永瀬拓矢のタグまとめ

永瀬拓矢」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには永瀬拓矢に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「永瀬拓矢」タグの記事(62)

  1. 永瀬王座3連覇、大谷翔平の史上初 - 本音トーク:第3版

    永瀬王座3連覇、大谷翔平の史上初

    将棋の第69期王座戦五番勝負第4局が行われた。ここまで2勝1敗と永瀬拓矢王座が王座防衛に王手をかけた1局、一方の木村一基九段にとってはタイトル獲得に負けられない1局であった。木村九段の先手番で相掛がかりの戦型でスタートした対局は序盤はうまく指した木村九段がリードを奪ったように思えた。しかし永瀬王座も徐々に挽回していき、夕食休憩前には逆にリードする形となった。一旦、優勢となった永瀬王座は負けな...

  2. 伊藤四段金星、日本ハム西武に肉薄、スディルマン杯2回戦 - 本音トーク:第3版

    伊藤四段金星、日本ハム西武に肉薄、スディルマン杯2回戦

    非公式戦ながら第4回アベマトーナメントのチーム藤井のメンバーとして優勝に貢献した伊藤匠四段が永瀬拓矢王座に挑む対局が第63期王位戦予選として行われた。伊藤四段の先手番ではじまった対局は相掛かりの戦型ではじまった。両者残り時間が1時間となっても将棋は互角の中盤戦であったが、伊藤四段の手番で攻めを選択して盤面が動き出しじょじょに伊藤四段がリードを奪うようになった。粘り強さにも定評がある永瀬王座で...

  3. 大谷10戦ぶり特大45号、永瀬王座は防衛に王手、伊藤大海10勝目ならず - 本音トーク:第3版

    大谷10戦ぶり特大45号、永瀬王座は防衛に王手、伊藤大...

    ポストシーズン進出の望みがなくなったエンゼルスに対して地区優勝に向かうアストロズ、両チームのモチベーションに大きな差があるなかで試合は開始された。大谷翔平一人にマークが集中する中で、8回の第4打席、若干甘く入った速球を見事に打ち返してライトスタンドに突き刺さる特大の45号を放った。10試合ぶりの本塁打、首位を走るゲレーロJRとロペスに1本差にせまる一発であった。球団としては2019年トラウト...

  4. ドルフィンズ完封負け、チーフスも逆転負け、藤井三冠、永瀬王座勝利 - 本音トーク:第3版

    ドルフィンズ完封負け、チーフスも逆転負け、藤井三冠、永...

    NFL第2週が行われた。各地で熱戦が行われたが、ドルフィンズは地元初戦でビルズと対戦した。第1Q序盤でドルフィンズの攻撃、QBタゴヴァイロアはショートパスを投げた際にハードヒットを受け、肋骨を損傷、サイドラインに下がり、ゲーム復帰はならなかった。ドルフィンズはその後、バックアップのブリセットがQBを務めたがビルズディフェンスを攻略することはできずに0-35で完敗してしまった。タゴヴァイロアは...

  5. 永瀬王座タイに戻す、伊藤大海10勝ならず - 本音トーク:第3版

    永瀬王座タイに戻す、伊藤大海10勝ならず

    将棋の第69期王座戦五番勝負第2局が行われた。第1局で逆転負けを喫している永瀬拓矢王座としては負けられない一局、挑戦者の木村一基九段としても一気に連勝して王座獲得に王手をかけたいところである。最近トップ棋士が採用している相掛りの戦型がこの将棋でも採用されたが、先手番の木村九段は端攻めを繰り出し前例のない展開となっていった。木村九段が指しやすいと思われていたが終盤にはいるところで緩手を指してよ...

  6. 藤井聡太三冠のいないタイトル戦! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    藤井聡太三冠のいないタイトル戦!

    不思議な感覚である。本日、王座戦五番勝負の第2局が行われた。後手の永瀬拓矢王座に挑戦者の木村一基九段が挑むというもので初戦は木村九段が勝利しており、2連勝するかタイに持ち込むか重要な1局であったが、永瀬王座が勝利し対戦成績は1勝1敗のタイとなった。戦型は木村九段が得意とする相掛かりであるが、研究家永瀬王座としても願ってもない戦型だろう。そして見ていて面白い難しい将棋である。「千駄ヶ谷の受け師...

