法華寺御流のタグまとめ

法華寺御流」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには法華寺御流に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「法華寺御流」タグの記事(197)

  1. 奈良市いけばな展 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    奈良市いけばな展

    奈良市いけばな展予定通り19日、20日 無事に開催されました。奈良の先生から写真送っていただきましたので、法華寺御流のお花を一部ご紹介します^^どちらも爽やかな初秋の雰囲気にぴったり^^見ていて気分が明るくなります。こんなお花を活けられるようになりたい…という憧れ。目標となる方が前を歩いてくださっているおかげで、次に挑戦することのイメージを具体的に思い描くことができます。ありがたいことだなぁ...

  2. 生徒さんの作品より - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品より

    生徒さんの作品より花材は、石化エニシダ、ピンクッション、スプレー菊、ギボウシの葉 でした。この日は皆さん投げ入れ(花瓶に活ける)のお稽古だったのですが、はじめて挑戦される方もいらっしゃって、思ったところにお花がとまってくれないもどかしさも感じつつ…^^;目の前のお花とていねいに向き合っておられました。「メインにするお花は、前に前に、目立つところに入れようとしますが、ピンクッションのように華の...

  3. 花瓶に活けるお花 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    花瓶に活けるお花

    最近、初めて投入れ(花瓶に活ける)のお稽古をされた生徒さん達の作品です花材: 紫式部、鶏頭(けいとう)、スプレー菊花材: 紫苑(しおん)、菊、スプレー菊手直しをした後に「こうやって活けるんだ〜」「花瓶の中ってこうなってるんだ〜」という生徒さんのコメントを聞いたり、ハッ!としたような表情や、えっ?と驚いて一瞬動きがとまる…ようなリアクションを見るのが楽しみです^^横から見てみましょういろんな角...

  4. テッポウユリとタカサゴユリ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    テッポウユリとタカサゴユリ

    昨日は、自宅教室にてお稽古でした。生徒さんの作品より花材は、鉄砲百合、スプレー菊、はらん でした。斑入りの旭はらん、涼しげです^^水をつけて、葉先からくるくるっと巻いて、曲線をだすと、全体がとても柔らかな印象になります。いつものような枝ものがなく、少ない花材でしたが、お花の表情を生かしつつ、スッキリとしたお花が入りました^^ユリが咲くのが楽しみですね♡鉄砲百合のつぼみは、上を向いていますが、...

  5. 槇(まき)のお稽古 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    槇(まき)のお稽古

    お盆の格花「槇(まき)」のお稽古が始まりました。サーキュレーターのおかげで、室内ひんやり。よかった〜^^風を流すだけで、こんなに体感温度が違うものなのかと思いました。今まで暑い思いをさせてしまった皆さま、申し訳ありませんでしたm(_ _)m生徒さんの作品(基本形)毎年同じ花材と向き合うことは、自身で成長を確認できる作業でもあります。お正月の若松もほぼ同じ活け方をするので、生徒さん達は年に2回...

  6. 初心忘るべからず - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    初心忘るべからず

    8月のいけばなお稽古は、ゆったりペース。帰省など、ご家族で過ごす時間が増える時期なのでお休みされる方もいらっしゃいますし、お盆用に槇の格花を活ける方は1回のみのお稽古です。一方で、習い始めて半年未満の生徒さん達は、通常通りのペースで頑張っておられます。昨日お稽古に来られた生徒さんの作品花材は、赤オクラ、りんどう、スプレー菊、ドラセナ観賞用の大きな赤オクラ。足元をキッチリと寄せて、のびやかなお...

  7. いけばな研究会 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばな研究会

    昨日は月に一度のいけばな研究会。法華寺の境内は、朝から蝉の大合唱〜♫例年より一層、日差しも強く感じました。今月の花材は「槇(まき)」基本形に近い型をおさらいしました。同じ花材で、二重切りに活けられた先生も。かっこいい!来年はこれに挑戦しよう!!いろんな活け方を見ることができるので、とても勉強になります。無事に華展を終えた報告もさせていただき、大分の方に頼まれていた「お守り犬」も購入でき、昨日...

  8. 厄除け檜扇(ひおうぎ) - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    厄除け檜扇(ひおうぎ)

    花展の後、久しぶりにお稽古再開しました^^生徒さんの作品より↓花材は、檜扇(ひおうぎ)、菊、鳴子百合古来より檜扇は厄除けの植物とされており、京都では、祇園祭の期間中、民家の玄関や床の間に檜扇を飾る習慣があるそうです。今でもそうですか?…とさりげなく京都のブロガーさんに投げかけてみました^^;オレンジ色のお花をよく見ますが、こんな色もあるんですね。一つひとつは一日花です。つぼみがたくさんついて...

  9. 華展、無事終了しました - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    華展、無事終了しました

    華展、無事終了しましたお忙しい中、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。想像以上にたくさんの方に見ていただくことができ、驚いています。会期中に何度も足を運んでくださったり、母にも見せたくて…と二度目はご家族連れでいらしてくださったりと、ありがたくて…幸せで心満たされる毎日でした。皆さまの笑顔やさりげないひと言が励みになりました。ますます精進します。ありがとうございました。

  10. 心満たされる日々 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    心満たされる日々

    いけ花展、前期が無事終了しました。お越しいただいた皆さま、ブログを見ながら応援してくださっていた皆さま、ありがとうございました。会期はまだ続きますが、今日は小休憩。昨日、活けたお花を片付けに来られた生徒さん達に、日々の会場の様子や、お客様からの感想、かけていただいた言葉、うれしかったこと、などを共有し、感動を分かち合いました^^「胸がいっぱいです」「この年で自分のことで感動したり緊張したり、...

