死亡率のタグまとめ

死亡率」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死亡率に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死亡率」タグの記事(27)

  1. メトフォルミンを使用している糖尿病患者での術後転帰:現実世界のデータベースに基づいた後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    メトフォルミンを使用している糖尿病患者での術後転帰:現...

    ・メトフォルミンの使用の有無で周術期の患者転帰に関する情報は限られている。この研究の目的として、メトフォルミンを使用している糖尿病患者での大きな手術後における合併症と死亡率を評価しようとした。・台湾全国健康保険の2008年から2013年における現実世界のデータベースを使って、メトフォルミンを使用していて後に大きな手術をうけた20歳以上の糖尿病患者91356人のマッチングコホート研究をおこなっ...

  2. SARS-CoV-2検査陽性である非ステロイド性抗炎症薬の使用者の有害転帰や死亡:デンマーク全国コホート研究 - 麻酔科医の日々

    SARS-CoV-2検査陽性である非ステロイド性抗炎症...

    ・非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)使用に関して重症急性呼吸症候群コロナウィルス2(SARS-CoV-2)感染症がひろがるなかで安全性の懸念があがっている。我々は、NSAIDs使用がSARS-CoV-2感染症蔓延中に有害転帰や死亡と関連するかどうか、を検証しようとした。・人口ベースのコホート研究をデンマークの入院管理健康レジストリを使っておこなった。対象とした個人は、SARS-CoV-2検...

  3. イタリアのロンバルディア州での集中治療室におけるCOVID-19患者の死亡率と関連するリスクファクター - 麻酔科医の日々

    イタリアのロンバルディア州での集中治療室におけるCOV...

    ・コロナウィルス感染症2019(COVID-19)患者の多くは重症で、集中治療室(ICU)での治療が必要である。・目的として、イタリアのロンバルディア州でICUでの治療が必要となったCOVID-19患者の死亡率と関連する独立したリスクファクターを評価しようとした。・この後向き観察コホート研究で対象となった3988人の連続した重症患者は、検査でCOVID-19と確定されて2020年2月20日か...

  4. COVID-19患者における集中治療の転帰:観察研究の系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    COVID-19患者における集中治療の転帰:観察研究の...

    ・コロナウィルス感染症2019(COVID-19)の出現は世界中で集中治療に対する需要を高めている。しかしながら、COVID-19で集中治療室(ICU)に入室した患者の死亡率は不明である。そこで我々は系統的レビューとメタ分析をPRISMAガイドラインに従っておこない、COVID-19と確定された患者のICU死亡率で報告されたものを評価しようとした。検索対象はMEDLINE・EMBASE・Pu...

  5. 高血圧や降圧治療とCOVID-19死亡との関連性:後向き観察研究 - 麻酔科医の日々

    高血圧や降圧治療とCOVID-19死亡との関連性:後向...

    ・目的として、高血圧の治療がコロナウィルス感染症2019(COVID-19)と診断された患者の死亡に影響をおよぼすかどうか、は不明のままである。・この後向き観察研究では、患者は全員がCOVID-19で火新山医院へ入院した。この病院は中国武漢市でCOVID-19治療に単独であたっていた。高血圧とその治療の分類は、既往歴や感染前に投与されていたや内服薬に基づいておこなわれた。2877人の入院患者...

  6. 新型コロナの【死亡率は0.01%】インフルの【10分の1】以下と判明!神戸の中央市民病院が新型コロナ危機の大嘘を暴いた【1万人に1人の致死率】 - 日々物語エキサイト

    新型コロナの【死亡率は0.01%】インフルの【10分の...

    新型コロナの【死亡率は0.01%】インフルの【10分の1】以下と判明!神戸の中央市民病院が新型コロナ危機の大嘘を暴いた【1万人に1人の致死率】の病気のためにWHO・ビルゲイツ・安倍・小池らは世界をシャットダウンした!インフルの致死率【0.1%】新型コロナパンデミックは仕組まれた【インチキ】緊急事態宣言、外出自粛などは【人口削減計画】経済破壊!新型コロナは怖くない【新しい生活様式】なんか止め...

  7. 新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケースは「国内の医療崩壊」【日本~その小さき巨人】 - 日本を愛する防人のつぶやき

    新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケ...

