法華寺御流のタグまとめ

法華寺御流」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには法華寺御流に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「法華寺御流」タグの記事(204)

  1. 花のあとにも楽しみはつづく、、、 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    花のあとにも楽しみはつづく、、、

    生徒さんの作品より↓花材:ミツマタ、アルストロメリア、スイトピー、ドラセナ・サンデリアーナミツマタの枝は、その名の通り三つに分かれています^^お花屋さんで扱う花材は、いつもなら季節を先取り。なのに今ごろミツマタ?自然のミツマタも3月には満開だったのに?よく見るとお花もピークを過ぎ、下を向いています。でもさらによーく見ると、花のつけ根から小さな葉がでてきています。ふむふむ。だったら今の季節らし...

  2. お稽古で気持ちもスッキリ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    お稽古で気持ちもスッキリ

    生徒さんをお迎えするとき「なんだか外が曇ってきましたね」『これ多分、黄砂ですよ』ひゃー!そうか、黄砂だ!!視界が悪く、曇り空のようなお天気でした。そんなどんよりした空気を吹き飛ばしてくれそうな、生徒さんの作品花材は、イタヤカエデ(オオバモミジ)、アルストロメリア、スターチスアルストロメリアのお花はあちこち向いているので、どこを正面にするか本当に悩ましいのです。回したり、倒したり、起こしたり、...

  3. 法華寺のお花 〜展示会最終回〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    法華寺のお花 〜展示会最終回〜

    1ヶ月に渡る法華寺御流いけばな展示会@奈良・法華寺光月亭いよいよ明日までとなりました。日曜日、最後の入替え後のお花を見てきました。木瓜、カラー、フリージア、ドラセナユーカリ、ゆり、オンシジウムヤマブキ、椿床の間が遠くて見えづらい( ; ; )梨、グロリオーサ、奥にちょこっとナデシコちょうど入替えの日で、朝は3日経ったお花が残っていたのですが、入れたばかりのお花と3日経ったお花でどれくらい変化...

  4. 芽出しアジサイ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    芽出しアジサイ

    一見枯れたような枝からアジサイの芽が勢いよくでてきました。これから葉が大きくなり、花芽をつけて花が咲き…と楽しみです。お稽古の花材で「芽出しアジサイ」が出てくる度に、この状態で庭のアジサイを切る人はいないだろうな…と思ってしまいます^^;体験の後、はじめてのお稽古にみえた生徒さんの作品↓お家でもお花を育てておられるとのこと、チューリップ…今咲いてる!スイトピーないけどレースフラワーがある!そ...

  5. 春満開のお稽古 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    春満開のお稽古

    早くもソメイヨシノの開花便りが聞こえるようになりました。昔は入学式の時に咲いていた桜が、今では卒業式の前に咲くという…ずいぶん暖かくなったんだなぁと感じます。昨夜はJEUGIAカルチャーセンターでのお稽古、満開の桜が花材でした。生徒さんの作品より小輪のスカシユリつぼみが、これから花を咲かせますよ〜という希望を感じさせてくれます^^体験の方も参加されて、春満開のテーブル!!思わず笑顔がこぼれる...

  6. 生徒さんの作品より - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品より

    生徒さんの作品より↓昨日、水盤に活けた写真と同じ花材です桜もかわいらしいですが、この菊がかわいくてかわいくて…少しグリーンも入っている花びらなので、同系色を重ねても、あまりうるさくならない…ということが活けてみて分かりました。「華やかで春らんまん♪とにかくかわいかったです」と生徒さん。体調がいまひとつ優れない日が続いていて…とのことだったのですが、お花と向き合っているうちに体調のこと忘れてま...