  7. 大谷9勝目、パラリンピック日本勢大活躍、アベマトーナメントは - 本音トーク:第3版

    大谷9勝目、パラリンピック日本勢大活躍、アベマトーナメントは

    エンゼルスの大谷翔平がレンジャーズ戦、2番投手で出場した。打撃では不調気味であるが果たしてピッチングではどうかと思っていたが2安打されたもののいずれも当たりそこないの打球であった。エンゼルスは初回に2点を先制して大谷を側面援護したが、2回に一死1塁から同点ホームランを打たれてしまった。大谷が被弾する場合、初球の甘い球が多いという。この日も初球の甘い球であった。その後は連続三振で後続をおさえた...

  8. パラリンピックも面白い、アベマトーナメントは準決勝 - 本音トーク:第3版

    パラリンピックも面白い、アベマトーナメントは準決勝

    東京パラリンピックも数日を残すのみとなったがなかなか見ていて面白いものである。昨日は男子車椅子バスケットボール準決勝に見入ってしまった。男子車椅子バスケットボールは今まで準々決勝の壁が厚かったそうで、初の準決勝進出だそうだ。対するのはイギリス代表、メダル常連国だそうだ。第1クオーターは終始リードされる展開で一時は10点差であったが、15-23と8点差で終了した。第2クオーターにはいると日本代...

  9. エンゼルス、日本ハム連勝、永瀬王座は逆転負け - 本音トーク:第3版

    エンゼルス、日本ハム連勝、永瀬王座は逆転負け

    エンゼルスがヤンキースに連勝した。4回にリゾのホームランで先制されてしまったエンゼルスであったが、その裏フレッチャー、大谷が連続出塁しゴセリンが倒れたもののウォルシュの打席に際にダブルスティールが成功した。これで一死2、3塁となりチャンスは拡大しこのチャンスにウォルシュの逆転3ランが飛び出した。3-1と逆転したエンゼルス、1点差に迫られたが5回に二死2、3塁で大谷をむかえた。敬遠されてしまい...

  10. 19番勝負実現! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    19番勝負実現!

    8月30日に行われた竜王戦挑戦者決定三番勝負の第2局で藤井聡太二冠が永瀬拓矢王座に77手の短手数で勝利し2連勝で豊島将之竜王への挑戦を決めた。藤井二冠は「負けない将棋」の永瀬王座に粘る機会も与えず、持ち時間を約1時間残して勝つという圧勝である。これで、藤井二冠は永瀬王座には、挑戦者決定戦など重要対局を含んで6勝1敗と戦績を大きく引き離した。永瀬王座は「序盤で準備のない形になってしまった」と敗...

  11. NFLプレシーズン終了、藤井二冠竜王挑戦決定 - 本音トーク:第3版

    NFLプレシーズン終了、藤井二冠竜王挑戦決定

    NFLプレシーズン第3週が行われた。第3週でプレシーズンは終わり、いよいよNFLが9月9日(日本時間10日)のバッカニアーズ対カウボーイズ戦でスタートする。ドルフィンズはエースQBのタゴヴァイロア、リザーブQBのブリセットが欠場してQBにはシネットが先発した。敵地ということもあり、すでにQBタゴヴァイロアは仕上がっていると判断した結果の欠場かと思う。敵地でのベンガルズ戦、いきなりRBドークス...

  12. 大谷久しぶり38号、藤井二冠竜王挑戦に王手 - 本音トーク:第3版

    大谷久しぶり38号、藤井二冠竜王挑戦に王手

    エンゼルスの大谷翔平が14試合ぶりの一発を放った。1番・DHで出場したブルージェイズ戦、第1打席から1発がでそうな兆候はあった。ジャストミートした打球はライトフェンス一直線に飛んでいったがフェンス直前でライトに好捕されてしまった。3回表にエンゼルス・先発のバンディが2本のソロ被弾で0-2とリードされた3回裏、一死1塁で打席に立った大谷翔平は追い込まれながら低めの変化球を振り抜くと打球は一直線...

  13. 何という強さなのか - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    何という強さなのか

    8月12日に東京・将棋会館において行われた第34期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局は後手藤井聡太二冠が永瀬拓矢王座を184手で破り、豊島将之竜王への挑戦まであと1勝ととした。戦型は永瀬王座の三間飛車という意表を突く一手。いやこれには驚きました。実に2010年以来だという。永瀬王座は藤井二冠を練習パートナーとしており、ある意味で「藤井将棋」を一番よく知っている棋士である。ハードスケジュールの藤井...

  14. エンゼルス4連勝貯金2、チーム永瀬ベスト4、侍ジャパン悲願達成 - 本音トーク:第3版

    エンゼルス4連勝貯金2、チーム永瀬ベスト4、侍ジャパン...

