歴史のタグまとめ

歴史」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歴史に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歴史」タグの記事(207)

  1. 韓国人による日本人へのヘイトクライム - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国人による日本人へのヘイトクライム

    まず、ヘイトクライムについて説明しなければならない。ヘイトクライムとは、人種や民族、宗教や性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指し、日本語で訳すと「憎悪犯罪」と呼ばれる。●「ヘイトクライム - Wikipedia」↓https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%8...

  2. 靖国神社に起きてきたテロ事件 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    靖国神社に起きてきたテロ事件

    靖国神社、東京都千代田区九段北にある神社だが、この神社の始まりは、幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり、1853年(嘉永6年)のペリー来航(いわゆる「黒船来航」)以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人や軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀るために創られた神社である。しかし、この神社は特定アジアによるテロ攻撃を受けた。今回は、その靖国神社で起きたテロ事件を取り上げる。(1)...

  3. 支那共産党が推し進める反日教育と天安門事件との関係 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    支那共産党が推し進める反日教育と天安門事件との関係

    なぜ支那は反日国だが、なぜ支那が反日=反日主義であるのかという疑問を問うのは間違いである。その理由は、支那に詳しい岡本隆司はこう指摘している。「支那はなぜ反日になったのか?と問うこと自体がおかしい。支那は、歴史上ずっと反日だったのであり、何かのきっかけで反日に「なった」のではない。「倭寇」は実際には中国の貿易業者が多かったのに、日本だと決めつけて敵視する思考様式に反日の源流がみられる。『史記...

  4. 韓国による竹島に生息するニホンアシカ絶滅と韓国による竹島の環境破壊。 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国による竹島に生息するニホンアシカ絶滅と韓国による竹...

    島根県にある竹島は、韓国による不法占拠されている。なぜ、韓国が竹島を不法占拠された理由については、2017年6月24日の「日本メディアの都合の悪い部分の報道しない「報道しない自由」と報道自由度の価値について。」記載しているため、今回は省略する。今回は韓国による竹島の不法占拠によって、竹島の環境が、どのように与えたかについて取り上げる。(1)竹島に生息していたニホンアシカの絶滅と韓国人学者が唱...

  5. 韓国の反日教育の真実(4) - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国の反日教育の真実(4)

    3.竹島問題を取り上げた教育 韓国が反日教育を取る背景には、属国という歴史と嘘に塗り固められた環境に育ち、その嘘の無い環境に晒されると発症する病気、「火病」が原因であるが、それ以外にもある。それは竹島問題に取り上げた教育である。多くの日本人は、竹島と聞くと、韓国に不法占拠された日本の固有の領土であるが、韓国では竹島は自国の領土として学校教育に取り入れている。例えば、勧告の大邱市の東仁(トンイ...

  6. 韓国の反日教育の真実(3) - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国の反日教育の真実(3)

    2.鬱火病「鬱火病」、つまり通称、「火病」という病気は、「2016年7月11日」に取り上げていたので、詳しい説明は省略する。しかし、の「火病」は韓国人の反日感情に関係しているので、取り上げるとする。「鬱火病」、つまり通称、「火病」に大雑把に言えば、民族単位で学術的に認められた特殊な精神欠陥に起因する心身症である(つまり、朝鮮人特有の文化病であり、実のところ、単なる反応性仮面鬱病と社会不適応の...

  7. 韓国の反日教育の真実(2) - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国の反日教育の真実(2)

    1.惨めな属国支配と韓国併合の成功という事実まず、世界史での常識として知られるように、日本が戦争で支那を撃破するまで、朝鮮はずっと『支那の属国』だった。これは記録や物的証拠も国内外に数え切れないほど残っている客観的な事実であり、留学経験のある朝鮮人などは自ら属国であったことを認めている者もいる。そもそも韓国の古い国旗にまで「大清国属(清=支那)」と書いてあったくらいであり、属国だったことは否...

  8. 韓国の反日教育の真実(1) - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国の反日教育の真実(1)

    韓国人の反日環境が根強い理由は、幼児から教育されてきた「反日教育」が原因である。そもそも、反日教育とは「反日感情を植付け、あるいは煽るために行われる」ものとされる教育であり、反日教育を行っている国は韓国と北朝鮮と支那であろう。今回は、韓国の反日教育について取り上げる。韓国の反日教育は、隣国である日本人から見れば異常である。竹嶋渉によると韓国においては領土問題で日本の肩を持つ発言をすれば「非国...

  9. 『狂女王フアナ―スペイン王家の伝説を訪ねて』西川和子 - 1000日読書

    『狂女王フアナ―スペイン王家の伝説を訪ねて』西川和子

    カトリック両王の第3子、フアナ。姉と兄の死によってスペイン女王になるも、狂気ゆえに幽閉されて70代で死去。不思議なもので、この人がいなければ、スペイン・ハプスブルグ家はなかった。カルロス1世も、フェリペ2世もいなかった。当時子供は成人するのが難しかったが、フアナの6人の子は全員成人した。幽閉されたフアナも長生きした。近親婚が繰り返されて、スペイン・ハプスブルグ家は滅んだようだ。個人の趣味とし...

  10. 『スペイン宮廷画物語―王女マルガリータへの旅』西川 和子 - 1000日読書

    『スペイン宮廷画物語―王女マルガリータへの旅』西川 和子

    プラド美術館にある、ベラスケスの「ラス・メニーナス」の主人公マルガリータはどういう人だったか?著者は作家ではないようで、おそらく個人の趣味で調べて、書いた本だと思われる。はじまりは「カトリック両王」から。家系は、狂女王フアナがフェリペ美公と結婚し、ハプスブルク家の血が入り、ここからスペイン・ハプスブルグ家が始まる。カルロス1世(カール五世)→フェリペ2世→フェリペ3世→フェリペ4世と続き、カ...

