歌舞伎のタグまとめ

歌舞伎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歌舞伎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歌舞伎」タグの記事(159)

  1. 桜はとりあえず置いといて、こんぴら大芝居その2 - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    桜はとりあえず置いといて、こんぴら大芝居その2

    で、見物したのは午前の部〈神霊矢口渡〜頓兵衛住家の段〉〈将門〉〈お祭り〉の3つ。神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし=上の絵看板右端)というのは平賀源内が福内鬼外つう人を食った筆名で書いたんだそうだが、この人は讃岐の産なんだってね。つまりご当地モノともいうべき演し物ではあるのでしょうが、舞台になった矢口渡ってのはもちろん東急多摩川線矢口渡駅が最寄りです。詳しい物語はウィキペディアでも見ていただ...

  2. 『夢幻恋双紙』 - 徒然なるままに

    『夢幻恋双紙』

    昨日、赤坂ACTシアターにて「赤坂大歌舞伎 夢幻恋双紙」を見てきました♪数か月前にTVで中村屋への密着番組を見たのですが、その時に映った七之助さんの花魁姿があまりにも綺麗で艶やかで!一目惚れしてチケットをとってみたというわけです 笑作・演出は演劇界で注目を集めている劇作家、蓬莱竜太。演出は中村勘九郎、中村七之助他です。時代は江戸時代。長屋に住む太郎(勘九郎)は隣に引っ越してきた歌(七之助)に...

  3. 結の会2017 ありがとうございました! - Suzuka's diary

    結の会2017 ありがとうございました!

    ひさびさの投稿です。m(_ _)m舞台出演の宣伝はブログでもしたいと思いつつ、毎度のことに色々な仕事が重なり、アレヨアレヨと忙しくなるもので、とうとう本番迎えてしまいまして…( ̄▽ ̄;)お客様からたまにはブログ書いて下さいね!とのプレッシャーじゃなかった、ありがたいお言葉をいただいてしまいましたので、会の感想はちゃんと書きたいと思います!( ̄^ ̄)ゞ今年もチャリティ公演結の会に参加させて頂き...

  4. 国立劇場初春歌舞伎は見逃したけれど。 - K's Sweet Kitchen

    国立劇場初春歌舞伎は見逃したけれど。

    国立劇場の今年の初春歌舞伎公演は、40年ぶりの上演叶った通し狂言「しらぬい譚(ものがたり)」でした。観たい、観たいと思いながらも、結局観られず一月は終了。とても残念に思ったのも束の間で、なんと千秋楽から数日後の二月の初めに、NHKBSのプレミアムシアターで、舞台録画が放映されました。これは、ちょっと珍しいことです。もちろん録画しました。ちょうど、時期的にお教室が忙しい時期で、録画もできた安心...

  5. ひなまつりは歌舞伎の巻 - ハレルヤ

    ひなまつりは歌舞伎の巻

    もう三月かい。早いなあ。昨日は銀座にお出かけ。歌舞伎座です。「三月大歌舞伎」の初日に行って来ました。観たのは「夜の部」。『引窓』と『けいせい浜真砂』に『助六由縁江戸桜』。『引窓』は世話物です。『けいせい浜真砂』は11分の寸劇。『助六』は歌舞伎十八番のひとつ。歌舞伎には詳しくないので細かいことは語れませんが、たまに観るとおもしろい(よく観る人はもっとおもしろいことでしょう)。最近はプライベート...

  6. 二月花形歌舞伎(午後の部) - 私邸周辺

    二月花形歌舞伎(午後の部)

    [画像]色々やっている間に千秋楽になってしまいましたが、まずはおめでとうございます。という訳で楽日も近い日に二月花形歌舞伎、午後の部に行きました。今月はどっちかというと個人的には女形で見たい壱太郎さんと尾上右近さんが立役でしたが、新たな魅力を見た感じで良かったです。もちろん女形として出ていた梅枝さんと新悟さんもそれぞれの役で良い感じでした。最初に松也さんのご挨拶、歌舞伎らしく口上で始まるのか...

