死のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死」タグの記事(46)

  1. 落ちれば100パー死ぬ 阿蘇原温泉への道 - ちょんまげブログ

    落ちれば100パー死ぬ 阿蘇原温泉への道

    YouTubeで初めてこの光景を見たときは足がすくみ、冗談でしょ?無理無理無理無理となったものです。

  2. 死からいのちへ〜ヨハネ5:24〜30 - 新しい歌を歌おう

    死からいのちへ〜ヨハネ5:24〜30

    1912年4月14日大西洋を処女航海中、氷山に激突して静かに沈没していった豪華客船タイタニック号。突然思いがけないときに死を迎えなければならなかったその乗客たち。しかし大混乱の中にあって船の音楽隊の人々は賛美歌320番「主よみもとに近づかん」を演奏し続けたといいます。彼らはイエスキリストにある輝かしい希望を持っていたからこそ沈みゆく船の上でも演奏することができたのだと思います。主よみもとに近...

  3. 詩『便秘』 - すまいるらいふCAFE  ~ I love your smile♪~

    詩『便秘』

    『便秘』地球は便秘みんな死ぬのを怖がってこの世に長くとしがみつくから天国になかなか流れていかない2018.3…………………みなさまこんにちは。死ぬのが怖くてしがみついてて限界が来て、『あ~れ~!』と流されて行ってみたら、『何ここ!サイコー!』ってことになるかもしれません。前のブログでも書きましたが、私の祖父は天国の夢を何度も見て、『すごく綺麗で賑やかで神社でお祭りをやっていた、早く逝きたい。...

  4. 死に接して。 - 流れる雲のように

    死に接して。

    早朝から家庭菜園の手入れをしていたら、親戚の叔父の訃報の連絡がきた。母が入院している病院で叔父が亡くなったのでおっ家内と二人で向かった。叔母さんやいとこに挨拶をして、叔父が眠る病室におっ家内と向かった。私は怖がりなので、おっ家内に病室の戸を開けさせて、おっ家内を先に入室させた。ほぼ何もない病室に叔父が眠っていた。ほんの少し前には所狭しと医療器具が配置されていただろうが何もなかった。手を合わせ...

  5. 愛する人は側にいると思いたいです。 -   心満たされる生活

    愛する人は側にいると思いたいです。

    おはようございます!お盆が来るたび、大切な人が亡くなった時、人は何処に行ってしまうのだろうか?と考えその都度自分を慰めたり、納得させる為、色々本をよみました。アップした本はそのほんの数冊で書棚に残っていたものです。数限りなくよみました。臨死体験の本は、処分しました。本を読みながら、途方にくれる悲しみと戦いました。真偽は誰もわかりません。魂が残り、大切な人と、いつも繋がっていると思うと、思い込...

  6. 津川雅彦さん(78)の死去に、自分の老後を恐れる - 人生は楽しむのが一番!

    津川雅彦さん(78)の死去に、自分の老後を恐れる

    合掌、、。春に朝丘雪路さんを看取った所だった記憶がある。肺炎→心不全だという。写真を拝見するとかなり老け込んでいた。認知症の朝丘雪路さんを介護していたから相当のストレスだったと、自身も体験した私はおもう。お二人とも生まれ育ちがよく、一番稼げた時代のスターだったから、その頃と死ぬ直前とのギャップは耐えられないほど大きかったに違いない。そして自分の死について考える。18年後の風貌を津川雅彦さんに...

  7. 死んだかと - 吉祥寺マジシャン『Mr.T』

    死んだかと

    今日は本当に週末にもかかわらず死んだかと…早い時間に一組のお客様そこから一人も止らず諦めかけた時に以前、マジックを観てくださった方が再び、観に来てくださり沢山のお気持ちを頂き今日は何とか生き延びることが…週末だから何とかって気持ちもしかしたら過信なのかも…週末だろうが平日だろうが気持ちは引き締めて打ち込むべきだと久しぶりに反省させていただける良い週末でした!皆様!本当にありがとうございました...

