気動車のタグまとめ

気動車」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには気動車に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「気動車」タグの記事(24)

  1. 気動車発達史 番外編 客車改造客車 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 番外編 客車改造客車

    客車を改造して気動車にした話 50系客車を改造して、気動車に・・・。JR西日本では、1988年に50系客車を改造したキハ33形気動車が2両製造されました。余剰気味の50系客車を改造して、ローカル気動車に改造しようとしたようですが、以外と改造に費用がかかったからかもしれませんが、試作の2両で終わってしまいました。鬼太郎列車に改装されたりして、山陰本線・境線を走っていました。聞けば現在は、1両は...

  2. 気動車発達史 27-2 アルファコンチネンタルエクスプレスの話 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 27-2 アルファコンチネンタルエクスプ...

    久々に気動車発達史をアップしたいと思います。国鉄末期にキハ28・58形を改造したアルファコンチネンタルエクスプレス(キハ59・29)に関するお話です。アルファコンチネンタルエクスプレスは車両もさることながら、その販売方法はギャランティ方式と呼ばれるものが導入されました、この辺は技術的な部分とは外れますので詳細は省略しますが、買い上げ運賃のうち、国鉄側に不足が生じた場合はホテルがその不足金を充...

  3. 2018年GW 播但線に咲き誇る藤 - ローカル無人駅  

    2018年GW 播但線に咲き誇る藤

    目立つキハ、目立たぬ藤GWに訪れた播但線、普段と何か違う!こんなに沢山藤があったんだ!2018-4-30 播但線 生野~寺前桜と同じで目で見ると美しいがなかなか画像に上手くまとめるのは難しいこんなにあちこちに藤のツルがあったとは...二週間もすれば藤が咲いていたことさえ忘れてしまうほど後かともなくなるんだろうなぁ~W

  4. 気動車発達史 27 ジョイフルトレインの誕生 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 27 ジョイフルトレインの誕生

    ジョイフルトレイン、覚えていますか?ルーツは東京南鉄道管理局が製作した欧風列車「サロンエクスプレス東京」からと言われています。大鉄局も一ヶ月遅れで、「サロンカーなにわ」を登場させるなど各管理局では、新しい団体旅行のスタイルとして、客車を改造したこうした車両をお座敷客車に代えて、若年層向けの車両の開発が行われていました。並行して老朽化したお座敷客車も12系客車を改造されスロ81系は淘汰されてい...

  5. 気動車発達史 26 キハ38形 通勤形気動車 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 26 キハ38形 通勤形気動車

    キハ38誕生の背景キハ28が計画された背景には、ローカル線の廃止問題が絡んでいました、昭和58年には、ローカル線の基本仕様と言うべきキハ37が製作されました。この車両はよく考えられていて、片運転台ですが、運転台後ろに出入り口があり、反対側は少し中心よりにドアが設けられており、将来ワンマン運転にも配慮された車両であり、窓割りもキハ40系列に準じており、クロスシートに置き換えることも容易な構造と...

  6. KATO島原鉄道キハ20の色入れ(島鉄旧塗装) - カンタス時々キャセイの旅 Nゲージ鉄道模型編(by tabi-okane)

    KATO島原鉄道キハ20の色入れ(島鉄旧塗装)

    先日開封したKATO(というかラウンドハウス)の島原鉄道キハ20です。とりあえず島鉄旧塗装を色入れしてみます。Hゴムとサッシを色入れします。扉下部の明かり窓は黒を差してそれらしくします。Hゴム部分は厚みを消すためにフラットブラックを塗っておきます。それからグレーを色差しします。とてもアップに耐えられない写真ですが、色入れなしよりはだいぶ表情が出てきたように思います。色入れは終わったんですが、...

  7. 気動車発達史 25 直噴気動車の導入 キハ37 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 25 直噴気動車の導入 キハ37

    本日から、国鉄の直噴エンジンを搭載したキハ37のお話をさせていただこうと思います。キハ37は、地方ローカル線で使用する気動車として、軽量で安価に製造できる車両という視点から開発され、キハ47と比較して60%の価格で生産されたと書かれています。昭和56年度第3次債務で5両の量産先行車が試作され。昭和58年1月に落成、各種試験に供されています。千葉局の久留里線に3両、大鉄局の加古川線に2両が配置...

