永井豪のタグまとめ

永井豪」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには永井豪に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「永井豪」タグの記事(15)

  1. 『マジンガーZ/マジンガーZ対ドクターヘル』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マジンガーZ/マジンガーZ対ドクターヘル』

    <東映まんがまつり>上映の「マジンガーZ」第3弾。実はTV版第57話「Dr.ヘル日本占領」の改題・ブローアップ版ですが、当時の自分はそのことを知らずいそいそと劇場へ足を運んだものでした。ちなみにこれが<東映まんがまつり>初体験。上映が始まってしばらく経って「あれ?このお話見たことある」と気付いたものの、後の祭り。ただ不思議と「騙された」というマイナスの感情はあまりなく、「マジンガーZ」の映画...

  2. 日々雑感10月6日遅ればせながら「DEVILMAN crybaby」を見た雑感。 - Suzuki-Riの道楽

    日々雑感10月6日遅ればせながら「DEVILMAN c...

    ●Netflixで配信された「DEVILMAN crybaby」を最近になって全話見た。テレビ放送された昔の「デビルマン」はハードな展開ではあるが、原作とは全く違う話で原作はあまりの衝撃にのちのクリエイターへの影響がすごかった作品だ。ただ実写版(本当に酷かった)やOVAなど作られたが、ちゃんとした物はなかなか無かった。私も最初「DEVILMAN crybaby」の絵を見たとき、なんというか「...

  3. 『UFOロボ グレンダイザー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『UFOロボ グレンダイザー』

    当時の<東映まんがまつり>は春夏の年二回。ただし「一部地方都市のみ上映」とされる冬興行が何回か存在した。これはそんな一本で、第7話「たとえわが命つきるとも」のブローバック版で、サブタイトルはカットされている。第7話にして早くもベガ大王の親衛隊所属のゴーマン大尉という強敵登場。グレンダイザーを圧倒し秘密基地(=宇宙科学研究所)の存在にまで迫るものの、自らの保身を図ったブラッキー隊長によって勝利...

  4. 『マジンガーZ/INFINITY』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マジンガーZ/INFINITY』

    Blu-rayソフトが出たので改めて観賞。「好き(許せる)」部分と「嫌い(許せない)」部分が同居し、愛憎半ばという個人的には複雑な作品だ。「許せない」部分は、まずはモールドの入った現代的にリファインされたマジンガーZのデザイン。なまじ回想シーンでは往年のTVシリーズそのまんまのZやグレートが出て来るだけに、なおさら違和感が。最後の出撃にあたって再改造、パワーアップを施した、という設定ならば…...

  5. 『グレンダイザー・ゲッターロボG・グレートマジンガー/決戦!大海獣』 - 【徒然なるままに・・・】

    『グレンダイザー・ゲッターロボG・グレートマジンガー/...

    兜甲児はマジンガーZではなくダブルスペイザーに搭乗。その為にグレンダイザーのオマケみたいな扱いになっているけれど、「マジンガーZ」、「グレートマジンガー」、「UFOロボ グレンダイザー」、「ゲッターロボ(&ゲッターロボG)」の主役たちが一堂に会した永井豪ロボットアニメの集大成。甲児だけじゃなく、剣鉄也、宇門大介(デューク・フリード)、ゲッターチームの流竜馬、神隼人、車弁慶と6人の主役を立てる...

  6. 『宇宙円盤大戦争』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙円盤大戦争』

    一般的には「UFOロボ グレンダイザー」のパイロット版とされるこの作品だが、初めからこの作品をベースに「グレンダイザー」が企画されていたわけではない。当初「グレートマジンガー」の後番組として予定されていたのは、兜甲児を主人公とする「ゴッドマジンガー」だったが(このタイトルは「グレート」の仮題にも使われ、後にシリーズとは無関係の別作品として発表された)、諸事情で企画変更され「グレンダイザー」が...

  7. 『グレートマジンガー対ゲッターロボG/空中大激突』 - 【徒然なるままに・・・】

    『グレートマジンガー対ゲッターロボG/空中大激突』

    メンテナンス中で出撃出来ないグレートマジンガーをあざ笑うかのように、早乙女研究所に奇襲攻撃をかける宇宙人。劇中では「やつら」と呼ばれてるんだけど、一体何者?やはり「グレートマジンガー対ゲッターロボ」でギルギルガンを送り込んできた連中の仲間?そう考える方が自然なんでしょうねえ。どうやら双方のTVシリーズとは全く別の、独立した世界観でのお話。前作でもグレートより先にゲッターチームの出番がありまし...