  7. 気分転換ふたつ - 晴れときどきドキドキうきうき

    気分転換ふたつ

    時間のない忙しい生活をしている私ですが・・・気分転換には熱心ですブロ友さんのブログへお邪魔も いい気分転換先日みたブログの中で重たいまな板を軽いまな板に変えて気分スッキリという記事をみたのですあ~そうだわ私も今使っている重いプラまな板変えてもいいわって思いさっそくニトリへいろんな種類・サイズのまな板があったのですが薄いペラペラのものよりもやっぱりちょっと厚みが欲しいと選んだのが上の二つです今...

  8. 猫展のフライヤー - 続ねこのひと~むらよしみのぶろぐ

    猫展のフライヤー

    イラストレーターのむらよしみです。ちょっと先のおはなし3月末から4月26日までPop Japan 2017 In Brisbane ―猫が好きI loveCats !―展に参加いたします。フライヤーがもうできたのですね。はやい。黒猫たん、かわいい。オーストラリアはとっても広い~~ブリスベンでの展示ははじめてです。と言っても、むらよしみは、日本を離れません。海外の展示が多いので「むらさん、英語...

  9. 中村屋ご兄弟の初舞台 -歌舞伎座- - 移動祝祭日 (a moveable feast)

    中村屋ご兄弟の初舞台 -歌舞伎座-

    節分の昨夜、中村屋ご兄弟の初舞台を観に行きました♪長男の七緒八君(5歳)が三代目中村勘太郎、次男の哲之君(3歳)が二代目中村長三郎を襲名。初舞台の演目は『門出二人桃太郎』。祝幕の二つの桃が可愛い。2階ロビーには中村屋三代の初舞台写真が展示されています。十八世の初舞台は勘九郎で襲名。まさに天才子役でした。当代の勘九郎丈と七之助丈の初舞台を観たのは、遥か昔....歌右衛門丈、仁左衛門丈、梅幸丈等...

  10. シネマ歌舞伎『阿古屋』 - 私邸周辺

    シネマ歌舞伎『阿古屋』

    [画像]現在では演じられるのは玉三郎さんお一人という阿古屋のシネマ歌舞伎版ですが、玉三郎さんも公式サイトで述べられているように動きの少ないお芝居ですのでシネマ歌舞伎には向かないかと思っていました。私も実際の舞台も見た事がありますが、演奏の場面では舞台と客席の空気のようなものも影響しているイメージでしたし。しかし、その空気は舞台を作り上げていく過程を映像として見せる事でカバーしている感じで、ド...

  11. NODA MAP 足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    NODA MAP 足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜

    NODA MAPの第21回公演 "足跡姫 〜時代錯誤冬幽霊〜観てきました。十八代目勘三郎へのオマージュ作品と銘打った作品。彼の葬儀の時の弔辞で、三津五郎の「肉体の芸術って辛いね。死んだら何も残らないんだものな」という言葉を聞いて、"肉体を使う芸術。残る形のない芸術"について、勘三郎の名前や思いを作品にしたとのこと。白木に回り舞台、奈落やすっぽん、花道のある歌舞伎...

  12. 壽初春大歌舞伎 - On a clear day

    壽初春大歌舞伎

    先週日曜日の夜、母と歌舞伎を観に行きました。久々の歌舞伎座~実は新しくなってから初めて(^^;知人から招待券をいただいたので、行ってきました。まずは正面の唐破風を見上げる。隈研吾設計による第五期歌舞伎座。吉田五十八が設計した第四期の建築を踏襲しているので印象として違和感はない。おぉ、歌舞伎座だわ~という感じ。お席は2階2列目のほぼど真ん中。いいお席でした。あとでお値段知ってびっくり。演目は、...