    新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケースは「国内の医療崩壊」【日本~その小さき巨人】ヨーグルト毎日食ってりゃかからない(笑)日本の衛生環境ではウイルスは生き残れないということですね。この感染爆発は中国ならではだということですね

  8. 新型コロナウイル【死亡率】低いのではないか!?【スクルーズ船】検疫2月3日から始めて7日たっても死亡情報がない!?感染は、もっと前、高齢者が多い中!安倍政権が隠蔽しているなら話しは別ですが - 日々物語エキサイト

    新型コロナウイル【死亡率】低いのではないか!?【スクル...

    新型コロナウイル【死亡率】低いのではないか!?【スクルーズ船】検疫2月3日から始めて7日たっても死亡情報がない!?感染は、もっと前、高齢者が多い中!安倍政権が隠蔽しているなら話しは別ですが!?感染135名、日々増え!日本国内で感染が確認されたのは1月15日! クルーズ船で新たに65人感染順次搬送へ|日テレNEWS24 クルーズ船で新たに65人感染順次搬送へ|日テレNEWS24 新型コロナ...

  9. 韓国における慢性オピオイド使用の傾向と5年生存率との関連性:集団ベースコホート研究 - 麻酔科医の日々

    韓国における慢性オピオイド使用の傾向と5年生存率との関...

    ・韓国国民健康保険サービス(NHIS)は医学研究の集団データを提供するために設立された。この研究の目的として、韓国における処方オピオイド使用の傾向を推定し、癌患者と非癌患者における慢性オピオイド使用と5年死亡率との関連性を検証しようとした。・集団ベースコホート研究を韓国の成人集団でおこない、NHISのデータを使用した。90日以上にわたり持続的にオピオイド処方されている患者を、慢性オピオイド使...

  10. 貧乏ゆすりの効果を確かめる ❶ - 楽しく元気に暮らします

    貧乏ゆすりの効果を確かめる ❶

    画像お借りしました貧乏ゆすりをする人は死亡リスクが4割低い。2015年9月に英国のロンドン大学とリーズ大学が発表したものだ。37歳~78歳までの女性を対象に、1日に座っている平均時間と貧乏ゆすりの程度を調べ、12年間にわたり追跡、死亡率との関連を分析した。貧乏ゆすりの程度は【全くしない】から【いつもしている】まで10段階で評価した。その結果、貧乏ゆすりの程度が上がるにつれ死亡リスクが下がり、...

  11. 各外科専門科におけるヘモグロビン最低値や赤血球輸血と死亡や入院日数との関連性:後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    各外科専門科におけるヘモグロビン最低値や赤血球輸血と死...

    ・これまで赤血球輸血と貧血が相互作用するかどうか、どうやってするのか、を検証した研究はほとんどない。我々は、西オーストラリアの3つの大都市にある病院に2008年から2017年に入院した60,955人を対象として、赤血球輸血と転帰がヘモグロビンの最低値(ナディア)が異なる手術患者において関連性があるかどうかを検証した。入院中100g/l(10g/dl)より上だと、30日と1年の死亡率は輸血でよ...

  12. 日中と時間外の手術と関連した患者転帰:メタ分析 - 麻酔科医の日々

    日中と時間外の手術と関連した患者転帰:メタ分析

    ・さまざまな専門分化領域で手術のタイミングが患者転帰に影響をおよぼすことが調べられているが、エビデンスが確定するにはいたっていない。・目的として、この話題に関する現在の文献を分析し、日中と時間外の手術が術後転帰に影響をおよぼすかどうかを調査した。・対象としたデータベースは、MEDLINE・EMBASE・Cochrane Libraryとした。・研究対象基準として、術後の死亡と合併症罹患のみな...

  13. 緊急手術の時間帯、日中・準夜・深夜と術後30日病院死亡率の関連性 - 麻酔科医の日々

    緊急手術の時間帯、日中・準夜・深夜と術後30日病院死亡...

    ・緊急手術の時間帯が術後死亡率と関連してるかどうか不明である。我々は緊急手術をうけた9319人の患者でこの関連性を評価したが、これらの対象者は2010年4月から2015年3月までにカナダ、ケベック州、モントリオールにあるジェネラル・ジュイフ病院で最初の手術をうけた。完全なデータをもった7362人(80%)のうち、168人(2.3%)が術後30日以内に死亡した。(緊急手術の)時間帯と術後死亡率...

  14. 股関節手術中における長期の血管作動薬使用は死亡率増加のリスクファクターである - 麻酔科医の日々

    股関節手術中における長期の血管作動薬使用は死亡率増加の...

