橋梁のタグまとめ

橋梁」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには橋梁に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「橋梁」タグの記事(23)

  1. 宝塚のメインストリートを歩く - レトロな建物を訪ねて

    宝塚のメインストリートを歩く

    宝塚の最終回。このときは最初に宝塚ホテルに行ったので、阪急電鉄の宝塚南口で下車。ランチのあと周辺を散策した後、帰りはルートを変えて、宝塚大劇場を見ながらJR宝塚駅から大阪へ向かうことにしました。撮影:2018.12.20武庫川にかかる「宝塚大橋」。向こう岸に宝塚大劇場が見えています。橋の上には四季折々の花壇やベンチ。やはりスミレは宝塚の花でした。彫刻もあります。ネットの写真です。これが宝塚大...

  2. 東京そぞろ歩き・レトロ探訪:日本橋周辺 - 日本庭園的生活

    東京そぞろ歩き・レトロ探訪:日本橋周辺

    さらに北上、日本橋方面へ。『日本橋野村ビルディング』。大阪に本店を置いた野村銀行が、東京進出の拠点として、昭和5年(1930)に建てたものです。設計は、建築家・安井武雄。続いて、『日本橋』。徳川家康の全国の街道整備計画に際し、初代の橋が木造の太鼓橋で架けられました。橋柱の銘板の「日本橋」の文字は、徳川慶喜によるもの。日本橋からの運河。頭上は、首都高速道路に覆われています。日本の道路元標があり...

  3. 2018.10.21 大夕張②旭沢橋梁 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.10.21 大夕張②旭沢橋梁

    旭沢橋梁もう少し早めに来ると紅葉が綺麗だったのですけどね三菱大夕張鉄道の橋梁で珍しい形をしています新白銀橋から反対側は明石町の駅廃線後サイクリングロードとして使っていたので舗装されています満水時にはダムの中に沈みます旧道の旭橋は新旧2本かかっていました懐かしい風景です

  4. 2018.10.19 日高線厚真川橋梁 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.10.19 日高線厚真川橋梁

    日高線厚真川橋梁良く見るとレールがゆがんでますね日高線は地震の後休止となっています苫東厚真火力発電所が良く見えます近くに浜厚真駅苫小牧東港フェリーターミナル最寄りの駅ですが歩く人は皆無でしょうねフェリターミナル横より苫東厚真火力発電所苫小牧東港の対岸です石炭火力なので貯炭場や積み出し施設が左側に見えます

  5. 岩国市の錦帯橋 - レトロな建物を訪ねて

    岩国市の錦帯橋

    錦帯橋(きんたいきょう)は、山口県岩国市の錦川に架橋されたユニークな木造のアーチ橋。江戸初期の1673(延宝元)年に、岩国の3台目藩主、吉川広嘉が大工の児玉九郎右衛門に命じて建造した5連のアーチ橋です。だた、建造の翌年には洪水によって流失してしまったため、同年に橋台の敷石を強化して再建。その後は昭和期まで、定期的に架け替え工事を施しながら250年以上に渡り、その姿を保ったそうです。しかしなが...

  6. 角島大橋と角島灯台 - レトロな建物を訪ねて

    角島大橋と角島灯台

    角島(つのしま)は、山口県下関市豊北町大字角島の日本海(響灘)上にある島で、山口県の北西端にあり北長門海岸国定公園に含まれます。角島大橋は2000(平成12)年に開通した橋で、1789メートルの長さがあり、離島へ架けられた一般道路橋としては群を抜く長さで沖縄県の古宇利大橋に次ぎ全国第2位だとか。周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003...

  7. 名古屋の外堀通りを歩く - レトロな建物を訪ねて

    名古屋の外堀通りを歩く

    名古屋城の南側を東西に走る外堀通りを東に進みました。名古屋城の外堀は北西側には水がありますが、南東側は空堀になっています。外堀通りは道幅が広い道路で、頭上には名古屋高速都心環状線が通っています。現代的な建物が並ぶ通りですが、途中に名古屋東照宮などの歴史的建造物をいくつか発見することが出来ます。撮影:2017.11.7呉服加島屋町家風の小さな2階建て。呉服店で着物の染色も手がけているようです。...

  8. 2018.05.20 桂沢ダムと桂沢大橋 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.05.20 桂沢ダムと桂沢大橋

    大夕張から北上三夕トンネル越えて暫く行くと大規模な工事中桂沢大橋の架け替え工事が行われています結構高くなりますね桂沢ダムのかさ上げ工事現役のダムをかさ上げするのは珍しいそうです新ダム作るよりコストが抑えられそうですねこの為に桂沢大橋の架け替えが行われています桂沢大橋長年工事中で放置されていましたがやっと工事が終わりそうですね

  9. 和歌山城西之丸庭園御橋廊下 - レトロな建物を訪ねて

    和歌山城西之丸庭園御橋廊下

    御橋廊下(おはしろうか)は藩主が居住する二之丸と紅葉渓庭園のある西之丸を行き来するための橋で、長さ27m、幅約3m。江戸時代には藩主とそのお付きの人だけが行き来できました。瓦葺きの屋根を載せ、外から見えないように廊下のような造りになっています。斜めに架かる廊下橋として、全国的にも珍しい構造。江戸時代の図面を元に復元されました。和歌山城西之丸庭園御橋廊下2006(平成18)年設計・施工:不明和...

