法華寺御流のタグまとめ

法華寺御流」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには法華寺御流に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「法華寺御流」タグの記事(205)

  1. 奈良に行ってきました - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    奈良に行ってきました

    奈良に行ってきました。先月はガラガラだったフェリーさんふらわあ。今月は、ほぼ満席でした!GO TO キャンペーンすごいですね。奈良、法華寺では、現在ご本尊十一面観音菩薩立像(国宝)他特別開帳しています。さりげなく活けられたエニシダが素敵でした。先生からは、生け込みしたお花の写真に たくさんのダメ出しをされましたが(^^;;「よく頑張ってくださいました、いい経験やったね。これからも機会があれば...

  2. いけばなって奥が深い - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばなって奥が深い

    いけばなって奥が深いなぁ〜と思うことは多々あります。先日の生け込みの際、玄関や床の間に置くお花について、使う花や置く位置などに決まりがあるのか分からなかったので、奈良の先生にメールで相談しました。すると、それはそれは細やかな答えが返ってきたのです。玄関の明るさによって添える花を選ぶこと、床の間は雰囲気によってはこぢんまりまとめること(ごちゃごちゃ入れすぎないこと)、床柱のある方に花器を置いて...

  3. 仲間が増えました^^ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    仲間が増えました^^

    昨夜は、JEUGIAカルチャーセンター(パークプレイス大分)にてお稽古。体験の方がいらっしゃったのですが、入会していただけるとのことで、8月に続いてまたお一人、仲間が増えることになりました〜^^感無量です!「もっと堅苦しいものだと思っていたので、はじめは少し緊張しましたが、話をしながら、聞きながら、活けていくうちに家の玄関が頭に浮かび、まずは掃除をして(^^;; どんな花を飾ろうかとワクワク...

  4. 一雨一度、さらに霜降 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    一雨一度、さらに霜降

    昨日は一日中雨が降ったりやんだり…庭のウィンターコスモスが、重みで倒れていたので摘んできて、お稽古にいらした生徒さん達にお裾分けすることにしました^^中には、お稽古の花材にプラスして活けられた方も^^個性的な南国のヘリコニア、パキッとした赤色がふんわりウィンターコスモスが入ることで一気に和らぎました。一雨一度。ひと雨降るごとに気温が一度下がると言われる時期です。さらに今日は二十四節気の霜降(...

  5. 生け込み後のおまけ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生け込み後のおまけ

    古いお家というのは、そこかしこにお花を飾る場所があるものです。そして、どこに置いても絵になる!先日の古民家の元住人も、小さな花瓶をたくさんお持ちで、かつてお花を楽しんでいらっしゃった様子がうかがえました。生け込みが終わった後、お台所(土間)へ移動して、ちょこちょこ飾るお花を一緒に活けました。古民家の管理をされている方は、実はお花の生徒さんなのです^^「これとこれだけでほら、いい感じ」『かわい...

  6. 生け込みへ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生け込みへ

    古民家へ生け込みに行ってきました^^玄関(豆柿、百合、黄金ひば、オンシジウム)生け込み前日は つぼみだった百合が開いてしまったのが残念なのですが、豆柿の色が悪い分、華やかになったかな…と。床の間(ドウダンツツジ、糸菊、フジバカマ)先週、打合せに伺った際、今回生け込みを依頼してくださった方のお母さまと たまたまお会いしました。「いけばなのことはよく分かりませんが見るのは好きなんです」とのこと。...

  7. これぞ法華寺御流 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    これぞ法華寺御流

    奈良県文化会館にて、今日まで開催されている奈良県華道展覧会。見に行かれた先生から、法華寺御流出瓶作品の写真を送っていただきましたので、ご紹介します。花材:つつじ、ゆり、白りんどう花材:野ばら、ピンクッション、グリーンボール、雪柳どちらも毎月の研究会で、指導してくださっているベテランの先生の作品です。写真からも伝わってくる力強さ、勢い、洗練された美しさにしばらく見入ってしまいました。自然の姿、...

  8. 花実相応 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    花実相応

    昨日、糸菊と一緒に活けたのは…苔の生えたツツジ。いい味を醸し出しておりました。生徒さんの感想の中に、「苔の生えた枝を使うありのままな感じと形を作るという創作性の高さ。両方あって奥深く面白いなぁとあらためて思いました」とありました。本質をよく捉えていらっしゃる!そうなんですよね〜。ハサミを入れて、枝を整えて、やっていることは人工的なのですが、自然の姿のように構成すれば、真実の姿となる…面白いも...

  9. 新しい扉 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    新しい扉

    この日はじめて投げ入れ(花瓶に活ける)に挑戦した 生徒さんの作品↓ご自身で最初に活けたとき、全てが直立気味に入っているのを見て「うーん、お花が苦しそうだなぁ…」と仰っていた生徒さん。どうすれば、ふんわりと自然に活けられるのか…試行錯誤していらっしゃる様子。その後、少しずつお花を引っ張り上げるようにして、いい感じに仕上がりました。「投げいれ 初挑戦の日がついに来た!という感動がありました。戸惑...

  10. お稽古の作品より - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    お稽古の作品より

    お稽古の作品より換気の為に窓を開けるのが、寒い季節になりました。昨日は昼の部、夜の部と自宅教室にてお稽古でした。黄色い実は、フォックスフェイス。その名の通り、キツネの顔みたいな形をしています。和名は、ツノナス。熱帯アメリカ原産、ナス科の一年草です。存在感のある太い枝が1本ずつ、花材に入っていました。どう使えばよいか…と悩んでいたある生徒さんに、活けるのが難しかったら、器の飾りのように寝かせて...

