江田船山古墳のタグまとめ

江田船山古墳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには江田船山古墳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「江田船山古墳」タグの記事(3)

  1. 稲荷山古墳の築造は六世紀(1) - 地図を楽しむ・古代史の謎

    稲荷山古墳の築造は六世紀(1)

    関東地方の前方後円墳の特色=古い形式の主体部=稲荷山古墳「さきたま古墳群の全体、それと将軍塚古墳(明治26年発掘)など終末期の古墳(横穴式石室が含まれる)ので、最初は横穴式の石室を探した。ただ、前方後円墳の場合、特に関東地方では古い形式の主体部が新しい古墳にも残されていることがある。」そうです。いわば棺・あるいは槨的なものが墳丘の上に営まれることもあるので、(墳丘の)上も調べたそうです。『稲...

  2. 稲荷山古墳の被葬者と雄略天皇 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    稲荷山古墳の被葬者と雄略天皇

    「ワカタケル」は雄略天皇か稲荷山古墳の被葬者は、獲加多支鹵大王に仕え助けたと書かれていました。獲加多支鹵大王とは雄略天皇の事でしょうか。(「稲荷山古墳・鉄剣が秘めた古代の謎」より写真と文章を抜き書きしました)原島礼二(埼玉大教授・古代史)わたしは「ワカタケル」は雄略でいいと思います。471年か、531年かはわからないけれども、皆さんのご意見を聞いていると471年の方がスムーズだなあという感じ...

  3. 知っていそうで知らない江田船山古墳 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    知っていそうで知らない江田船山古墳

    江田船山古墳、急に熊本の古墳に話が飛んだ感じですね。実は、家形石棺を見ていて、今回も疑問が生まれたのです。艸墓古墳や蘇我系の墓制は、横穴式の石室に家形石棺を置いていました。そのルーツは何処だろうと再度思いました。まず、家形石棺と云えば北部九州が発祥地ではないでしょうか。ですが、「九州の墓制は石屋形に亡骸を納め、棺は密閉されていないから、他の地域と特に畿内とは墓制が違う。畿内の石棺は密閉型であ...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