機材テストのタグまとめ

機材テスト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには機材テストに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「機材テスト」タグの記事(52)

  1. あらたなる可能性の模索・その③ - あぷらなーと

    あらたなる可能性の模索・その③

    ★魔改造したSE102の出撃月が明るい夜でしたが、晴れ間が見えたので、ビームスプリッタにより、SAO同時露光を可能とした『SE102カスタム』を出撃させてみました。★まずはAOO担当カメラ画像をビームスプリッタで分割した光の内、直視方向はIDASのNB1フィルタを介してASI1600MC-Coolに入射します。これにより、C線とF線が色消しになっているアクロマートはAOOナローバンド画像が一...

  2. あらたなる可能性の模索(番外編) - あぷらなーと

    あらたなる可能性の模索(番外編)

    ★なんぞ、これ?なんだか分かります?これ、結構レアでしょう?正体は、激安アイピースやコスパの高い双眼鏡などで話題のSVBONYから販売されている「デジタルアイピース」SV105。名称から分かるとおり、月面や惑星の電視観望用と思われるCMOSカメラです。約1/3インチの200万画素カラーで、USB2ケーブルでPCとつないでSharpCapで撮像する仕様です。ちっちゃくて可愛らしい外観ですが、意...

  3. 『にせBORG』大口径化の試み - あぷらなーと

    『にせBORG』大口径化の試み

    ★『にせBORG』とは?毎度、死神博士よろしく邪悪な兵器を誕生させている あぷらなーとですが、ケンコーのクローズアップレンズを対物レンズに転用してBORGのパーツで望遠鏡に仕立て上げた『にせBORG』は結構お気に入りなんです。ケンコーのACクローズアップレンズのうちNo3だけはあまりにもボケボケで全く実用性がないのですが、その他のNo2、No4、No5についてはなかなか立派な像を結ぶことが分...

  4. 急転直下、新プロジェクト発動!? - あぷらなーと

    急転直下、新プロジェクト発動!?

    ★なんぞこれ?!おかげさまでSE120版の『アクロマートの逆襲』プロジェクトも大成功。※三連装版の戦果はコチラ↓※単機での戦果はコチラ↓ナローバンドフィルタを併用することで、眼視観望専用と思われていた大口径アクロマートの活用法が一気に広がったのですが、先日『新たなブツ』が召還されました。実は、アクロマート屈折におけるナローバンド撮影に関してご興味を持たれたサイトロンさんから『レビュー』のオフ...

  5. 本当にオススメできるネタ!? - あぷらなーと

    本当にオススメできるネタ!?

    ★潮流と逆行するのが好きなのでここ数年来、怪しげな機材や考察ばかり展開しているのですが、その大半は単に自己満足のためであったり好奇心を満たすためだったりするもので、一般的な天文ファンの方にオススメできるようなネタはごくわずかでした。しかし・・・・今回ばかりは、ちと違いますぜ!恐らく、数多くの天文ファンに『ちょっとした幸せ』をもたらすであろう、あぷらなーとにしては珍しく『有益』なネタ、行ってみ...

  6. 『逆襲のアクロマート』 - あぷらなーと

    『逆襲のアクロマート』

    ★「通常の3倍」とはいうもののケンコーの観望用大口径アクロマートSE120を三連装化して「SAOナローバンドを一気撮りする」という邪悪な作戦。戦果をTwitterで公開したら、天リフ編集長さんが「見えるぞ・・・私にも創造の柱が見える。」とリプくれたので、作戦名を『アクロマートの逆襲』から『逆襲のアクロマート』に変更します(なにやってんだか)。というわけで・・・いきなりででん!!○M16・SA...

  7. アクロマートの逆襲12cm版 - あぷらなーと

    アクロマートの逆襲12cm版

    ★ででん!!えーと。いつもの展開無視ですみません。喜びのあまり、前振り無しでいきなりの結果公開です。★『ギルガメッシュ』初陣・強行出撃ようやく、あぷらなーと渾身の魔道兵器:「12cmアクロマート三連装砲・ギルガメッシュ」のファーストライトついに成功しました~!!ケンコーの12cmF5観望用アクロマート屈折SE120にPro1D-ACクローズアップレンズNo3を組み合わせ、ナローバンドフィルタ...

