殉愛のタグまとめ

殉愛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには殉愛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「殉愛」タグの記事(8)

  1. 「殉愛」真実って何? - 憂き世忘れ

    「殉愛」真実って何?

    百田さんの「殉愛」ですが、ノンフィクションということで書いている。事実と違う!と散々に言われたり書かれたり。たかじんさんとはほとんど面識がないと書いていながら、裁判では10回以上会ったと証言。これが何を意味するのか。前記事の落語「姫かたり」を解読して解った!作者がね、「赤穂事件の真実」を後世に残したいと思って書いたとしたら……。噺の表面は作り話。解る人にだけ解るように裏に「真実」を仕込んだ。...

  2. 「殉愛」読了。まとめでーす。 - 憂き世忘れ

    「殉愛」読了。まとめでーす。

    こんな感じです。プロローグ「短命」第一部第一章「猫の皿」第二章「宿屋の富」第三章「三味線栗毛」第四章「お若伊之助」第五章「妾馬」第六章「二階ぞめき」第七章「茶金」第二部第一章「鰍沢」第二章「三年目」第三章「ぼんぼん唄」第四章「茶汲み」第五章「麻のれん」第六章「五銭の遊び」第三部第一章「つるつる」第二章「一眼国」第三章「百年目」第四章「干物箱」第五章「六尺棒」第六章「狸賽」終章「たいこ腹」エピ...

  3. 落語「鰻の幇間」と「春琴抄」と「殉愛」 - 憂き世忘れ

    落語「鰻の幇間」と「春琴抄」と「殉愛」

    「鰻の幇間」を解読していたら、エーッ!私の「妄想」か「思い込み」かも知れないけど。「鰻の幇間」の、ストーリーは置いておきまして、「の幇間」=下ね太鼓=鉦(琴)太鼓雅楽で考えると「笙」がない。「鰻の幇間」=しょうがないまたは、「琴(弦楽器)」がないと考えれば「きんはない」=「金はない」=かなわない「鰻の幇間」=かなわない相手が一枚上手だったってこと。アレッ、これって……「春琴抄」?これも私の勝...

  4. 「殉愛」第三部の「約束」が「狸賽」だと思う。 - 憂き世忘れ

    「殉愛」第三部の「約束」が「狸賽」だと思う。

    「殉愛」が、志ん生師匠の噺と対応しているという読みで、解読中です。第三部の第六章「約束」なんだけど、死んだあと「男ができたら呪い殺す」とある。最初は「藁人形」と思った。呪った後にサングラスを残す。これってタヌキ?もう一個、不明なのがナイナイ岡村さんなら許すって。どーゆーこっちゃ!?「ナインティナイン」は「九十九」=「つくも」こちらの方のブログに感謝です。「ツクモ=九十九・津雲」とは何か。ht...

  5. 「殉愛」多くの読者は娘さんに共感しそう - 憂き世忘れ

    「殉愛」多くの読者は娘さんに共感しそう

    「殉愛」最後まで読みました。また最初にもどって、志ん生師匠の噺と結びつけて読み直します。で、フツーにストーリー読みした感想なんだけど……、段々と「二人のイチャイチャ」や「献身的」「天使のような」などが、鼻についてくる。逆に、娘さんの「裏表のない性格」に共感する。私だけじゃないと思う。コレって、小説家としての高度なワザ?「今こそ、韓国に謝ろう」は、誰の目にも「逆説表現」。「饅頭こわい」と一緒。...

  6. グリコ森永事件犯、カルタの謎 - 憂き世忘れ

    グリコ森永事件犯、カルタの謎

    「殉愛」を解読しています。興味を持ったキッカケが、JRP Televisionの動画。グリコ森永事件に、やしきたかじんさんが関わっていたという内容の、電子書籍があると紹介していた。で、「殉愛」のことが思い浮かんだ。マズいことに、「殉愛」が「菓子に毒」と読めてしまった。娘のHさんの年齢が、脅迫電話の女の子に近いし……。実家が鉄工所なら、青酸カリあるし。なので、読み始めは、気合いを入れて、実名で...

  7. 「殉愛」わーい、また師匠だ! - 憂き世忘れ

    「殉愛」わーい、また師匠だ!

    半分まで読みました。「涙を流さないで泣く」場面で、目からポロリと、涙じゃなくウロコ。まるで「茶汲み」じゃん!てなわけで、志ん生師匠の噺が「すかし」で入っていると思う。またしても。たしかに「妾馬」「三味線栗毛」などが残っていた。これに入っていたんですね。読みはじめ、「春琴抄」みたいだと思った。著者本人が取材したことと、さくらさんから聞いたこと、たかじんさんの残したメモなどがごちゃ混ぜ。すべてを...

  8. 「殉愛」に興味津々 - 憂き世忘れ

    「殉愛」に興味津々

    百田さんの小説は「幻庵」以外全部読みました。「日本国紀」と「副読本」「天皇論」も読みました。「今こそ韓国に〜」も、まだ読んでないけど買いました。これらは小説じゃないけど、「劇場型文学・三部作」って感じ。そうなると、いろいろ騒がれた「殉愛」は、いったい何だ?絶対に何かある気がする。「やしきたかじん」は名前しか知らないし、関西のテレビ番組も見たことがない。けど、興味津々。読んだら感想書きます。

総件数:8 件

似ているタグ