  8. 気動車発達史 24 新系列一般型気動車 キハ40系列 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 24 新系列一般型気動車 キハ40系列

    新国鉄標準気動車キハ40系昭和50年3月に登場したキハ66・67形気動車は転換クロスシートを装備した意欲的な気動車であり、計画では新潟地区など10だ気動車が集中的に配備されている地域などの置換えも視野に入れているとのことで、試作的意味合いを込めて30両を集中的に筑豊地区に投入したとされていますが、冷房装置搭載による重量増と、国鉄の財政悪化も重なり、結果的にはキハ66・67は増備されず、他の線...

  9. まだ空知・夕張に炭田があった頃 - 1982年 - - ねこの撮った汽車

    まだ空知・夕張に炭田があった頃 - 1982年 -

    こんばんは1982年、朝の砂川駅構内には石炭を満載した貨物列車が並んでいました。まだ空知・夕張に炭田があった頃のことでした。1982/8/11 砂川 623D/キハ40 他(画をクリックすると大きな画が開けます)この日は午後から雨…南大夕張駅は人の気配なく…DL55に挟まれた2両の客車が雨に打たれながら乗客を待つ…1982/8/11 南大夕張 6レ 客車の中は木の背ずりにビニール張りのシート...

  10. KATO キハ65旧製品のスカートを交換 - カンタス時々キャセイの旅 Nゲージ鉄道模型編(by tabi-okane)

    KATO キハ65旧製品のスカートを交換

    手持ちのKATOキハ65旧製品のスカートをASSYのキハ65スカートに交換してみました。旧製品はキハ40のスカートを流用してますので印象はだいぶ違います。左が交換前、右が交換後です。幌付きの車輛。だいぶ新製品との見た目の差が少なくなってきたような。だいぶスクエアな感じになってきましたこちらは幌なし。新製品と並べてみました。旧製品は前窓の位置が気持ち低いのと、赤の面積が上にやや広がっているのが...

  11. 気動車発達史 23 10系気動車置換えの汎用気動車 キハ66・67 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 23 10系気動車置換えの汎用気動車 キ...

    キハ10系気動車の置換え用として国鉄用気動車は、昭和40年代前半まで新製が続きましたがその後は電化の進展などによる配点で賄われてきたこともあり、本格的な近郊形として開発されたキハ45も100両程で製造は中止されてしまいました。無煙化の立役者となった10系気動車も、その後誕生した気動車と比べるとその居住性は劣り、老朽化と相まって大変見劣りしていました。そこで、置換えを考慮して新設計された気動車...

  12. 気動車発達史 22 高出力気動車再び キハ65系急行気動車 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 22 高出力気動車再び キハ65系急行気動車

    急行列車の冷房化推進昭和40年代になると、生活水準は向上し、急行用1等車【グリーン車】も冷房化が進み、旧2等寝台のマロネ29やスロネ30と言った1等C寝台(非冷房車)も淘汰されており、引き続き急行用2等車の冷房化が計画されることとなりました。しかし、ここで気動車の冷房用電源をどのように確保するべきかという問題が生じたのです。特急気動車の場合は、キハ80系では、DMH17H-G形エンジンで発電...

  13. 気動車発達史 21 高出力特急気動車 キハ181系誕生 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 21 高出力特急気動車 キハ181系誕生

    特急用気動車 キハ181系誕生昭和43年10月の改正で、中央西線に特急気動車による高速運転が計画され、その目的達成のために計画されたのが、キハ181系特急気動車でした。既に、特急気動車としてはキハ80系気動車が走っていましたが、DMH17Hエンジンは1台あたりの出力が180PSと小さく、同一エンジンを普通列車も特急列車も使用することで得られたメリットも多かったのですが、特急気動車の場合編成あ...

