汚職のタグまとめ

汚職」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには汚職に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「汚職」タグの記事(10)

  1. 虎を打つ - 見る聞く歩く

    虎を打つ

    中国共産党の機関紙『人民日報』の電子版(7月2日付け)で面白いロゴマークを見かけました。虎の姿と「打虎」の文字。習近平総書記が進める共産党幹部の腐敗を摘発する運動のことです。今年上半期のその実績を報告する記事なのです。記事では摘発された幹部の顔写真がずらりと並んでいます。一級行政区である省(地方政府)の副省長、中央省庁である部の副部長などなぜか「副」が目立ちます。省長あるいは部長はいません。...

  2. 広島地検、安倍奴隷夫婦を聴取。1.5億円買収事件立件まで頑張ろう! - 蒼莱ブログ

    広島地検、安倍奴隷夫婦を聴取。1.5億円買収事件立件ま...

    安倍晋三の筆頭奴隷格の河井夫婦。ウグイス嬢の報酬過払いなんて枝葉末節なネタで追われているが、本命は、安倍が選挙直前に提供した1億5000万円の「特別支援金」。安倍の政敵、岸田派の当時現職議員(反安部色強し。)を落選させる為、河井奴隷の嫁を立候補させた。ま、広島地検のお手並み拝見と行きますか?http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2...

  3. 中国側証言金は自民党4人、維新1人へ更に国交省やパチンコ業界も飛び火か!? - 世界の政治経済

    中国側証言金は自民党4人、維新1人へ更に国交省やパチン...

    *カジノ疑惑】中国側証言金は自民党4人、維新1人へ更に国交省やパチンコ業界にも飛び火か!? にほんブログ村

  4. 緑派の女性が大統領に(スロヴァキア) - FEM-NEWS

    緑派の女性が大統領に(スロヴァキア)

    スロヴァキアに女性の大統領が誕生した。環境派の運動家だという。 ヨーロッパ発の報道によると、ズザナ・チャプトバ(Zuzana Caputova)は45歳。弁護士。離婚した前夫との間に2人の子どもを持つ。政党はリベラル派の「スロヴァキア進歩党」。 この、彼女の政党の議員は、国会150議席にだれもいない。選挙制度は比例代表制である。国会には9政党から議員が出ている。なぜ彼女の政党はゼロなのだろう...

  5. 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長を捜査開始!自動車事故で女性を轢き殺した過去!電通の莫大な五輪利権の裏金問題を追及しなかった日本マスコミ! - 日々物語エキサイト

    仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長を捜査...

    仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長を捜査開始!自動車事故で女性を轢き殺した過去!電通の莫大な五輪利権の裏金問題を追及しなかった日本マスコミ!明治天皇の血を受け継ぐ竹田!安倍晋三は「原発再稼働ナシ」と国際公約!東京五輪で日本人は貧乏になる!仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長を捜査開始! ゴーンの報復じゃない、マスコミが報じなかった黒い疑惑|LITERA/リテラJO...

  6. マレーシア前首相のナジブ被疑者逮捕! - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    マレーシア前首相のナジブ被疑者逮捕!

    マレーシア前首相のナジブ被疑者逮捕!今や自浄能力は日本よりマレーシアや韓国が上ですね。

  7. パナマ文書のジャーナリスト殺害される - FEM-NEWS

    パナマ文書のジャーナリスト殺害される

    マルタの記者ダフィーネ・カルアナ・ガリッチア(53)が殺害された。EU政治問題中心の報道紙POLITICOから要約する。ガリッチアはマルタで政治家の汚職を献身的・継続的に追及してきたジャーナリストだ。彼女の報道は、有力政治家や指導者たちによるタックスヘイブン(租税回避地)への関与を暴いた「パナマ文書」の端緒になった。その功績により、彼女は、2017年、ヨーロッパにもっとも影響を与えた28人の...

  8. ネタニヤフ被疑者を事情聴取、イスラエル警察 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    ネタニヤフ被疑者を事情聴取、イスラエル警察

    イスラエル警察は、首相のネタニヤフ被疑者を汚職疑惑で三時間にわたり事情聴取しました。イスラエルはユダヤ人入植継続などエグいのは事実です。しかし、民主主義国としての自浄作用はあることも今回、クローズアップされました。

  9. 贈賄世界一やっぱりか… - (元)ロシア専業主婦 日記

    贈賄世界一やっぱりか…

    今日は祝日です。が、『民族統一の日』ということで、少数民族は危険だそうです。邦人にも大使館から注意喚起が出されているので、今日は一日家で留守番です。どっちにしろ、毎日うんざりするような曇天が続き、日に日に暗く寒くなるので、気持ちも憂鬱になって散歩意欲もすっかり減退…。初冬のロシアは人々の元気を無くす季節です。先日、「トランスペアレンシー・インターナショナル」という国際団体が、ビジネス主要国2...

  10. ロシアの警察 - (元)ロシア専業主婦 日記

    ロシアの警察

    今日も暑いです。最高気温の予報はとうとう38℃になりました。あと数日この暑さが続く見込み。昨日、地元ニュースでこんな話題がありました。【リペツクに「ポリツィア」の車が登場した】何のこっちゃわかりませんね(笑)これまでロシアでは警察を「ミリツィア」と呼んでいました。が、今年3月に警察法が改正され、呼称が「ポリツィア」と変わりました。メドベージェフ大統領の意向で、国際標準の「ポリス」に準じた呼称...

総件数:10 件

似ているタグ