泉鏡花のタグまとめ

泉鏡花」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには泉鏡花に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「泉鏡花」タグの記事(7)

  1. シネマ歌舞伎「天守物語」 - 麻生舎(あさぶや)日記 聞き耳ずきん

    シネマ歌舞伎「天守物語」

    5日から上映中のシネマ歌舞伎。10年前の7月、歌舞伎座での公演の映像だ。そうそうたる出演者のトップはやはり、板東玉三郎。いや、ほんと、玉三郎って美しい!着物の柄もはっきりわかるのはシネマ歌舞伎ならでは。作者の泉鏡花について語る特別映像つき。11日まで、札幌シネマフロンティアで上映中。一般2100円。原作:泉鏡花出演:坂東玉三郎、市川海老蔵、中村獅童、中村勘九郎、市川猿弥、ほか天の上にある白鷺...

  2. 色彩と音の風景の魅力〜泉鏡花さんの『婦系図』 - 素敵なモノみつけた~☆

    色彩と音の風景の魅力〜泉鏡花さんの『婦系図』

    週末はお部屋の本棚を眺めていたのですが、1冊も読みたい本が見つからない。こんなにたくさんあるのに、と思いました。結局、土日は本は読まずに、小学3年生の国語の教科書を見ていました。土日の読みたい本がないという気持ちをひきずっているのですが、読めそうな本がありました。泉鏡花さんの『婦系図(おんなけいず)』です。『婦系図』は、10年くらい前に、東京神楽坂のカフェのパレアナさんの店長さんからすすめら...

  3. 泉鏡花さんと香箱蟹〜『卵塔場の天女』 - 素敵なモノみつけた~☆

    泉鏡花さんと香箱蟹〜『卵塔場の天女』

    この前の週末、金沢に行こうかな思いましたが、寄りたいところや会いたい人との都合が合わず諦めました。石川の香箱蟹は12月29日で漁は終わりですが、生簀をもっているお店では年明けでも食べられるので、さきの週末がチャンスでしたが残念です。石川より北の富山や新潟ではもう少し遅くまで漁をしているので、それも狙い目です。香箱蟹そんなに食べたくなるほど美味しさに開眼しました。泉鏡花さんの『卵塔場の天女』。...

  4. 泉鏡花「眉かくしの霊」その心は「帰れ!」 - 憂き世忘れ

    泉鏡花「眉かくしの霊」その心は「帰れ!」

    「高野聖」と一緒に載っていた「眉かくしの霊」図書館に返す前に、パラパラ読みしました。これも似た様な話で、友人の境賛吉からの「また聞き」という構成。木曾の方へ旅したときの「怪談めいた」話。最初の宿がサービスが悪い。酒もない、料理もないと、つっけんどんの扱い。その後、泊まった宿は、親切で、料理も美味い、いたれりつくせり。ついつい長逗留。が、やがて、ゾッとするような美人の幽霊と遭遇。料理人に因縁話...

  5. 泉鏡花「高野聖」騙されてるでしょ。 - 憂き世忘れ

    泉鏡花「高野聖」騙されてるでしょ。

    突然ですが、泉鏡花。昨日たまたま、クロスワードを作っていて、ウィキで調べていた。読んだ記憶があるのが「高野聖」のみ。山の中で上からヒルが落ちて来るシーン。キモかったー。あれだけが、私にとっての鏡花さん。ウィキで「高野聖」のあらすじをツラツラよんだら、むむ?例のごとくです。蛇やら馬やら出て来て……思えば「ヒル」自体が「源氏」の「行幸」なわけで……。短いですから図書館で借りて読んでみた。やっぱし...

  6. ★ 明治の人 - うちゅうのさいはて

    ★ 明治の人

    弥生美術館に行った。「泉鏡花×球体関節人形」三浦悦子さんの人形が展示されているので。人形作家が泉鏡花の作品に出てくる女性を人形にしたもの。泉鏡花は「高野聖」というのを読んだだけ。あとは「天守物語」「外科室」「夜叉ヶ池」の映画を見ただけ。どれも、玉三郎さんだね~。・・・というわけで、スミマセン、殆ど知りません・・・^^;弥生美術館は竹久夢二美術館も併設しているので、一枚のチケットで両方見れるの...

  7. 色あふれる情景〜泉鏡花さんの『春昼・春昼後刻』 - 素敵なモノみつけた~☆

    色あふれる情景〜泉鏡花さんの『春昼・春昼後刻』

    泉鏡花さんの『春昼・春昼後刻』。部屋の本を整理しているときに目についたので、ふたたび読んでみました。前に読んだときは、金沢の泉鏡花記念館に、『春昼・春昼後刻』に引用されている小野小町の歌が展示されているのに興味を惹かれました。うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼みそめてきうたた寝した時の夢に、恋しい人を見てしまってからはあなたが私を想ってくれていると夢を頼りにし始めるようになってしま...

総件数:7 件

似ているタグ