武蔵丘陵森林公園のタグまとめ

武蔵丘陵森林公園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには武蔵丘陵森林公園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「武蔵丘陵森林公園」タグの記事(202)

  1. 秋水の美しかりし昔あり 高野素十 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    秋水の美しかりし昔あり 高野素十

    菜園作業をサボって、本日は森林公園、散歩。まったくもって蒸し暑さは格別だった。汗をたっぷりとかいた。しとどの汗、ということだ。堪らずに展望レストランの冷房へ逃げ込んだ。それでも、秋はそう遠くないところまで来ている。雅の広場の池には、睡蓮が咲く。もちろん、睡蓮は圧倒的に美しいのだが、池の水の静けさが、すっかり秋めいて心ひかれた。森林公園にて9/18※コロナ感染が、再燃しなければよいのだが。※夕...

  2. まゝに/9月の散策武蔵丘陵森林公園 2 - Maruの/ まゝに

    まゝに/9月の散策武蔵丘陵森林公園 2

    武蔵丘陵森林公園散策前回の続きですコロナに翻弄されてる年ですが咲いてる花を見ると今年ももうここまでやってきたか…そんな思いがします

  3. まゝに/9月の散策武蔵丘陵森林公園 コリウス他 - Maruの/ まゝに

    まゝに/9月の散策武蔵丘陵森林公園 コリウス他

    しばらく間が開いてしまいました武蔵丘陵森林公園を散策してきましたがカメラ担いでの散策はまだ暑いですねCANON 1DXMK3/EF85f1.2L2SONY A7R4/Sigma85ART f1.4 for SONYSONY A7R4/Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2CANON 1DXMK3/EF85f1.2L2SONYA7R4/FE135GM

  4. 菱の花ありと言はれて気づきたり 右城暮石 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    菱の花ありと言はれて気づきたり 右城暮石

    本当に久しぶりの森林公園散歩である。中央口から都市緑化植物園へと向かう途中に、彫刻の広場があって、そこに生成植物の育つ池がある。このコースを歩くときは、必ず立ち寄る、ボクの好きなポイントである。さて、今日はここで、菱の花を見ることが出来た。表題にあげた句は、今日のボクにひったりである。本当にそれだと云われなくては、気づかないほどの小さく清楚な花だった。※さてさて、実は間違いを犯していた。ボク...

  5. 武蔵丘陵森林公園へ行って来ました♪ - 四季彩の部屋Ⅱ

    武蔵丘陵森林公園へ行って来ました♪

    (1)昨日がまさかのいいお天気になったので、お墓参りを口実に武蔵丘陵森林公園へ行って来ました。この時期はヤマユリが見ごろになるんですよね。サイトを見ると「見ごろになりました」とあって、多大なる期待感を持って出かけました。

  6. ぞくぞくと人のかまはぬ茸かな一茶 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    ぞくぞくと人のかまはぬ茸かな一茶

    森林公園(7/12)君見よや拾遺の茸の露五本蕪村同じようなことを詠んで、一茶と蕪村では大違いだ。梅雨時は茸がぞろぞろと発生する。葉が茂って鳥見は素人には難しいのだが、目を足下にうつすと茸でたのしい出会いがある。勿論、ボクにはどこのどなた様か、茸殿の識別はまったくできないのだが。※コロナ禍もうんざりだが、今年の梅雨には脳みそもぐっしょりとなっている。運動不足にもなっている。右足の親指の付け根あ...

  7. 賤の女や合歓の紅をうらやまず 尾崎紅葉 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    賤の女や合歓の紅をうらやまず 尾崎紅葉

    いいぞ!紅葉さん※梅雨の晴れ間の今日、森林公園は賑わっていた。あの広い公園内でも、人々の多くが律儀にマスクを着用していた。こんな子供まで、きちんと。滑川町は、熊谷市のお隣さん。糞暑さでは変わらないのだ。こうした国民の努力に応える術を、為政者たちはとんと持ち合わせていない。無策。ところで、今月22日からgo toキャンペーンが開始されるという。驚きである、呆れる。新しい生活様式に従って、旅行を...

  8. ゆうすげの花ひらきだし沼の水動きだしこひびとの来る時間近づく松平修文 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    ゆうすげの花ひらきだし沼の水動きだしこひびとの来る時間...

    この花は、夕方に開き、翌日の午前中にはしぼみ始めるという。標記の歌の恋人が来る時間とは、夏の夕刻ということになる。しかるに、ボクが見たのは、太陽が正午の位置を少しだけ通り過ぎた頃合いである。でも、ボクはこのしぼみかけたユウスゲのほうが好ましいような気がしている。ちなみに、ユウスゲは、忘れ草のグループに属している。※七月に入った。コロナ、再燃の兆しが濃厚である。

  9. バスはるかゆらめいてみゆ薄暑かな 白石冬美 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    バスはるかゆらめいてみゆ薄暑かな 白石冬美

    少し動くと、汗ばむ。そうとはいえ、気分をさっぱりさせたい。白石冬美さん、亡くなられて一年以上経つ。この句は、好きな句だ。※国営武蔵丘陵森林公園へ。年間フリーパスの有効期限を閉園期間分、延長してくれた。コロナによる閉園期間は、ほぼ二ヶ月に。※今日、どくだみに八重咲きがあると、初めて知った。※これまでの通常の平日に比べると、明らかに来園者が多かった。開園を待ちかねたという森林公園ファンのみならず...