  7. 早咲きの桜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    早咲きの桜

    早咲きの桜を見かけるようになりました。↑実家の庭にも咲いていました今日は、お稽古の花材も桜です^^桜、菊、オクラレルカ(葉っぱ)街で桜が咲きはじめると、お花屋さんの桜は終わりです。先取り、先取り…なのですね。今回の枝もほぼ咲き終わりの状態でした。とはいえ、月に2回のお稽古で、桜を活けられる貴重な機会は やっぱりうれしいものです。いい香りが漂っています。束の間のお花見気分を楽しみたいと思います...

  8. 法華寺のお花〜展示会〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    法華寺のお花〜展示会〜

    奈良、法華寺にて開催中の法華寺御流いけばな展示会。お花の入れ替えがありました。活け込みに行かれた先生が、写真を送ってくださいました。感謝m(_ _)m↑光月亭、床の間花材は木瓜、カラー、照葉柘植↑光月亭、投入れ木蓮、百合、ミモザ↑光月亭、投入れこでまり、ストック、ドラセナ↑東書院、玄関お迎え花馬酔木(アセビ)、百合、アイリス堂々として、華やかです^^奈良は曇り空のようですが、お花にとってはい...

  9. 春を見つけに… - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    春を見つけに…

    奈良の法華寺にて、展示会のお花活けこみをしてきました。門をくぐっていつものように本殿に向かって合掌。今日もここまで無事に来ることができたことに感謝します。いいお花が活けられますように…からふろの前のサンシュユが満開!光月亭を下見。どんな風にお花飾るんだろう…ワクワク。花材は木瓜と百合、小菊でした。ちょっと色花さみしいな…と思っていたら、「余ってるお花よかったら使って〜」と神の声!かわいらしい...

  10. 観察する - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    観察する

    毎年この時期になると、お稽古花材に花桃の枝が入ってきます。暑かったり寒かったりして何月なのか分からなくなりそうですが、花桃の枝を見ると、あぁ、もうすぐおひなさまだな〜と感じます。生徒さんの作品より↓花材: 桃、ラッパ水仙、椿お仕事が忙しくて、久しぶりにお見えになったお稽古でした。今年初めて…かな?「春を感じるお花に触れて、楽しい気持ちでお稽古に臨むことができました。もっとお花に触る機会を増や...

  11. うれしい問合せ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    うれしい問合せ

    「お花の展示会、今年も見にいきたいのですが、開催されますか?」京都在住の知人(夫と同じ会社のHさん)からLINEが届き、びっくり!思いがけないことで、とっても嬉しかったです。毎年3月に奈良の近鉄百貨店(大和西大寺)で行われている法華寺御流のいけばな展示会。関西方面に住んでいる知人友人にはお声かけさせていただいて、兵庫、滋賀、京都などからも見に来ていただいていました。昨年の展示会、師匠の作品↓...

  12. お摘み花 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    お摘み花

    そのかわいいお花を見ていただきたくて、玄関横に持ってきた椿(利休)の鉢。昨日、午前中に外へ出てみると、咲いていたはずの花が枝から落ちて、足元にコロンと転がっていました。風に当ててしまったからかな…まだ美しく咲いているので、そっと拾って小皿に入れました。もう少しだけ楽しませていただきます^^ふと、お摘み花のことを思い出しました。奈良の法華寺にお参りをすると、本堂の諸仏の前にある小さな器に、花や...

  13. 生徒さんの作品より - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品より

    わわわわわ…雪が降ってます。寒くなりました!昨日は暖かくて、日中はエアコン要らずだったのに…。天気予報ってよく当たりますね〜。昨日のお稽古。生徒さんの作品より↓花材は、ハクモクレン、乙女椿、菜の花「ハクモクレンいいですね〜大好きです^^」“この産毛のツボミから出てくる途中もかわいいよね〜”「自分のタイミングで、自分の力で、花を咲かせるんですね〜」“健気だね〜”「かわいいですね〜」はい、もう私...

