江戸のタグまとめ

江戸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには江戸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「江戸」タグの記事(16)

  1. <江戸怪談>地下より人現れるの話 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    <江戸怪談>地下より人現れるの話

    九月頃承りしに、夏の頃、信州浅間が嶽の辺にて、郷家の百姓井戸を堀りしに、二丈余に深く堀りけれども水出ず、さん瓦を二三枚堀出しけるゆへ、か丶る深き所に瓦あるべき様なしとて、又又堀りければ、屋根を堀り当てける故、其の屋根を崩し見れば、奥は真くらにて物目も知れず洞穴の如く、内ニ人間躰のものもある様子故、松明にて段段見れば、年の頃五六十の人ニ人あり。依って此者にいちいち問ひければ、彼の者申す様は、そ...

  2. 【江戸男色盛衰考】はげのことを考えていたら - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【江戸男色盛衰考】はげのことを考えていたら

    はげのことを考えていたら柳の井を思い出した。湯島天神の東側、男坂下の心城院に江戸の昔からある。デジカメ時代になって行っていないので、だからはげるのだ、とまれ、ネットに新しい記事があったので引いておく。伝説上はこの一帯に齋藤實盛の屋敷があったといいその寄進により湯島聖天とも称する。井戸の伝承はつまびらかではないがいまは何か判然としているのか、行っていないからわからない。井戸の傍らに柳の古木があ...

  3. 自由ヶ丘鉢状穴探訪〜3つの石仏 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    自由ヶ丘鉢状穴探訪〜3つの石仏

    今日の鉢状穴。自由ヶ丘には三箇所、石塔があります。いずれもバス通りを目黒通り方面に行ったとこにあります。ただ、昔と配置が違っていて、迷ってしまいました。ひとつめがこちら。目黒通りから二筋手前の右手、大きなマンションの入口脇に稲荷社とともにまとめられています。ここがまず迷った!旧家は大きいものから順にかなり減ってますねえ。マンション。大正十一年とあります。自由ヶ丘あたりは窪地で、芸術家などによ...

  4. 参勤交代☆川越 -  one's  heart

    参勤交代☆川越

    江戸にタイムスリップしたみたいにお店の人も着物姿です。イベントが時間ごとに行われ参勤交代や火縄銃の集団に逢いました。にほんブログ村

  5. さいきんのもろもろインスタグラム(花見とか平安仏とかカモメ) - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    さいきんのもろもろインスタグラム(花見とか平安仏とかカモメ)

    さいきんのもろもろインスタグラムじつは昨年の写真嫌々ながらの料理芸能人が来る超狭い酒場&amp;料理屋、もと薬局(移転して現存してます)マジのカモメが上野にいるのを初めて見ました(しかも逃げない)長浜のほとけ様を一体ずつ招来している上野の小スペース。こちらは本体部の形状のみ平安から鎌倉初期の下膨れの様相を残しており、顔などすべて古いものをなぞって彫り直してあるそうです。よって市指定にとどまる...

  6. ★ リアルってなんだろう - うちゅうのさいはて

    ★ リアルってなんだろう

    府中市美術館に行った・・・お江戸後期の絵師たちの追求した“リアル”写実なリアルもあるけど、かなり主観が入ったものも・・・(;´∀`)それにしても、西洋絵画と日本の絵画、それに影響を与えた中国の絵画。それらはどうしてあれほど違うんだろうか。西洋絵画のほうが昔から写実を求めていたようだけど。全ては神がお造りになったものだから、それらは忠実に描かなければいけなかったのか。日本の「引き目鉤鼻」はいっ...

  7. 開化ヱリキ 大都画ぶし♪ - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    開化ヱリキ 大都画ぶし♪

    開化ヱリキ 大都画ぶし&nbsp;うら若き女房連れて風船で地球めぐり、こんなネタは今高座に上げてもポカーンでしょうな。&nbsp;うっかり絵師の名前を控えておかなかった。国貞門人、文政期の歌川貞信が大都画ふしなるものを描いていますが明治前期まではずいぶん時期が離れます。上方のものは江戸と一味ちがう趣があり、明治に入ってからの通俗本をひとつ持っていますが表紙はどぎつい紅など使った浮世絵、中身は...

