水耕栽培のタグまとめ

水耕栽培」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには水耕栽培に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「水耕栽培」タグの記事(74)

  1. 満水検知でポンプ停止装置 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    満水検知でポンプ停止装置

    水耕栽培で栽培槽の培養液が減ったらお知らせするフロートセンサーは先日工作済み。今回はメインタンク(100L)から栽培槽に培養液を補充する際に満タンなったら自動でポンプが停止する仕組みを電子工作で拵えた。以前作った水位センサーのLEDをリレーに置き換えてお風呂ポンプの電源であるAC100Vをオフにするだけ。5V小型リレー接点容量3A 250VACのGB-RLY-1C5V-CC2Aを利用。単3✕...

  2. 難しい・・・ - tag and chutchu

    難しい・・・

    去年の10月ころ・・・ホームセンターでチューリップの球根がセールになっていて冬に咲かせられたらいいなぁ~( *´艸`)と思い買ってみました・・・ネットで調べて2か月ほど冷蔵庫で保存・・・目が伸びるまでは段ボールでお日様にあてることなく約2週間ほど放置いよいよかと日の当たる居間に置いておきましたが茎が伸びないまま咲き始めてしまいまして・・・(´;ω;`)ただいまこんな感じになってますうぅ~ん・...

  3. 溶液循環固形培地耕と電子工作 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    溶液循環固形培地耕と電子工作

    ズッキーニは葉が広がると1メートル四方以上の場所をとるので小さな庭では厳しいが空中栽培ならなんとかなるかも知れない。イラストの様な装置を作り上へ上へと誘引していけば地べたに占める面積も少なく済みそう。水耕栽培だとズッキーニの大株を支えるのは大変そうなのでパイプの中に日向土を詰めて支持体とし、培養液をポンプで循環させる仕組みにするつもり。株元の風通しも良さそうだし上手くいきそうな予感がする。ポ...

  4. アクアポニックスと電子工作 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    アクアポニックスと電子工作

    満水と排水を繰り返すアクアポニックスを維持する電源はソーラー発電で賄うつもりだが24時間水中ポンプを回すにはバッテリーの容量が足りないと感じる。(40W程度のパネルと38Ahバッテリー)そこで省エネ対策で次の様な動作をするシステムを考えた。ポンプ稼働して満水となりベルサイフォンで排水が始まったらポンプは一旦停止。数十分経過後にポンプを再稼働。培地の日向土の表土が乾かない程度の間隔で満水と排水...

  5. アクアポニックス準備編ベルサイフォン完成 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    アクアポニックス準備編ベルサイフォン完成

    池から組み上げる揚程高70cm程度なので12Vの水中ポンプでは水量が多くて排水が途切れずいつまでもサイフォンが止まらなくなってしまう。つまり次の満水にはならない。排水管を太くする手もあると思うが電子工作で電圧をコントロールして水量を調節した。8V以下なら上手く洪水(満水)と排水の繰り返しが可能となった。続いてアクアポニックスシステムの電子工作ネタの予定。

  6. アクアポニックスとやらを準備中 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    アクアポニックスとやらを準備中

    水耕栽培絡みで検索していて「アクアポニックス」という分野があると知った。最も地球にやさしい農業アクアポニックスは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わずに水で栽培する農業)を掛け合わせた、新しい農業。魚と植物を1つのシステムで一緒に育てます。魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。アクアポニックスは、魚・微...

  7. 塩ビ管水耕栽培装置の手直し - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    塩ビ管水耕栽培装置の手直し

    先日こしらえた塩ビ管水耕栽培装置(イラストbefore)では来春イチゴの株が大きく育ってくると根の量も増えて排水が詰まりトラブル発生になりかねないと気づいた。ネット徘徊していると殆どがイラストafterの様な構造で対応している様だ。ネトロンパイプ(網状の筒でゴルフクラブプロテクターで代用)を防根透水シートで包み、栽培液は容易にシートから染み出すがイチゴの根は排水口に侵入しない仕組みだ。特殊な...

  8. 豆苗 - ササイな日々

    豆苗

    豆苗は美味しいし、調理時間も短いので好きです。それと、食べた後に水耕栽培できるのがポイント高し。この日々の成長を愛でるために、買って食べているところもあります。愛着が出た頃に食べごろを迎えてしまう豆苗ちゃん。本日、しめじと豚肉と一緒にを炒めてパスタにからめて美味しくいただきました。

  9. 水耕栽培肥料決定 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    水耕栽培肥料決定

    来春から水耕栽培をもう少し本格的に始めようとあれこれ調べて準備している。まずは水耕栽培専用の肥料だが今までハイポニカを使っていたが価格が大変お高く大塚ハウスの肥料に切り替える事にする。標準的にはA処方の大塚ハウス1号と2号を使い、イチゴとか低濃度で使う場合は5号を加えるようだ。ただ製品は10kg一袋単位で自分の想定では10年以上保ちそうな量になる。それでも良いかと思ったのだが大塚ハウス2号の...

  10. 水耕栽培水位センサー自作 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    水耕栽培水位センサー自作

    水耕栽培でのタンクの水位管理は定期的にタンクの蓋を開けてチェックするが結構煩わしい。水位が上がったらお知らせするセンサーは以前自作したが減ったら感知するセンサーをこしらえた。アマゾンでフロートスイッチを購入。フロートの部分を上下入れ替えると水位によるオン/オフを切り替えることができる。今回はタンクの底の方まで溶液が減ったらフロートが下がってスイッチONになる仕組みにした。外径10ミリのステン...

  11. 大きくなれよ~♪ - ステキな暮らしLabo.

