死のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死」タグの記事(56)

  1. DNAR、死亡確認・診断について改めて考えてみる② - 内科医のジレンマ

    DNAR、死亡確認・診断について改めて考えてみる②

    前回の続きです。・死亡確認月平均で1人以上の死亡確認をしていると思います。しかしそのやり方は初期研修医の時にみるだけで、誰かに教わったり、特に研修期間が終わると他の先生がどのように確認しているのか見る機会もありません。色々な経験を重ねながらマイナーチェンジをしているだけです。ですのでCadettoの守本先生の記事を読んで、非常に共感しました。死の三徴(瞳孔反応停止,呼吸停止,心停止)を確認す...

  2. DNAR、死亡確認・診断について改めて考えてみる① - 内科医のジレンマ

    DNAR、死亡確認・診断について改めて考えてみる①

    最近少し話題になったこともあり、以前から考えていることを小括としてまとめてみます。こうしたことも、今後さらに経験を積むにつれて考えが変わってくるかもしれません。・DNAR(Do Not Attempt Resuscitation)DNARは慢性疾患や悪性腫瘍などの患者が尊厳を保ちながら穏やかな死を迎える権利であり、予期される心停止時に心肺蘇生(CPR)を行わないとする指示です。2016年に日...

  3. パクス・ジャポニカの中で生きる渡したち - まほろのうたかた日記

    パクス・ジャポニカの中で生きる渡したち

    先日、同じ大学の研究室を卒業した友人から訃報を聞いた。亡くなったのは一学年下の男性で、昨年秋に癌とわかり、治療を受けたものの、甲斐なく冬が始まる頃には不帰の人となっていたそうだ。lineグループ で通知された情報に、信じられないという驚きのメッセージが並ぶ。彼は平均寿命に比べたら、まだ20年以上ある年齢だった。まだまだしたいことがたくさんあったに違いない。先日、娘が火事のニュースを見て呟いた...

  4. トンボの死 - 孤独と私

    トンボの死

    冬の初め、畑で一匹のトンボを見かけた。まるで天を拝むように、空に顔を向けて死んでいた。虫たちの死にゆく姿はなんと静かで、純粋で、美しいのかと思う。生まれ、生き、ただ死んでいく。そこにはどんな迷いも、疑いもない。死への恐れも、生への不安もなく、ただ生き、ただ生きて、何事もなかったように死んでいく。この一匹のトンボは、この世に生まれ、生きた。死がやってきたから、死んでいった。ただそれだけ。生まれ...

  5. 幸せとは砂漠のオアシスである - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    幸せとは砂漠のオアシスである

    ・人生は砂漠の旅と同じ・だから途中でオアシスが必要・旅のゴールは"死"=存在しなること・だから途中で幸せが必要・幸せ=安心・満足(でも、欲深く追いかければ逃げていくもの、続かないもの)今回の2回の青春18切符での旅で整理できた。仏教哲学も、"人生は死ぬまでの暇つぶし"という言葉、桜や蛍、花火などの刹那なものへの賛美・賞賛も、すべて上記の箇条書きで説明で...

  6. 灰になるまで - 四月の魚

    灰になるまで

    質問や相談をするサイトがある。だいぶ前、あちこち流れていたら、たまたまそこに行き着いた。仕事のこと、家庭のこと、子供のこと、みんないろいろ悩んでる。ひとつだけ、とても気になった質問があった。40代の女性。不妊治療の末に、結局子供はできなかった。いろいろ風当たりも強かった。でもそれも、この年になったら、上手に受け流すすべも覚えた。だけど。自分の心だけは、まだ決着がつかない。何かにつけ、子供がい...

  7. 生きていることの全般と部分 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    生きていることの全般と部分

    人はそんなに長くは生きない。途中下車する人も多かろう。つまり自死に及ぶのだ。それがどういう理論も下に繰り返されているか、僕には理解ができない。そもそも自然死というものがあるのか?いや、衰えるということが意味するように、なんらかの原因があることだろう。不老不死を望んだ頂点に立った王族たち。だが彼らもことごとく死への道を歩んだ。その願うところは誰にも与えられることはない。そういう人類のあらぬあが...