  8. 法春比丘尼の涙は本物だったか?江戸二大刑場にのこる谷口巨大題目塔の謎 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    法春比丘尼の涙は本物だったか?江戸二大刑場にのこる谷口...

    戦前戦後の江戸本によくあった「江戸二大刑場のヒゲ題目は同じ女人が建立した、綱吉の世に息子が酔いにまかせて犬を害した咎で処刑されたことから出家し菩提を弔った」なる話、実は少し形が異なる故現況確認前にネット見たら行くまでもないことが。谷口ブランドの話。きちっと調べられてます。幕末にまとめられ明治中期国書刊行会が出した(近年中公より翻出)「燕石十種」所収の有名な江戸真砂の「江戸真砂六十帖」2巻より...

  9. 江戸深川資料館 - Miwa Note in Thai and...

    江戸深川資料館

    歴史の資料集やらテレビの歴史番組やらでたびたび目にし、気になっていた江戸深川資料館ブルーボトルコーヒーがあるおしゃれな街として取り上げられることも多いので、資料館と街歩きを両方堪能しようとうきうき出かけてきましたこの資料館では江戸時代末の町人地、深川佐賀町の街並みが再現されています最大の魅力は、実際に建物の中に足を踏み入れ、展示してある引き出しからお米に野菜…大方のものに触れることができるこ...

  10. 鉄飛坂に鉢状穴を探して - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    鉄飛坂に鉢状穴を探して

    体調がすぐれないけど近所ならいけるかなと自由が丘から鉄飛坂経由で東工大まで抜けた。結論、鉄飛坂上の庚申堂にボコボコの庚申塔があったと思ってたのは勘違いだった。むしろ立源寺の門前題目塔(いわゆるヒゲ題目ですが左右のうち左は江戸時代の個人供養塔で右は近世の皆で建立したもの)に疑惑を発見いたしました。立源寺は江戸一ニを争う日蓮宗寺院だった近く碑文谷の法華寺が今風に言えば叩かれて解散・宗派替えさせら...

  11. アクセスが激減したので意味なくエントリあげます。2018/1-2歳時記 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    アクセスが激減したので意味なくエントリあげます。201...

    表題のとおりです。たぶんSSL開始日と宣言された日より先にすでにそうなってるぽく、画像付ツイッターまとめが不可能になった(過去記事のツイッター画像も消えてしまいました)ため、追々まとめようと思ってたものもこちらにいちいちエントリあげますが、それはめんどくさいので、とりま、失ったアクセスのためにも無意味にスマホの画像貼ります。今日のところは。(過去記事はリンクは残ってるので仕方なく放置します)...

  12. 日本橋三越 特別食堂日本橋 - マレエモンテの日々

    日本橋三越 特別食堂日本橋

    日本橋三越の特別日本橋三越の特別食堂日本橋でランチをとるなどする。

  13. 美々卯でうどんすき - マレエモンテの日々

    美々卯でうどんすき

    寒いシーズン一度は食べたくなる美々卯のうどんすき。毎回ピチピチエビに驚かされる。

  14. 銀座ウエスト - マレエモンテの日々

    銀座ウエスト

    銀銀座ウエストでカフェオレとシュークリームを。飲み物はお代わり自由です。カフェオレ三杯も飲んでしまった。シュークリームは生クリームとカスタードクリームの二層のものを選びました。上品で丁寧な味。

  15. 鳥煮込卵とすり流し豆腐 - 立川は Ecoutezbien  えくてびあん

    鳥煮込卵とすり流し豆腐

    鳥煮込みとすり流し豆腐『万宝料理秘密箱 玉子百珍」にある「鳥煮込卵」とりにごみたまごと読みます。本来は、小鴨か鴨か鳩を使うようです。ここでは鶏の胸肉を使いました。レシピの分量が全部「適量」、それがかえってむずかしい。麻糸で縫い合わせるとありましたが、そこは現代。ラップで巻いたり、楊枝で留めたり、別の方法でもできるようです。いずれにしても、ゆで卵を肉の中に定量入れて蒸した料理。とってもさっぱり...

  16. 自由が丘モンブランのモンブラン - マレエモンテの日々

    自由が丘モンブランのモンブラン

    自由が丘モンブランでモンブラン。カフェオレと。

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