  14. 2018年3月 山陰線西部 - ローカル無人駅  

    2018年3月 山陰線西部

    斜陽の輝き紅いダルマになる前、キラキラと金色に輝く海面は刻々と姿を変えていく...一瞬、列車が駆けて行く2018-03-31 山陰線 惣郷橋梁 1572D瞬き、よそ見禁止の動画です!www 今回の行脚のもう一つの目的はここで夕刻でのシルエットを撮る事楽日には少し時季が過ぎているのですが山に登るつもりだったので暗闇になって下山するのは初めてでは危険なので一つ前のキラキラを狙うためここへ来て見た...

  15. 気動車発達史 20 従来型気動車の居住性を改善したキハ45誕生 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 20 従来型気動車の居住性を改善したキハ...

    鉄初の近郊形気動車誕生国鉄では、昭和41年から113系に準じた気動車を投入することとなりました。今までの一般形と呼ばれた気動車は、片開き式の1枚扉でしたが、キハ45は113系のような両開き扉を採用した車両前面はキハ58系に似た前照灯が2灯付いたスタイルを踏襲、窓は113系と同じパノラミックウインドウを採用していました。ただ、車両幅は今までの一般気動車と同じ2800mm【正確には2803mm】...

  16. 気動車発達史 19 キハ90形気動車の開発 2 量産試作車偏 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 19 キハ90形気動車の開発 2 量産試作車偏

    量産型キハ91誕生キハ90形並びにキハ91形は新製後、千葉区に配属され検討された結果、大出力のDML30系エンジンを今後の気動車の標準エンジンとすることが決定されました。(在来気動車との併結の際は、読み替え装置が設けられていたそうです)高出力エンジンを使用することで、付随車を随時挿入することが出来るほか、冷房用エンジンを設置するスペースを確保できることで経済性が高まると言う判断でした。そこで...

  17. 気動車発達史 18 キハ90形気動車の開発 試作車編 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 18 キハ90形気動車の開発 試作車編

    長々と続けておりますが、今回は新系列気動車の基礎となった、キハ90・91のお話をさせていただこうと思います。車両に関しては結構見つかるのですが、肝心のDMF15エンジンとかFDML30HS系エンジンに関する資料が手元に無くて・・・。その辺りの不明な点は補足いただければ幸いです。高出力気動車用エンジンの開発と挫折さて、国鉄でもDMH17系エンジンによる保守費の増加や製造コストが高くなることに対...

  18. 気動車発達史 17 キハ35形通勤形気動車の誕生 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 17 キハ35形通勤形気動車の誕生

    本日から、キハ35形通勤気動車のお話をさせていただこうと思います。キハ35形気動車と、便所の設備を撤去したキハ36、両運転台のキハ30があり、寒冷地向けの500番台や、オールステンレス車体として試作された900番台があります。通勤用気動車の誕生さて、キハ35形気動車が誕生した背景ですが、通勤対策が大幅に遅れていることが原因でした、その辺の事情を天王寺鉄道管理局三十年写真史に求めてみますと、下...

  19. 気動車発達史 16 キハ58形気動車の誕生 修学旅行用800番台誕生 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 16 キハ58形気動車の誕生 修学旅行用...

    久々に、投稿させていただきます。キハ28・58のお話、結構書き始めると深くなってしまってなかなか進みません。やっと、修学旅行気動車のお話をさせていただける手はずとなりました。キハ28・58は急行用の代表的な形式として活躍しましたが、修学旅行用としてもキハ28・58が製造されました。修学旅行用として製造されたのは、キハ58形19両とキハ28形13両の合計32両で、昭和37年(1962)~昭和3...

  20. 2018年3月 早春の播但線 - ローカル無人駅  

    2018年3月 早春の播但線

    ぶらり播但線へ2018-03 播但線 寺前~長谷 市川第一橋梁俯瞰今年の冬は北部でかなりの降雪だったが播但線への積雪はそれほどではなく積雪があった時はタイミング合わず撮影に出かけられず...泣今年の雪のシーンは撮れず終いでした。春先の水張の下見にウロウロ...新芽が出る前見通しのいい間に気になっていた場所へ行ったり、以前に撮った場所などを歩いてみました。今回は早朝から昼過ぎまで寺前駅~長谷間...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