  11. 自然からのメッセージ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    自然からのメッセージ

    花材をもとめて山へ、水辺へと車で遠出することが多かったこの頃。美しい自然の中に突如現れる一面のソーラーパネルにびっくりすることがよくあります。熱海の土石流ニュースをみて、その光景がふと頭をよぎりました。私たちは求め過ぎてはいないだろうか…自然の中で生かされていることを忘れてはいないだろうか…異常気象も自然災害も、大切なことを忘れてはいませんか?というメッセージのような気がします。風雨順時〜巡...

  12. 睡蓮の花 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    睡蓮の花

    いけ花展初日、たくさんの方にお越しいただき感謝、感謝です。今回活けた睡蓮とフトイ睡蓮は、睡(ねむ)る蓮(はす)という字のごとく、午後3時過ぎ頃から徐々に花びらを閉じて睡りはじめます。翌朝ふたたび開き、また睡る。そんな開閉を活けた後でも繰り返します。さすがに自然の睡蓮のように最後に沈むことはできませんが…^^;「こんな間近で睡蓮を見たのは初めて」「睡蓮ってなんだか神々しい」「水盤の中に広がる涼...

  13. 生け込み完了 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生け込み完了

    昨夜は花展の生け込みでした。初めての花展。生徒さんにとってももちろんはじめてのことなのですが、皆さん手際よく素敵に活けておられて、とても頼もしく感じました^^一部のお花が配送トラブルで届かない…というハプニングがありながらも、あるものでなんとか形になりました。いよいよ本日より7日まで。(5日はお休み)思ったより暑くなく、お花にとっては最高のお天気になりそうです。たくさんの方々に見ていただけま...

  14. 明日より花展スタートです - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    明日より花展スタートです

    明日より花展開催です。このようなご時世の中、無事にスタート地点に立てたことに感謝します。スタート地点とは言ったものの、私の中ではもう最後の仕上げを残すのみ…といった感覚で^^;お一人おひとり生徒さんとのこれまでのやりとり、花材探し、奈良の先生とのやりとり、生産者さんとの出会い、花材とのであい。どの時期にどこへ行けばどんな花材があるのか、収穫もたくさんありました。自分なりに動いて、つまづいて、...

  15. 生徒さんの作品 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品

    ここ数ヶ月の上達ぶりには驚くばかり。生徒さん達の作品です^^花材は、雪柳、ゆり、モンステラ でした。一つひとつ存在感のある大きな素材で重みもあり、バランスを考えながら活けていらっしゃいました。どの方の作品も瑞々しく、器にもピッタリ!見ていて清々しい気持ちになりました^^本番も楽しく頑張りましょう♪

  16. 本番が楽しみ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    本番が楽しみ

    生徒さんの作品より花材は雪柳、ユリ、さらにモンステラ の葉があったのですが、入れてみたり外してみたり試して、この花器とのバランスで最終的には雪柳とユリのみで仕上げられました。ユリの花はつぼみです。開きかけたこの感じ、今にも咲こうとしている生命力が感じられていいな〜と思います。この方は昨日が花展前さいごのお稽古で、少ない花材ながら、いろんな調和のさせ方を試していらっしゃいました。「つぼみの良さ...

  17. 自然を観察する - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    自然を観察する

    昨夜は、パークプレイスにてお稽古でした。花材はアガパンサスとバラ、ナルコユリ。アガパンサスの葉は、茎をはさんで囲むようについています。なので、そのように活けると違和感なく、自然な姿になります。生徒さんの作品はこちらスーッと立ち上がったアガパンサスが涼やかです。つぼみが無事に開いてくれますように…お稽古したことで、これからどこかで咲いているアガパンサスを見つけた時はきっと、足元の葉のつき方が気...

  18. 生徒さんの作品 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品

    昨日はお一人ずつ、3名の方のお稽古でした。生徒さんの作品より↓花材は、ソケイ、ひまわり、トルコキキョウ、斑入りのギボウシでした。花展で使いたい花器でお稽古される方が増えています。お花だけでなく、器とも向き合う時間を長く持とうとする意気込み。素晴らしい!!刺激しあい、気持ちも高まってきています。私もアイデアが色々と浮かんできています^^直前まで、苦しみ⁈ もがき、そして楽しみます^^

  19. 凛として - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    凛として

    雨の庭で一輪、ユリが咲いていました。水滴を纏いながらも、凛として美しい!つぼみの期間が長く、今日かな?今日かな…と見ていましたが、雨が降ろうがその花のタイミングで咲く。植物って健気で潔いな〜と思います。奈良にお住まいの法華寺御流の先生で、「凛とした」という言葉がピッタリな方がいらっしゃいます。口では厳しいことを仰るけれど一本筋が通っていて、いつも本音で接してくださる先生です。今回も花展のこと...

  20. お花は鮮度が大切 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    お花は鮮度が大切

    生徒さんの作品より花材:トクサ、トルコキキョウ、アンスリウム、アレカヤシお稽古を始めて2ヶ月あまり。いつもとても丁寧にお花と向き合っておられます。「こんなにトルコキキョウ見つめたの、生まれて初めてです」そうだと思います。トルコキキョウが恥ずかしがるくらい、何度も向きを変え、違うなぁ…こっちかなぁ…いや、ここだな^^…と心の声が全部口からでてますよ^^; 楽しいです。お花は生きものなので、迷っ...

総件数:197 件

似ているタグ