  11. 韓国に蔓延る「火病」という病気の実態 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国に蔓延る「火病」という病気の実態

    朝鮮民族には、特有の精神疾患が存在する。それは「火病」という精神疾患である。「火病」とは怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス障害を起こす精神疾患を指す言葉で、一言で言えば「極度に怒りを我慢して溜め込む事によって起こるストレス性の障害」で、ようは怒りの抑制によって起きる病気である。(1)火病の主な症状抑うつ食欲低下(拒食症)意欲喪失不安感もどかしさを感じる不眠悪寒性機能障害全身が発熱する首やみ...

  12. 韓国の「恨文化」の実態 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国の「恨文化」の実態

    朝鮮半島に住む朝鮮民族には、独特の思考様式、「恨」がある。それは「恨」という思考様式は、朝鮮文化においての思考様式の感情的なしこりや、痛恨、悲哀、無常観をさす朝鮮語の概念で、朝鮮における、文化、思想において全ての根幹となっている。(1)朝鮮の「恨」と日本の「恨み」の違い。朝鮮の「恨文化」を知るには、「恨み」という意味を理解せねばならない。そもそも、「恨み」とは、1.他からの仕打ちを不満に思っ...

  13. 韓国人の「水に落ちた犬は叩け」精神。 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    韓国人の「水に落ちた犬は叩け」精神。

    「水に落ちた犬は叩け」とは、「阿Q正伝」、「狂人日記」などで有名な中国の小説家、魯迅の言葉である。どいう意味かと言うと、水に落ちた犬を助けても何の役にも立たないどころか、逆に噛みつかれるだけだという意味である。支那に古くからある「水に落ちた犬はそれ以上打つな」という諺を魯迅が皮肉って反転させたものとされる。馬鹿な犬は、溺れていたところを助けて貰っても恩など感じないし、それどころか、常にこちら...

  14. 11月15日、東京集会 - 第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会

    11月15日、東京集会

  15. 信州長野☆宿場町散策〜真田幸村の隠しの湯「別所温泉」へ - 佑美帖

    信州長野☆宿場町散策〜真田幸村の隠しの湯「別所温泉」へ

    先日、久しぶりに旅行にでもいきたいなと信州で最も古い歴史を誇り、真田幸村や木曾義仲の隠し湯としても有名な長野県「別所温泉」に行ってきました。長野のゆったりとした山並みを眺めながら先ずは長野県坂城町で初めてのぶどう狩りへ。ぶどう園に鈴なりになっている葡萄をそっと傷つけないように一房摘んでシナノスマイルという新種の葡萄と巨峰を美味しくいただきました。隣接のバラ園にも足を伸ばして薔薇の花を撮影して...

  16. 廃墟の中の廃墟・コーフ城をめぐる - イ課長ブログ

    廃墟の中の廃墟・コーフ城をめぐる

    本日の記事はいわば「コーフ城写真集」。コメントより写真中心で構成したいと思う。コーフ城って“現役”当時はこんな感じだったらしい。たぶん11世紀に出来たはずだから、アンコール・ワットなんかよりちょっと古いことになる しかし現在の姿はこう。強者どもが夢のあと。復元図だと手前の斜面にも城壁だの小塔だの階段だの、いろいろあったみたいだけど、今や草だけになった斜面の一本道をひたすら登る。 ゆるやかな丘...

  17. 従軍慰安婦問題の真実:2 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    従軍慰安婦問題の真実:2

    前回、従軍慰安婦の正体と従軍慰安婦問題は解決済みという事実を記載したが、今回は解決済みの従軍慰安婦問題が、なぜ捏造され、外交問題として浮上し、反日プロパガンダの道具として利用されたに付いて取り上げる。(1)朝日新聞による捏造報道従軍慰安婦が捏造されたのは朝日新聞が原因である。朝日新聞1991年8月11日付、植村隆記者のソウル発記事で、「女子挺身隊」の名で戦場に強制連行された人が出てきたと、「...

  18. 従軍慰安婦問題の真実:1 - 国家五芒星十字党情報宣伝部

    従軍慰安婦問題の真実:1

    従軍慰安婦問題とは、大東亜戦争・支那事変の間、その戦地において、日本軍の軍人・その他の公務員が、その戦地の女性を、慰安所で働かせておきながら、その責任を取ってこなかったとされる問題であるが、韓国は従軍慰安婦が性行為を強制されたという話を説明しているが、100%捏造である。そもそも、慰安所とは、兵士の性欲処理であると同時に、戦場での兵士の強姦発生率を抑えるために作られたサービス業なのである。例...

  19. 熊本市役所古京町別館。 - 青い海と空を追いかけて。

    熊本市役所古京町別館。

    熊本市役所古京町別館。昭和初期に建てられ、日本陸軍や家庭裁判所の国の機関が入り、その後、熊本市役所別館になったらしい。ここも熊本地震で利用できない建物になってしまった。以前、解体されるとの報道があったが、もう解体されてしまったのだろうか・・・。2016秋撮影@熊本市熊本城内。Android

  20. 「蝉坂」(東京都北区) - 途中下車

    「蝉坂」(東京都北区)

    先日、北区の平塚神社を訪れた際に歩いた坂道です。JR上中里駅の出口から向かうと、崖上にある平塚神社の南北に細長い参道の東側に沿って、左へ弧を描きながら南西から南へ緩やかに登り、本郷通りに至ります。 この「蝉坂」という名は江戸時代の後半にはあったようで、幕府の編纂した地誌『新編武蔵風土記』の上中里村の項に「平塚明神ノ傍ニアリ、登リ三・四十間」と記されているそうです。「三・四十間」というと、約5...

1 - 20 / 総件数:207 件

似ているタグ