橋梁のタグまとめ

橋梁」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには橋梁に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「橋梁」タグの記事(7)

  1. 白鳥大橋 - (仮説)新・北海道観光案内図譜

    白鳥大橋

    Syukutsu, Muroran. 2017.10.19全長1,380m3径間2ヒンジ補剛吊橋国道37号白鳥新道室蘭夜景スポット 

  2. 滝下橋の由来ってなんだろう?  - みとぶら

    滝下橋の由来ってなんだろう? 

    滝下橋。市道見川116号、桜川に架かる橋です。市道番号言われても・・・どこだかわからないですよねえ。桜山から見川神社前を通って小吹に向かう道の桜川に架かる橋の名前です。この記事書きかけで、信号待ちで市内のバス見てたらどこ行きかは忘れましたが、バスの経由地に滝下橋と書いてあるのありますね。メジャーな場所なのかな?桜川は河川改修が行われて、川幅も広く大水になったときの遊水地が広がっております。下...

  3. 淡水漁人瑪頭 - レトロな建物を訪ねて

    淡水漁人瑪頭

    淡水河口に最近開発された多目的観光レジャー漁港です。サンフランシスコをイメージして開発されたとか。淡水漁人瑪頭新北市淡水区沙崙里觀海路199号撮影 : 2016.9.4情人橋を渡り埠頭を見ました。それだけです。

  4. 下馬橋 - みとぶら

    下馬橋

    下馬橋。極楽橋の由来の伝説に由来する橋です。昔、香取稲荷を前にして殿様の馬が急に進まなくなってしまい下馬したというお話があるからです。そして歩いてきたところ、極楽橋のあたりで馬に乗ることが出来、「あ~,極楽,極楽」と言ったという話が極楽橋の由来に対しての下馬橋…。ちょっと後出しじゃんけんぽいネーミングです。まあ見てお通り、用水路に架けられた橋です。車で走っていると、橋の感じは一切ありません。...

  5. レトロ探訪・長野編:伊那・円筒分水工群 - 日本庭園的生活

    レトロ探訪・長野編:伊那・円筒分水工群

    南信地方のレトロ探訪の2回目。今回は、これ。 何でしょう。 こんなところに設置されています。 『西天竜幹線水路・円筒分水工群』。 西天竜幹線水路から水を分けるために設けられた分水施設群です。 大正8年から昭和14年にかけて建設されました。 当時開田された水田は、人や家畜により整地されたため水持ちが悪く、水争いがたびたび発生していました。 そこで水の分水管理をするために造られたのが、この円筒分...

  6. 2017.05.05カプチーノ九州旅82 中津川市付知の三弦橋 - ジムニーとカプチーノ(A4とスカルペル)で旅に出よう

    2017.05.05カプチーノ九州旅82 中津川市付知...

    国道256号を走っていると気になる橋が三弦橋発見向うまで渡れる人道橋ですねパイプなのが惜しいけど大夕張の三弦橋を思い出させる赤い色この後長野県の実家に泊って本日は終了

  7. レトロ探訪・長野編:伊那のローゼ桁橋(箕輪橋&明神橋) - 日本庭園的生活

    レトロ探訪・長野編:伊那のローゼ桁橋(箕輪橋&明神橋)

    南信地方(信州の南部)のレトロ探訪。訪れたのは、少し前のこと。季節は、冬です。伊那市に残されたコンクリート・ローゼ桁橋。 まず『箕輪橋』。 天竜川に架かる橋です。 架橋は昭和29年(1954)。 このクネクネの曲線がローゼ桁橋の特徴です。 コンクリート・ローゼ桁橋が、長野県内には多く残されています。 続いて、『明神橋』。 この橋も天竜川に架かっています。 昭和37年(1962)の架橋。 戦前...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