  8. 世田谷を終の棲家にするのもロックかな? - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    世田谷を終の棲家にするのもロックかな?

    尊敬する金子マリ大先生の経営する葬儀社が下北沢駅前にあるんだ。ご本人はソウル・ロックの歌姫さまだし、ジョニー吉長さんの元奥さん、金子ノブアキさんとKenKenさんのお母さんとしても有名だよね。北烏山に実家の宗派のお寺さんも沢山あるし、弟家族もすぐ近所だし、弟の娘も近所に就職が決まった。音楽やるのも写真やるのも、東京が有利だし、キャパが広いのでどのレベルでもどこかに収まる懐の広さもある。弟には...

  9. 一日の終わりに孤独について考えた。 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    一日の終わりに孤独について考えた。

    私は客観的に孤独だ。妻と死別して一人で生活しているからだ。身近に身内や友人はいない。今夕に、暗くて寒い中を家に歩いて帰る際に、少し孤独感があった。誰もいない家に帰るのはやはり寂しいものだとおもった。一度帰れば、あったくして、好きな音楽流して、美味しいもの食べてと、超快適になりすっかり忘れるのだが、、。この孤独感というのは気の持ちようだな。渇望しなければ、ブログも誰か見てくれているし、インスタ...

  10. 交通事故未遂 - 四月の魚

    交通事故未遂

    急発進した車が、私を轢く寸前に止まった。バンパーはもう私の足に触れていた。触れて、押し倒す寸前の瞬間の停止。コンマ何秒の世界だったと思う。自動運転の停止機能なのかわからない。たぶん、当人が急ブレーキを踏んだのだと思うが。フロントガラス超しに、運転席に固まっている顔が見えていた。私もまた固まっていた。足が震えて歩けない。周囲の人が駆け寄ってきた。運転手は降りて来ない。だから「すみません」も「大...

  11. 老い・死・介護・愛について、 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    老い・死・介護・愛について、

    結局は以下のとおり、これでおしまい。①死ぬ時期・必ず訪れるもの。パートナーや家族、友人もいずれ死ぬ。その時期が早いなんて嘆くのはナンセンスだ。②死ぬ瞬間・何も感じなくなって、目の前が光に満ちるだけだ。怖くもなんともない。③死んた後・日本だったら火葬されて灰になるだけだ。火葬場で廃棄してもらえばよい。・霊とか魂、地獄とかは畏敬・恐怖の心理だ。そんなものは方便だ。④寿命・今、還暦以降の男子は78...

  12. 落ちれば100パー死ぬ 阿蘇原温泉への道 - ちょんまげブログ

    落ちれば100パー死ぬ 阿蘇原温泉への道

    YouTubeで初めてこの光景を見たときは足がすくみ、冗談でしょ?無理無理無理無理となったものです。

  13. 死からいのちへ〜ヨハネ5:24〜30 - 新しい歌を歌おう

    死からいのちへ〜ヨハネ5:24〜30

    1912年4月14日大西洋を処女航海中、氷山に激突して静かに沈没していった豪華客船タイタニック号。突然思いがけないときに死を迎えなければならなかったその乗客たち。しかし大混乱の中にあって船の音楽隊の人々は賛美歌320番「主よみもとに近づかん」を演奏し続けたといいます。彼らはイエスキリストにある輝かしい希望を持っていたからこそ沈みゆく船の上でも演奏することができたのだと思います。主よみもとに近...

  14. 詩『便秘』 - すまいるらいふCAFE  ~ I love your smile♪~

    詩『便秘』

    『便秘』地球は便秘みんな死ぬのを怖がってこの世に長くとしがみつくから天国になかなか流れていかない2018.3…………………みなさまこんにちは。死ぬのが怖くてしがみついてて限界が来て、『あ~れ~!』と流されて行ってみたら、『何ここ!サイコー!』ってことになるかもしれません。前のブログでも書きましたが、私の祖父は天国の夢を何度も見て、『すごく綺麗で賑やかで神社でお祭りをやっていた、早く逝きたい。...