  8. 『復活への道』③ - あぷらなーと

    『復活への道』③

    ★最近困っていたこと『王道』嫌いの天邪鬼あぷらなーとは、ピント合わせにバーティノフマスクなどの便利な道具は使わずにライブビューの目視を多用するのですが、最近困っていたのは、「近視」+「乱視」+「老眼」の三重苦で、液晶画面が見にくいということ。メガネやハズキルーペを併用しても鮮明に見える距離が狭いので、できればモニターは手持ちで好きな距離で眺めたいもの。PoleMasterなどを利用した極軸合...

  9. 『復活』への道②「ブライトネス(オフセット)の正体」 - あぷらなーと

    『復活』への道②「ブライトネス(オフセット)の正体」

    ★白状すると・・・ステライメージでダークファイル減算を自動的に行うと、「演算中に生じたマイナス値がカットされることで、消せるハズのノイズが消えない」ということに気づいて、『手動ダーク減算法』を考案することになったのですが、その際に「撮影時のオフセット値を適切に設定すれば、そもそもこの現象を軽減できるかも?」とも考えました。でもね・・・・。白状すると、あぷらなーとは、この肝心の『撮影時のオフセ...

  10. 『復活』への道① - あぷらなーと

    『復活』への道①

    ★天文『復活』に備えて・・・ええと・・・皆さん、冷却CMOSカメラの撮影ツールとして、どんなPCをお使いですか??あぷらなーとも色々と試行錯誤してきた方なのですが、メーカーさんの公称FPS(1秒に何コマ撮影できるか)って実際の撮影現場では出せないんですよねぇ。たとえばZWOのASI1600MM-COOLの場合ならメーカー公称値は14.7FPS(1秒間に14.7コマ撮れる)とはなっていますが、...

  11. ASI294MCの謎⑦ - あぷらなーと

    ASI294MCの謎⑦

    ★カラーカメラのノイズ測定は難しいSamさんも言及されていますが、構造が単純なモノクロカメラと異なり、カラーカメラのノイズ(などの各種性能)評価は難しいですね。今、本業が繁忙期なのでほとんど時間が取れないのですが、前回やったベイヤー素子のノイズシミュレーション↓をちょっぴりと進めてみました。★R素子やB素子ではどうなるか?前回やったシミュレーションでは、全画素の1/2をしめるG素子について簡...

  12. ASI294MCの謎⑥ - あぷらなーと

    ASI294MCの謎⑥

    ★本業が忙しい時期なので・・・年度末はドタバタする時期なので、やむを得ず天体観測も冷却CMOSカメラASI294MC-Proの『検証ごっこ』も一時休止中です。でもSamさんの検証がバリバリ進んでいて、次々と興味深いデータが公開されています。う・・・うらやましすぎるぅ・・・・。★Samさんのエントリーを拝見して少し気になった事があったので、少し『考察ごっこ』してみることにしました。Samさんに...

  13. ASI294MCの謎⑤ - あぷらなーと

    ASI294MCの謎⑤

    ★先日来、気になっていたことASI294MC-Proの謎解きシリーズ第5弾ですが、今回は先日来気になっていたバイアスノイズ分布の「形」解明の糸口を探ってみます。本来、バイアスノイズが正規分布に従っているとすると、その輝度分布グラフを両対数グラフで表すと、理論上は上に凸の放物線が描かれるハズです。ところが実際のグラフは、下記のように放物線よりも裾野が広がってしまってます。これはもう少し細かく『...

  14. ASI294MCの謎④ - あぷらなーと

    ASI294MCの謎④

    ★ゲインを上げすぎると14bitじゃなくなる?!前回のエントリーでASI294MC-Proのバイアスファイルを『解析ごっこ』していて、『高ゲイン時に出力データのbit数が低下している疑惑』を見つけちゃいました。このように、ゲイン400以上だと輝度値に隙間が生じて階調が乏しくなっている模様。ただし①これはバイアスファイルのみに見られる現象なのか?②輝度の刻み幅が変化する正確なゲイン値はどこなの...

