歎異抄のタグまとめ

歎異抄」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歎異抄に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歎異抄」タグの記事(9)

  1. フローは続かない - 仏教フリーク

    フローは続かない

    ピカソと言う人がいた。このぐらいの芸術家になると幸せを感じる領域がちがう。ピカソは絵を書いているときに幸せになった。そのピカソは筆をおくとたちまち不機嫌になった。豚の尻みたいな顔をした奥さんがくるとかかばのようのな子供が来るとか国税庁から「お前、脱税してるだろ」ときたりすると「うるさいなー」となる。実は私の母も芸術家。名前をいうとみんなびびるから言わない。髪を振り乱してやっている。でも終わる...

  2. 生きる意味はすべて遠足の時に学んだ - 仏教フリーク

    生きる意味はすべて遠足の時に学んだ

    仏教で生死一如という言葉がある。これは、生と死は反対の意味ではなくて切っても切れない関係にある。そして死の解決をすることが生の解決をするこになるという意味。わかりやすくたとえると、生が食事だとすれば、死はトイレ。食事とトイレは反対のようでいて、食事をしたら必ず出さなければならない。切ってもきれない関係がある。以前、遠足の時バスではカラオケを歌う習慣があった。おやつは300円以内。おやつを一杯...

  3. 寂しさを埋めるのは一時的では余計寂しくなる - 仏教フリーク

    寂しさを埋めるのは一時的では余計寂しくなる

    寂しさを埋めるためには、ほんの一時だけ欲を満たしていればいいのかというと、その上っ面だけのつきあいが、なおのこと寂しさをかき立てる。大無量寿経の教えによれば、秘密の蔵の扉を開けて、何もかもわかってもらえる幸せになるために生まれてきたのだということが説かれています。人生の目的というのは、誰に言ってもわかってもらえない秘密の蔵を全部分かってもらって、寂しいとか虚しいとかうじうじするために生まれて...

  4. ”信”というものの苛烈さ - ふるやのもり

    ”信”というものの苛烈さ

    他人を信じるという行為は自分に自分がすることで、他人がすることじゃない自分の判断だから、結果はすべて自分が受け、責任も自分がとる信じられないと口にする人は、実は他人じゃなく自分を信じられない人まぁ、その弱さもまた人間らしさなんで、それを否定しちゃいけないんだがでも、この歳でここまで悟るとは恐るべし拙が歎異抄を読破出来て、”信”の強さを知るのは30半ば20年遅いまいりましたBGMは世情

  5. 続かない幸せと変わらない幸せ - 仏教フリーク

    続かない幸せと変わらない幸せ

    日本は世界的にも恵まれた国なのに、どうして心から幸せを感じられないのか。不幸ではないけど、幸せでもない。虚しい感じ。そうなってしまうのは、幸せに2つ有ることを知らないから。一つは相対的な幸せ、もう一つは絶対的な幸せ。みんな何ができたら幸せと思えるか。バイト、美味しいものを食べる、気の合う家族友人と一緒にいる、ゲームをやる。好きなだけ寝ていたい、好きな人と結婚できたりあれがあったらこれができた...

  6. 死んで極楽に往けるなら、死ぬのが嬉しい?(蓮如上人と法然上人) - 仏教フリーク

    死んで極楽に往けるなら、死ぬのが嬉しい?(蓮如上人と法...

    蓮如上人は、法然上人のように喜ぶ心がないといわれている。御文章4帖目13通です。このようにあります。法然上人の御詞に曰く、「浄土をねがう行人は、病患をえて偏にこれを楽しむ」とこそ仰せられたり。然れども、強ちに病患をよろこぶ心更に以て起らず。浅ましき身なり、慚ずべし、悲しむべきものか。(御文章)法然上人は、絶対の幸福になった人は、病気になると楽しむと言われた。しかし、私の場合は必ずしても病気を...

  7. 結婚……地獄は一定すみかぞかし - 仏教フリーク

    結婚……地獄は一定すみかぞかし

    誰だって不幸を求めているって人はいないでしょ。何かを表現するときに、・普通は・平均は・誰だって・みんなという言葉大事。私たちジャパニーズとしては、みんなと一緒、ということ大事。誰だって不幸を求めて生きているって人はいないでしょ。たとえば、結婚するときは、この人と結婚したらきっと幸せになれるって思うから結婚するよね。幸せ、という言葉は少し若者には遠い言葉だが、結婚は近い言葉です。そして結婚には...

  8. なぜ親鸞聖人は命かけて破邪顕正されたか - 仏教フリーク

    なぜ親鸞聖人は命かけて破邪顕正されたか

    親鸞聖人は、是非知らず邪正もわかぬこの身なりといわれています。さらに親鸞聖人のお言葉をお弟子が書き残した歎異抄には、善悪の二つ総じてもって存知せざるなりとおっしゃっています。是非も善悪も知らない姿は、阿弥陀如来の光明に照らし出された実機です。これが私たちの本当の姿ですよというのが正、私は正しいこと知っているといっているのが邪です。そして何も分かっていない自分がすくわれたのは弥陀の本願あってこ...

  9. 仏教の本当の幸せの不思議さ - 仏教フリーク

    仏教の本当の幸せの不思議さ

    仏教書で最も読まれている、鎌倉時代の歎異抄の最初に、「弥陀の誓願不思議」とありますが、「不思議」は、なぜつけられているのでしょうか?そこには何かの教えがあるのでしょうか。不思議というのは今救われるということです。今絶対の幸せになれるというのは、想像を絶します。あと10年はかかるだろうと思う人もあるかもしれません。今あなたが絶対の幸せになるというのは想像を絶します。今救われる誓願を説かれる人と...

総件数:9 件

似ているタグ