橿原のタグまとめ

橿原」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには橿原に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「橿原」タグの記事(11)

  1. 秋桜 - toshi の ならはまほろば

    秋桜

    コスモスが咲いてきたとの情報と台風の影響を確認に東側の二区画(ハスの南側)は咲いてきましたがまだまだ低く先日の台風で東側に斜めに倒れ掛かっていましたこれからまだまだ大きくなると思うので立つとは思いますが次の台風がまた心配ですねこの日は雲もなく平凡な夕暮れでした風景写真的には下のほうがええと思います二上山を抜きましたここで早く夜明けを撮りたいですね~去年がダメやったので~D750+24-120...

  2. 朝日がダメなら - toshi の ならはまほろば

    朝日がダメなら

    舐めていました、日没30分前に行けばええと・・・多い_この時期だけの、ここでの夕陽濃い~い写真になりました。三脚使えないので、紙は使えない・・・ええころあいに焼けてくれました中々人が多くて難関ですが、これはこれでありかな・・・D750+24-120f4撮影日:2018年9月5日

  3. ホテイアオイ - toshi の ならはまほろば

    ホテイアオイ

    前回は暑くて思考回路が焼きついた。今回は太陽が高くなる前に訪れた。でも、ここは暑い・・・気が付くと汗が噴出している。幸い、この時間では誰も居ない、農家の方たちだけで自由に撮れる。まだ時間的には咲き揃ってはいないが、それは暑いのとの引換えで。切取りの練習にはええとことは思いますが、毎回同じような画ばかりで気ばかり焦ります。D750+24-120f4、D800+TAMRON15-30f2.8撮影...

  4. 輝く稲穂 - toshi の ならはまほろば

    輝く稲穂

    この時期、稲穂の夜露が輝きます。撮影の帰り道、キラキラしていたので思わず停まって撮りました。金剛・葛城山に漂う雲気持ちのいい朝でした。D750+24-120f4撮影日:2018年8月27日

  5. これも紫陽花 - 髭正's PHOTO LIFE

    これも紫陽花

    紫陽花も様々な園芸種が存在している。それぞれに名前が付いているが、これとあれはどこが違うの?と言うぐらい見分けのつかないものも多い。それは、普通に花として眺めているだけだから違いが分からないのかも知れない。花撮影も同じかも。一般的なアングルでの撮影は一般的な花写真になってしまうのでは。様々なアングルから眺めてみて、その花の良さが再発見できるような気がする。奈良・橿原久米寺にて※画像をクリック...

  6. 三つのお日様 - 髭正's PHOTO LIFE

    三つのお日様

    お日様である訳がない。確か、オレンジに光る点光源。その正体は、枯れた紫陽花の花びら。点光源がボケると玉ボケになる。玉ボケの大きさはボカシ具合でコントロールできる。しかし、どんな被写体であれ、背景選びがその良し悪しを決定する。奈良・橿原久米寺にて※画像をクリックすると拡大します

  7. 暖簾 - 髭正's PHOTO LIFE

    暖簾

    醤油蔵の土間から外をその出入り口に大きな暖簾がいや、このような物を暖簾と呼んんで良いのかは分からないが暗い屋内から明るい屋外の様子を撮る私にとっては結構好きな撮り方かもしれないただ、明暗差が激しいのでこの明暗差をどうクリアーするかが大きな課題となる奈良・橿原今井町にて

  8. 水溜りには - 髭正's PHOTO LIFE

    水溜りには

    当日はあいにくと雨奈良は橿原市の今井町に撮影に行き、終了してから近くに本薬師寺跡があったのを思い出し、少し足を伸ばしてみることにした近年のそこは、本薬師寺跡というよりも「ホテイアオイ」で有名だちょうど彼岸の頃、ホテイアオイと彼岸花、そして大和三山が収められたらと思って行ったが雨のため大和三山の姿は望めず本薬師寺跡の境内の水溜りに写り込んだ彼岸花奈良・橿原本薬師寺跡にて

  9. 縁側と亀 - 髭正's PHOTO LIFE

    縁側と亀

    外は暑くて死にそうになるがこうして縁側を開け放し、蚊取り線香を焚くとなんとかクーラー無しでもストレスを感じずに過ごすことができる蚊取り線香立ては、ここは亀さんであるがドラマや映画で見るのはブタさんが定番のようでも、我が家にはそんな粋なものは無かった渦巻きの蚊取り線香と一緒に入っている薄っぺらいアルミの線香立て当然、灰の受け皿が別途必要蚊取り線香の香りがめちゃめちゃ懐かしい奈良・橿原おふさ観音...

  10. 夏の風物詩 - 髭正's PHOTO LIFE

    夏の風物詩

    縁側の鴨居に吊るされた和風モビール吊るし雛のようでもある金魚、西瓜、かき氷、その向こうには風鈴とまさに真夏の縁側昔はそんな縁側でおやつ代わりに井戸でよ~く冷やしたトマトを食べた今、スーパーで買うトマトにはその味がしない奈良・橿原おふさ観音にて

  11. ふうりん祭り - 髭正's PHOTO LIFE

    ふうりん祭り

    バラと風鈴のお寺、おふさ観音「高野山真言宗別格本山観音寺」が正式呼称のようであるバラの時は一度も訪れたことはないが、ふうりん祭りの時は毎年訪れているクソ暑い中での撮影、すぐに音を上げる境内は狭く、且つ建物で囲まれているため、非常に風通しが悪いまた、境内には所狭しとバラが植えてあり、たっぷりと水やりがなされている為か、蒸し暑いことこの上なし早々に境内の一番奥にある茶店に飛び込むことになる冷房な...

総件数:11 件

似ているタグ