歌曲のタグまとめ

歌曲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歌曲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歌曲」タグの記事(5)

  1. 名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その445 - 音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

    名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」...

    個人的経験:今回、取り上げる、「ワン・ヴォイス」と銘打たれた、キャサリン・ボットが歌った、「中世トルバドゥール、トルヴェールの愛の歌」(1995年に録音されたもの)などは、解説の書きっぷりが、特に私には気になるがゆえに、「嘘じゃないか」と感じてしまう一枚である。(原題:Sweet is the song)解説を書いた、ジョン・スティーヴンスという人は、Song, Narrative, Dan...

  2. 歴史上もっとも傑出したテナー ヴンダーリヒ - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    歴史上もっとも傑出したテナー ヴンダーリヒ

    2017年8月24日(木)テノール歌手と言えばいの一番にルチアーノ・パヴァロッティ(1935~2007)、そしてプラシド・ドミンゴ(1941~)やホセ・カレーラス(1946~)を思い浮かべるが、もうひと昔前のファンなら、マリオ・デル=モナコ(1915~1982)ということになるのだろう。ところが実はモナコとドミンゴやパヴァロッティの間にもうひとりの偉大なテノール歌手がいた。ドイツ人歌手のフリ...

  3. 李白の詩に魂と人生を歌いあげた最もマーラー的な作品とその魅力 - dezire_photo & art

    李白の詩に魂と人生を歌いあげた最もマーラー的な作品とその魅力

    マーラー『大地の歌』Gustav Mahler “DasLied von der Erde” 『大地の歌』は。声楽(2人の独唱)を伴う「交響曲」と「管弦楽伴奏による連作歌曲」とを融合させたような作品で、色彩的で甘美、かつ耽美的な表現が全面に打ち出されていますが、マーラーが交響曲第8番まで重層的な展開による多義性を持っていたことを鑑みると、私には非常に難しい音楽と感じていました。 今回、独唱に...

  4. 名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その444 - 音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

    名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」...

    個人的経験:「デュオ・トロバイリッツ」という二人の女性音楽家による「愛の言葉~トルバドゥールとトルヴェールの歌」というCDを聴くまで、南仏のトルバドゥールと北フランスのトルヴェールとの違い、そもそも言葉まで違うなど、あまり意識していなかった。今回は、ざっと、このトルヴェールの勉強をする。当時の歴史を紐解くと、フランスは分断状態にあって、そこから、英仏百年戦争という、時代に突入することも含め、...

  5. 知られ過ぎた合唱曲   .......知られざる作曲家105 パリー - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    知られ過ぎた合唱曲   .......知られざる作曲家...

    2017年7月2日(日)知られざるイギリスの作曲家ヒューバート・パリー(1848~1918)、でも彼の書いた合唱曲「イェルサレム」はイギリス国民的合唱曲としてあまりにも知れ渡っている。パリーはワーグナーの良き理解者であったが、彼の作風自体はバッハやブラームスなどに近かった。そしてのちにエルガーに影響を与えた。作曲家であると同時に熱心な教育者でもあったパリーは王立音楽大学の学長に長く就き、初代...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