水戸市植物公園のタグまとめ

水戸市植物公園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには水戸市植物公園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「水戸市植物公園」タグの記事(25)

  1. 愛でる時 - 陽だまりcafe

    愛でる時

    5月もあと数日で終わりを迎える。一番花が綺麗な季節だなぁと素直に思う。しっとりとした写真も好きだけれど、ハイキー気味の写真を撮るのも好き。シャスターデイジー。手前の花でふんわりぼかして柔らかく。。。4月末にリニューアルした水戸市植物公園。温室もさらに華やかに。今回初めて知ったことなのだけど、以前upした「七ツ洞公園」も同じ管轄なのだそう。こうして花を楽しめるのも管理して下さる方の陰の努力の賜...

  2. 魅せられて - 陽だまりcafe

    魅せられて

    水戸市植物公園のバラ。華やかで艶やかで慎ましく。5月の光、なんて綺麗なのだろう・・。※何かありましたら↓のコメント欄へ

  3. 水辺で咲く - 陽だまりcafe

    水辺で咲く

    池のほとりで咲くマーガレット。爽やかな風、初夏の匂い。光がとても綺麗だった。久々の映り込み。深く優しい水辺の時間。※何かありましたら↓のコメント欄へ昨日は久々の皆既月食。三脚にカメラをセットして来るべき時を待っていたけれど月は厚い雲に隠れ、結局見れず仕舞い。残念。皆さんのお住まいのところは見れたでしょうか?次は12年後の2033年。「そういえば前回の皆既月食の時は新型コロナがあった年だったね...

  4. 走り梅雨 - 陽だまりcafe

    走り梅雨

    「走り梅雨」。梅雨の到来に先駆けて降る今頃の雨のこと。雨が降ったあとの植物公園。花々が生き生きし、光が柔らかい曇り空。今年も出逢えた丁子草(チョウジソウ)。花言葉は「上品な優雅さ」。この色、大好き。

  5. 心優先パスポート - 陽だまりcafe

    心優先パスポート

    2021年4月1日から、毎日が写真日和。国営ひたち海浜公園の年間パスポートを作ったことで気を良くし、続けて水戸市植物公園の年間パスポートも作った(こちらは年間500円)。写真を撮りに行く毎に、頭の中のモヤモヤや眩暈が薄らいでいく。心と身体って本当に繋がっているのだなぁと改めて実感。年間パスポートは私にとって「心優先パスポート」だ。※息子がせっかくなら日立にあるかみね動物園の年間パスポートも作...

  6. セツブンソウの咲く頃 - 陽だまりcafe

    セツブンソウの咲く頃

    セツブンソウの花咲く頃に生まれた娘。あれからうん十年、物凄く長い年月を共に笑い、共に生きてきた。その娘が自分自身の誕生日付け(2月12日)で住所変更をし、昨日、13日から一人暮らしを始めた。彼女が選んだ引越し先は、家から車で10分の新築賃貸マンション1LDK。あまりにもスープが冷めな過ぎて笑ってしまったけれど同じ階は女性オンリーと聞き安心材料が多くホッ。もう十分大人だし、親があれこれ手や口を...

  7. 16年。。 - 陽だまりcafe

    16年。。

    今日、ひょんなことから16年前にYahoo掲示板でお話していた方のブログに辿り着いた。当時、今のように多様なSNSはなく、掲示板が主流。息子にネットのイロハを教わりながら掲示板&映画のHPを開設。キムタクのドラマ「空から降る一億の星」好きが集まって、掲示板上で複数人の方とドラマの話をワイワイ話していた。いつの間にか気の合う仲間たち(自然と同年代ばかりとなり)とドラマとは関係ない話ばかりするよ...

  8. 梅雨じたく - 陽だまりcafe

    梅雨じたく

    クレマチス。この季節によく目にする花。この花のことを私がクレマチスと言うと、亡くなった母は「テッセンね」と言い直していた。どちらの呼び方も正解なのだけど、今日の写真はなんとなくテッセンの気分^^5月30日。5(ご)3(み)0(ぜろ)ゴミゼロ・・掃除の日。今日から一週間、ごみ軽減化・リサイクル推進週間なのだそう。梅雨が来る前にしたいこと。カビが生えてしまわないよう、換気扇の掃除やお靴箱まわりを...

