法起寺のタグまとめ

法起寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには法起寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「法起寺」タグの記事(4)

  1. もう!こんなに? - 好きな「こと」「もの」メモ

    もう!こんなに?

    のんびりしてたら一気に咲いた!予定を詰め込み過ぎた今月(^o^;)今年は…もしかしたらコスモス撮れないかもいやいやそんな訳には(_)早起きしてお出かけ予定の前に朝活!平日だしね(*^^*)誰もいない!毎年のように撮ってみて自分で毎回思うイチゴのへたみたいコスモスって美味しいのかな?キミ、芸術的に食べ散らかすね^ ^晴れてたらもっと最高だったのに曇ってる…って明るくし過ぎました撮ってる時は楽し...

  2. 法起寺式と呼ばれる飛鳥時代の寺・法起寺 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    法起寺式と呼ばれる飛鳥時代の寺・法起寺

    斑鳩の三塔は、法隆寺喪五重塔、法輪寺の三重塔、それに法起寺の三重塔です。法輪寺の三重塔は落雷で焼失し再建されました。いずれも聖徳太子と山背大兄にまつわる由来を持つ寺院です。この三寺だけが、塔と金堂が東西に並びます。法起寺式と呼ばれる伽藍様式です。敷地内は静かですが、世界遺産になって、どうでしょうね?明日香も斑鳩も外国の人が一人か、二、三人で歩いています。安全なんですね、日本は。外国では日本人...

  3. 聖徳太子所縁の法隆寺・法起寺が語るまぼろしの寺院 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    聖徳太子所縁の法隆寺・法起寺が語るまぼろしの寺院

    聖徳太子所縁の法隆寺の不思議前回、法隆寺の7世紀の木彫仏像が、クスで造られていることを紹介しました。樟材で造られていたのは仏像だけではなく、薬師如来像と釈迦三尊像の台座の彫刻部分もクスでした。聖徳太子所縁の寺の釈迦三尊は金堂の御本尊(623年造)また、同じ金堂の薬師如来は、銘文によると607年造となっています。同じ飛鳥時代の金銅仏です。この二つ仏像の台座(前回、紹介)にクスが用いられていまし...

  4. 219法起寺式の伽藍 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    219法起寺式の伽藍

    219法起寺式伽藍は塔が東法起寺に行きました。日本で一番古いという三重塔があります。斑鳩のパンフレットにもそう書かれています。法隆寺から近いので自転車で行きました。なかなか美しいロケーションです。塔は古を留めていますが、金堂は今は有りません。金堂の跡が石で囲まれたところです。わたしは今まで法起寺を「ほっきじ」と呼んでいましたが、最近世界遺産に登録される時、「ほっきじ」から「ほうきじ」へと読み...

総件数:4 件

似ているタグ