  10. 昔の名残。 - サン建築工房:エコショップブログ

    昔の名残。

    ★OM ecoshop SUN Blogへようこそ★ご覧いただきありがとうございます。こんにちは。本日も晴天です明日は雨が降るそうですが・・・。来週末に開催される茶屋町の見学会場のすぐ近くに、むか~しむかしの建築物が残っています。これ、何だと思いますか?半分めがね橋のようですが、、、実はこれは昔この上に電車が通っていた名残なんです!橋梁なんですよ。こんなところにポツンとあるんです!こういう場...

  11. 七尾市の仙対橋 - レトロな建物を訪ねて

    七尾市の仙対橋

    今日からしばらく石川県です。昨年6月に2泊3日の小旅行をしました。初日は和倉温泉、2日目は金沢に泊まる予定です。能登半島の中ほどに位置する和倉温泉に向かう途中、レトロ建築が多い七尾で下車しました。駅前から北上すると、七尾のランドマーク的存在で、一本杉通りへの「入口」でもある仙対橋があります。七尾市の中心市街地を流れている御祓川(みそぎかわ)に架かる橋で、金の烏帽子の紅い欄干が印象的。橋のパネ...

  12. 台東の三仙台跨海歩橋 - レトロな建物を訪ねて

    台東の三仙台跨海歩橋

    3日目は、高雄から太平洋側(東側)を北上して花蓮を目指しました。途中、台東で観光地に立ち寄り。まずは海蝕景観や奇石が分布し、奇景が楽しめる三仙台です。巨大な岩石が3つあり、伝説に呂洞賓、李鐵拐、何仙姑の3仙人がここに来たということで、三仙台と呼ばれているそうです。海水の侵蝕によって陸と切り離され、離島になっっていましたが、30年前に三仙台に渡る橋が完成し、観光名所になりました。三仙台跨海歩橋...

  13. 白鳥大橋 - (仮説)新・北海道観光案内図譜

    白鳥大橋

    Syukutsu, Muroran. 2017.10.19全長1,380m3径間2ヒンジ補剛吊橋国道37号白鳥新道室蘭夜景スポット

  14. 滝下橋の由来ってなんだろう? - みとぶら

    滝下橋の由来ってなんだろう?

    滝下橋。市道見川116号、桜川に架かる橋です。市道番号言われても・・・どこだかわからないですよねえ。桜山から見川神社前を通って小吹に向かう道の桜川に架かる橋の名前です。この記事書きかけで、信号待ちで市内のバス見てたらどこ行きかは忘れましたが、バスの経由地に滝下橋と書いてあるのありますね。メジャーな場所なのかな?桜川は河川改修が行われて、川幅も広く大水になったときの遊水地が広がっております。下...

  15. 淡水漁人瑪頭 - レトロな建物を訪ねて

    淡水漁人瑪頭

    淡水河口に最近開発された多目的観光レジャー漁港です。サンフランシスコをイメージして開発されたとか。淡水漁人瑪頭新北市淡水区沙崙里觀海路199号撮影:2016.9.4情人橋を渡り埠頭を見ました。それだけです。

  16. 下馬橋 - みとぶら

    下馬橋

    下馬橋。極楽橋の由来の伝説に由来する橋です。昔、香取稲荷を前にして殿様の馬が急に進まなくなってしまい下馬したというお話があるからです。そして歩いてきたところ、極楽橋のあたりで馬に乗ることが出来、「あ~,極楽,極楽」と言ったという話が極楽橋の由来に対しての下馬橋…。ちょっと後出しじゃんけんぽいネーミングです。まあ見てお通り、用水路に架けられた橋です。車で走っていると、橋の感じは一切ありません。...

  17. 2017.05.05カプチーノ九州旅82 中津川市付知の三弦橋 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2017.05.05カプチーノ九州旅82 中津川市付知...

    国道256号を走っていると気になる橋が三弦橋発見向うまで渡れる人道橋ですねパイプなのが惜しいけど大夕張の三弦橋を思い出させる赤い色この後長野県の実家に泊って本日は終了

  18. レトロ探訪・長野編:伊那のローゼ桁橋(箕輪橋&明神橋) - 日本庭園的生活

    レトロ探訪・長野編:伊那のローゼ桁橋(箕輪橋&明神橋)

    南信地方(信州の南部)のレトロ探訪。訪れたのは、少し前のこと。季節は、冬です。伊那市に残されたコンクリート・ローゼ桁橋。 まず『箕輪橋』。 天竜川に架かる橋です。 架橋は昭和29年(1954)。 このクネクネの曲線がローゼ桁橋の特徴です。 コンクリート・ローゼ桁橋が、長野県内には多く残されています。 続いて、『明神橋』。 この橋も天竜川に架かっています。 昭和37年(1962)の架橋。 戦前...

  19. 2017.04.30 カプチーノ九州旅49 筑後川昇開橋 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2017.04.30 カプチーノ九州旅49 筑後川昇開橋

    三重津海軍所から少し上流に橋の駅ドロンパって凄い名前ですが筑後川昇開橋が見れますこの時は橋が下りているので時間が有れば渡れます昇降ゲート間の橋桁が上下に昇降します今でも稼働可能なのは凄いですね昔は鉄道の橋だったそうです

  20. 長崎の眼鏡橋 - レトロな建物を訪ねて

    長崎の眼鏡橋

    雲仙温泉から長崎市内へ移動。昼食をはさんで市内観光をしました。眼鏡橋(めがねばし)は市内を流れる中島川に架かる12の橋の一つ。江戸時代初期に中国人の興福寺の黙子如定禅師が造った石造アーチ橋です。川面に映る姿が「メガネ」に見えることから、この名前がついたとわけです。『日本橋』『錦帯橋』と並び日本三名橋に数えられています。日本初のアーチ式石橋で現存最古のものとして貴重なことから、国の重要文化財に...

総件数:23 件

似ているタグ