    エンゼルスがドジャーズとの3連戦に挑んだ。ドジャーズの本拠地での3連戦なので大谷翔平はベンチ待機、代打での出場を目指すこととなった。大谷抜きの打線は2点を先制されてしまったものの、5回にイグレシアス、6回にはメイフィールドに一発が出て同点に追いついた。この試合はリリーフ陣が踏ん張り、試合はタイブレイク方式の延長戦にはいった。無死2塁からはじまるタイブレイク方式、ここでイグレシアスがライト線に...

  15. 百折不撓、再び! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    百折不撓、再び!

    五輪関連の暗いというか、ばかばかしいというか、菅政権後手後手のニュースばかりが相次ぎ、スポーツにそれほど関心の無いものにとってはこの日本の喧騒は何かと思う。そう思っていた中での素晴らしい対局が、19日に行われた第69期王座戦挑戦者決定戦である。佐藤康光九段対木村一基九段。どちらが勝っても若手台頭の中で実に凄いことである。しかし評価値でチラ見していると、木村九段がリードを広げそのまま勝利、永瀬...

  16. 大谷連発、チームも大勝、チーム永瀬連覇に盤石 - 本音トーク:第3版

    大谷連発、チームも大勝、チーム永瀬連覇に盤石

    投手として6回を投げ、3勝目をマークした翌日には打者として2本塁打、大谷翔平の大活躍により、エンゼルスは5割復帰である。タイガース戦に2番・DHで出場した大谷翔平、第1、第2打席はタイガースバッテリーにうまく攻められ凡打に終わってしまった。しかしエンゼルス打線は2回にウォンのタイムリーで先制すると3回のもウォードのタイムリー2塁打で2-0とリードを拡げた。先発のコブは前戦こそ3回を持たずに降...

  17. 琢磨14位、藤井二冠逆転勝ちでベスト4入り - 本音トーク:第3版

    琢磨14位、藤井二冠逆転勝ちでベスト4入り

    昨日未明、インディ500マイルレースが開催された。昨年はコロナ禍の影響で無観客での開催であったが今年は制限はつけられたものの10万人以上の観客のもとでの開催であった。予選15番手となってしまった佐藤琢磨であったが、本番に向けての戦略は燃費を考えてのレースだったようだ。レースは佐藤琢磨とチームの思惑通りに進んでいき、45周を過ぎるころには6番手まで進出していた。その後も順位をあげていき、79周...

  18. 大谷連発で勝利に貢献、永瀬王座もベスト8 - 本音トーク:第3版

    大谷連発で勝利に貢献、永瀬王座もベスト8

    エンゼルスの大谷翔平が地元で行われたインディアンズ戦に2番・DHで先発出場した。初回に先頭打者アーチでいきなり先制されてしまったがその裏、一死から四球で出塁すると、一死2、3塁となり内野ゴロで同点のホームを踏んだ。圧巻は2回の第2打席、3連打などで2点を奪って3-1と逆転したエンゼルス、一死1、3塁で大谷が打席にたつと、1-2から真ん中高めのフォーシームを打った。明らかなボール球であったが打...

  19. 渡辺三冠が挑戦権獲得、トヨタ予選はワンツー、大坂も初戦突破 - 本音トーク:第3版

    渡辺三冠が挑戦権獲得、トヨタ予選はワンツー、大坂も初戦突破

    将棋の第92期ヒューリック杯棋聖戦の決勝トーナメント決勝が行われた。決勝に勝ちあがったのは、渡辺明三冠と永瀬拓矢王座、豊島将之二冠と藤井聡太二冠で8大タイトルを独占している2棋士の対決となった。渡辺三冠にとっては昨年、藤井二冠にタイトルを奪取されているだけにリベンジに燃えており、また永瀬王座も昨年決勝の舞台で藤井二冠に敗れており、今季こそとの思いが強いと思われた。将棋は序盤から永瀬王座がリー...

  20. 大谷7失点、日本ハムも11失点 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷7失点、日本ハムも11失点

    エンゼルスの大谷翔平がオープン戦最後の登板をした。ドジャーズ戦、初回からストレートの制球がままならずに押出し四球で失点してしまうと2回は四球後2ランを浴びてしまった。手のひらや指を確認する場面もあり、何かの故障かと思われたが3回にも2ランを打たれ63球で降板した。なんと右手中指にできたまめがさけてしまったそうである。本人に言わせれば「大丈夫かなと思います。ここから1週間しっかり投げて強くでき...

総件数:62 件

似ているタグ