権力者のタグまとめ

権力者」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには権力者に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「権力者」タグの記事(13)

  1. 「王法と仏法」 - 「親鸞さんと生きる」

    「王法と仏法」

    ■■■第5章「(補足2)本願寺の歴史」★5-3「王法と仏法」 ■王法と仏法 親鸞さん亡き後、覚如によって本願寺が成立する時点では、念仏の教えの上に大きな変化が生じていました。一つは前章および前回でも触れましたように、親鸞さんの神祇不拝という立場を捨てたことでした。そしてもう一つ大きな変化がありました。神祇不拝の放棄と一つものと言ってもよいものです。それは念仏の信心というものを、心の内側だけの...

  2. 「世俗との迎合、念仏の変質」 - 「親鸞さんと生きる」

    「世俗との迎合、念仏の変質」

    ■■■第5章「(補足2)本願寺の歴史」★5-2「世俗との迎合、念仏の変質」■世俗との迎合前回本願寺の成立についてお話しました。親鸞さんのひ孫にあたる覚如が、唯善との留守職争いに勝ち、大谷廟堂を寺院にしたのが本願寺でした。そしてその争いのために両者が取った手段が、時の権力者から自分の権利を保証してもらう(安堵)ということでした。言ってみれば、本願寺という寺は世俗の権力者から公認される形で成立し...

  3. 「本願寺の成立」 - 「親鸞さんと生きる」

    「本願寺の成立」

    ■■■第5章「(補足2)本願寺の歴史」★5-1「本願寺の成立」 ■この章の目的 この第5章では、「補足②」として「本願寺の歴史」についてお話いたします。現在京都市に、西本願寺と東本願寺という巨大な伽藍があります。浄土真宗本願寺派と真宗大谷派の本山(ほんざん)であり、いずれも親鸞さんをその開祖としています。親鸞さんはすでにお話してきましたように、生涯にわたり寺はもちろん自分自身の住居も持ちませ...

  4. 安倍総理も森田知事も目的は利権なのです。その証拠に、都合が悪くなり来年の「さくらを見る会」を止めるという訳です。言うこととする事が、矛盾だらけです。 - housoku-diary

    安倍総理も森田知事も目的は利権なのです。その証拠に、都...

    プログラム作成で壁に当たり今日の仕事は止めにします。それで、お昼の番組で各TV局が千葉県の森田知事と政府のさくらを見る会のことで持ち切りです。国会や記者会見でいくらもっともらししいことを言っていますが、、安倍総理も森田知事も目的は利権なのです。その証拠に、都合が悪くなり来年の「さくらを見る会」を止めるという訳です。言うこととする事が、矛盾だらけです。そして、森田知事も同じようなものです。その...

  5. 「本願寺、神祇信仰の受け入れ」 - 「親鸞さんと生きる」

    「本願寺、神祇信仰の受け入れ」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-11「本願寺、神祇信仰の受け入れ」■本願寺の成立 前回まで、神と仏についての親鸞さんの受け止め方をお話してきましたが、今回は親鸞さん亡き後、それがどうなったかというお話です。本願寺の歴史については第5章で詳しくお話しますので、ここでは本願寺の成立とともに、神と仏の理解がどう変ったのかということだけお話します。とは言うものの、それまでのことも少しだけお話し...

  6. 「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧③」 - 「親鸞さんと生きる」

    「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧③」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-8「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧③」 ■弾圧の理由 「ひそかにおもんみれば、聖道の諸教は行証久しく廃れ、浄土の真宗は証道いま盛んなり。しかるに諸寺の釈門、教に昏くして真仮の門戸を知らず、洛都の儒林、行に迷ひて邪正の道路を弁(わきま)ふることなし。こころもつて興福寺の学徒、太上天皇後鳥羽の院と号す、諱(いみな)尊成今上土御門の院と号す、諱為仁聖暦...

