水彩画の基本のタグまとめ

水彩画の基本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには水彩画の基本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「水彩画の基本」タグの記事(6)

  1. 水彩の川柳をつくりました - 福井良佑の水彩画  Watercolor Terrace

    水彩の川柳をつくりました

    透明水彩に関する極意や注意点を50句の川柳にしてみました。字余りの句もありますので、どうぞ悪しからず。水彩画塗らないことの大切さ実物色と水彩色は違うものデッサンの始めは薄くアタリかなデッサンは絵の一部と理解するデッサンは線の強弱生命線あせらずに急がば回れ下絵描く塗る時に初めて分かる形の狂い混色時知っておくべき色相環渋い色補色を混ぜると簡単に色により違いがあるよ透明度水彩紙紙の数だけ個性あり水...

  2. 透明水彩絵の具の奥深さ - 福井良佑の水彩画  Watercolor Terrace

    透明水彩絵の具の奥深さ

    透明色・不透明色を知っていた方が絶対に特透明水彩絵の具には透明色と不透明色があります。これを知っていると彩色の時にとても便利です。例えば1回の塗りで強い色合いを作りたい時には不透明色を使うと、その後の重色をしなくても済む場合があります。明るい作風にしたい時は透明色を多用すると良いと思います。また重色する際に下層の色を生かしたい時は透明色、下層の色をあまり見せたくない時はに不透明色、を塗るとい...

  3. 「水彩紙の比較」 - 福井良佑の水彩画  Watercolor Terrace

    「水彩紙の比較」

    さまざまな紙から学ぶ水の現象例えばアヴァロンという水彩紙は画面を濡らすと暫くは乾かないという性質を持っています。そのため、水分量を少なめに設定したり、滲みやボカシの作業をゆっくりとすることができます。一方 ホワイト・アイビスという紙は水の浸み込みが非常に早いので、水分量を多めに、更に作業を早く行う必要があります。どちらが優秀な水彩紙ということではなく、その紙に合った水加減や作業が必要です。「...

  4. 「観察・物を見る目について」 - 福井良佑の水彩画  Watercolor Terrace

    「観察・物を見る目について」

    水彩通信講座3番を配信します。観察・物を見る目について絵画に於いて物を観察するということは、絵を描くテクニックより大切です。いくら技術があっても観察眼が無ければ、その効力は無いに等しいかも知れません。しかし観察眼さえあれば、少々の技術不足はカバーできますし、失敗してもその原因が何であるかが分り、納得することができます。本日6月22日通信講座の3番「観察・物を見る目について」を配信開始します。...

  5. 「にじみのポイントと楽しみ方」 - 福井良佑の水彩画  Watercolor Terrace

    「にじみのポイントと楽しみ方」

    水彩通信講座の2番教材「にじみのポイントと楽しみ方」が今日配信されました。にじみの魅力についてにじみの魅力は何と言っても「人の技術では表現しきれない水の表情が楽しめる」ことです。画面に水を引き、色を置いた瞬間にパァっと花火のように広がる時の感激は何とも言えません。また水加減とタイミング次第では様々な表情を作ることが出来るので、この技法をマスターすると水彩画を描く楽しさが倍増します。正に水彩の...

  6. 「ぼかしのコツと極意」 - 福井良佑の水彩画  Watercolor Terrace

    「ぼかしのコツと極意」

    水彩通信講座の1番教材「ぼかしのコツと極意」が今日配信されました。透明水彩の根幹を成す技法の一つとして「ぼかし」があります。ぼかしが上手く出来なくて、悩む受講生は非常に多く、講師の私としましても、課題の一つです。私の水彩通信講座の教材の第1番「ぼかしのコツと極意」が本日配信されました。豊富な動画と画像を盛り込み、丁寧な解説を心がけて制作しました。「ぼかし」の基本から極意までを詳細にお伝えしま...

総件数:6 件

似ているタグ