  10. 特措法・緊急事態宣言・・・国、都道府県足並みそろわず。 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    特措法・緊急事態宣言・・・国、都道府県足並みそろわず。

    休業要請一つとっても、国と都のチグハグ、近隣3県バラバラ。森林公園にて※小生終日家居、一時畑の見回り。拙妻、近くのJA農作物直販所へ、また庭回りの整理。※<新型肺炎>約100人、入院できず自宅待機に…軽症者ら確保した一般病床の3分の2で受け入れできず。4/10埼玉新聞https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/04/10/03.html※パチンコ屋は、埼玉で...

  11. 濃菫へ俯向くことも彳ちしまま 野澤節子 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    濃菫へ俯向くことも彳ちしまま 野澤節子

    (森林公園3/17)※ただ、そこに命として在る。そうした、生きもの・・。※「集団免疫」というのが、今後のキーワード。IOCが一つの結論、つまり、延期か中止を決定した途端に、おそらく、感染者数が激増する都道府県が現われるだろう、そんな気がしてならない。

  12. 春を探しに武蔵丘陵森林公園へ・・・ - 四季彩の部屋Ⅱ

    春を探しに武蔵丘陵森林公園へ・・・

    (1)今日は次女と春を探しにドライブへ出かけました。向かった先は武蔵丘陵森林公園です。早咲きのチューリップとクロッカスが見ごろであるという情報が入ってきたものですから(^^)

  13. ひさかたの月夜を清み梅の花心開けてわが思へる君紀小鹿 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    ひさかたの月夜を清み梅の花心開けてわが思へる君紀小鹿

    万葉集1661巻八冬の相聞紀小鹿(きのをしか)郎女の歌一首ひさかたの月夜(つくよ)を清み梅の花心開けてわが思(も)へる君(ひさかたの)月がきれいなので、咲く梅の花のように心もすっかり開いてお慕いするあなたです。小鹿は、諱か字か不明だが、安貴王の妻であった紀郎女である。万葉集に一二首とられている。万葉後期の代表的な女流歌人である。後には、家持とも相聞を交わしている。小鹿というのは、いかにもかわ...

  14. クリスマスローズ心に街に出し 中村汀女 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    クリスマスローズ心に街に出し 中村汀女

    わが庭はクリスマスローズ二月咲く 山口青邨※国内の不特定多数に感染、確定。農夫も稀な畑中の道行く人も、林の落ち葉道行く人も、白いマスク。正しく懼れよ、なんてね・・。

  15. まづ生きるは息をすること春立ちぬ 岸田稚魚 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    まづ生きるは息をすること春立ちぬ 岸田稚魚

    ドライフラワーは、息をしていない。でも、フラワーではあるようだ。

  16. 色鳥のこゑ先立てて来たりけり 鷹羽狩行 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    色鳥のこゑ先立てて来たりけり 鷹羽狩行

    年が明けて、初めての森林公園散歩。ジョウビタキに再会できてうれしい。公園内、西田沼北岸のふれあい広場の藪で、昨年もみかけたところだ。そして、ルリビタキにも、一層うれしい。これは、カワヒラ?「色鳥」とは、秋に渡ってくる美しい小鳥を指す季語で、季は秋。例えばジョウビタキは、日本野鳥の会の紹介文にこうある。春から夏の間は、中国の東北部やチベット、ロシアの沿海地方で子育てをし、秋になると、日本、中国...

  17. 凍蝶に深山の落葉なほ尽きず進藤均 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    凍蝶に深山の落葉なほ尽きず進藤均

    「いだてん」の最終回は、見物であった。クドカンというお人は、どのくらい資料を読み込んだのだろう。井上ひさし・・、をちょっと、連想してしまう。でもどうかな。※「Orga(ni)sm」Kazushige Abe、読了。次は、長野まゆみ著「カムパネルラ版銀河鉄道の夜」へ。※今週中に、恒例の年末障子の張り替えを終えたい。

  18. 書きとむる落葉日記の二三行山口青邨 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    書きとむる落葉日記の二三行山口青邨

    数日前、今年最後かもしれない森林公園の散歩で、ボクは幾層にも積もった枯れ葉を踏んで山道を行った。不思議の満ち足りた気分になれた。画像は、その折に見かけた風景。さて、この句を引いたのは、平凡社版の俳句歳時記の冬。昭和34年刊のもの。ボクの愛読書の一つだ。この歳時記には「時代」の雰囲気が息づいている。どのような句があるか、そのうちここにあげておきたい。「落葉日記」とは岸田國士の作品の題名にもある...

  19. まゝに/11月の散策武蔵丘陵森林公園 2 - Maruの/ まゝに

    まゝに/11月の散策武蔵丘陵森林公園 2

    間が開きましたがちょうど見ごろの武蔵丘陵森林公園の紅葉明日は少々ハードな特急便です4時自宅発羽田6時30分発沖縄行き9時半着、レンタ借りて仕事場へ16時仕事場発那覇20時30発東京行き23時30分着1時自宅帰着行って来ます↓のような景色を見る時間は…多分ありません^^

  20. まゝに/11月の散策武蔵丘陵森林公園 - Maruの/ まゝに

    まゝに/11月の散策武蔵丘陵森林公園

    沖縄ネタも更新ままならないですが…武蔵丘陵森林公園にて

総件数:202 件

似ているタグ