  8. 臼井由紀「愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと」日本実業出版 - Mr.こりあんのひとりごと

    臼井由紀「愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと」日本実業出版

    テーマがストレートに俺の目に飛び込んできた!メモだけ残しておきたい。・死に際を考えることが生きるエネルギーになる。・愛する人が死んだ後の生きる軸を明確にしておく。・身内ほどあてにならない!・執念は人知をこえる!・一人だから寂しいでなく、一人を楽しめない人が寂しい・群れない、ぶれない、流されない・自分が逝った後の愛する人の人生を守ろう!遺言を書くこと・社会保障の知識がない=愛がない!・エンディ...

  9. 生まれた瞬間から死に向かっている。 - 心に花束を、言葉に祝福を・・・☆

    生まれた瞬間から死に向かっている。

    おはようございます、こだちです。眠っていて、体が痛くなってきたので起きてしまいました、ただ今午前6時です、おはようございます。予約投稿にしようと思っているので、この記事がアップされるのは9時頃を想定していますが、やっぱりまだ「おはようございます」ですね。私は好きなアーティストの関係で「ニチアサ」を見ているので、その時間はテレビの前にいます。***さて。FBで参加しているグループに投稿された記...

  10. 真ん中の病室 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    真ん中の病室

    洗面所とトイレの反対側に 3つほど病室がある。皆が使う共有の場所に背中合わせでひっそりとしている場所。昼間でも声もしない暗い場所だ。私が入院している時、その部屋には誰もいないように思えた。ここは一度入ったら一度そのベットに寝たらおそらく生きては帰れない場所だから。私の病室は5人部屋だったけど6人部屋もあった。手術を終えるとリカバリー後、皆 団体部屋に帰ってきて麻酔から目覚めるまで或いは術後の...

  11. 「夏の庭 The Friends」より - 操の気まぐれ日記

    「夏の庭 The Friends」より

    「夏の庭 The Friends」著・湯本香樹実)1994年日本映画。少年達と孤独な老人の交流を描いたヒューマン・ドラマ。人間の死について興味を持った3人の少年は、近所の独居老人を見張りその死を目撃しようとする。はじめは3人を邪険に追い払っていた老人だったが、次第に心を開きいつしか不思議な絆で結ばれるようになった。原作は湯本香樹実。監督:相米慎二出演者:三國連太郎(傳法喜八)、坂田直樹(木山...

  12. 「死せる詩人の会」 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    「死せる詩人の会」

    彼は生きていた。ごく数分前まで。では彼は死んだのか?その答えを持つ人物はいない。遥か彼方。迷路を歩き疲れ果てた人々の軌道はどこにあるのだ?時間で有ることは誰しもがうなずく。このような惨事を認めたくはないのだ。消えること。物理の法則が編み出した手法。片づけるなら問題は無かろう。誰しもが鐘を鳴らす。だが誰も気づかない。目に見えて極端な例は、視界から外れるのだ。彼らはそこにいた。時間を十分にかけて...

  13. 虫を殺してはいけないか? - 役員から降格して見えてきたもの

    虫を殺してはいけないか?

    命を大事にする。これは紛れもなく大事なことだ。一方で「死」という概念を知ることも大事だと思う。最近は苦手な子が多いが、子供たちは虫が好きだ。嫌いな子でも、アリやダンゴムシなんかは大丈夫だし虫取り網を持たせれば、何かを捕まえようと動き出す。捕まえた後、以下のような声をよく耳にする。「可愛そうだから、逃がしてあげなさい」というお母さんの声。確かにおっしゃる通りなのだが、生き物を扱うという大きな学...

