比例代表制のタグまとめ

比例代表制」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには比例代表制に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「比例代表制」タグの記事(13)

  1. 平等で多彩な議会を生み出す選挙制度【動画】 - FEM-NEWS

    平等で多彩な議会を生み出す選挙制度【動画】

    なんで日本の議会には女性が少ないのか。男尊女卑、強い性役割、やる気のない政党、夫の無理解、カネのかかる選挙ーーーいろいろあるだろうけれど、最大の原因は何だろう?女性議員を数多く輩出してきた国々の選挙を調べてみた。たとえば、男女平等の先頭を切る北欧諸国の選挙制度は? 北欧5カ国、すべて、比例代表制選挙だった。なかでも、首相・財務相・外相が女性であるだけでなく、閣僚の50%、国会議員の41%が女...

  2. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」講演録2 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」講演録2

    4月20日に開かれた「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」の講演録2です。この前段は講演録1をどうぞ。■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」講演録1■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道2■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して④(...

  3. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道

    4月20日の国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が、「I 女のしんぶん」に報道された。代表的比例代表の国ノルウェーは、法でクオータ制は規制されていないが、政党の多くがクオータ制を導入している。ニュージーランドは世界初の女性参政権獲得国だが、比例代表併用制に変わって女性議員が増えた。韓国は、日本と同じ小選挙区比例代表並立制だが、比例区にクオ...

  4. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言

    4月20日、国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。ノルウェー、ニュージーランド、韓国の講師が選挙制度と女性議員増の関係について報告した。なぜ比例代表制では女性議員が増えやすいか。議会に女性が増えた結果、暮らしや子育てはどう変わったか。刺激的なスピーチが続いた後、最後に、城倉哲(公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト)と伊藤正...

  5. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して④ - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して④

    4月20日、東京で国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。「安倍政治を許さない」と思うこの頃だが、横暴な男たちがのさばり、女の声がかき消されている日本の政治構造は、ますます許せない。世界ではどのように女の発言が認められるようになったかを知りたくて、京都から参加した。   ノルウェー、ニュージーランド、韓国はどう変わってきたかについ...

  6. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して③ - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して③

    4月20日、国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加した。会場に入った時、開会時刻前だったにもかかわらずほぼ満席で、人々の熱気が満ちていたのにまず驚いた。予想以上に詰めかけたようで、慌てて補助いすを設置していた。「選挙」とか「政治」をテーマにすると、来場者は年配男性が目立つイメージがあるが、このシンポジウムでは参加者の7割を女性が占めていた。それだけ今の日本の現状を「変えたい!...

  7. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して② - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して②

    「選挙を変えれば暮らしが変わる」という国際シンポジウムに参加してきました。ノルウェー、ニュージーランド、韓国の大使館の方がいらして、選挙システムについてのお話が聞けました。3カ国の驚くばかりの女性の参加率に、本当に日本はどれだけ遅れているんだろうと思いました。政府は、女性に輝け、とか言いながら、政権の中心いる男性達の女性蔑視が毎日のようにニュースになる日本です。財務省の麻生大臣は、次官のセク...

  8. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ノルウェー - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ノルウェー

    4月20日、東京で「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。ノルウェー、ニュージーランド、韓国の代表たちは、自国の選挙制度と女性の進出などについて熱っぽく語った。スピーチ内容を要約して、国ごとに紹介する。■ノルウェー「世界で最も幸せな国の選挙制度」(講師:トム・クナップスクーグ参事官、通訳:仙波亜美広報担当官)ノルウェーは、労働界への女性参加が世界...

  9. 女性に優しい政治をかなえる比例代表制選挙(NZ) - FEM-NEWS

    女性に優しい政治をかなえる比例代表制選挙(NZ)

    ニュージーランドは、人口470万の島国だ。国王はイギリスの国王がかねる。選挙もイギリスと同じ小選挙区制だったが、日本がイギリスを真似て小選挙区制に変えた頃、比例併用制に変えた。ニュージーランド国民が「小選挙区制は不公平だ」と抗議をしてきたからだと言われている。ニュージーランドは、比例中心に変えた結果「政治がガラリと変わった」。緑の党の国会議員の発言を翻訳してFEM-NEWSに紹介したとおりだ...

  10. 男女平等法の歌(ノルウェー) - FEM-NEWS

    男女平等法の歌(ノルウェー)

    先月、来日したノルウェーの首相アーナ・ソールバルグ(保守党)は、大学生でベルゲン市議会議員になった。18歳だった。後、20代でベルゲン市から選出されて国会議員に。ソールバルグ首相は、訪日記念講演会において、ノルウェーで女性議員が多い理由に、「選挙制度が比例代表制だから」と言った。党内女性部の強さも紹介した。1980年代、私はノルウェー労働党や左派社会党の人たちから「女性議員が多いのは、政党が...

  11. 女性議員増を選挙システムから考える - FEM-NEWS

    女性議員増を選挙システムから考える

    4月20日、3カ国からスピーカーを招いて、国際シンポジウムを開く。「選挙が変われば、暮らしが変わる:モノトーン議会からオーケストラ議会へ」というキャッチで、女性やマイノリティの声を議会に反映する選挙システムを考えようという試みだ。3カ国とは北欧のノルウェー、太平洋諸国のニュージーランド、アジアの韓国だ。ノルウェーは比例代表制選挙、ニュージーランドはドイツと似た比例代表制が基本の選挙(併用制と...

  12. ♪ モノトーン議会からオーケストラ議会へ ♬ - FEM-NEWS

    ♪ モノトーン議会からオーケストラ議会へ ♬

    日本の「モノトーン政治」は小選挙区制のせい? 私たちの暮らしにかかわる憲法、原発、労働、女性差別…は、熟議を求めています。それなのに、国会は一強多弱で「モノトーン化」し、多数を背景に強行的採決をくり返すだけ。世界には、民意を反映しやすい比例代表制の選挙で代表を選び、多様な議会を持っている国が多くあります。そんな国々のシングルマザー、高齢者、ハンディを持つ人など社会的マイノリティの暮らしは、ど...

  13. ブックレット『小選挙区制のワナ』刊行 - FEM-NEWS

    ブックレット『小選挙区制のワナ』刊行

    ブックレット『小選挙区制のワナ』が、先日、かもがわ出版から刊行された。600円!小選挙区制は、政権政党から自由な議論を奪い、「安倍一強」政治を生み出した。国民の価値観が多様化し、憲法でも原発でも労働でも貧困でも、熟議を求めている。それなのに、国会はモノトーン化し、多数を背景に強行的採決をくり返す。その根源には、小選挙区制選挙がある。どうやったら新しい制度に切り替え、国民の声を反映できる政治に...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