    大きくなれよ~♪

    ようこそ「ステキな暮らしlabo.」ブログへ〜「はじめまして」の方は是非メンバー紹介をご覧ください⇒こちら新鮮なレタスで🐽茹で豚を くるくる🌀美味しい~♪💡そうだ!新鮮なレタスを 作ってみよう p(^-^)q\ おうちで簡単 /水耕栽培キットずいぶん前に 頂きました♪用意するのは水道水 と ペットボトル だけ✨発芽適温:...

  12. 計画再開 - mitsukiのお気楽大作戦

    計画再開

    夏から中断していたオランダ型植物工場の再開がようやっと目処が立ちました。給水システムについては市販のペットボトルを使うだけなのでベランダの柵に紐で縛ればよく、それだといまいち私のオリジナリティーが発揮できないのでそうこうしているうちに夏が過ぎ、マメに水をやり、保水材を使えば自動システムは必要なく、無事収穫も終えることもできたのですが、来年の夏はもっと楽に、もっとたくさんの収穫を望むべく、今の...

  13. 水耕栽培日照量増加作戦 - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    水耕栽培日照量増加作戦

    今の時期はベランダに当たる日照時間が3時間しかない。栽培槽を庭先に置いて時間ごとに移動していけば6~7時間は稼げるがやはり毎日は面倒。先日、植物育成ライトを設置したが電気代がかからない方法も考えた。反射板を利用し直射光と反射光を合わせて時間当たりの日射量を増やしてやるという作戦だ。30✕90cm発泡板にアルミホイルを貼ったもの。

  14. 水耕栽培のミントの花が咲きました - SEのための心理相談室

    水耕栽培のミントの花が咲きました

    今年もミントの花が咲きました。まだこの二つだけです。肥料も与えず水を何日かに一回あげているだけですが、ずっと生き延びていてくれています。お盆に旅行をして5日も放置したのに、こいつは無事でした。まだ、ピーマンもゴーヤも採れるのですが、すぐにカラフル化してしまいます。なお、液肥は以下を使用しています。 ※わたしは右のやや割安のものを購入していますカメラ:NIKON COOLPIX ...

  15. 塩ビ管水耕栽培装置② - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    塩ビ管水耕栽培装置②

    ①夏と冬の水温変化を抑えるために8ミリ厚の銀マットで包む。②栽培槽は移動しやすい様に給排水管ともワンタッチホースコネクターで接続。③貯水槽は処分するつもりだった釣用のクーラーボックスが復活。④貯水槽内に水中ポンプRio+800を利用。揚程(ようてい)70cmほどにして給水量を調節。揚程がこれより低いと排水量より給水量が上回り内部で水位が上昇してしまう。(シーリングしていないエアーチューブの穴...

  16. 塩ビ管水耕栽培装置① - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    塩ビ管水耕栽培装置①

    150ミリ径塩ビ管(1m)に栽培用の穴あけ作業。DV継手インクリーザがピタリと嵌り気持ち良い。栽培穴5個の真下からエアーが出る様に8ミリ径の透明パイプに1ミリ径の穴開け。1ヶ所当たり6個穴を開け多孔質チューブを被せる。ステンレスのナットを通し重り代わりにする。装置のメンテを考慮して継手キャップは接着せずに被せるだけ。一応シールテープ一巻きしてキャップを叩き込んだ。エアーの吹き出し加減を確認し...

  17. 塩ビ管水耕栽培装置パーツ揃う - ■■ Ainame60 たまたま日記 ■■

    塩ビ管水耕栽培装置パーツ揃う

    近くのホムセンを回ったが必要なパーツが全て一括では見つからず結局ヨドバシカメラの通販で揃えた。塩ビ管までヨドバシにあるとは驚くが益々引きこもり状態になりそう。揃えたパーツVU150X1M [塩ビパイプ 150ミリ径1M]✕1VUCAP150 [VU継手 キャップ 150]✕2DVIN50×40 [DV継手インクリーザ]✕5TSL13 [TS継手 エルボ 13]✕1TS-S13 [TS継手ソケ...

  18. 今朝は18℃ - 2度目のリタイア後のライフ

    今朝は18℃

    昨夜からの雨で、今朝方から急に涼しくなり、ひんやりとした風が心地良い。今朝の気温は18℃。そろそろ秋の気配が漂い始めたトロントです。冬が長いトロントは、夏が短い。夫のバルコニー庭園には可愛らしいいちごや青いトマトが。。さて、夏が終わる迄にこの青いトマトが熟れてくれるでしょうか。少し前に一個だけ収穫。しっかりとトマトの味がして、「うん、悪くないね、」と宝物の様に二人で頂きました。(笑)

  19. その後のパイナップル - グリママの花日記

    その後のパイナップル

    ご訪問ありがとうございます美味しいパイナップルをいただいて葉を(葉なのかな?)水につけていたら根が出てきましたびっくり!でしたすぐにネットで検索したら→コチラ土に植えかえて3年~5年でパイナップルの収穫ができるとありましたひえーそうだったの?!早速植え替えてみました半信半疑やってみますその後と言えば父の病気。。。先日実家の近くの病院に受け入れていただくことができ転院いたしました「もう入院はい...

  20. オリヅルランはハイドロカルチャーで育ててみよう - スポック艦長のPhoto Diary

    オリヅルランはハイドロカルチャーで育ててみよう

    ガーデニングと言っても私の場合観葉植物が主で夏場にランナーを延ばすオリヅルランも相当増えましたそこで今年はハイドロカルチャーをやってみようと伸びているランナーの先にできた株を切り取り容器に刺して水で育てるつもりですその他にもミニ小鉢に腐葉土と赤玉を混ぜた鉢植えも作りました右下は友人からいただいた多肉植物をコーヒーカップ小鉢に植え替えましたオリヅルランは生命力が強く殆ど手入れなどしていませんが...

総件数:74 件

似ているタグ