死んだらどうなるのタグまとめ

死んだらどうなる」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死んだらどうなるに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死んだらどうなる」タグの記事(12)

  1. 死んだらどうなるアンケートとその影響 - 仏教フリーク

    死んだらどうなるアンケートとその影響

    元気な時には死んだら死んだ時と思っている。死んだらどうなるかアンケートをとると、死後ある3分の1死後ない3分の2となっている。元気な時は死んだら何もないと思っている。しかし、それだと、この世は地獄になる。何人殺しても死ねば同じ中国共産党、唯物論、どんな生き方をしても最後は死んだら無になる。台湾は、仏教、死後地獄、だから悪いことをやらない。死んだ後ないということで、日本でも自殺をする人もいる。...

  2. 極楽へは往きやすいのになぜ人がいないの? - 仏教フリーク

    極楽へは往きやすいのになぜ人がいないの?

    仏教の目的は信心獲得です、仏教の目的は後生の一大事の解決です。死ねば後生、一大事をどのように言われるか。生まれたら必ず死にます。死んだらどうなるか、はっきりしない一大事。それで十分一大事です。ブッダは、無間地獄に堕ちるとはっきり知られて説かれています。それが、往生一定になる世界があると教えられています。「死後の世界が分かるの?」という人いますが、それがはっきりする世界があります。どうなるか分...

  3. すべての人は心の闇をかかえる病人 - 仏教フリーク

    すべての人は心の闇をかかえる病人

    仏教では、すべての人は病人だと教えられています。ブッダは、「難化の三機、難治の三病」といわれています。親鸞聖人もその通りに同じように言われています。蓮如上人はこれを、無明業障の恐ろしい病といわれています。恐ろしいというのは、かかっているのに自覚がないということです。癌も早期発見できれば治るのですが、自覚がないから、恐ろしい病なのです。では、無明業障とはどんな意味かといいますと、無明とは心の闇...

  4. すべての人は心の闇をかかえる病人 - 仏教フリーク

    すべての人は心の闇をかかえる病人

    仏教では、すべての人は病人だと教えられています。ブッダは、「難化の三機、難治の三病」といわれています。親鸞聖人もその通りに同じように言われています。蓮如上人はこれを、無明業障の恐ろしい病といわれています。恐ろしいというのは、かかっているのに自覚がないということです。癌も早期発見できれば治るのですが、自覚がないから、恐ろしい病なのです。では、無明業障とはどんな意味かといいますと、無明とは心の闇...

  5. 死が怖くない人にはギロチンがオススメ - 仏教フリーク

    死が怖くない人にはギロチンがオススメ

    死の恐怖というのは死ぬときの苦しみが怖いので、それ以外の死の恐怖がない人があります。そういう人には、ギロチンによる即死がオススメです。ギロチンというと、首を切る道具です。断頭台ともいわれて、ルイ16世やマリー・アントワネットなどもギロチンで殺されています。残虐的な殺しかたと思われていますが、あれは実は安楽死の方法であみだされたそうです。ギロチン伯爵という人が作ったもので、ギロチン伯爵は非常に...

  6. 仏教を我がごとと聞く - 仏教フリーク

    仏教を我がごとと聞く

    本当の幸せになるためには、仏教を我がごとと聞くことが大切です。仏教をいかに自分の問題とするかです。自分と関係ないと思ったら他人事で聞いてしまいます。人生の目的は幸せになる事ですが、ところがなれてないというのを自分のことと分かってもらいます。原因が自分にあることを納得してもらわなければなりません。宗教ですかと出てくる心の出所が違います。やっぱり聞かなければならない。ところが不安という質問と面白...

  7. 死んだらどうなるか生きてるときに知る方法 - 仏教フリーク

    死んだらどうなるか生きてるときに知る方法

    今がわかれば過去世に戻らなくても今の姿が判れば過去世のことがわかります。因果応報だからです。過去世に戻らなくても、タイムマシンがなくても、そんなものないけど、今の姿がわかれば過去世のことがわかります。自分の過去のたねまきが、自分の現在の運命を生みだしたからです。死んだらどうなるか、今の姿がハッキリすればハッキリします。だから仏教の出発点は自己自身を知ることです。短い言葉ですが大変な御心が込め...

  8. 無駄に過ごしている人生 - 仏教フリーク

    無駄に過ごしている人生

    蓮如上人が、このように教えられています。在家無智の身をもって、いたずらにくらし、いたずらにあかして、一期はむなしくすぎて、(御文章1帖目12通)「在家無智」とは、私たちは在家です。在家というと、家に居るということで、出家と在家とありますが、お釈迦さまのように家を出られて修行されるのは出家の人です。家というのは、煩悩をあらわしています。みんなが集まっているところではそうではありませんが、家に一...

  9. 極楽往生には信心の沙汰が重要 - 仏教フリーク

    極楽往生には信心の沙汰が重要

    仏教講座では良いが、会合が終わるとたちまち仏教の目的である死んだらどうなるの一大事の解決なんかふっとんじゃうのが私たちですから、どうしたらいいのでしょうか?御文章を見てみましょう。一月に一度なりとも、せめて念仏修行の人数ばかり道場に集りて、『わが信心は人の信心は如何あるらん』という信心沙汰をすべき用の会合なるを、近頃はその信心ということは、かつて是非の沙汰に及ばざるあいだ、言語道断あさましき...

  10. 生きる目的を果たすと死んだらどうなるの不安がなくなる - 仏教フリーク

    生きる目的を果たすと死んだらどうなるの不安がなくなる

    他力の信心というのは、他力というと弱そうに感じる人がありますけどこれは弱そうで強い信心なのです。ちょうど喩えて言うと舌みたいなもので舌というのはふにゃふにゃしていて弱そうに見えますが年を取っても段々回転数が上がります。歯抜け爺さんがいても舌抜け爺さんはありません。よくもまああれだけべらべらしゃべるものというお年寄りもいます。心を弘誓の仏地に樹てると弥陀の本願信じる信心を頂きますと阿弥陀仏の力...

  11. 歎異抄と後生の一大事 - 仏教フリーク

    歎異抄と後生の一大事

    後生の一大事ということ歎異抄第2章からよく分かります。常陸の平太郎さんが十余カ国を越えて、大変な道中命懸けではるばる京都の親鸞聖人を訪ねたのは、後生の一大事解決の為です。後生の一大事とは死んだらどうなるの一大事です。その解決を教えられたのが浄土真宗です。後生の一大事は大変な問題だということ関東で親鸞聖人が常々教えて頂いていましたので、その後生の一大事解決できるかどうかの一向専念無量寿仏も大変...

  12. 死後の世界の大切さ - 仏教フリーク

    死後の世界の大切さ

    蓮如上人は、御文章にこのように教えられています。『人間はただ夢幻の間のことなり、後生こそまことに永生の楽果なり』と思いとりて、『人間は五十年・百年のうちの楽なり、後生こそ一大事なり』と思いてまた、最も有名なのが御文章五帖目十六通「白骨の章」。一番最初に「人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、凡そはかなきものは、この世の始中終、幻の如くなる一期なり」とあります。私たちはその都度その都度入学試験の...

総件数:12 件

似ているタグ