武蔵野のタグまとめ

武蔵野」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには武蔵野に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「武蔵野」タグの記事(53)

  1. 武蔵野紀行63 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行63

    大滝から清泉池、そして小さい沢沿いを写真を撮りながら帰る事にした小滝清泉池に映る森の緑模倣した沢沿いを歩いていると自然の中を歩いているような錯覚になった続く

  2. 武蔵野紀行62 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行62

    ニューオータニの日本庭園の最大の見所はナイアガラの滝を模倣したような大滝だ大滝は高さが6mあり結構な重量の組み石を使用して見事な景観を見せている大滝が落ちる清泉池から小川になって日本庭園の周囲を流れている大滝の後次回は周辺を流れる小川の風景写真を記事にします人口の川には見えない景観を見せてくれていました続く

  3. 武蔵野紀行61 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行61

    池の後方に置いてあった枯れ木まるでアートだ主張する枯れ木と奇石続く

  4. 武蔵野紀行60 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行60

    日本庭園を歩いていると数は少ないが日本庭園を彩る花が咲いていた枯山水加藤清正公の屋敷だった頃からあった木の根が、そのまま化石になった石歴史のロマンを感じるなぁ続く

  5. 武蔵野紀行59 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行59

    清泉池に掛かる太鼓橋を渡ると池のほとりにススキが生えていた穂が開く前は赤い蕾?なんだな初めて見た。穂がひらいたばかしだと新鮮に見える清泉池を優雅に泳ぐ鯉激しさから優しい風景へと変化ある庭園も格別である続く

  6. 武蔵野紀行58 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行58

    雲が太陽を隠して光が消えたWBを曇りモードにしたら飛び石や灯籠の色あいが抑えられて地味な色あいになったこのような色の感じも好きだそろそろ日本庭園に行こうと丘を下る再び太陽がを現して赤い橋の欄干に光が射した廻りを暗く落として赤を強調した日本庭園に通じる太鼓橋太鼓橋の脇に立派な庭石があった赤玉石と呼ばれる佐渡の金山から運ばれた赤玉石に眼が引かれたこの石を砕くと金がでてくるそうで昔は庭石や金が目当...

  7. 武蔵野紀行57 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行57

    森の中に南北朝・鎌倉・江戸時代の灯籠が点在し斜面や石段の脇の石垣や怪石・奇石が光と影によって変化して行く様子を見ると飽きる事が無く時を超えても朽ちらず存在してきた物達に敬意を表したい石段を登って行くと脇に苔むした石垣やインパクトのある表情の奇岩などがあって僕の五感がますますオープンになって行くオープンマインドになったのはインドの旅をして以来の事かも知れない

  8. 武蔵野紀行56 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行56

    日本庭園へ行こうと思うのに森に巣くう光蜥蜴に捕獲されて身動きを取れなくされたような感じになったようだ続く

  9. 武蔵野紀行55 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行55

    日本庭園に繋がる道は鬱蒼とした森と奇岩怪石が点在していた赤茶けた石は赤玉石と呼ばれていて佐渡島の金山より鉾ばれた高価な庭石だそうだ両手を広げたような大木に寄り添うように浸食されてぽっかりと穴が開き座していた奇岩その奇岩に光が射し怪物の顔のように見え今にも動き出しそうだ続く

  10. 武蔵野紀行54 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行54

    紀尾井町の由来は四ツ谷の江戸城外堀に屋敷を構えた紀伊・尾張・井伊家の頭文字を取って後に名付けられたのだそうだ斜面に広がる森や江戸期からあったとされる灯籠を日本庭園へ向かう道すがらに撮る撮ってから日にちが経っていてこの物体が樹木の根か怪石か恥ずかしい話だが現在は判別出来ないでいるでも、怪石か樹木か解らないのも江戸期からずっと逞しくそだったせいもあるのだろうか古木の紹介記事にあった天明年間(17...

  11. 武蔵野紀行53 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行53

    武蔵野の地の利を生かした江戸期の風情が心地良かった続く

  12. 武蔵野紀行52 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行52

    なだ万山茶花荘の周辺風景竹垣の木漏れ日が良い感じ前日の雨で濡れているのか、営業前に打水をしたのか分からないけど濡れた情景が格別だ特に苔の濡れ具合が又良し濡れた飛び石濡れた飛び石が光っていたそれに適度な湿り具合であるなだ万山茶花荘の風情が気に入って帰りも撮った昼光の木漏れ日が竹垣に射し朝と違う光が格別な味を出してくれたなだ万の風情を見ているとテレビ時代劇の鬼平犯科帳を思い出す張り込みを辞めて冷...

  13. 武蔵野紀行51 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行51

    古木を検索していたらニューオータニ東京の古木に辿り着いた更にニューオータニを検索したら江戸時代より続く名所だった事が分かったこの庭園の歴史は400年と古く加藤清正の下屋敷がありその後井伊家に引き継がれ幕末まで中屋敷として使用された幕府が倒れた後皇族の伏見宮家の所有となり樹木に包まれた庭園となり、世界大戦を経て伏見宮家からニューオータニの創始者に渡り邸宅となったやがて戦後の東京オリンピックの為...

41 - 53 / 総件数:53 件

似ているタグ