健康・医療ジャンル×毎日投稿のタグまとめ

毎日投稿」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには毎日投稿に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「毎日投稿」タグの記事(240)

  1. 「共感」と「過剰な自己同一化」の境界線 - 今日の易の言葉

    「共感」と「過剰な自己同一化」の境界線

    【6/17(月)の易の言葉】は【臨・リン】です。親や上司といった目上の立場になると、目下の人の人生に介入したくなるものです。しかし、【その人の人生の主役はあくまでもその人で、自分ではない】ことをわきまえていなければなりません。それが大事にするということです。【解説】人の幸福を自分のことのように喜び、人の悲しみを自分のことのように悲しむのならば、これは共感であり、実に人間らしいことと言えます。...

  2. 好きなように生きればいいが、自分の決断の責任を自分で引き受ける覚悟が必要 - 今日の易の言葉

    好きなように生きればいいが、自分の決断の責任を自分で引...

    【6/16(日)の易の言葉】は【乾・ケン】です。人の意見をよく聞き、数千年前から残されてきている知恵に心の耳を傾けながらも、自分がこうしたいと思う【自発的な気持ち】を大事にしましょう。人も意欲も様々です。この異なる動機と人格の調和が世界を形作っているのです。【解説】一度しかない人生です。基本は自分の好きなように生きればいいのです。もっともらしい正論をつけて、「(正論)だから、お前はそんなこと...

  3. 直感や思い付きは半分以上がハズレ - 今日の易の言葉

    直感や思い付きは半分以上がハズレ

    【6/15(土)の易の言葉】は【咸・カン】です。感情で行動することは悪いことではありません。なぜなら、計算だけで行動するのはロボットで人間ではないからです。しかし、その感情が【憧れや衝動、思いつきではダメ】です。感情と理性に節度があることが重要なのです。【解説】直感や思い付きの行動は、良い結果を招くこともありますが、半面で、裏目に出ることもあります。例えば、直感や思い付きで行動する人と一緒に...

  4. 不安やイライラは精神を守るための危険信号 - 今日の易の言葉

    不安やイライラは精神を守るための危険信号

    【6/14(金)の易の言葉】は【師・シ】です。無意識のうちに積み上がっていくのがストレスや不安です。これはあるところで表に出るのですが、善い結果の原因とも悪い結果の原因ともなります。【ストレスや不安の適切な処理】を心がけましょう。訓練を心がけ、理性で修正するのです。【解説】ストレスや不安、イライラなどは、快いものではありません。ですが、それにも理由があります。まずそもそも、人は快くない状態を...

  5. 自分を観察できない人は人の上に立ってはならない - 今日の易の言葉

    自分を観察できない人は人の上に立ってはならない

    【6/13(木)の易の言葉】は【観・カン】です。人は誰にもまして、【自分のことをしっかりと観察】しなければなりません。自分のことも観察できない人には、人を観察することはできません。誰かの目の中のホコリを気にする前に、自分の目の中にある柱に気づきましょう。【解説】自分のことを観察できない人が人の上に立つと大変なことが起きます。まずそもそも、自分のことを観察できない人は、自分のズルや自分の悪いと...

  6. 「言いなりになる」とは疑問を感じないこと - 今日の易の言葉

    「言いなりになる」とは疑問を感じないこと

    【6/12(水)の易の言葉】は【巽・ソン】です。人の言いなりになることと、人に従うことは違います。言いなりになれば犯罪も犯し、従うのならその人への忠告もでき、その人を見切ることもできるのです。【言いなりになるのはやめる勇気】を持ちましょう。自分も判断するのです。【解説】「言いなりになる」とは、言われたことに疑問を感じないことです。本来なら理不尽なことや、無理が必要なことを言われたときに、何も...

  7. 新しいことを始めるとき - 今日の易の言葉

    新しいことを始めるとき

    【6/11(火)の易の言葉】は【屯・チュン】です。物事の始まりでは、自分の思うように物事が進まないのは当たり前です。このようなときには、【自分の妥協と他者からの協力】が必要です。独断を控えて相談し、大筋は守りつつも細かいことにはこだわらないことです。【解説】ものごとの始まりとは、例えば、見ず知らずの土地に地図を片手に踏み込み、そこに自分の家を建て始めるようなことです。見ず知らずの土地では、誰...

