法然のタグまとめ

法然」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには法然に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「法然」タグの記事(8)

  1. ご縁に導かれて誤嚥を防ぐ - 梟通信~ホンの戯言

    ご縁に導かれて誤嚥を防ぐ

    昨日の朝は大掃除、午後から歯医者へ。義歯を外しているとき(日中一定時間、外すのだ)、上下の歯の間をあけて唇もドライサイドとウエットサイドがくっつかないように保つ、鼻呼吸を続ける、唾液がたまった時は、意識をして嚥下する、など誤嚥の防ぎ方についてもろもろの話を聞いた。ぼくの上の義歯、コーノスという方法はいまだに日本では最高の義歯といえるけれど、それだけに最高の技術をもって作らないといろんな不具合...

  2. 煩悩即菩提になった人の実例 - 仏教フリーク

    煩悩即菩提になった人の実例

    心の闇が晴れた親鸞聖人は、極善無上の幸せ者になられました。極善無上の幸せというのは、煩悩即菩提です。煩悩がそのまま幸せに転じる苦しみが幸せに転じる世界です。例えば、35才で親鸞聖人は流刑にあわれました。その時には、無実の罪で流刑にあわせた権力者達に対して主著の教行信証にこう書かれています。主上臣下、法に背き義に違し、忿をなし怨を結ぶ(教行信証)主上臣下というのは天皇も下臣どもも、ということで...

  3. 「法然先生との出会い。アミダさまとの出会い直し。」 - 「親鸞さんと生きる」

    「法然先生との出会い。アミダさまとの出会い直し。」

    ■■■第2章「親鸞さんってどんな人?」★2-5「法然先生との出会い。アミダさまとの出会い直し。」■六角堂9歳から29歳までの20年間にわたり、比叡山での修行を続けた親鸞さんでしたが、求むべき人間としての道を見つけられずに行き詰まりました。そこで親鸞さんは、新たな道を求めるための行動に出ました。以前から敬っていた聖徳太子を頼る気持ちもあったのでしょう、京都の六角堂(ろっかくどう)への参篭(さん...

  4. 法然上人と親鸞聖人の出会いと別れ - 仏教フリーク

    法然上人と親鸞聖人の出会いと別れ

    1175年、法然上人は、浄土宗を開かれると、爆発的に広まっていきました。がこの比叡山や興福寺から徹底的に攻撃を受けられます。一つ目が、団結した日本中の仏教学者たちから大原に呼び出され、法論を挑まれます。これを大原問答といいます。1186年です。ところが、法然上人は、一人で打ち破られてしまいました。その後1201年、親鸞聖人は法然上人の弟子になっておられます。この時、親鸞聖人は29歳。29歳の...

  5. 法然上人が迫害されたとき守られたものは? - 仏教フリーク

    法然上人が迫害されたとき守られたものは?

    承元の法難で、法然上人が守られたのは、一向専念無量寿仏。他にもお弟子がいたが、流刑に遭われたのは両聖人だけ。このあとにおっしゃったお言葉。「駛路はこれ聖者の行く処なり、謫所はまた権化の住処なり。愁とするに及ばず」駛路とは、険しい道。誰も行きたがらない。最近の若者は楽して結果を求める。誰もが行くのを嫌う険しい道を行くのが聖者である。また、我々親鸞学徒が進むべき道も駛路。少しでも楽がしたいと思っ...

  6. 親鸞聖人のお歌承元の法難 - 仏教フリーク

    親鸞聖人のお歌承元の法難

    「かの吉水の一流は」法然上人初め阿弥陀仏の本願教えられた吉水の一流とは阿弥陀仏の本願も「時機相応の法なれば」時機相応、今日末法では弥陀の本願以外助かる道はない。末法の極重の悪人が救われのが弥陀の本願、それで多くの人が吉水に集まる。「そねみのあらしふきおこり」そうなると、そねみ、ねたみ、嵐が吹き起こってきた。これはいつの時代でもある。高木は風にねたまれる、出る杭はうたれる。あなたもいつも一番出...

  7. 耳四郎 - 仏教フリーク

    耳四郎

    耳四郎というひと、耳が4つ、聴聞するために生まれてきたような人だなあ大泥棒、法然上人のお宅に泥棒、縁の下で隠れていると、上から話が聞こえるしょうがない、居なくなってから忍び込もう、息を凝らしていると、俺のことをいっているぞ、俺が隠れているのを知っているのかな?たしかに誰にも見られていない,しかし間違いなく俺のことだ、誰だ、俺のことをこんなによく知っている人は泥棒が目的で忍び込んだ縁の下で、法...

  8. 新しい宗教改革が必要だ長谷川宏「日本精神史」その22&加藤周一「日本文学史序説」 - 梟通信~ホンの戯言

    新しい宗教改革が必要だ長谷川宏「日本精神史」その22&...

    大岡山から洗足池を訪ねた。よく整備された公園で水鳥をみてのんびりする。 pallet-sorairo さんや散歩好きさんのように鳥の名を覚えられないぼく相応の鳥の種類。洗足公園に隣接していた「鳳凰閣(旧清明文庫)」、勝海舟の精神を学ぶために昭和8年に開館、国登録有形文化財となっている。「日本精神史」第17章「法然と親鸞―万人救済の論理」。平安末から鎌倉初期の時代、鴨長明「方丈記」そのままの、...

総件数:8 件

似ているタグ