江戸時代のタグまとめ

江戸時代」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには江戸時代に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「江戸時代」タグの記事(14)

  1. 青森県江戸時代以前の文化財(建造物) - 近代文化遺産見学案内所

    青森県江戸時代以前の文化財(建造物)

    to page lastサイトマップ>青森県 江戸時代以前の文化財文化財分布マップ国指定重要文化財石場家住宅いしばけ じゅうたく江戸時代中期の木造商家建築。幅18m。一般公開。詳細は青森県観光情報サイトへ。map40.61226, 140.46695岩木山神社いわきやまじんじゃ本殿、拝殿、楼門、中門、奥門、瑞垣(みずがき)本殿は江戸時代中期、1694年の建築。三間社流造、銅板葺。map40...

  2. 見えない技術 - ~ワンパク男子子育て中~

    見えない技術

    一カ月ぶりにつまみ細工のお教室へ行ってきました。前回、丸つまみでお花を作ったのですが。丸つまみは説明もなく作ることができます。が、作ることができる、というだけで綺麗に完璧に作り上げるには知っているというだけでなくそこに技が必要なんだと知りました。先生に習って技を教えてもらう、見せていただくというのは大事なことだな~と思いました。そして、今日は仕上げのくみ上げ。くみ上げも本で読んでやってみて知...

  3. 日光&鬼怒川#2~日光江戸村で江戸の暮らしに触れる~ - magic hour

    日光&鬼怒川#2~日光江戸村で江戸の暮らしに触れる~

    2日目。あまり天気が良くないということで、朝一番で日光江戸村に向かいました。私は初めてなのでどんな場所だろうかと若干訝っていたのですが、到着してみると既にかなりの人がいました。思ったよりも広々としていて、緑が多くて爽やかです。当時の街道を再現しているのかな。こんな道を江戸から日光とか、江戸から東海とか、ひたすら歩いて移動していたなんてなかなか想像できません。街並みもそれなりに再現されています...

  4. ★ スルーばかりで - うちゅうのさいはて

    ★ スルーばかりで

    喜多院を出てお昼を食べようかと思ったけど、家で食べることにした。大したもの、食べないけど・・・wwそこから久しぶりに本丸御殿に行ってみた。初めて川越来たときと、あと、母と一緒に来たことがあるだけです。当時の場所に当時の建物が残っているらしいです。川越城は天守閣のない城。本丸ということは、ここがメインの場所だったのか?中は、畳の詰め所がいくつか・・・そんなに面白味はないですが(私だけ?)誰かの...

  5. 葛飾北斎生誕地東京都墨田区 - 好きなものを好きなだけ

    葛飾北斎生誕地東京都墨田区

    浮世絵師の葛飾北斎は宝暦10年(1760年)に墨田区亀沢で生まれた。すみだ北斎美術館は2016年に開館したばかり。個人的には小布施にある北斎館の方が見ごたえがあった。

  6. 伊勢研修旅行 - 共同購入スタッフのつぶやき

    伊勢研修旅行

    昨日は伊勢の研修旅行でした。寒くはありましたが天候に恵まれ、無事帰ってきました。古くは万葉集の時代からも食されたというかつお節。江戸時代に建てられたといういぶし小屋で、歴史や古来からの伝統製法、生産者のこだわりなど貴重なお話しをうかがい、炊き立てご飯に美味しいかつおぶしをいただいて参加者一同感激の研修でした。詳しい報告は、お便りと一緒に出ますので、楽しみにお待ちください。

  7. 旧因州池田屋敷表門(東京都 台東区) - 近代文化遺産見学案内所

    旧因州池田屋敷表門(東京都 台東区)

    to page lastサイトマップ > 東京都 江戸時代以前の文化財 > 旧因州池田屋敷表門旧因州池田屋敷表門(きゅう いんしゅういけだやしき おもてもん)、通称「黒門」は、もと因州(因幡国。現在の鳥取県東部)池田家、江戸屋敷の表門で、丸の内大名小路(現在の丸の内3丁目)に建てられました。その後数回の移築を繰り返したのち、昭和29年(1954年)にここに移建し、修理を加えて現在に至ってい...