  15. 死に接して。 - 流れる雲のように

    死に接して。

    早朝から家庭菜園の手入れをしていたら、親戚の叔父の訃報の連絡がきた。母が入院している病院で叔父が亡くなったのでおっ家内と二人で向かった。叔母さんやいとこに挨拶をして、叔父が眠る病室におっ家内と向かった。私は怖がりなので、おっ家内に病室の戸を開けさせて、おっ家内を先に入室させた。ほぼ何もない病室に叔父が眠っていた。ほんの少し前には所狭しと医療器具が配置されていただろうが何もなかった。手を合わせ...

  16. 愛する人は側にいると思いたいです。 -   心満たされる生活

    愛する人は側にいると思いたいです。

    おはようございます!お盆が来るたび、大切な人が亡くなった時、人は何処に行ってしまうのだろうか?と考えその都度自分を慰めたり、納得させる為、色々本をよみました。アップした本はそのほんの数冊で書棚に残っていたものです。数限りなくよみました。臨死体験の本は、処分しました。本を読みながら、途方にくれる悲しみと戦いました。真偽は誰もわかりません。魂が残り、大切な人と、いつも繋がっていると思うと、思い込...

  17. 津川雅彦さん(78)の死去に、自分の老後を恐れる - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    津川雅彦さん(78)の死去に、自分の老後を恐れる

    合掌、、。春に朝丘雪路さんを看取った所だった記憶がある。肺炎→心不全だという。写真を拝見するとかなり老け込んでいた。認知症の朝丘雪路さんを介護していたから相当のストレスだったと、自身も体験した私はおもう。お二人とも生まれ育ちがよく、一番稼げた時代のスターだったから、その頃と死ぬ直前とのギャップは耐えられないほど大きかったに違いない。そして自分の死について考える。18年後の風貌を津川雅彦さんに...

  18. 死んだかと - 吉祥寺マジシャン『Mr.T』

    死んだかと

    今日は本当に週末にもかかわらず死んだかと…早い時間に一組のお客様そこから一人も止らず諦めかけた時に以前、マジックを観てくださった方が再び、観に来てくださり沢山のお気持ちを頂き今日は何とか生き延びることが…週末だから何とかって気持ちもしかしたら過信なのかも…週末だろうが平日だろうが気持ちは引き締めて打ち込むべきだと久しぶりに反省させていただける良い週末でした!皆様!本当にありがとうございました...

  19. 臼井由紀「愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと」日本実業出版 - Mr.こりあんのひとりごと

    臼井由紀「愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと」日本実業出版

    テーマがストレートに俺の目に飛び込んできた!メモだけ残しておきたい。・死に際を考えることが生きるエネルギーになる。・愛する人が死んだ後の生きる軸を明確にしておく。・身内ほどあてにならない!・執念は人知をこえる!・一人だから寂しいでなく、一人を楽しめない人が寂しい・群れない、ぶれない、流されない・自分が逝った後の愛する人の人生を守ろう!遺言を書くこと・社会保障の知識がない=愛がない!・エンディ...

  20. 生まれた瞬間から死に向かっている。 - 心に花束を、言葉に祝福を・・・☆

    生まれた瞬間から死に向かっている。

    おはようございます、こだちです。眠っていて、体が痛くなってきたので起きてしまいました、ただ今午前6時です、おはようございます。予約投稿にしようと思っているので、この記事がアップされるのは9時頃を想定していますが、やっぱりまだ「おはようございます」ですね。私は好きなアーティストの関係で「ニチアサ」を見ているので、その時間はテレビの前にいます。***さて。FBで参加しているグループに投稿された記...

総件数:56 件

似ているタグ