毛鉤のタグまとめ

毛鉤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには毛鉤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「毛鉤」タグの記事(7)

  1. 補充 - Hair Produce TIARE

    補充

    今年のGWは全国お出かけ自粛モード。と、いうより自粛しないとコロナウイルス感染が止まらないでしょう。「何すりゃいいの?」と、いう声があちこちで聞こえてきますけど、ここは日本人としてみんなで協力しあって人のいるところに出かけるのを控えましょうよ。今年は今まで連休をとってこなかったGW中の連休を初めてとるつもりで定休日の予定に入っていて久しぶりに1泊キャンプに行くつもりでいました。しかしながらコ...

  2. 人よりも生き物たちは敏感に季節を感じている、って当たり前か - Trial and Error

    人よりも生き物たちは敏感に季節を感じている、って当たり前か

    昨日、ちょっと釣りをしてきた。事情があって場所が書けないから詳しい記事にしないけど、1時間半で2尾、バラし2尾。釣れたのは25cmくらいの綺麗なイワナだった。バーブレスでもバラさないで取り込むコツを掴まないとなぁ。今年は例年より釣り歩いている。4月に3回、5月に3回、6月もこれで3回目。なぜかというと、時期によるイワナの動きの変化を知りたかった。調査なら同じ沢に入るのが良いと思われるけど、そ...

  3. ダメージは最小限にしたい - Trial and Error

    ダメージは最小限にしたい

    最近、ほぼ毎週釣りに出かけている。小さな沢が多いので、頭上の木の枝などに引っかかってしまうことが多い。つい周りの状況を見落としてしまうんだよね。未熟です。で、毛鉤巻き。昨年、イワナの腹から大量のぶな虫が出てきたことを思い出して、試しにぶな虫色も。左がいつものパターン。頭の部分を赤くして、ボディに孔雀。今回は全てバーブレス。最近はいつもバーブレスを使うようにしている。今までもリリース前提で入る...

  4. イワナに遊ばれた渓【宮城県・大行沢】 - Trial and Error

    イワナに遊ばれた渓【宮城県・大行沢】

    大行沢は名取川の支流、二口渓谷のキャンプ場手前で出会う沢。多分、釣りよりも沢登りの人たちに有名なんじゃないかな。ネットで「大行沢」を検索すると、沢登りの記録が多数出てくる。なので、沢屋さんとバッティングしないように平日に釣行。8:35大東岳登山道の裏コースを出発。しっかり整備された登山道だ。岩の後ろに杖が3本1本借りる。途中、この沢に山菜採りに来て亡くなったという方の小さな慰霊碑に手を合わせ...

  5. 初釣行初イワナ【宮城県・大綱鳥沢】 - Trial and Error

    初釣行初イワナ【宮城県・大綱鳥沢】

    関山街道を走る。作並温泉を過ぎて除雪ステーションの手前の林道が熊沢林道。林道には雪が残っていたけど、これは先週の雪だろうね。熊沢にかかる橋を渡ると道が二手に分かれる。左に行くとすぐに通行止のロープ。こちらが大綱鳥沢への道。歩き出して5分ほどで崖崩れ。その前後はまだ車が走れそうなしっかりした道。林業関係者はまだ入っているのかも。30分ほど歩くと大綱鳥沢に出る。この沢に入るのは十数年ぶり。あまり...

  6. やっぱり行ってみなければわからない【山形県銅山川】 - Trial and Error

    やっぱり行ってみなければわからない【山形県銅山川】

    8月14日釣行宮城は雨。ずーっと雨。広瀬川はすっかり増水して釣りにならない。盆明けまでに行ってみたいと思っていた沢に行くことにした。山形県大蔵村の銅山川上流域。中流域の銅山跡の辺りには20年くらい前に入った事がある。釣果はさっぱりだったが、いつかこの上流域に行ってみたいと思っていた。ただ、なかなか情報がなくて行っていなかった。しかし今の時代、ネットで国土地理院の地図が見る事が出来るし、釣りの...

  7. 洋の毛鉤と和の毛鉤 - Trial and Error

    洋の毛鉤と和の毛鉤

    先日、娘との釣行前に買ったフライ用の毛鉤、エルクヘアカディス(右)。最も有名なドライフライのひとつですよね。先日、青下川を案内したアメリカ人が「エルクの毛は中空になっていて浮くから良いぞ」と言っていた。つまり、このエルクヘアカディスですね。何年か前にご一緒したテンカラ師がこれを使っていた。ドライフライだから浮くし、色も白いから目立つ。後ろから見ていてもどこを流れているかはっきりと見えた。それ...

総件数:7 件

似ているタグ