  8. 結果を出すには「自ら取っていく我慢」が必要 - 今日の易の言葉

    結果を出すには「自ら取っていく我慢」が必要

    【6/10(月)の易の言葉】は【大蓄・タイチク】です。大きなことをするに当たっては、時間や生活や精神が犠牲になるのは当たり前のことです。【結果を出すには我慢が必要】なことを心に留めておきましょう。苦労は買ってでもしろとはこのことです。方向性も大事です。【解説】ここに言う我慢は、「苦労は買ってでもしろ」という言葉もあるように、本来なら避けて通るようなことを自ら取っていく我慢です。人が最も避けた...

  9. 人の行為はその人の心が安んずる所から生まれてくる - 今日の易の言葉

    人の行為はその人の心が安んずる所から生まれてくる

    【6/9(日)の易の言葉】は【旅・リョ】です。人生は自分の居場所を探す旅ともいえるでしょう。それなのに旅の恥はかき捨てとばかりに、節操のない行動をしていれば、居場所が見つかるはずがありません。【恥を知ること】が人に心やすらぐ居場所を提供するのです。【解説】主義主張といった無形の居場所にも、「旅をしているような状態」があるでしょう。しかし、主義主張やその人の生きざまのようなものは簡単には変わり...

  10. 人としての器が小さいからマウンティングや自慢話をする - 今日の易の言葉

    人としての器が小さいからマウンティングや自慢話をする

    【6/8(土)の易の言葉】は【謙・ケン】です。人は高い所に居ることと、何かを得ることを好みます。これは誰でも同じです。ですが、【高い所を避けて、むしろ譲る】ことが大事なのです。でないと、怨みといった余計なものがついてきます。遠慮するとは遠く慮ることなのです。【解説】ここに言う「謙」とは、「いっぱいにしないこと」であり、いっぱいにしないとは、「人間としての器を大きくすること」です。例えば、同じ...

  11. 現代日本には「恨みを買う人」を止める手立てがない - 今日の易の言葉

    現代日本には「恨みを買う人」を止める手立てがない

    【6/7(金)の易の言葉】は【噬嗑・ゼイコウ】です。時には誰かに怒ることも大事ですが、これは怒りに身を任せること、八つ当たりとは別のことです。【自分のために怒っていないか】よく考えましょう。刑罰や叱責は憂さ晴らしでなくて人を教え導くためにすることなのです。【解説】現代日本は、かなり治安の良い社会となりました。これは大変喜ぶべきことです。しかし、私は、その一方で「証拠の残らない悪事」言い換える...

  12. やりたいことをやらない我慢 - 今日の易の言葉

    やりたいことをやらない我慢

    【6/6(木)の易の言葉】は【小蓄・ショウチク】です。道理、つまり必ずうまくいく方法に従うためには、地道な忍耐と我慢が必要です。なぜなら、聖人ならともかく、普通の人間が道理に従い続けることなどできるはずがないからです。【我慢が必要ではないか】考えてみましょう。【解説】我慢や忍耐と一口に言ってもその種類はたくさんあります。ですが、ここに言う我慢とは、「地道な」という言葉もあるように、やりたいこ...

  13. 焦りとは砂漠の暑さでありシベリアの寒さである - 今日の易の言葉

    焦りとは砂漠の暑さでありシベリアの寒さである

    【6/5(水)の易の言葉】は【剥・ハク】です。人はとかく焦りに陥りやすいものです。目先の利益は大きく見え、遠くの目標は近く見えるからです。現実と今を見ることで【着実・堅実の道】を選びましょう。この気持が持てれば、心配していたことが馬鹿らしく思えてきます。【解説】早くしよう、うまくやろうという気持ちがはやり、これが高じて一線を越えると、これが「焦り」という気持ちになります。誰でも焦った経験はあ...

