歌舞伎座のタグまとめ

歌舞伎座」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歌舞伎座に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歌舞伎座」タグの記事(14)

  1. 八月納涼歌舞伎(第二部) - 旦那@八丁堀

    八月納涼歌舞伎(第二部)

    昨日に続き第二部。今回は三部→二部→一部と流します。纏めて見物と言うテもあるけど集中力が続かないので可能な限り別日程で。感想↓ <東海道中膝栗毛> 15:00-16:55第二部は普通にweb松竹で買いました。八月の演目では一番人気で全日程売り切れの模様。「膝栗毛」もこれで三作目。一作目は去年シネマ歌舞伎で観て、二作目は去年生歌舞伎見物、シネマ歌舞伎でも観た。こう言うのが取っつきやすいよな、と...

  2. 八月納涼歌舞伎(第三部) - 旦那@八丁堀

    八月納涼歌舞伎(第三部)

    歌舞伎座の優待で第三部。やっぱいいな〜世話物。それも「生世話物」=当時の町人の生態を描いた「世話物」の中でも特に写実的な演出、演技が濃いもの、だから。感想↓ <通し狂言 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)> 18:00-21:05(幕間15分)鶴屋南北書き下ろしの所謂「忠臣蔵スピンオフもの」。主人公の薩摩源五兵衛(=幸四郎)は実は不破数右衛門(塩冶家浪人=赤穂浪士)と言う設定で、その他の...

  3. 歌舞伎座 六月大歌舞伎 遅ればせながら観劇記録 - K's Sweet Kitchen

    歌舞伎座 六月大歌舞伎 遅ればせながら観劇記録

    六月の歌舞伎座は昼の部を取りました。二幕目の文屋の菊之助丈を観たかったのと、三幕目のまだ見たことがない(たぶん)黙阿弥のお芝居を観たかったから。さて、まずは、ひと幕目。これはお馴染み妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)から三笠山御殿の場。蘇我入鹿を演じる元坂東彦三郎が、坂東楽善と襲名されていることに気付かず、ちょっと愕然としました。名前がわからなくなっているのは、若手ばかりではなさそう...

  4. 七月大歌舞伎(昼の部) - 旦那@八丁堀

    七月大歌舞伎(昼の部)

    台風接近中。いつもの垂れ幕は畳まれていた。本日は昼の部。歌舞伎見物はこれでトータル30回目。感想↓ <通し狂言 三國無雙瓢箪久(さんごくむそうひさごのめでたや)>序幕 11:00-12:07本能寺の変〜清洲会議までの40日間を描く通し狂言。いきなり西遊記で始まる序幕。海老蔵=秀吉=サル=孫悟空と言う繋がりなのね。勿論?これは森蘭丸が見ていた夢の中のお話、と言う趣向なんだけど初っ端から孫悟空の...

  5. 海老蔵祭り - 小天堂 たまに江戸ほぼ関西日記

    海老蔵祭り

    歌舞伎座・七月大歌舞伎。昼の部は、二日酔いで半分がた壊れていた。各界とのコラボが話題であった夜の部。これといったストーリーもなくて、どちらかというと光の内面を描いたレビューみたいな感じ?隣のオネエサンが感動した!と熱く話しかけてきたけど、テンション低い私と噛み合わず、気持ちに水をさしてしまった。ただただ、海老蔵さんがとてもキレイだった。

  6. 七月大歌舞伎(夜の部) - 旦那@八丁堀

    七月大歌舞伎(夜の部)

    今月はエビ様の月でチケットはソールドアウト。こう言う月は大口株主でないと優待の配分は無いんだろうねと言うことで今月は昼夜共に実費見物。感想↓ <通し狂言 源氏物語> 16:30-17:50 幕間30分 18:20-19:10 幕間25分 19:35-20:05いつもは演目はバラバラのお話・踊りで構成されるんだけど、今回は昼夜共に「通し狂言」=一つのお話。夜の部は個人的には苦手?な源氏物語。恥...

  7. 東下り201806 - 小天堂 たまに江戸ほぼ関西日記

    東下り201806

    新橋演舞場の黒蜥蜴(全美版)。どこが「全美」なのかよくわからないが、前回よりはすっきりとまとまっていた気がする。幕間に劇場のとなりの宝飾品売り場で1億円するというピンクダイヤの指輪を見せてもらった。時間がなくて試着できなかったのが残念だわ。翌日は歌舞伎座。時蔵さんのお三輪で三笠山御殿。入鹿チームは楽善さん親子、鱶七は松緑さん。官女たちにいじめられても求女が気になるお三輪が、奥から聞こえる祝い...

