死のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死」タグの記事(10)

  1. 魂の送り出し - 毎日ワクワク・ポジティブに 心とカラダ フラ教室

    魂の送り出し

    ALOHA! ゆうこです私は面識ない方なのですが 亡くなったと 訃報を聞いた時不思議な感覚に陥りましたまるで 知り合いだったかのように 寂しさを感じました会ったこともないし どんな方なのかもわかりません人が亡くなることは 悲しいですが新しい世界へ いってらっしゃい。と送りだすことが必要な気がしました。そして 自分にも いつか そんな日がくるのだろうと今やりたいこと 後回しにしないで 毎日を過...

  2. そのガンが寿命なら…。 - 笑うガン経験者。

    そのガンが寿命なら…。

    治るガンと治らないガン。という定義がよくされたり、しますね。今渦中にいる私は、自分の気持ちが落ちると予想されるものにはなるべく近付きません。笑なので、もし自分が治らないガン、だとカテゴライズされるのが怖いので、こういうのはあまり、見ません。笑ただ、信じられることが、ひとつあります。もし、このガンが、寿命のものであれば、どうあがいたって、死ぬ。仮に、寿命ではないなら、どうあがいたって、生きる。...

  3. 大杉漣さんの死、自分自身の生への執着。 - 笑うガン経験者。

    大杉漣さんの死、自分自身の生への執着。

    俳優の、大杉漣さんが亡くなったと、さっきニュースで知りました。昨日の午前3時のことだったそうです。個人的には、特に詳しく彼のことについて存じ上げませんが、独特の世界観を持ち、どんな役でもまるでご本人のように自然に演じられる俳優さんという印象でした。突然、です。ポックリ、です。直前まで仲間と飲んでいたそうです。その日は撮影までしていたそうです。マスコミやら噂では、実はガンだったかとか、実は自殺...

  4. 父との別れ 後編 - ALL WEEKENDER

    父との別れ 後編

    おかしな感覚だ。父が亡くなってまだ3日しか経ってない。土曜日のことだった。日曜日は仕事は公休だったため、実質まだ3日しか仕事を休んでないけども、もう2週間くらい過ぎたように感じる。今まで、知人や親族で数多くの葬式に参列してきたが、肉親は圧倒的に別物だった。心の底から手を合わせることができる。ありがとうという言葉が浮かぶ。心の距離がどうとか、そんなの一気に吹っ飛んだ。紛れもなく、父親はこの世に...

  5. 父との別れ 前編 - ALL WEEKENDER

    父との別れ 前編

    2018年2月17日12:49戸田病院 認知症病棟において、僕の父が亡くなった。1938年12月1日生まれの 享年79才死因は肺炎 だと思う。79才・・・世間的にみたらまだまだの年齢。いろんな人がいるだろうけど、40才で父親を失うのは早い。どこから書けばいいんだろう?とりあえず、ここ数年を振り返ろう。誰かに語りかけているような文面だが、あくまで自分用に書いている。僕自身が親になったのは9年前...

  6. 有賀さつきさん - 外リンパ瘻と脳腫瘍摘出の術後生活

    有賀さつきさん

    今朝、出張に行く娘を玄関先で見送り、またすぐに寝た。目が覚めたのは12時過ぎ。また、寝過ぎてしまった。なぜ、いつもこんなに寝過ぎるのか、自分でもわからない。なんか、不安になってくる。12時間睡眠。これじゃあ、腰が痛い、頭も痛くなる。起きなきゃと思い、布団の中でスマホで何気に見たニュース。有賀さつきさんが亡くなったという記事に驚いた。飛び起き、テレビのワイドショーを片っ端から見た。私と同世代だ...

  7. 父の入院3 - いぬ猫フェレット&人間

    父の入院3

    私の体調はようやく回復したかな、って今朝です。先週の火曜日、新潟から戻り、その直後は留守中にたまっていた洗濯物などの家事を片付けることが出来たけれど、おそらく、雪の新潟でかなり疲労し、免疫力が下がっているところで、駅かどこか人混みの中で、なんかのウイルスに感染したのだろう。体はだるいし、胃は張って気持ち悪いし、下痢するし(つまりは急性胃腸炎かと思われる)、喉も痛い(まだ喉は痛い)。そんな中、...

  8. 特に意味はありませんが伝えておきたいこと  - 噂のさあらさんのブログ

    特に意味はありませんが伝えておきたいこと 

    もしも私に何かあった時は、私がその結果に満足しているとどうか心に言い聞かせてください。なぜならこの世に起きるその全ては神さまが望むことしか起きないからです。そしてそれは常に「善」でしかありません。例えそれがどんなに孤独で、辛く、悲しい結末だったとしても、私たちはそのことの本当の結末を知らないのです。それは最期の審判の日に必ず明らかになります。どうか目の前にある哀しみや辛さだけをもって真実と思...

  9. 平成29年総括【わごいち】 - 和合一致

    平成29年総括【わごいち】

    先日、いとこの再婚相手であった旦那さんが亡くなりました。あまりにも若く、突然の死でした。参列させていただいたお通夜では多くの人の悲しみにくれる顔を見ました。。。そして‥、改めて私たちが生きるという事は、常に死が隣り合わせにあることを考えました。その事をついつい忘れて毎日を送れる中に、ほとんどの人がいるのが現実です。紛争が起こっている訳でも無い、地雷が埋まっている訳でも無い。だから、この日本に...

  10. 友人の死 - お山の宿 みちつじ

    友人の死

    。。もう一度だけでも、会って話がしたかった。すべてを完璧にできることなんて無理なのは分かっているけど、もっと早く気づいていたら良かった。もうバカ話もできないから、思い出を大事にするよ。俺、頑張るんば!!おまえも頑張れよ!

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