  14. Dead Sickness【New Song】 - 母骨工房 ~K's Experimental factory~

    Dead Sickness【New Song】

    死に至る患いDead Sicknessそれは本当の絶望の夜だやがて訪れる地獄の褥(しとね)アナタの温もり断たれた夢だ濡れた枕に溺れる夜だすぐに死にたくなるなんて貴方が飲ませた甘い水溺れるアタシはギターにすがり瀕死のココロでカラダを呪うどこか遠くへ行けるならここではないどこかへ行けるなら見知らぬアナタのままだとてそれでも影(アナタ)を探すだろうアナタの声はワタシのモノアナタの腕はワタシのモノア...

  15. 魂の送り出し - 毎日ワクワク・ポジティブに 癒しのフラ 

    魂の送り出し

    ALOHA! ゆうこです私は面識ない方なのですが亡くなったと訃報を聞いた時不思議な感覚に陥りましたまるで知り合いだったかのように寂しさを感じました会ったこともないしどんな方なのかもわかりません人が亡くなることは悲しいですが新しい世界へいってらっしゃい。と送りだすことが必要な気がしました。そして自分にもいつかそんな日がくるのだろうと今やりたいこと後回しにしないで毎日を過ごそうと思いました。

  16. 父との別れ後編 - ALL WEEKENDER

    父との別れ後編

    おかしな感覚だ。父が亡くなってまだ3日しか経ってない。土曜日のことだった。日曜日は仕事は公休だったため、実質まだ3日しか仕事を休んでないけども、もう2週間くらい過ぎたように感じる。今まで、知人や親族で数多くの葬式に参列してきたが、肉親は圧倒的に別物だった。心の底から手を合わせることができる。ありがとうという言葉が浮かぶ。心の距離がどうとか、そんなの一気に吹っ飛んだ。紛れもなく、父親はこの世に...

  17. 父との別れ前編 - ALL WEEKENDER

    父との別れ前編

    2018年2月17日12:49戸田病院認知症病棟において、僕の父が亡くなった。1938年12月1日生まれの享年79才死因は肺炎だと思う。79才・・・世間的にみたらまだまだの年齢。いろんな人がいるだろうけど、40才で父親を失うのは早い。どこから書けばいいんだろう?とりあえず、ここ数年を振り返ろう。誰かに語りかけているような文面だが、あくまで自分用に書いている。僕自身が親になったのは9年前。その...

  18. 父の入院3 - いぬ猫フェレット&人間

    父の入院3

    私の体調はようやく回復したかな、って今朝です。先週の火曜日、新潟から戻り、その直後は留守中にたまっていた洗濯物などの家事を片付けることが出来たけれど、おそらく、雪の新潟でかなり疲労し、免疫力が下がっているところで、駅かどこか人混みの中で、なんかのウイルスに感染したのだろう。体はだるいし、胃は張って気持ち悪いし、下痢するし(つまりは急性胃腸炎かと思われる)、喉も痛い(まだ喉は痛い)。そんな中、...

  19. 特に意味はありませんが伝えておきたいこと - 噂のさあらさんのブログ

    特に意味はありませんが伝えておきたいこと

    もしも私に何かあった時は、私がその結果に満足しているとどうか心に言い聞かせてください。なぜならこの世に起きるその全ては神さまが望むことしか起きないからです。そしてそれは常に「善」でしかありません。例えそれがどんなに孤独で、辛く、悲しい結末だったとしても、私たちはそのことの本当の結末を知らないのです。それは最期の審判の日に必ず明らかになります。どうか目の前にある哀しみや辛さだけをもって真実と思...

  20. 平成29年総括【わごいち】 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    平成29年総括【わごいち】

    先日、いとこの再婚相手であった旦那さんが亡くなりました。あまりにも若く、突然の死でした。参列させていただいたお通夜では多くの人の悲しみにくれる顔を見ました。。。そして‥、改めて私たちが生きるという事は、常に死が隣り合わせにあることを考えました。その事をついつい忘れて毎日を送れる中に、ほとんどの人がいるのが現実です。紛争が起こっている訳でも無い、地雷が埋まっている訳でも無い。だから、この日本に...

総件数:46 件

似ているタグ