  8. 六月大歌舞伎(昼の部) - 旦那@八丁堀

    六月大歌舞伎(昼の部)

    中一週間で昼の部見物。本日は初めて歌舞伎座の株主優待を使った。感想・独断偏見評価等↓ 歌舞伎座(松竹も然り)の優待はネット予約→当日のみチケット引取機でチケット取得の流れで券には株主の名前も入る。転売防止の為なんだろう。今回は一等・二階西桟敷。いつもは東桟敷なので違う景色。10:45着。<妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 三笠山御殿> 11:00-12:53六月、昼の部は音羽屋一色...

  9. 六月大歌舞伎(夜の部) - 旦那@八丁堀

    六月大歌舞伎(夜の部)

    六月大歌舞伎も夜の部から。演目は二つでいずれも夏祭りを絡めて更に二つ目の演目は怪談で夏らしい。感想等(今回からおこがましくも完全主観評価ポイント制導入)↓ 開場は16:05。開演16:30。暑くなってきたので歌舞伎座前に並ぶのはちょっと辛くなってきた。イヤホンガイド放送が開始するのは大体開演15分位前なので別に急ぐ必要は無し。<夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)>16:30-17:14〜幕...

  10. 團菊祭 - 小天堂 たまに江戸ほぼ関西日記

    團菊祭

    諸事情にて夜の部のみ。朝早かったので眠い…。観劇前に歌舞伎そば。お昼過ぎ、まだ昼公演中の時間帯なんだが、いつ行っても混んでるなぁ。さて、肝心の舞台は・・・菊五郎さん、左團次さんのベストコンビでの弁天小僧。前回より菊五郎さんの弁天がキレイでよかった。さて、勢揃いする白浪五人男。菊左のお二人の他の三人はちょいと前の三之助。経てきた年月の差が歴然・・・というか、居眠りしてしまったわ。この間を埋める...

  11. 團菊祭五月大歌舞伎 十二世市川團十郎五年祭(昼の部) - 旦那@八丁堀

    團菊祭五月大歌舞伎 十二世市川團十郎五年祭(昼の部)

    本日も歌舞伎にドップリ。團菊祭、昼の部、海老蔵丈五役!楽しみ。成田山から不動明王も出張。感想↓ 演目は通し狂言『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』に時蔵丈の短い所作事『女伊達』。『雷神』は歌舞伎十八番の『毛抜』『鳴神』『不動』が織り込まれたもので二月に見物した『暫』以来の十八番。海老蔵丈が五役で登場、皇位簒奪を企む早雲王子→御年百歳越えの老体ながら超好色な陰陽博士・安倍清行→天...

  12. 團菊祭五月大歌舞伎 十二世市川團十郎五年祭(夜の部) - 旦那@八丁堀

    團菊祭五月大歌舞伎 十二世市川團十郎五年祭(夜の部)

    今月は夜の部から。東桟敷@二階。感想↓ 夜の部ハイライトは何と言っても『弁天娘女男白浪(べんてんむすめおのしらなみ)』。ゴレンジャーはじめ所謂戦隊ヒーローもののモデルになって居ると言うことは知っていたが、揃いの小袖を身につけた白浪=盗賊の五人組が花道に勢揃いする様は壮観。弁天小僧=菊五郎丈が美貌の武家娘に化けて呉服大店から百両を強請り取ろうとして露見、そこで例の「知らざあ言って聞かせやしょう...

  13. 久しぶりの歌舞伎見物 - わたしの好きな物

    久しぶりの歌舞伎見物

     今日は團菊祭の初日。歌舞伎見物には着物で行きたいところですが今日は初日でもあり、帰りには雨が降るかも、ということで着物は断念。でもね、着物は色無地か付け下げだけれど、帯が豪華な刺繍やおしゃれな帯の方を多数見かけました。富司純子さんもね。お芝居はそれはそれは楽しくて!海老蔵くんが5役勤めました。早変わり、演じ分けも良かったけれど、演出、照明、音曲、見せ方、それぞれ色々工夫されていてとても楽し...

  14. 四月大歌舞伎 - 小天堂 たまに江戸ほぼ関西日記

    四月大歌舞伎

    昼の部は平日ということもありロビーも閑散とした雰囲気で、ちょっと驚いた。んでもって、居眠りしちゃったよ。朝早かったし、移動の疲れもあったし。ご贔屓さんは最初でちゃっちゃと殺されてしまった。「仁木刃傷」の菊五郎さん。耳が地の色だったんだけど、あれで良いのかしら。昼と夜の間に「久しぶりに歌舞伎そばでも」、と思ったら混んでいた。同じようなことを考えた人が多かったのか。ので、木挽町広場でワンコイン・...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