江戸切子のタグまとめ

江戸切子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには江戸切子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「江戸切子」タグの記事(28)

  1. 光と影 - + anything goes +

    光と影

    頭の中がモヤッとしてる時スッキリ目覚める写真を見るぼやけた写真とキリっとした写真を交互に見ると目の疲れが取れる..気がする

  2. 布「江戸キリコ」 - おさや糸店 岩倉市                          名古屋市,小牧市,江南市,一宮市,春日井市,犬山市,稲沢市,北名古屋市

    布「江戸キリコ」

    江戸切子柄の布である。やはり、黒だと感じが出んな。わしの場合、そうめんとか、冷麦とか、麦茶であった。メール岩倉市昭和町1-23おさや糸店0587-37-0003営業時間・アクセスおさや糸店・手芸店一宮市,名古屋市 イベント情報・バーゲン情報などをお送りしています。ご希望の方は、メッセージ欄に「お便り希望」と記入しお送りください。メールはこちらから。携帯の方は、↓こちらのQRコードご利用いただ...

  3. すみだガラス市 2019年4月20日 - 優しい風のなかで

    すみだガラス市 2019年4月20日

    年に2度、錦糸町の大横川親水公園で行われるという「すみだガラス市」に初めて行ってきました。陶器市はあちこちで見かけますが「ガラス市」というのがあるというのは知りませんでした。スカイツリーが見えるこの辺は昔からガラス工房がたくさんあったらしく、江戸の文化財「江戸切子」もたくさん売られていました。その素晴らしいカット技術とデザイン、光の透過性など思わずうなってしまいますが、さすがお値段もお高く、...

  4. 江戸切子 - 大好きな古いもの、日々愛用しているもの。

    江戸切子

    江戸切子、主人が買いました。市松模様。オリンピックのロゴマークを連想させます。5色。小さなぐい呑タイプ。光にあたり、色が微妙に変わり。底の模様も愛らしい。主人が骨董市でお気に入りを見つけるなんて滅多にないから驚き。店主の方も、勧め方がスマート!ついつい、引きこまれます。決して安い買い物ではありませんが、毎日の晩酌が楽しみだそう。毎日使われて、冥利に尽きます。

  5. 2018/07/06 江戸切り子のグラス - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2018/07/06 江戸切り子のグラス

    宅呑み晩酌の際、焼酎のオン・ザ・ロックスを呑むグラスを更新した。これまで使っていた木村硝子店のものは気に入っていて、不満があったわけではない。まだ十分新しいし。しかし、残念ながら一個が割れてしまったのである。いやこの際、自動詞を使うのは卑怯だ。割ってしまったのだ。グラスは自ら割れない。とまれ家人とペアで使っているので、バラバラなのは落ち着かない。そこで新たに二個、グラスを購入した次第。意匠は...

  6. 市松模様の江戸切子で涼やかに - 江戸小物・和雑貨店「神田 ちょん子」

    市松模様の江戸切子で涼やかに

    *市松切子の盃(赤:6,480円/藍:5,400円)今日で5月も終わり。いよいよ入梅間近の東京です。こんなふうに蒸し蒸しとする季節、ガラス器を食卓に取り入れることで、涼やかさを感じるのが古来、日本人の知恵と風情だったに違いありません。当店の看板アイテム「江戸切子」に今季は市松模様が仲間入り。東京五輪のエンブレムである市松文様は各方面で人気が高まっているようです。直線が美しい市松は、切子の柄の...

  7. 江戸切子の買取なら大吉高松店(香川県高松市) - 大吉高松店-店長ブログ

    江戸切子の買取なら大吉高松店(香川県高松市)

    こんにちわ。香川県高松市の片原町東部商店街内にあります買取専門店大吉高松店です。本日の買取案内は江戸切子です。買取専門店大吉高松店では買取品目が多岐にわたっておりますが、江戸切子もお買い取りを行っております。処分を検討している江戸切子がありましたら、是非買取専門店大吉高松店までお持ち下さい。 香川県高松市で江戸切子の買取なら買取専門店大吉高松店 香川県高松市で江戸切子を売るなら買取専門店大吉...

  8. no.21 - 江戸切子小林公式blog

    no.21

    オールドグラスとぐい飲み(ショットグラス)のご紹介です。ミモレ丈のフレアースカートをイメージしたデザインです。紋様は菊つなぎのみという江戸切子としては珍しいデザインです。なめらかな曲線がアクセントになっています。お酒や飲み物は勿論、ナッツや柿ピーを入れて頂いても可愛らしいです。このようにテーブルの上に並べて頂いても、スペースを取りませんので、読書をする時やお勉強する時、他の料理でテーブルが埋...

  9. 江戸切子のロックグラス - 風任せ自由人

    江戸切子のロックグラス

    11月中旬、江戸切子のロックグラスが我が家に届いた。そのグラスは、8月に新宿の伊勢丹で買い物をした際、江戸切子の実演販売がされていて、その時に注文したものだ。実演をしていたのは、江戸切子の伝統工芸士である但野英芳(ただのひでよし)氏。陳列されていた作品は、今までデパートの食器売り場で見ていたものとは全くの別物で、思わずその場に釘付けになってしまった。しかし、自分の好みに完璧に合うものはなく、...