  14. 白木蓮(ハクモクレン) - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    白木蓮(ハクモクレン)

    昨日のお稽古で使った「白木蓮(ハクモクレン)」産毛に包まれた蕾の中から、絹のようなお花が咲くようすを、木に咲く蓮の花のようだと、その名前がつけられたそうです。この白さ…なんとも気品があって美しい。モクレンの花は上向きに咲きます。中高木なので、普段は高い位置に咲いているお花の中まで見ることがありませんよね。こんな風なんだ〜と思いながら活けました^^菜の花と椿との取合せ。春らしい花材でした…が、...

  15. いけばな展示会のご案内 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばな展示会のご案内

    古代ひな人形展と御本尊特別開帳にあわせて、「法華寺御流生け花展示会」が開催されます。⚫︎主催法華寺門跡⚫︎会場法華寺「光月亭」「東書院」⚫︎期間3/1〜31 光月亭3/1〜14 東書院⚫︎時間9:00〜16:00本堂と離れた別棟なので、お寺拝観の方々との接触なく、ゆっくりご覧になれます。光月亭では、床の間を含めて4〜5杯のお花を4日毎に入れ替えながら展示していきます。東書院では、古代ひな人形...

  16. 生徒さんの作品より - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品より

    生徒さんの作品より↓花材:トサミズキ、金魚草、スイトピー、フェニックスロベレニー(葉)「この枝をどう使おう、どこに使おうとちゃんと悩めるようになりました。1本1本 自分なりに ここかなと決められるようになってきたのがうれしいです!」と感想をいただきました。枝ぶりは、見本と全然違うので、同じ位置に同じように…とはいきません。ツルが巻きついていて面白い!花芽がたくさんついている部分を見せたい!ス...

  17. まずは1000回やってみる! - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    まずは1000回やってみる!

    先日のお稽古で、花瓶に活ける投入れにチャレンジした生徒さん。「盛り花(水盤)でも投入れ(花瓶)でもいいですよ」と言うといつも『帰ってから活ける花瓶がないので…』と仰って、これまで水盤のお稽古が圧倒的に多かったのですが、この日は『花瓶は今日ネットで買います!』と強い意志を持って、投入れのお稽古を選ばれました。『やっぱり難しい、私ってセンスないんですよ…』という言葉を聞いたとき、法華寺御流の大先...

  18. 凛としてやさしく - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    凛としてやさしく

    凛としてやさしく咲く水仙。法華寺御流の水仙格花です。水仙は、自然の姿もそうなのですが、足元に薄皮のような「はかま」があって、花がついた軸と葉3〜5枚がその中に収まった株になっています。格花を活けるときは、ひと株ごとに「はかま」を揉んで外し、花と葉を順に組みなおして、再び「はかま」の中に入れて株をつくります。写真では、左に3株、右に2株。手を加えて組み立てるような人工的な作業なのですが、出来上...

  19. いけばなを始めて視野が広がったように思います - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばなを始めて視野が広がったように思います

    先日のお稽古で、芽出しアジサイの枝を使いました。文字通り、アジサイの芽が出たばかりの枝で、いけばなでは春になると よく使われています。この日の生徒さん達は、意識して見たことがなかったようで、「これがアジサイなんですか??」と不思議そうな顔をされていました。生徒さんの作品より↓「芽出しアジサイに驚きました。花の時しか見たことがなかったので…。いけばなを始めて、視野が広がったように思います」と感...

  20. はらん - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    はらん

    食べものの仕切りや、下敷きに利用されている『はらん』いけばなでもよく使われます。いろんなお花と組み合わせて、足元に入れたりもしますし、はらんの葉だけを一枚ずつ重ねて活けることもあります。法華寺御流では、決まった活けかたを「格花」と呼んでいます。葉蘭(はらん)格花 七枚活↓葉蘭格花 九枚活↓葉蘭の軸から葉先に通じる葉脈は左右どちらかにかた寄っていて、広狭があります。出生に準じて、格花を活ける時...

総件数:204 件

似ているタグ