  8. 今井絵美子著「残りの秋」を読み終える - 折々の記

    今井絵美子著「残りの秋」を読み終える

    お馴染み「髪ゆい猫字屋繁盛記」シリーズの最終巻 となった「残りの秋」を読み終える。 角川文庫、600円+税。 2015年にステージ4の乳がんを宣告された今井さん、 その後療養しながら執筆をつづけられていたが、 本年10月8日、病院で息を引き取られた。 享年72歳。 この場を借りてご冥福を祈るばかりである。 合掌 この作品は書き下しで今井さん最後の著作となった。 日本橋北内神田の照降町にある髪...

  9. 江戸時代のなぞなぞ「考え物」 - 憂き世忘れ

    江戸時代のなぞなぞ「考え物」

    江戸時代の「判じ絵」はよく知られています。ワードタイポグラフィみたいなパズルです。「考え物」とは、なぞなぞの一種ですが、文を解読しないと解らない。其角や芭蕉の謎句を解くのと、まったく同じ脳を使います。当時の人は、文系的な脳がものすごく発達していたと思われます。「ほの字」といえばピンとくる。あ、惚れているってことかとね。「ことば遊び辞典」から紹介します。()内のものを答えます。例題何もかもその...

  10. 【19世紀⇒20世紀⇒21世紀 住宅とエネルギー】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【19世紀⇒20世紀⇒21世紀 住宅とエネルギー】

    先日の東京でのアメリカでのパッシブハウス運動PHIUSのプレゼンからのひとこまです。住宅とエネルギーという問題は、20世紀という資源の大量消費によってもたらされた生活革命によって出現した、そういったイメージが端的にあらわされたイラストを発見。見ていて、気付かされたけれど、この図では牧歌的にしか表現されていないけれど、19世紀以前でも、大きな変動があったと思う。たとえば江戸時代のように、ほとん...

  11. 本家と分家 - 博多弁ブログ

    本家と分家

    日本の文化に、家を守るやら名前を守るってのがあるとやが外国じゃあ、そげな事はなかっちゃろうか?会社や家はまだしも、名前はあんまし聞かん気がする例えば、韓国やらは名字が300くらいしかないし金さんなんてのは、そこらじゅうに居る訳で日本のごと、名字が途絶える感覚は少なかろうと思うあたきは、4人兄弟で姉貴が戦争中に死んで兄貴と妹の3人兄弟になっとったで、親父からしたらとりあえずあたきと兄貴が居るけ...

  12. かねやす - 心に残る風景と、、!

    かねやす

    本郷もかねやすまでは江戸のうちと詠まれたかねやすも大きく変貌している勿論、江戸時代のかねやすがどんな店だったかは誰にも分からないが

  13. 難しい器 - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    難しい器

    古い器を3か月前に購入し、そのままでいた。花を生けたいのだが、柄が強すぎて、さてどんな花を生けたらいいか思案していたのだ。ドクダミ、庭に嫌と言うほど生えてしまうのだが、ちょっと見方を変えれば可愛くもあり。どうかわからないが、その難しい器に活けてみた。その活けにくさがまた面白いんだね。

  14. 江戸ご飯冷やし卵羊羹・源氏卵 - 立川のいまはここ

    江戸ご飯冷やし卵羊羹・源氏卵

    冷やし卵羊羹・源氏卵国文学研究資料館の『万宝料理秘密箱・玉子百珍』には103種類の卵料理の作り方が述べられているそうですが、『江戸料理レシピデータセット』では一部の料理を分割し、全部で107種類の卵料理を掲載しています。現代語訳と現代レシピはレシピサイト『クックパッド』の〈江戸ご飯〉コーナーで公開されています。今回えくてびあんが挑戦したのは、江戸のスイーツその名も「冷やし卵羊羹」!食べてビッ...

総件数:14 件

似ているタグ