  11. インプットとアウトプット - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    インプットとアウトプット

    ある日のお稽古。生徒さんの作品より↓そして、感想↓「動きがおもしろい花材で、その動きがいきるようないけ方ができて満足の日。最初は枝の切り分け方さえわからなかったのに…楽しむ余裕がでてきて嬉しいです」「もともと動きのないものに動きをつくることも楽しめるようになりたいです」自宅教室でもカルチャースクールでも、毎回お稽古の最後に、ひとこと感想を書いていただくことを続けています。深い意味はなくて、私...

  12. いけばな研究会 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばな研究会

    いけばな研究会に参加する為に、奈良へ行ってきました。午前9時、法華寺の門をくぐり本堂に向かって合掌、礼拝。境内を歩いて奥の高照会館へ向かいます。昨日は一番乗りでした。青い空、秋の風が気持ちいい!!椎の木かな…どんぐりみたいな実がなってます。はらんの九枚活け(格花)と、石化柳、菊、小菊の二重切り活け をしました。二重切りで活ける機会があまりないので、どうもぎこちなく…不完全燃焼でした。(はらん...

  13. 正解がないということ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    正解がないということ

    金曜、土曜と全く違う花材でのお稽古でした。生徒さんの作品より花材: 野ばら、リンドウ、ドラセナインディアナ花材: ローゼル、スプレーカーネーション、レモンリーフどちらも いけばなを始めてまだ日の浅い生徒さん。お稽古のとき、偶然、同じことを仰いました。「なんだか…パズルみたいです」一つ何かの位置を変えると空間が変わり、お花や枝を動かす、そうすると違う場所のバランスが変わり、この枝はこっちの方が...

  14. つる性植物を活ける - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    つる性植物を活ける

    秋のお稽古は、紅葉、実もの、つる性のもの、ススキのように穂がついたもの、などなど、花材のバリエーションが豊富で楽しいです。先日は、つる性の「ムベ」を使ったお稽古でした。別名、トキワアケビとも呼ばれています。(花材は、ムベ、鶏頭、はらん)変わった名前ですよね。秋になると、山で採れるアケビを小さくしたような実がなる植物です。今回は実がついていませんでしたが、つる性のものは、ひと枝ひと枝表情が異な...

  15. 祈り - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    祈り

    唐突ですが、若い頃から神社やお寺を巡るのが好きな私です。いけばなとの出あいも、法華寺を訪れたときに活けてあったお花に心惹かれたのがきっかけでした。最近はインスタグラムで発信しているお寺や神社も多く、いくつかフォローしたりもしています^^そこであらためて気づかされるのは、普段からこんなに、私たちの知らないところで、人々の安寧と幸せを祈り続けている方々がいらっしゃるんだなぁ…ということです。私が...

  16. 音楽のチカラ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    音楽のチカラ

    昨日は、さらした柳を巻いた白いツルを使ったお稽古でした。水につけるとその部分が柔らかくなって、自由に形を変えることができる、おもしろい花材です。元々自然の柳とはいえ、人工的に真っ白に晒したこのような素材は、本来、法華寺御流のお稽古で使うことはほとんどないのですが、たまにはおもしろいかな…と取り入れてみました。いつもお稽古の時はピアノソロなどリラックスできるような音楽をかすかにBGMとして流し...

  17. カルチャースクールお稽古 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    カルチャースクールお稽古

    昨夜は、パークプレイス大分にてはじめてのいけばな講座でした。石化柳(せっかやなぎ)という、茎が曲がって龍のように動きのある枝を使ったお稽古で、今回が2回目のお稽古という生徒さんにとっては難しいかな…活けにくいかな…と思ったのですが、そんな心配は無用でした。見本は活けてありますが、枝の様子がそれぞれ全く違うので、あまり役に立ちません^^;近くで見るだけでなく、時に席を立って離れたところから全体...

  18. GO TOトラベルキャンペーン - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    GO TOトラベルキャンペーン

    月に一度、奈良の法華寺にて行われている いけばな研究会。7月はタイミングが合わず欠席、8月は研究会がお休み、9月久しぶりに参加予定です。Go To トラベルキャンペーンが始まってから初めてフェリーの予約をしました。旅行会社のパック旅行やツアー、ホテルなど宿泊施設などがキャンペーンの対象だと思っていたのですが、フェリー乗船のみ(個人で予約)でも対象になるんですね。知りませんでした。ちなみにフェ...

  19. 季節のうつろい - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    季節のうつろい

    朝の空気がひんやりして、秋の虫が鳴きはじめました。昨日のお稽古は、秋冬になるとサンゴのように真っ赤に染まる枝をもつ「サンゴミズキ」が花材でした。今の時期は、ほんのり赤く色づきはじめたところです。生徒さんの作品より↓花材: 珊瑚水木、百合、りんどう、ドラセナゴッドセフィアーナ最近は、季節がうつろう期間がとても短いので、目から、肌から、耳から…五感を使って秋のはじまりを味わいたいものです。台風の...

  20. 気持ちは伝わる - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    気持ちは伝わる

    約2ヶ月ぶりにお稽古に来られた生徒さんの作品です。ユリが大好きな方で、毎朝 通勤途中にバスの中から見えるヤマユリがあるそうで、それを見ると元気になるんですよ^^と話してくださいました。「久しぶりのお稽古楽しみにしてました。おまけに大好きなユリだなんて、幸せ〜!」活けている時の表情が、本当に楽しそうで…。こんな気持ちの方に活けられるなんてユリも嬉しいだろうなぁ…と思いながら見ていました。すると...

総件数:205 件

似ているタグ