の九重Ⅱ

    北の夜空

    夜明け前の樅沢岳から。北鎌から西穂までド~ン!!良い感じだったが、ちょっと雲が多すぎた。ドアンダーの暗部を持ち上げたらマゼンダかぶりしちゃったような。でもめんどくさいんで変えない(笑)ようやく腫れが引いて歩くのに支障がなくなった。膝を着くとまだ痛いけど(/o\)

  15. Velvet Cloud - 憧憬の九重Ⅱ

    Velvet Cloud

    スタート段階で分かっていた鍋平から新穂高までの激下り。当然帰りは激登りになる訳で、7時間歩いてきた後でのこの登りは無いよなぁ、これは絶対タクシー使うよねぇ、と既定方針として帰りはタクシーを使う事に意思統一していた。そして最終日。双六から途中、鏡平、わさび小屋での休憩をはさみ、ヨレヨレでようやく下山。特に僕は一昨日書いた靴の件で足が痛くてたまらず、わさび小屋からは靴をザックに括り付け、テン場用...

  16. 目指すべき頂 - 憧憬の九重Ⅱ

    目指すべき頂

    北アルプスは意外と写真を主目的に登っている人は少ないような気がする。九重に比べると行程も長く険しいからどうしても軽量化優先で登っている人が多く、三脚を据えてじっくり写真を撮っている人の割合は、登っている人数から言ってかなり少ないようだ。今回も朝夕の写真を撮っていた場所、朝の樅沢岳には僕らの他には二・三人しか三脚は立てて無いし、夕の双六台地に至っては二日間とも貸し切り状態。三脚が林立する九重の...

  17. 槍と穂高 - 憧憬の九重Ⅱ

    槍と穂高

    蝶ヶ岳遠征と今回の双六遠征。靴はスカルパのトリオレ・プロで登った。蝶ヶ岳から導入し、フィッティングも完ぺきだったはずなのに、下山時に右足の薬指の爪が当たって痛くて痛くて仕方なく、靴紐を力任せに締めたら今度は血流が悪くなって親指が死んでしまった。その影響は今回の遠征まで続き、親指は痺れて感覚があまり無い状態だった。遠征前に何とかしようと靴を広げるストレッチャーを購入し、ずっと入れっぱなしで広げ...

  18. 鏡池夕景 - 憧憬の九重Ⅱ

    鏡池夕景

    正直予定ではスルーする場所だった鏡平。鏡池に槍穂が映るといっても木立が邪魔してるし、などと思っていたが、小池新道恐るべし。ここまでしか登れませんでした(笑)小屋にチェックインし、外のテラスで早めの夕食。後は部屋で疲れた体を休めようとウトウトしていたら急に小屋内がザワザワし始め満員だった小屋内がガラーンと。それもそのはず、登って来る時にはガスで見えなかった穂高の稜線が姿を現したらしかった。慌て...

  19. 尾根に咲く - 憧憬の九重Ⅱ

    尾根に咲く

    北に来る人達は皆健脚。25キロのザックが重たいと嘆いても、それ以上に大きいザックの人がバンバン抜いて行く。抜いたのは…?抜かれたのは数限りなし(笑)急遽遠征するようになり、慌てて20キロ担いで2週間ぐらいトレーニングしたんだが、平地のトレーニングなんて気休めにもならなかったし、自分の体力の落ち加減にちょっとビックリした。前回蝶ヶ岳の長塀尾根を歩いた時に、ん、と思わないでも無かったが、今回はっ...

  20. 流雲西鎌 - 憧憬の九重Ⅱ

    流雲西鎌

    2泊目の朝は樅沢岳で迎える事にし、3時前にテン場を出発。双六も考えないではなかったが、そこは方角から言ってモルゲンよりアーベントだろうと判断して樅沢に登った訳だが、それが果たして正解だったのか、誤りだったのか?樅沢では素晴らしい夜明けに遭遇する事が出来たが、双六では結局ガスの洗礼を浴び続け、ほとんど写真は撮れなかった。素晴らしい夜明けのショーが終わった後、しばらく待機していたが何も変化が起き...

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