    ・股関節は高齢者でよくおこる負傷であり、高い合併症罹患や死亡と関連する。術中の低血圧が頻繁にみられ、たいてい血管作動薬(VP)で治療されるが、どの程度治療されているかは不明である。何人の股関節骨折患者が周術期にVPを投与されるかを後向きに検証し、さらにVP治療が死亡率増加と関連するかどうかを調べようとした。・VP治療に関するデータを内科論文や麻酔科論文から集め、もしあるとすれば、データに交絡...

  15. 症候性腹部大動脈瘤破裂の転帰におよぼす病院間搬送の影響 - 麻酔科医の日々

    症候性腹部大動脈瘤破裂の転帰におよぼす病院間搬送の影響

    ・症候性あるいは破裂した腹部大動脈瘤(rAAA)は治療の技術的進歩にも関わらず、高い死亡率のままである。患者の地理的位置、いつ破裂が起き、いつAAAが症候性になるか、がrAAAの転帰におよぼす影響はこれまで研究されてきた対象でない。こうした事柄に関して研究が乏しいため、病院間搬送が死亡率におよぼす影響は曖昧である。・目的として、症候性AAAかrAAAの患者の地理的位置がAAA死亡率におよぼす...

  16. 急性腎障害をもつかリスクのある患者における間欠的フロセミド投与:無作為化試験のメタ分析 - 麻酔科医の日々

    急性腎障害をもつかリスクのある患者における間欠的フロセ...

    ・フロセミドは世界中で最もよく用いられるループ利尿薬である。フロセミドの適応外ボーラス投与が急性腎障害(AKI)の予防や治療に広く使われているが、利用できるエビデンスに支持されているわけではない。我々は無作為化試験(RCTs)のメタ分析をおこなって、フロセミドのボーラスによってAKIの予防または治療することが患者生存に有害かどうかを調べた。・電子データベースを2017年10月まで検索し、AK...

  17. 頻回の乳酸値がクリアランス率より死亡率を予測する - 麻酔科医の日々

    頻回の乳酸値がクリアランス率より死亡率を予測する

    ・乳酸クリアランスは外傷における蘇生マーカーとして使われてきたが、さまざまなクリアランス計算値の予測力を比較した研究はない。我々の目的として、どの乳酸クリアランスの計算法が外傷後24時間と入院中の死亡率を最も的確に予測するかを調べた。・後向きに診療力をレビューした患者は、2010年から2013年に外傷現場から直接、レベル1の外傷センターに入院し、15分以上生存して入院時に乳酸値上昇して(≧3...

  18. 手術部位感染症における周術期の局所的ならびに全身的な加温:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    手術部位感染症における周術期の局所的ならびに全身的な加...

    ・手術部位感染症(SSI)は術後合併症のよくある原因である。周術期の低体温はSSIリスク増加を含めた手術合併症に寄与する可能性がある。この系統的レビューとメタ分析では、能動的ならびに受動的な周術期の加温によりSSIを予防する介入の有効性を標準的な(加温なしの)ケアと比較した。・Ovid MEDLINE;Ovid EMBASE;EBSCO CINAHL Plus;Cochrane Wounds...

  19. 組織ドプラ法による心拡張機能評価と重症敗血症患者の死亡率との関連性:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    組織ドプラ法による心拡張機能評価と重症敗血症患者の死亡...

    ・心筋機能障害は敗血症における循環不全へとつながる可能性がある。敗血症患者における左心室拡張機能不全(LVDD)と死亡率との関連性についてのエビデンスが蓄積されている。心臓超音波検査により分かるのが、組織ドプラ法(TDI)による変数であるe'やE/e'がLVDDの信頼できる予測因子であり、役立つ測定値として左心室(LV)充満圧を評価できる、ということである。・系統的レビュ...

  20. 膝下切断術への区域麻酔か脊柱管麻酔の使用で周術期輸血の必要性を減少させるかもしれない - 麻酔科医の日々

    膝下切断術への区域麻酔か脊柱管麻酔の使用で周術期輸血の...

    ・下肢の切断術は高リスク集団では、いまだよくある手術である。周術期合併症罹患率や死亡率は、膝下切断術で14.1%と高い。目的として、区域麻酔か脊柱管麻酔が全身麻酔(GA)と比べて、周術期合併症罹患率や死亡率の減少と関連するかどうかを調べた。・米国外科学会全国手術の質向上プログラムのデータを用いた。研究対照群は2群に分けられた:区域麻酔(RA)をうける患者とGAをうける患者に。研究の主要評価項...

総件数:27 件

似ているタグ