  7. 「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧②」 - 「親鸞さんと生きる」

    「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧②」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-7「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧②」■弾圧の動き・・・幕府まず最初に動いたのは鎌倉幕府でした。『本願寺年表』(本願寺派発行)によると、1200年5月「幕府、専修念仏を禁止」とあります。この年親鸞さん28歳。つまり六角堂参篭ののち、法然さんの一門へ入る前年ということになります。法然さんが専修念仏を唱えはじめてから25年。源頼朝が征夷大将軍となり幕...

  8. 「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧①」 - 「親鸞さんと生きる」

    「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧①」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-6「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧①」■事件の下地 前回まで、民族宗教である神道によって成り立っている日本社会の中で、本来の普遍宗教としての仏教(専修念仏)を根付かせようと努力する親鸞さんの姿を見てきました。おもに京都へ帰られてからの手紙や和讃などをご紹介してきましたが、それらの原点になった出来事が、親鸞さん35歳のときの「承元の法難(じょうげん...

  9. 「教えを残したい『教行信証』。京都へ」 - 「親鸞さんと生きる」

    「教えを残したい『教行信証』。京都へ」

    ■■■第2章「親鸞さんってどんな人?」★2-9「教えを残したい『教行信証』。京都へ」■最終ステージ、京都へ 親鸞さんは60歳のころ、再び京都へもどられたようです。ちなみに鎌倉時代の平均寿命は24歳だそうで(この時代の墓地から出土した遺骨を調べると分かるそうです。幼年で亡くなる者が多かったとか。真偽は分かりませんが、いずれにしろ今よりははるかに短い人生だったようです)、50代はほんのわずか...

  10. 「念仏はキケン!ダメ!禁止!!…なんで?」 - 「親鸞さんと生きる」

    「念仏はキケン!ダメ!禁止!!…なんで?」

    ■■■第2章「親鸞さんってどんな人?」★2-6「念仏はキケン!ダメ!禁止!!…なんで?」■「承元の法難(じょうげんのほうなん)」と呼ばれる出来事 法然さんという生涯の先生と出会い、さがし求めていた新しい仏教と出会うことができた親鸞さんは、とても充実した学びの生活を始めました。おそらく90年という親鸞さんの長い人生の中で、一番楽しかった日々ではなかったかと思います。しかしそれも長くは続きません...

  11. 歴史は繰り返される1 - Kiyoshi1192's Blog

    歴史は繰り返される1

    人間は平等である!!しかし、遠い昔から権力者が、あらわれ同じ人間なのに権力をふるっている。初めの権力者は、ニムロデであって、その後そのコピーが続きまくる‼️参ったものだ。また、権力者の回りには取り巻き陣がつき拡大していくのだ‼️ソースとなる動画みてって下さい。

  12. Walking, war king ; 9/23, Sunday - mourokuKoala

    Walking, war king ; 9/23, S...

    今朝も3時頃から目が覚めてしまった。こっそり起きてシャワー浴びて、メールチェック。5時に散歩に出るが、外はまだ暗い、清水さんの方向へ、朧げな記憶を頼りに歩き出す。昨日、ちょっと歩き過ぎた。スマホを覗いてみたら、ビックリ。ナント3万7千歩!?モーロク膝がジワジワっと悲鳴をあげそうだ。ゲイトに辿り着くと開門は6時とのこと、40分以上も待つなんて、、、途中に昔通った店がいくつか並ぶ、茶碗坂、その名...

  13. 「安倍晋三お坊っちゃま」の「最近、急に冷たくなった世間」への「反抗」としての「革命」? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「安倍晋三お坊っちゃま」の「最近、急に冷たくなった世間...

    「人づくり『改革』」ではなく「人づくり『革命』」と言い出した安倍晋三さん。要は、最近、急に冷たくなった世間への「反抗」気分で「革命!」と言い出したのでは?安倍晋三さんは自分が権力者であることを忘れて「俺は世間から迫害された被抑圧者」と自己規定し「革命!」を叫んでいた可能性はあるのでは?

総件数:13 件

似ているタグ