  8. 『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』

    毎回のように書いてますけど、なんで当初の企画通り「グレンダイザー対鋼鉄ジーグ」にしなかったんだろう?「マジンガーZ対デビルマン」、「グレートマジンガー対ゲッターロボ」、従来のパターンからすれば、この組み合わせは当然。劇場版なんだから、<まんがまつり>なんだから「夢の共演」は必然。それに比べてこの地味な括りはなんなんだろう。ただこの作品、良くも悪くも兜甲児がメイン。勝手な行動で大介には連絡しな...

  9. 『マジンガーZ対暗黒大将軍』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マジンガーZ対暗黒大将軍』

    題名に偽りありでマジンガーZは暗黒大将軍と戦わない、というより直接相見えることはない。なので真のタイトルは「マジンガーZ対獣魔将軍」だ!――という与太話はおいといて、「マジンガーZ」といえばコレ!という世紀の傑作を再観賞。この作品でZはズタボロにされ、そこへグレートマジンガーが颯爽と現れて見せ場を掻っ攫っていくのですが、「マジンガーZ/INNFINITY」ではグレートがボロボロでZ無双!とい...

  10. 『マジンガーZ/INFINITY』2回目 - 【徒然なるままに・・・】

    『マジンガーZ/INFINITY』2回目

    二回目だとかなり落ち着いて見られました。今でも正当なTVシリーズの続編として認めたくはないのですが、この映画の中にも出てくる「可能性の未来の内の一つ」ということならば、まあいいのかな程度で。ストーリー展開も「マジンガー」っぽくはないように思いますが、それでも永井豪っぽくはあるのかもしれません。兜甲児が決意しマジンガーZが出撃していく件は、効果音もオリジナルに近いこともあってやはりジーンときま...

  11.  【赤いきつねはテレビ大好き】自分の漫画で性犯罪を防止 ! 「ハレンチ学園」作者・永井豪氏の主張 - 赤いきつね

    【赤いきつねはテレビ大好き】自分の漫画で性犯罪を防止...

    【赤いきつねはテレビ大好き】自分の漫画で性犯罪を防止 !「ハレンチ学園」作者・永井豪氏の主張漫画「ハレンチ学園」の作者・永井豪氏が、5日の番組に出演した過激な表現で物議をかもし、当時はPTAや先生から叩かれたというしかし永井氏は、自身の漫画が性犯罪防止につながると主張していたhttp://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/7/279c3_124_...

  12. 『ゲッターロボ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゲッターロボ』

    本編とは関係ありませんが、「ゲッターロボ」のオープニング映像って良く出来てますねえ。まず主題歌が格好良いのは当然として、ゲッターロボの特色である3つの形態への変型、その特徴ある戦いぶり、そしてそれぞれを繰る3人のメインパイロット(リョウ・ハヤト・ムサシ)たちを過不足なく紹介し、その上でヒロインであるミチルの存在もきっちりフォロー。どなたがコンテを切ったのかは存じ上げませんが、小松原さんの流麗...

  13. 『渡辺宙明スペシャルコンサート』 - 【徒然なるままに・・・】

    『渡辺宙明スペシャルコンサート』

    一昨年の秋から昨年の春にかけて3回に亘って開催された卆寿記念コンサート。もうこれで終わりかと思っていたら、今回スペシャルコンサートが開催決定ということで、発売初日にチケットを入手し、また渋谷の大和田さくらホールまで出かけてきました。当日券も若干出ていたようですが、ホールはほぼ満席だったと思います。それにしても相変わらず年齢層の高いコンサート。自分も平均年齢の向上に貢献してきました。まず指揮者...

  14. 『グレートマジンガー対ゲッターロボ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『グレートマジンガー対ゲッターロボ』

    映画の序盤はグレートマジンガー側とゲッターロボ側がほぼ同格に扱われ、出番が均等に割り振られていますが、中盤以降はグレートが主でゲッターが従になってしまいます。いや、実際の活躍場面はゲッターの方が多いかもしれませんが(ゲッター1だけじゃなくゲッター2やゲッター3も出てきますし)、それもグレートが出てくるまでの前座扱いなんですよね。以前にも書きましたが、この世界ではミケーネ帝国も恐竜帝国もいない...

  15. 『マジンガーZ対暗黒大将軍』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マジンガーZ対暗黒大将軍』

    先日、いきなり「マジンガーZ」の新作劇場アニメ製作が発表されてビックリ!「マジンガーZ」といえば、漫画では「マジンサーガ」「Zマジンガー」と二度のリメイクが行われ、他の作家による作品もあるし、アニメ作品としても他社から「マジンカイザー」や「真マジンガー/衝撃!Z編」としてリメイクされているが、今度の作品はオリジナルのTVアニメ版を手掛けた東映アニメーションが製作ということで非常に気になってい...

総件数:15 件

似ているタグ