死のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死」タグの記事(9)

  1. 死から いのちへ〜ヨハネ5:24〜30 - 新しい歌を歌おう

    死から いのちへ〜ヨハネ5:24〜30

    1912年4月14日大西洋を処女航海中、氷山に激突して静かに沈没していった豪華客船タイタニック号。突然 思いがけないときに死を迎えなければならなかったその乗客たち。しかし大混乱の中にあって 船の音楽隊の人々は賛美歌320番「主よ みもとに近づかん」を演奏し続けたといいます。彼らはイエスキリストにある輝かしい希望を持っていたからこそ沈みゆく船の上でも演奏することができたのだと思います。主よ み...

  2. 愛する人は側にいる と 思いたいです。 -   心満たされる生活

    愛する人は側にいる と 思いたいです。

    おはようございます!お盆が来るたび、大切な人が亡くなった時、人は何処に行ってしまうのだろうか?と考えその都度自分を慰めたり、納得させる為、色々本をよみました。アップした本はそのほんの数冊で書棚に残っていたものです。数限りなくよみました。臨死体験の本は、処分しました。本を読みながら、途方にくれる悲しみと戦いました。真偽は誰もわかりません。魂が残り、大切な人と、いつも繋がっていると思うと、思い込...

  3. 津川雅彦さん(78)の死去に、自分の老後を恐れる - 人生は楽しむのが一番!

    津川雅彦さん(78)の死去に、自分の老後を恐れる

    合掌、、。春に朝丘雪路さんを看取った所だった記憶がある。肺炎→心不全だという。写真を拝見するとかなり老け込んでいた。認知症の朝丘雪路さんを介護していたから相当のストレスだったと、自身も体験した私はおもう。お二人とも生まれ育ちがよく、一番稼げた時代のスターだったから、その頃と死ぬ直前とのギャップは耐えられないほど大きかったに違いない。そして自分の死について考える。18年後の風貌を津川雅彦さんに...

  4. 死んだかと - 吉祥寺マジシャン『Mr.T』

    死んだかと

    今日は本当に週末にもかかわらず死んだかと…早い時間に一組のお客様そこから一人も止らず諦めかけた時に以前、マジックを観てくださった方が再び、観に来てくださり沢山のお気持ちを頂き今日は何とか生き延びることが…週末だから何とかって気持ちもしかしたら過信なのかも…週末だろうが平日だろうが気持ちは引き締めて打ち込むべきだと久しぶりに反省させていただける良い週末でした!皆様!本当にありがとうございました...

  5. 臼井由紀「愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと」日本実業出版 - Mr.こりあんのひとりごと

    臼井由紀「愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと」日本実業出版

    テーマがストレートに俺の目に飛び込んできた!メモだけ残しておきたい。・死に際を考えることが生きるエネルギーになる。・愛する人が死んだ後の生きる軸を明確にしておく。・身内ほどあてにならない!・執念は人知をこえる!・一人だから寂しいでなく、一人を楽しめない人が寂しい・群れない、ぶれない、流されない・自分が逝った後の愛する人の人生を守ろう! 遺言を書くこと・社会保障の知識がない=愛がない!・エンデ...

  6. 生まれた瞬間から死に向かっている。 - 心に花束を、言葉に祝福を・・・☆

    生まれた瞬間から死に向かっている。

    おはようございます、こだちです。眠っていて、体が痛くなってきたので起きてしまいました、ただ今午前6時です、おはようございます。予約投稿にしようと思っているので、この記事がアップされるのは9時頃を想定していますが、やっぱりまだ「おはようございます」ですね。私は好きなアーティストの関係で「ニチアサ」を見ているので、その時間はテレビの前にいます。***さて。FBで参加しているグループに投稿された記...

  7. 真ん中の病室 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    真ん中の病室

    洗面所とトイレの反対側に 3つほど病室がある。皆が使う共有の場所に背中合わせでひっそりとしている場所。昼間でも声もしない暗い場所だ。私が入院している時、その部屋には誰もいないように思えた。ここは一度入ったら一度そのベットに寝たらおそらく生きては帰れない場所だから。私の病室は5人部屋だったけど6人部屋もあった。手術を終えるとリカバリー後、皆 団体部屋に帰ってきて麻酔から目覚めるまで或いは術後の...

  8. 「夏の庭 The Friends」より - 操の気まぐれ日記

    「夏の庭 The Friends」より

    「夏の庭 The Friends」著・湯本香樹実)1994年日本映画。少年達と孤独な老人の交流を描いたヒューマン・ドラマ。人間の死について興味を持った3人の少年は、近所の独居老人を見張りその死を目撃しようとする。はじめは3人を邪険に追い払っていた老人だったが、次第に心を開きいつしか不思議な絆で結ばれるようになった。原作は湯本香樹実。監督:相米慎二 出演者:三國連太郎(傳法喜八)、坂田直樹(木...

  9. 「死せる詩人の会」 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    「死せる詩人の会」

    彼は生きていた。ごく数分前まで。では彼は死んだのか? その答えを持つ人物はいない。遥か彼方。迷路を歩き疲れ果てた人々の軌道はどこにあるのだ?時間で有ることは誰しもがうなずく。このような惨事を認めたくはないのだ。消えること。物理の法則が編み出した手法。片づけるなら問題は無かろう。誰しもが鐘を鳴らす。だが誰も気づかない。目に見えて極端な例は、視界から外れるのだ。彼らはそこにいた。時間を十分にかけ...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