  10. no.20 - 江戸切子小林公式blog

    no.20

    おはようございます。クリスマスですね!今年のクリスマスは連休という事もあり、街がいつもよりも賑わっているように感じます。弊社のtokobaピラミッドシリーズも、クリスマスプレゼントとして大切な方へ届いている頃でしょうか。この場をお借りして、ピラミッドシリーズをクリスマスプレゼントとして選んでくださったお客様に感謝申し上げます。今回の紹介は「鉢」です。深さと立体感のある鉢は、テーブルに1つある...

  11. no.16&17 - 江戸切子小林公式blog

    no.16&17

    おはようございます。気が付けば今年もあと二か月をきりました。寒くなってきておりますが如何お過ごしでしょうか。今週は先週分と今週分を一緒に投稿させて頂きます。no.16まずは先週分の投稿です。この写真の中に江戸切子小林の商品が隠れております。ヒントは窓際です。見つかりましたでしょうか?こちら、三代目から作り続けております「家」という名前のペーパーウェイトです。ふたつ並べると角度によってはこのよ...

  12. no.15 - 江戸切子小林公式blog

    no.15

    本日のご紹介は、東京手仕事展でも販売展示させて頂いております、当店の人気商品のオールドグラスです。底以外にウロコ紋が施されております。手のひらで感じられるうろこ紋の「プチプチ」とした感覚も楽しめます。クリア(透明)とスノー(不透明)の二種類があります。↑こちらはスノーです。ネットやお電話でもご購入頂けますが、指の引っかかり具合や、触り心地がそれぞれ違いますので、お買い求めの方は是非一度実物を...

  13. no.14 - 江戸切子小林公式blog

    no.14

    いつもご覧いただき有難う御座います。催事のお知らせからです。10/18(水)~11/14(火)の期間、日本橋三越店様で行われます「東京の粋は、進化する。東京手仕事展」にて当社の三代目・小林淑郎の作品を幾つか展示・販売させて頂きます。詳細は東京手仕事様のHP→東京手仕事TOKYOTeshigotoをご覧ください。それでは今週の商品のご紹介です。-帯OBI-四角皿です。川のように流れる着物の帯を...

  14. no.13 - 江戸切子小林公式blog

    no.13

    おはようございます江東区主催の「江東区伝統工芸展」のお知らせです。本日10/5~10/9(祝)まで江東区深川資料館にて、開催されております。当社からは三代目の小林淑郎が10/5(木)と10/8(日)に江戸切子のカット体験を行っております。(展示・販売は開催期間常に行われております。)入場無料です。是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。「江東区伝統工芸展」の詳細は、こちらをクリックしてご覧くださ...

  15. no.12 - 江戸切子小林公式blog

    no.12

    おはようございます。秋晴れの気持ちの良い朝となりましたがいかがお過ごしでしょうか。本日は久しぶりに色被せ硝子のご紹介です。-arrow series-arrowとは、矢羽という意味で、こちらのショットグラスは日本の矢羽からインスピレーションを受けてデザイン致しました。お色は、瑠璃、透明、赤の3色です。内側を覗きますと、底に菊紋様がカットされており(菊底)、それを回りに反射させる事で、実際には...

  16. no.11 - 江戸切子小林公式blog

    no.11

    「NEWS」今週もお知らせから失礼いたします。9月10日(日)発売の「Fine 2017年10月号」(日之出出版)に、江戸切子小林の四代目小林昂平のインタビューを掲載して頂いております。ものづくりへの思いなど詳しく載っているかと思いますので、是非お手にとってご覧ください。☆日之出出版様のHP☆Fine10月号の予約はこちらからどうぞ本日はブログでは初めての、文鎮(paper weight)の...

  17. no.10 - 江戸切子小林公式blog

    no.10

    おはようございます。10回目の更新です。いつもご覧になって下さり、有難う御座います。先ずはお知らせです。日本橋三越本館6階、アートスクエアにて行われております、「GLASS・今日展~挑戦するガラス~」に江戸切子小林の三代目、小林淑郎が参加させて頂いております。日本ガラス工芸協会に所属する、人気作家と次世代を担う若手作家による展覧会です。是非お立ち寄りくださいませ。開催期間は8/23~8/28...

  18. no.9 - 江戸切子小林公式blog

    no.9

    今週は更新が遅れてしまい申し訳ありません本日はインテリアグッズのご紹介です。可愛い物や小さいオブジェが好きな方にお勧めの商品です。「wave」という名前のオブジェです。名前の通り「波」をイメージして作られております。木の部分は、特注で、九州に住まわれている家具職人の方に作って頂いております。硝子だけでは出す事のできない、ぬくもり感もこちらの商品ならではの特徴です。写真のように、お気に入りのア...

  19. no.8 - 江戸切子小林公式blog

    no.8

    東京は暑くなったり寒くなったりの寒暖差の激しい日が続いております。本日はtokobaブランドより、ジュエリーのご紹介でございます。「hourglass」earringsK18瑠璃(青)「hourglass」earringsK18赤"砂時計”をイメージしたデザインです。お色がついた部分が過ぎた時間。上のライン部分がこれからの時間です。続きまして、こちらは「nanakolozenge」...

  20. no.7 - 江戸切子小林公式blog

    no.7

    本日はグラスのご紹介です。何にでも利用して頂けるグラスです。アルコール類は勿論の事、お茶・ジュースにもご利用頂けます。手に取り、口に運ぶまでの時間、内側と底部分のカットが目に入ります。「万華鏡」のように見えますでしょうか?デザインのポイントは真っ直ぐな4本線です。定規は使えませんので、カーブのあるグラスに直線を引くには熟練された技術が必要です。交差した部分が美しい菱形になっています。江戸切子...

総件数:28 件

似ているタグ