  9. なんじゃもんじゃ - 陽だまりcafe

    なんじゃもんじゃ

    ヒトツバタゴ。別名、なんじゃもんじゃの木。この木はいったいなんだ、なんじゃこりゃ・・からきているのだそう。お久しぶりです。お元気ですか?緊急事態宣言が解除され、学生たちも学校に行けるようになりとても賑やか。あぁ、この光景を見たかった♡若者たちが戻ってきてくれて嬉しい反面、なんじゃもんじゃな電車内(-_-;)二次感染、気をつけなければ・・。

  10. ハンカチノキ - 陽だまりcafe

    ハンカチノキ

    この時期にしか会えない子♡

  11. 上品な優雅さ - 陽だまりcafe

    上品な優雅さ

    丁子草(チョウジソウ)。花言葉は「上品な優雅さ」。日本では絶滅危惧種のひとつになってしまった可憐な花。今年も元気に咲いててくれた。花を撮る。写真を撮る。なんて嬉しくて楽しいのだろう。当たり前だった日常はけっして当たり前ではなかったのだと気付かされだからこそ、一日一日を丁寧に日日是好日と楽しむのみ。今日はラブレターの日。こい(五)ぶ(二)み(三)の語呂合わせ♡アフターコロナでしたいこと

  12. 花とともに - 陽だまりcafe

    花とともに

    人間も昆虫も花とともに生きてるんだなぁ。昨日、季節は「小満」を迎えた。「小満」とは、麦の穂が無事に実り少しずつ色づきだすことに農家の方がほっと一安心(少し満足)したのが語源なのだそう。草木も虫も花々も、そして私たち人間も少しほっと一安心。そろりそろりと花を撮りに行く。アフターコロナでしたいこと

  13. 真実の愛 - 陽だまりcafe

    真実の愛

    花に教えられる事ばかり。。

  14. 苗字の日 - 陽だまりcafe

    苗字の日

    今日は苗字の日。1875年(明治8年)、苗字を名乗ることが義務になった日なのだそう。突然、苗字をつけろと言われたら、私だったらなんてつけるだろう。発想が乏しい私は好きな映画俳優の苗字ばかり浮かんてしまう^^私の苗字はごくごく普通で、旧姓もごくごく普通。ついでに言うなら名前も普通。だけど、とても愛着のある大好きな苗字。今日の写真は「ハンカチの木」。4月下旬~、枝に白いハンカチがぶら下がったよう...

  15. 楽しみの先送り - 陽だまりcafe

    楽しみの先送り

    未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。(ピーター・ドラッカー)昨日、写真教室の先生から羽田空港飛行機撮影会(2月下旬の予定でした)延期の連絡が入った。「皆さん、とても不安な日々だと思います。過剰反応かもしれないけれど、新型コロナウィルスの存在が絶対にないとは言えない羽田空港。今、撮りに行くべきではないと思い、お電話しました。いつか必ず事態が鎮静化することを信じて、その暁には全員で楽し...

  16. 微笑みの向こう側 - 陽だまりcafe

    微笑みの向こう側

    誰に教わるでもなく節分の頃に必ず咲くセツブンソウ。たった2cmの小さな小さな可愛い子。今年も会えたね。今日は立春。暦の上では春。。。鬼襲来!2月3日は節分の日

  17. 陽だまり - 陽だまりcafe

    陽だまり

    冬の陽だまりポッカポカ。ぐるぐる首に巻いたマフラー外し薄っすら汗。今日は「藪入り」。昔昔その昔、商家のお嫁さんや奉公人が休暇をもらって実家に帰れる日。1月16日と7月16日は「閻魔祭日」と言って、地獄の釜の蓋が開き、地獄の鬼や亡者たちが責め苦から解放される日なのだそう。それに倣って年に二回の里帰り。今ではとても考えられないような風習も、この時代では当たり前。遠い未来の日本には、どんな風習が残...

  18. パラサイト半地下の家族 - 陽だまりcafe

    パラサイト半地下の家族

    映画「パラサイト半地下の家族」鑑賞。久々に大満足の映画。最初から最後まで食い入るように見入ってしまった。映画の内容はあまり詳しく言えないので、大まかにお話すると、韓国の底辺(半地下で暮らしている)貧乏だけど愛に溢れている家族がひょんなことから、大金持ちで豪邸に暮らしている一見幸せそうな家族(実は表面だけ取り繕っている)のところに寄生してしまうお話。笑いあり、サスペンスあり、バイオレンスアクシ...

  19. 見上げて - 陽だまりcafe

    見上げて

    ギザギザまんまるモミジバフウ。どこまでも続く青空にポロポロリン。この実、好きだなぁ・・って、見るたびに思う。冬らしくないヌクヌクの冬の日。

  20. 過去からの年賀状 - 陽だまりcafe

    過去からの年賀状

    「物思い」。パンジーの花言葉♡2020年元旦。2006年の過去の私から、夫へ宛てた年賀状が届く。出していたことなどすっかり忘れていた私。まるでバックトゥザフューチャーのよう(;'∀')今、2006年11月30日です。お友達の〇〇ちゃんと内原のジャスコに遊びに来て2020年に届く手紙を書いてます。14年後、あなたは〇〇才。私は〇〇才。〇〇(息子)は〇〇才、〇〇(娘)は〇〇才...

総件数:25 件

似ているタグ