  15. ASI294MCの謎③ - あぷらなーと

    ASI294MCの謎③

    ★ASI294MCは面白い「良く写るカメラがうれしい」のは当たり前ですが、あぷらなーと個人としては『じゃじゃ馬』なカメラも好きなんですよねぇ。だって・・・その特性を調べるだけでも楽しめるじゃないですかー。それに「ひょっとしたら」上手い活用方法(裏技)が発掘されるかもしれませんし♪さて、折角の休日も終日しとしと雨にやられちゃったので、出撃は不能。こんな日は心しずかに『解析ごっこ』に興じるしかあ...

  16. ASI294MCの謎② - あぷらなーと

    ASI294MCの謎②

    ★『ASI294MCの謎』シリーズ連載2回目です念のためお断りしておきますが、コレ素人の「お遊び」ですからね。あくまであぷらなーと個人の道楽なので、あまり真に受けちゃいけません(笑)。でも、色々とモヤモヤしていた方には解決の糸口になるかもしれませんし、ひょっとすると「ASI1600の謎解きシリーズ」の時のように「なにか有用な案件」が見つかるかも知れませんです♪★色々と面白そうな事は見つかった...

  17. 『ASI294MCの謎』シリーズ連載開始♪ - あぷらなーと

    『ASI294MCの謎』シリーズ連載開始♪

    ★本体だけで楽しむというのもアリ念願の新兵器:ASI294MC-ProとM-GENを入手したものの、まだまだ本格運用にはほど遠い現状です。まあ、お休みの前夜に快晴になる確率は低いので仕方ありません。でも(ASI1600シリーズの時もそうでしたが)当面は、『ASI294MCの謎』と題して色々と『検証ごっこ』して遊んでみることにしましょう。★『解析ごっこ』にあたってモノクロカメラと異なり、カラー...

  18. 30年前に捕獲したしし座の『銀河トリオ』から・・・ - あぷらなーと

    30年前に捕獲したしし座の『銀河トリオ』から・・・

    ★遠い記憶をだぐり寄せると・・・思えば、しし座の『銀河トリオ』(M65・M66・NGC3628)の撮影に成功したのは、かれこれ30年近く前の事でした。少々記憶が曖昧なのですが、たしか・・・カメラ:ニコンFG-20フィルム:コニカGX3200ネガ望遠鏡:ミザール・アルテア15(口径15cm・F10・カタディオプトリックカセグレン)赤道儀:ミザールAR-1(ピリオディックモーション実測±30秒の...

  19. 『フルアーマーBORG』ほんとの完成!? - あぷらなーと

    『フルアーマーBORG』ほんとの完成!?

    ★ハイパースレッド『みたいな』もの近年パソコン用のCPUはコア数が増える一方ですが、コア数が同じでもハイパースレッド機能によって擬似的にコア数を増やしてみせる技術も人気ですね。・・・となれば・・・昨年来取り組んでいる同一鏡筒の多連装化ですが、鏡筒の数が揃うと今度はビームスプリッタでさらなる効率アップを目論みたくなるんですよねぇ。ちょうどCore-i5が手に入るとCore-i7が欲しくなる感覚...

  20. LEDトレース台の謎 - あぷらなーと

    LEDトレース台の謎

    ★フラット撮影の便法として・・・あぷらなーとは不精者なので、薄明フラットとか曇天フラットなどの高度な技は習得していません。高速シャッターでパパッと百~数百枚撮影して、サクッとコンポジットして終わりにしたいですし、できれば撮影後に室内で気楽にフラット撮影したいのですね。という訳で、昨年度からLEDトレース台を利用したフラット撮影を試行中です。★お困りの方もいらっしゃる?個人的にLEDトレース台...

総件数:52 件

似ているタグ