池井戸潤のタグまとめ

池井戸潤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには池井戸潤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「池井戸潤」タグの記事(7)

  1. 読書「陸王」 - SEのための心理相談室

    読書「陸王」

    読書記録 池井戸潤「陸王」 抄録は以下の通り。『老舗足袋業者「こはぜ屋」。資金繰りに頭を抱える4代目社長は、会社存続のために本格的ランニングシューズの開発を思い立つ…。物作りに奔走する熱き人間ドラマを、再起を期すランナーの物語に絡めて描く群像劇。』端的にいうと、思いつきとご都合主義で展開する勧善懲悪の物語です。主人公が思いつきで何かを始めると、何かしらの課題が提示され、根拠のない思い込...

  2. 本町クリニックと池井戸潤 10月25日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    本町クリニックと池井戸潤 10月25日(水)

    処方箋を出してもらいに、本町クリニック。1時間30分もまたされて考えた。先日の日高病院で処方してもらえばよかったんだよな。あちらでは処方してもらっていない薬があって、お薬手帳を持ってなかったのだ。次回からは注意しましょう。       「下町ロケット」 著 池井戸潤<br> 「オレは――オレは、あの技術は絶対手放したくありません」 「感情論だろ、それ」  黙ってきいていた唐...

  3. 読書・「七つの会議」(池井戸潤著) - テニスのおじさま日記

    読書・「七つの会議」(池井戸潤著)

    冷たい秋雨が降り続く日曜の昼下がり、図書館に出かけて閲覧室で「七つの会議」(池井戸潤著)を2時間ほど読んだ。今日の朝日新聞朝刊の「天声人語」で、神戸製鋼所の不正事件にからめて、この本がとりあげられていたのでどうしても読みたくなった。「七つの会議」は不正に手を染めたメーカーが舞台。耐火性などのデータを捏造して鉄道用の座席を安く製造し、取引先に納入していた。まるで神戸製鋼所のアルミや鉄の強度を偽...

  4. 「アキラとあきら」 - 小さな幸せ

    「アキラとあきら」

    池井戸潤の長篇「アキラとあきら」を読み終えた。今回は池井戸潤なのかと思わせる一冊だった。とても魅力的な小説で読み終えて極上の満足感と疲労感を味わった感じだ。

  5. 池井戸 潤著「花咲舞が黙ってない」を読み終える - 折々の記

    池井戸 潤著「花咲舞が黙ってない」を読み終える

    池井戸潤さんの作品「花咲舞が黙ってない」を読み終える。現実的には、日本の銀行、特に一流銀行ではあり得ない事だが、銀行の不祥事をテーマに、内部処理により組織を守ろうとする上層部に対して、問題を明らかにして解決するのが銀行のためだと、正義感に溢れた現場担当者の悩みが見事に描かれている。 この作品の前作に当たる「不祥事」は読んでいないが、「不祥事」を原作としたテレビドラマが放映され,大いに楽しませ...

  6. 池井戸 潤著「銀翼のイカロス」を読む - 折々の記

    池井戸 潤著「銀翼のイカロス」を読む

    池井戸潤さんの「銀翼のイカロス」、文庫本が出たので、早速買い求める。文春文庫、760円+税。ご存知、半沢直樹シリーズ、一気に読み切る。文学的にすぐれているとは言えないが、読み物として実に面白い。あくまでも小説の世界であるものの、政治家と金、政界と金融界との癒着、銀行内の派閥抗争など、実際にあるように見える。 出向先から復帰した半沢直樹は東京中央銀行の営業第二部次長。上司である営業第二部長の内...

  7. アキラとあきら - 新 LANILANIな日々

    アキラとあきら

    大好きな池井戸さんの作品。自分の仕事が金融系なので出てくる用語とか、書かれていることとかあー、あるあるー、そうそう~連載されていたのは10年くらい前だそうそれの。文庫化705ページ、読み応えあり、です。あきら、という名前を持つ2人の男の子が成長し、人生が交錯し・・・最初のほうの子供時代がなかなか乗れなくてでも、その後は、ぐいぐい引き込まれ通勤電車の中、夜寝る前に朝起きてから(笑最後のほうは、...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