池井戸潤のタグまとめ

池井戸潤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには池井戸潤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「池井戸潤」タグの記事(7)

  1. 池井戸 潤著「下町ロケット・ゴースト」を読み終える - 折々の記

    池井戸 潤著「下町ロケット・ゴースト」を読み終える

    池井戸潤さん待望の「下町ロケット」シリーズの第3弾、書き下ろし「下町ロケット・ゴースト」が発売され、早速買い求めて読み終える。 お馴染みの帝国重工の財前道生や佃製作所の佃航平など今回も登場するが,トランスミッションの開発・製作専門メーカーで、ギアゴーストというベンチャー企業が新たに登場してくる。書名にある通り、ギアゴーストを中心に、物語は進展する。 帝国重工からドロップアウトした伊丹大と島津...

  2. 映画「空飛ぶタイヤ」 - 小さな幸せ

    映画「空飛ぶタイヤ」

    池井戸潤の原作は読んでた「空飛ぶタイヤ」この作品は映画では伝えきれないものがあった。主人公の赤松徳郎は運送会社の2代目経営者。ある日、走行中のトラックからタイヤが外れ死傷者がでる事故が起こる。そのトラック事故をおこしたのが赤松が経営する会社。事故の原因を自社の整備不良と決め付けられ、赤松は突然容疑者となるが彼は自分の会社を信じ、事故の本当の原因を突き止めようと動き出す。トラック自体に欠陥があ...

  3. 映画「空飛ぶタイヤ」観てきました - 続☆今日が一番・・・♪

    映画「空飛ぶタイヤ」観てきました

    我が事ながら、アンタも好きねぇと思うのですがはい、大好きなんですよ、このお話が。池井戸作品はおそらく全て読んでいると思うのですがその中でもナンバーワンに好きなのが「空飛ぶタイヤ」でございます。WOWOWのテレビドラマももちろん見ました。仲村トオルの赤松社長のイメージが強いので心配でしたが長瀬智也クン(クンてほど若くないか・・・💦)もなかなか良かったです。しっかし、しみじみ彼、...

  4. 空飛ぶタイヤ - 5W - www.fivew.jp

    空飛ぶタイヤ

    作家、池井戸潤作品初めての映画「空飛ぶタイヤ」を見ました監督:本木克英

  5. 空飛ぶタイヤ -2- - 殿様の試写室

    空飛ぶタイヤ -2-

    空飛ぶタイヤ-2-(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 一寸の虫にも五分の魂泣き寝入りはしないぞ長いものにも巻かれないぞ諦めないぞ 若い母親が幼い息子と夫を遺して死んでいったのに企業の論理が優先するのか いいえ、最後に正義は勝つのです。 150歳にもなりながら悲劇的な結末は嫌いです。誰だって思い通りにはならない中必死で生きているのに映画まで悲劇では救われません。努力は報われる、信...

  6. 空飛ぶタイヤ -1- - 殿様の試写室

    空飛ぶタイヤ -1-

    空飛ぶタイヤ-1-(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 2002年1月10日、走行中のトラックのタイヤが外れ、歩道を歩いていた母子を直撃。母親が亡くなりました。衝撃的な事故でしたから、覚えている方は多いことでしょう。 2000年に発覚した三菱自動車のリコール隠しがとうとう死者を出すに至った事故でした。 これは事故ではなく事件です。 この事件を基に池井戸潤が書いたのが「空飛ぶタイヤ」。 累...

  7. 「神保町奇譚」(読書no.265) - 空のように、海のように♪

    「神保町奇譚」(読書no.265)

    「神保町奇譚」 (著・池井戸潤) アマゾンの有料会員になった特典でこの電子書籍は無料。花咲舞が活躍する短編もの、「下町ロケット」や「半沢直樹」ほどのエンターテーメント性はなかったが、ひと時を埋める読書となった。 舞は仕事を終え、神保町で同僚の相馬とビールを頼む、先輩から紹介された一見さんお断りのその店はちょっと美味い肴を提供する。隣あわせた上品な婦人の話が短編の本題に引き込む。娘さんが亡くな...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