  14. 「ちょうどよい」とは「自分の思い通りになること」と少し違う - 今日の易の言葉

    「ちょうどよい」とは「自分の思い通りになること」と少し違う

    【6/4(火)の易の言葉】は【節・セツ】です。川の水は多ければ洪水となって害を及ぼし、少なければ水不足で皆を苦しめます。何も考えずに節約しないのも、苦しむほどの節約も、どちらも害があり不適切なのです。【自分を知ることで、自分のちょうどよい】を探しましょう。【解説】節約してちょうどよくすることは、自分の思い通りにすることとは少し違います。というのも、自分としては節約してちょうどよくしているつも...

  15. 叱責や怒ることが有効になる場合は非常に限られている - 今日の易の言葉

    叱責や怒ることが有効になる場合は非常に限られている

    【6/3(月)の易の言葉】は【噬嗑・ゼイコウ】です。時には誰かに怒ることも大事ですが、これは怒りに身を任せること、八つ当たりとは別のことです。【自分のために怒っていないか】よく考えましょう。刑罰や叱責は憂さ晴らしでなくて人を教え導くためにすることなのです。【解説】失敗した人を怒りたくなる気持ちは分かります。しかし、失敗した人が「なぜ自分は失敗してしまったのか」と反省し、落ち込んでいるときに、...

  16. 自分に害を及ぼす人は遠ざけるのが一番 - 今日の易の言葉

    自分に害を及ぼす人は遠ざけるのが一番

    【6/2(日)の易の言葉】は【遯・トン】です。人には逃げ場が必要です。行き詰まりは誰にでもあるからです。しかし、逃げ場に行くのは【その時の自分のやるべきことをやり終えてから】です。人の期待や要求に応えるのでなく、無理しない範囲で自分が納得できればいいのです。【解説】自分に害を及ぼす人は、遠ざけるのが一番です。相手からすれば「逃げた」ということになり、負けたような気になるかもしれないですが、よ...

  17. 森羅万象循環を止めることはできない - 今日の易の言葉

    森羅万象循環を止めることはできない

    【6/1(土)の易の言葉】は【渙・カン】です。人は欲張りですから、能力にしても、物や人にしても、集めることばかりに集中してしまいます。しかし、それは今も意味のあるものでしょうか。未練を捨て、また思い切って【捨てるべき時に捨て使うべき時に使う】ことが重要です。【解説】森羅万象は基本的に循環します。つまり、行けば帰り、過ぎれば戻り、入れば出るということです。もしも、この循環をどこかで止めようとす...

  18. 同じ自己満足でもこの喜びは嫌われる - 今日の易の言葉

    同じ自己満足でもこの喜びは嫌われる

    【5/31(金)の易の言葉】は【兌・ダ】です。喜びとは一人なら1ですが、二人以上で分かち合えば、2にも3にもなります。喜びとは人と分かち合うことができるものであり、極論すれば、【喜びとは喜ばれること】であるのです。自己満足はその場限りで何の拠り所にもなりません。【解説】喜びと一言で言っても、自分以外の人との関係で言えば、それは三種類ということになります。一つ目が、和して喜ぶ、自分も他の人も、...

  19. 行動は意思に影響を及ぼす - 今日の易の言葉

    行動は意思に影響を及ぼす

    【5/30(木)の易の言葉】は【随・ズイ】です。車の後輪は必ず前輪に付き従います。誰かや何かに付き従うとはこのようなことです。後進が先達に従うのは当然ですが、時には【自分の進んでいる方向を見定める】ことをしなければなりません。前輪と後輪は一蓮托生であるのです。【解説】一般的に、人は意思を持って動こうとしてから動くもの、例えば、手を動かそうと思ってから手が動く、と思われていますが、最新機器で計...

  20. 困難なときこそ新しいことに目を向けるとき - 今日の易の言葉

    困難なときこそ新しいことに目を向けるとき

    【5/29(水)の易の言葉】は【屯・チュン】です。物事の始まりでは、自分の思うように物事が進まないのは当たり前です。このようなときには、【自分の妥協と他者からの協力】が必要です。独断を控えて相談し、大筋は守りつつも細かいことにはこだわらないことです。【解説】物事の始まる時とは、困難を抱えているときが多いものです。例えば、本気で副業を始めるときとは、おそらく、本業での稼ぎに問題があり、それが困...

総件数:240 件

似ているタグ