  13. 寿新春大歌舞伎 - 小天堂 たまに江戸ほぼ関西日記

    寿新春大歌舞伎

    新橋演舞場、昼の部「(通し狂言)雙生隅田川」。右團次さん、右近クンの襲名披露公演。幕ごとに見せ場があり楽しく観劇す。右團次さんがとてもよかった2幕目。小判が雨のように降り注ぎ、場面は陰惨なんだけど豪勢な感じはお正月らしい・・・?3幕目の猿之助さんは踊りもよく、三人での宙乗りでも猿之助さんの姿は静かでとても美しかった。最後の右團次さん「鯉つかみ」は本水で、最後には猿弥さんまで水に入って大立ち回...

  14. 初春大歌舞伎夜の部松竹座 - noriさんのひまつぶ誌

    初春大歌舞伎夜の部松竹座

    1月18日(水)、歌舞伎を見た。毎年、1月4日の貸切り公演の夜の部を、事務職員のご夫婦と観るのが恒例だったが、数年前から行かなくなった。その方も、昨年夏に転居されて退職された。今年は、正月に東京に行ったので見られなかったが、仁左衛門の冨樫を見たくてチケットを取った。席は14列10番だった。 八代目 中村芝翫と、3人のお子さんの同時襲名披露であり、2階のロビーには、歴代の芝翫や襲名す...

  15. 幕見から幕見 - 私邸周辺

    幕見から幕見

    松竹座と国立文楽劇場は地下街を通れば退屈せずに徒歩で行ける距離なのですが、今月はどちらも幕見があるので同じ日に両方で幕見をしてきました。まずは松竹座[画像]橋之助さんが芝翫さんになられるという事で、松竹座での襲名披露。梶原平三誉石切を見ました。襲名披露では配役が豪華になるもので、たまに豪華すぎてバランスが何だか~という事があるのですが今回はそれがなく、全てを見通す目と名刀に対する礼儀正しさの...

  16. 歌舞伎昼の部歌舞伎座 - noriさんのひまつぶ誌

    歌舞伎昼の部歌舞伎座

    1月4日(水)歌舞伎座昼の部を見た。ソラリア西鉄ホテル東銀座に泊まって、朝はゆっくりとしていた。歌舞伎座の正面は、正月の飾りで華やかである。何度も来ているが、正月に来るのは初めてである。門松がたてられて、菰樽が積み上げられている。愛之助のデスクには、奥様の紀香さんがおられた。一、将軍江戸を去る徳川慶喜染五郎山岡鉄太郎愛之助土肥庄次郎廣太郎吉崎角之助男寅 間宮金八郎種之助天野八郎歌昇 高橋伊勢...

  17. 新春大歌舞伎 - 日々の暮らし

    新春大歌舞伎

    今日は新春大歌舞伎の観劇に行って来ました。市川右團次、市川右近襲名記念公演と新春大歌舞伎ということもあって満席の賑わいでした。初舞台を踏む小さな右近さんが沢山のせりふを覚えて演技されている姿は、可愛いらしくもあり、しっかりと伝統芸能を受け継いでいく後継者なんだと頼もしい姿でした。

  18. 歌舞伎座のお土産 - Anriの日記

    歌舞伎座のお土産

    え?CDですか?! (左側)袋を開けながら、何のCDだろうと驚いた。歌舞伎の舞台が、録音されたりしたのだろうか?などと思いながら取り出したら、CDケースに入ったチョコレート!(オッサレ~♪)だもんだから、冷蔵庫から出しての撮影となり、このように曇っているというわけ。新歌舞伎座記念の期間限定商品だったらしいが、あまりの人気でよく売れるので、期間限定でなくなったらしい。右隣にある箱は、きんつば。...

  19. 幕末 - Anriの日記

    幕末

    四月歌舞伎のチケットは思いもかけず、天の神さまが私にくれたものです。この日行けなくなった方が下さったのです。(↓ クリックすると、拡大できます)そういえば、『篤姫』が呼び水となっているのか、私は近頃「幕末」づいています。八重洲ブックセンターでも、ターシャにフラれた私は結局、時代小説コーナーで、幕末に関係する本をつらつらと眺めていました。考えてみると、明治天皇や幕末の将軍なんて人たちはほんの数...

総件数:159 件

似ているタグ